チュートリアル: ポータルを使用して Azure Load Balancer のポート フォワーディングを構成するTutorial: Configure port forwarding in Azure Load Balancer using the portal

ポート フォワーディングを使用すると、Azure Load Balancer のパブリック IP アドレスとポート番号を使って Azure 仮想ネットワーク内の仮想マシン (VM) に接続できます。Port forwarding lets you connect to virtual machines (VMs) in an Azure virtual network by using an Azure Load Balancer public IP address and port number.

このチュートリアルでは、Azure ロード バランサーのポート フォワーディングを設定します。In this tutorial, you set up port forwarding on an Azure Load Balancer. 学習内容は次のとおりです。You learn how to:

  • 複数の VM にネットワーク トラフィックを分散するパブリック Standard ロード バランサ―を作成する。Create a public Standard load balancer to balance network traffic over VMs.
  • ネットワーク セキュリティ グループ (NSG) 規則を使用して仮想ネットワークと VM を作成する。Create a virtual network and VMs with a network security group (NSG) rule.
  • ロード バランサーのバックエンド アドレス プールに VM を追加する。Add the VMs to the load balancer back-end address pool.
  • ロード バランサーの正常性プローブとトラフィック規則を作成する。Create a load balancer health probe and traffic rules.
  • ロード バランサーの受信 NAT ポート フォワーディング規則を作成する。Create load balancer inbound NAT port-forwarding rules.
  • IIS を VM にインストールして構成し、負荷分散とポート フォワーディングの動作を確認する。Install and configure IIS on the VMs to view load balancing and port forwarding in action.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

このチュートリアルのすべての手順は、Azure portal (https://portal.azure.com) にサインインして行います。For all steps in this tutorial, sign in to the Azure portal at https://portal.azure.com.

Standard ロード バランサ―を作成するCreate a Standard load balancer

まず、複数の VM にトラフィックを分散できるパブリック Standard ロード バランサ―を作成します。First, create a public Standard load balancer that can balance traffic load over VMs. Standard ロード バランサ―でサポートされるのは Standard パブリック IP アドレスだけです。A Standard load balancer supports only a Standard public IP address. Standard ロード バランサ―を作成するときに、新しい Standard パブリック IP アドレスも作成します。これがロード バランサーのフロントエンドとして構成され、既定で LoadBalancerFrontEnd という名前になります。When you create a Standard load balancer, you also create a new Standard public IP address, which is configured as the load balancer front end and named LoadBalancerFrontEnd by default.

  1. 画面の左上で、 [リソースの作成] > [ネットワーキング] > [ロード バランサー] の順にクリックします。On the top left-hand side of the screen, click Create a resource > Networking > Load Balancer.

  2. [ロード バランサーの作成] ページの [基本] タブで、次の情報を入力するか選択し、それ以外の設定では既定値をそのまま使用して、 [確認と作成] を選択します。In the Basics tab of the Create load balancer page, enter or select the following information, accept the defaults for the remaining settings, and then select Review + create:

    SettingSetting Value
    SubscriptionSubscription サブスクリプションを選択します。Select your subscription.
    Resource groupResource group [新規作成] を選択して、テキスト ボックスに「MyResourceGroupLB」と入力します。Select Create new and type MyResourceGroupLB in the text box.
    名前Name myLoadBalancermyLoadBalancer
    リージョンRegion [西ヨーロッパ] を選択します。Select West Europe.
    種類Type [パブリック] を選択します。Select Public.
    SKUSKU [Standard] を選択します。Select Standard.
    パブリック IP アドレスPublic IP address [新規作成] を選択します。Select Create new.
    パブリック IP アドレス名Public IP address name テキスト ボックスに「myPublicIP」と入力します。Type myPublicIP in the text box.
    可用性ゾーンAvailability zone [ゾーン冗長] を選択します。Select Zone redundant.

    注意

    お客様のロード バランサーとそのすべてのリソースは、必ず Availability Zones がサポートされている場所に作成してください。Make sure to create your Load Balancer and all resources for it in a location that supports Availability Zones. 詳細については、「可用性ゾーンをサポートしているリージョン」を参照してください。For more information, see Regions that support Availability Zones.

  3. [確認と作成] タブで、 [作成] をクリックします。In the Review + create tab, click Create.

バックエンド サーバーを作成して構成するCreate and configure back-end servers

2 つの仮想マシンを含んだ仮想ネットワークを作成し、お客様のロード バランサーのバックエンド プールに VM を追加します。Create a virtual network with two virtual machines, and add the VMs to the back-end pool of your load balancer.

仮想ネットワークの作成Create a virtual network

  1. ポータルの画面の左上で、 [リソースの作成] > [ネットワーキング] > [仮想ネットワーク] の順に選択します。On the upper-left side of the portal, select Create a resource > Networking > Virtual network.

  2. [仮想ネットワークの作成] ウィンドウで、以下の値を入力または選択します。In the Create virtual network pane, type or select these values:

    • [名前] :「MyVNet」と入力します。Name: Type MyVNet.
    • ResourceGroup: [既存の選択] ドロップ ダウンから [MyResourceGroupLB] を選択します。ResourceGroup: Drop down Select existing and select MyResourceGroupLB.
    • [サブネット] > [名前] : 「MyBackendSubnet」と入力します。Subnet > Name: Type MyBackendSubnet.
  3. 作成 を選択します。Select Create.

    仮想ネットワークの作成

VM を作成してロード バランサーのバックエンド プールに追加するCreate VMs and add them to the load balancer back-end pool

  1. ポータルの左上で、 [リソースの作成] > [Compute] > [Windows Server 2016 Datacenter] の順に選択します。On the upper-left side of the portal, select Create a resource > Compute > Windows Server 2016 Datacenter.

  2. [仮想マシンの作成][Basic] タブに次の値を入力するか選択します。In Create a virtual machine, type or select the following values in the Basics tab:

    • [サブスクリプション] > [リソース グループ] : ドロップダウンから [MyResourceGroupLB] を選択します。Subscription > Resource Group: Drop down and select MyResourceGroupLB.
    • [仮想マシン名] : 「MyVM1」と入力します。Virtual machine name: Type MyVM1.
    • [リージョン] : [西ヨーロッパ] を選択します。Region: Select West Europe.
    • [ユーザー名] : 「azureuser」と入力します。Username: Type azureuser.
    • [パスワード] : 「Azure1234567」と入力します。Password: Type Azure1234567. パスワードの確認フィールドに、パスワードを再度入力します。Retype the password in the Confirm password field.
  3. [ネットワーク] タブまたは [次へ: ディスク] を選択してから [次へ: ネットワーク] を選択します。Select the Networking tab, or select Next: Disks, then Next: Networking.

    以下が選択されていることを確認します。Make sure the following are selected:

    • [仮想ネットワーク] :MyVNetVirtual network: MyVNet
    • [サブネット] : MyBackendSubnetSubnet: MyBackendSubnet
  4. [パブリック IP][新規作成] を選択し、 [パブリック IP アドレスの作成] ページで [Standard] を選択して、 [OK] を選択します。Under Public IP, select Create new, select Standard on the Create public IP address page, and then select OK.

  5. [ネットワーク セキュリティ グループ][詳細設定] を選択し、ファイアウォールの一種であるネットワーク セキュリティ グループ (NSG) を新しく作成します。Under Network Security Group, select Advanced to create a new network security group (NSG), a type of firewall.

    1. ネットワーク セキュリティ グループの構成フィールドで、 [新規作成] を選択します。In the Configure network security group field, select Create new.
    2. MyNetworkSecurityGroup」と入力し、 [OK] を選択します。Type MyNetworkSecurityGroup, and select OK.

    注意

    NSG にはあらかじめ、リモート デスクトップ (RDP) のポート 3389 を開放する受信規則が既定で含まれていることに注目してください。Observe that by default, the NSG already has an incoming rule to open port 3389, the remote desktop (RDP) port.

  6. お客様が作成するロード バランサーのバックエンド プールに VM を追加します。Add the VM to a load balancer back-end pool that you create:

    1. [負荷分散] > [Place this virtual machine behind an existing load balancing solution?](この仮想マシンを既存の負荷分散ソリューションの内側に配置しますか?)[はい] を選択します。Under LOAD BALANCING > Place this virtual machine behind an existing load balancing solution?, select Yes.
    2. [負荷分散のオプション] で、ドロップダウンから [Azure Load Balancer] を選択します。For Load balancing options, drop down and select Azure load balancer.
    3. [Select a load balancer](ロード バランサーの選択) で、ドロップダウンから [MyLoadBalancer] を選択します。For Select a load balancer, drop down and select MyLoadBalancer.
    4. [Select a backend pool](バックエンド プールの選択)[新規作成] を選択し、「MyBackendPool」と入力して、 [作成] を選択します。Under Select a backend pool, select Create new, then type MyBackendPool, and select Create.

    仮想ネットワークの作成

  7. [管理] タブまたは [次へ] > [管理] を選択します。Select the Management tab, or select Next > Management. [監視][ブート診断][オフ] に設定します。Under Monitoring, set Boot diagnostics to Off.

  8. [Review + create](レビュー + 作成) を選択します。Select Review + create.

  9. 設定を確認し、検証が成功したら、 [作成] を選択します。Review the settings, and when validation succeeds, select Create.

  10. 手順に従って MyVM2 という名前の 2 つ目の VM を作成します。他のすべての設定は MyVM1 と同じです。Follow the steps to create a second VM named MyVM2, with all the other settings the same as MyVM1.

    [ネットワーク セキュリティ グループ][詳細設定] を選択した後、お客様が既に作成した [MyNetworkSecurityGroup] をドロップダウンから選択します。For Network Security Group, after selecting Advanced, drop down and select the MyNetworkSecurityGroup that you already created.

    [Select a backend pool](バックエンド プールの選択) で、 [MyBackendPool] が選択されていることを確認します。Under Select a backend pool, make sure MyBackendPool is selected.

VM に対する NSG 規則を作成するCreate an NSG rule for the VMs

VM に対してインバウンド インターネット (HTTP) 接続を許可するネットワーク セキュリティ グループ (NSG) 規則を作成します。Create a network security group (NSG) rule for the VMs to allow inbound internet (HTTP) connections.

注意

NSG にはあらかじめ、リモート デスクトップ (RDP) のポート 3389 を開放する規則が既定で含まれています。By default, the NSG already has a rule that opens port 3389, the remote desktop (RDP) port.

  1. 左側のメニューで、 [すべてのリソース] を選択します。Select All resources on the left menu. リソースの一覧から、MyResourceGroupLB リソース グループの MyNetworkSecurityGroup を選択します。From the resource list, select MyNetworkSecurityGroup in the MyResourceGroupLB resource group.

  2. [設定][受信セキュリティ規則] を選択し、 [追加] を選択します。Under Settings, select Inbound security rules, and then select Add.

  3. [受信セキュリティ規則の追加] ダイアログで、以下を入力または選択します。In the Add inbound security rule dialog, type or select the following:

    • [ソース] : [Service Tag](サービス タグ) を選択します。Source: Select Service Tag.
    • [ソース サービス タグ] : [インターネット] を選択します。Source service tag: Select Internet.
    • [宛先ポート範囲] : 「80」と入力します。Destination port ranges: Type 80.
    • [プロトコル] : [TCP] を選択します。Protocol: Select TCP.
    • [アクション] : [許可] を選択します。Action: Select Allow.
    • [優先度] : 「100」と入力します。Priority: Type 100.
    • [名前] : 「MyHTTPRule」と入力します。Name: Type MyHTTPRule.
    • 説明:「HTTP を許可する」と入力します。Description: Type Allow HTTP.
  4. [追加] を選択します。Select Add.

    NSG 規則を作成する

ロード バランサーのリソースを作成するCreate load balancer resources

このセクションでは、ロード バランサーのバックエンド プールを調べて、ロード バランサ―の正常性プローブとトラフィック規則を構成します。In this section, you inspect the load balancer back-end pool, and configure a load balancer health probe and traffic rules.

バックエンド アドレス プールを確認するView the back-end address pool

ロード バランサーでは、複数の VM にトラフィックを分散するためにバックエンド アドレス プールが使用されます。ここには、ロード バランサーに接続された仮想ネットワーク インターフェイス (NIC) の IP アドレスが含まれています。To distribute traffic to the VMs, the load balancer uses a back-end address pool, which contains the IP addresses of the virtual network interfaces (NICs) that are connected to the load balancer.

お客様はご自分のロード バランサーのバックエンド プールを作成しました。また VM を作成したとき、それに VM を追加しました。You created your load balancer back-end pool and added VMs to it when you created the VMs. バックエンド プールの作成と VM の追加/削除は、ロード バランサーの [バックエンド プール] ページで行うこともできます。You can also create back-end pools and add or remove VMs from the load balancer Backend pools page.

  1. 左側のメニューで [すべてのリソース] を選択し、リソースの一覧から [MyLoadBalancer] を選択します。Select All resources on the left menu, and then select MyLoadBalancer from the resource list.

  2. [設定] で、 [バックエンド プール] を選択します。Under Settings, select Backend pools.

  3. [バックエンド プール] ページで、 [MyBackendPool] を展開し、 [VM1][VM2] の両方が表示されていることを確認します。On the Backend pools page, expand MyBackendPool and make sure both VM1 and VM2 are listed.

  4. [MyBackendPool] を選択します。Select MyBackendPool.

    [MyBackendPool] ページの [仮想マシン][IP アドレス] で、利用可能な VM をプールから削除したり、プールに追加したりすることができます。On the MyBackendPool page, under VIRTUAL MACHINE and IP ADDRESS, you can remove or add available VMs to the pool.

新しいバックエンド プールは、 [バックエンド プール] ページの [追加] を選択することで作成できます。You can create new back-end pools by selecting Add on the Backend pools page.

正常性プローブの作成Create a health probe

ロード バランサーで VM の状態を監視するには、正常性プローブを使用します。To allow the load balancer to monitor VM status, you use a health probe. 正常性プローブは、ロード バランサーのローテーションに含める VM を、正常性チェックへの応答に基づいて動的に追加したり削除したりする働きをします。The health probe dynamically adds or removes VMs from the load balancer rotation based on their response to health checks.

  1. 左側のメニューで [すべてのリソース] を選択し、リソースの一覧から [MyLoadBalancer] を選択します。Select All resources on the left menu, and then select MyLoadBalancer from the resource list.

  2. [設定] で、 [正常性プローブ][追加] の順に選択します。Under Settings, select Health probes, and then select Add.

  3. [正常性プローブの追加] ページで、以下の値を入力または選択します。On the Add health probe page, type or select the following values:

    • [名前] : 「MyHealthProbe」と入力します。Name: Type MyHealthProbe.
    • [プロトコル] : ドロップダウンから [HTTP] を選択します。Protocol: Drop down and select HTTP.
    • [ポート] : 「80」と入力します。Port: Type 80.
    • [パス] : 既定の URI の / をそのまま使用します。Path: Accept / for the default URI. この値は任意の別の URI に置き換えることができます。You can replace this value with any other URI.
    • [間隔] : 「15」と入力します。Interval: Type 15. [間隔] は、プローブの試行の間隔を示す秒数です。Interval is the number of seconds between probe attempts.
    • [異常のしきい値] : 「2」と入力します。Unhealthy threshold: Type 2. この値は、プローブの連続する失敗回数です (この回数を超えると、VM は異常と見なされます)。This value is the number of consecutive probe failures that occur before a VM is considered unhealthy.
  4. [OK] を選択します。Select OK.

    プローブの追加

ロード バランサー規則の作成Create a load balancer rule

ロード バランサー規則は、VM に対するトラフィックの分散方法を定義します。A load balancer rule defines how traffic is distributed to the VMs. この規則で、着信トラフィック用のフロントエンド IP 構成、トラフィックを受信するためのバックエンド IP プール、必要な発信元ポートと宛先ポートを定義します。The rule defines the front-end IP configuration for incoming traffic, the back-end IP pool to receive the traffic, and the required source and destination ports.

MyLoadBalancerRule という名前のロード バランサー規則は、フロントエンド LoadBalancerFrontEnd のポート 80 をリッスンしています。The load balancer rule named MyLoadBalancerRule listens to port 80 in the front-end LoadBalancerFrontEnd. この規則は、ネットワーク トラフィックをバックエンド アドレス プール MyBackendPool に、またポート 80 上で送信します。The rule sends network traffic to the back-end address pool MyBackendPool, also on port 80.

  1. 左側のメニューで [すべてのリソース] を選択し、リソースの一覧から [MyLoadBalancer] を選択します。Select All resources on the left menu, and then select MyLoadBalancer from the resource list.

  2. [設定] で、 [負荷分散規則][追加] の順に選択します。Under Settings, select Load balancing rules, and then select Add.

  3. [負荷分散規則の追加] ページで、次の値を入力または選択します。On the Add load balancing rule page, type or select the following values:

    • [名前] : 「MyLoadBalancerRule」と入力します。Name: Type MyLoadBalancerRule.
    • [プロトコル] : [TCP] を選択します。Protocol: Select TCP.
    • [ポート] : 「80」と入力します。Port: Type 80.
    • [バックエンド ポート] :「80」と入力します。Backend port: Type 80.
    • [バックエンド プール] : [MyBackendPool] を選択します。Backend pool: Select MyBackendPool.
    • [正常性プローブ] : [MyHealthProbe] を選択します。Health probe: Select MyHealthProbe.
  4. [OK] を選択します。Select OK.

    ロード バランサー規則の追加

受信 NAT ポート フォワーディング規則を作成するCreate an inbound NAT port-forwarding rule

フロントエンド IP アドレスの特定のポートからバックエンド VM の特定のポートにトラフィックを転送する、ロード バランサーの受信ネットワーク アドレス変換 (NAT) 規則を作成します。Create a load balancer inbound network address translation (NAT) rule to forward traffic from a specific port of the front-end IP address to a specific port of a back-end VM.

  1. 左側のメニューで [すべてのリソース] を選択し、リソースの一覧で [MyLoadBalancer] を選択します。Select All resources in the left-hand menu, and then select MyLoadBalancer from the resource list.

  2. [設定][受信 NAT 規則] を選択し、 [追加] を選択します。Under Settings, select Inbound NAT rules, and then select Add.

  3. [受信 NAT 規則の追加] ページで、次の値を入力または選択します。On the Add inbound NAT rule page, type or select the following values:

    • [名前] : 「MyNATRuleVM1」と入力します。Name: Type MyNATRuleVM1.
    • [ポート] : 「4221」と入力します。Port: Type 4221.
    • [ターゲット仮想マシン] : ドロップ ダウンから [MyVM1] を選択します。Target virtual machine: Select MyVM1 from the drop-down.
    • [ネットワーク IP 構成] : ドロップ ダウンから [ipconfig1] を選択します。Network IP Configuration: Select ipconfig1 from the drop-down.
    • [ポート マッピング] : [カスタム] を選択します。Port mapping: Select Custom.
    • [ターゲット ポート] : 「3389」と入力します。Target port: Type 3389.
  4. [OK] を選択します。Select OK.

  5. 手順を繰り返して、"MyNATRuleVM2" という名前の受信 NAT 規則を追加します。 [ポート] には 4222 を、 [ターゲット仮想マシン] には MyVM2 を使用してください。Repeat the steps to add an inbound NAT rule named MyNATRuleVM2, using Port: 4222 and Target virtual machine: MyVM2.

ロード バランサーをテストするTest the load balancer

このセクションでは、バックエンド サーバーにインターネット インフォメーション サービス (IIS) をインストールし、既定の Web ページをカスタマイズしてマシン名が表示されるようにします。In this section, you'll install Internet Information Services (IIS) on the back-end servers, and customize the default web page to show the machine name. その後、ロード バランサーのパブリック IP アドレスを使用してロード バランサーをテストします。Then, you'll use the load balancer's public IP address to test the load balancer.

各バックエンド VM は、既定の IIS Web ページの異なるバージョンを提供するため、ロード バランサーが 2 つの VM 間で要求を分散していることがわかります。Each back-end VM serves a different version of the default IIS web page, so you can see the load balancer distribute requests between the two VMs.

RDP を使用して VM に接続するConnect to the VMs with RDP

リモート デスクトップ (RDP) を使用して各 VM に接続します。Connect to each VM with Remote Desktop (RDP).

  1. ポータルの左側のメニューで [すべてのリソース] を選択します。In the portal, select All resources on the left menu. リソースの一覧の MyResourceGroupLB リソース グループから各 VM を選択します。From the resource list, select each VM in the MyResourceGroupLB resource group.

  2. [概要] ページで [接続] を選択してから [RDP ファイルのダウンロード] を選択します。On the Overview page, select Connect, and then select Download RDP file.

  3. ダウンロードした RDP ファイルを開き、 [接続] を選択します。Open the RDP file you downloaded, and select Connect.

  4. [Windows セキュリティ] ウィンドウで、 [その他][別のアカウントを使用する] の順に選択します。On the Windows Security screen, select More choices and then Use a different account.

    ユーザー名に「azureuser」、パスワードに「Azure1234567」を入力して [OK] を選択します。Enter username azureuser and password Azure1234567, and select OK.

  5. 証明書のプロンプトが表示されたら [はい] を選択します。Respond Yes to any certificate prompt.

    VM デスクトップが新しいウィンドウに開きます。The VM desktop opens in a new window.

IIS をインストールして既定の IIS Web ページを置き換えるInstall IIS and replace the default IIS web page

PowerShell を使用して IIS をインストールし、既定の IIS Web ページを、VM の名前が表示されるページに置き換えます。Use PowerShell to install IIS and replace the default IIS web page with a page that displays the name of the VM.

  1. MyVM1 と MyVM2 上で、 [スタート] メニューから Windows PowerShell を起動します。On MyVM1 and on MyVM2, launch Windows PowerShell from the Start menu.

  2. 次のコマンドを実行して IIS をインストールし、既定の IIS Web ページを置き換えます。Run the following commands to install IIS and replace the default IIS web page:

     # Install IIS
       Install-WindowsFeature -name Web-Server -IncludeManagementTools
    
     # Remove default htm file
      remove-item  C:\inetpub\wwwroot\iisstart.htm
    
     #Add custom htm file that displays server name
      Add-Content -Path "C:\inetpub\wwwroot\iisstart.htm" -Value $("Hello World from " + $env:computername)
    
    
  3. [切断] を選択して、MyVM1 と MyVM2 との RDP 接続を閉じます。Close the RDP connections with MyVM1 and MyVM2 by selecting Disconnect. VM をシャットダウンしないでください。Don't shut down the VMs.

負荷分散をテストするTest load balancing

  1. ポータルにある MyLoadBalancer[概要] ページで、 [パブリック IP アドレス] のパブリック IP アドレスをコピーします。In the portal, on the Overview page for MyLoadBalancer, copy the public IP address under Public IP address. アドレスにカーソルを置き、 [コピー] アイコンを選択してコピーします。Hover over the address and select the Copy icon to copy it. この例では 40.67.218.235 です。In this example, it is 40.67.218.235.

  2. ロード バランサーのパブリック IP アドレス (40.67.218.235) をご自分のインターネット ブラウザーのアドレス バーに貼り付けるか入力します。Paste or type the load balancer's public IP address (40.67.218.235) into the address bar of your internet browser.

    カスタマイズされた IIS Web サーバーの既定のページがブラウザーに表示されます。The customized IIS web server default page appears in the browser. Hello World from MyVM1 または Hello World from MyVM2 というメッセージが表示されます。The message reads either Hello World from MyVM1, or Hello World from MyVM2.

    新しい IIS の既定のページ

  3. ブラウザーを更新して、ロード バランサーによって VM 間でトラフィックが分散されていることを確認します。Refresh the browser to see the load balancer distribute traffic across VMs. ロード バランサーによって要求が各バックエンド VM に分散されている場合、MyVM1 ページが表示されるときと、MyVM2 ページが表示されるときがあります。Sometimes the MyVM1 page appears, and other times the MyVM2 page appears, as the load balancer distributes the requests to each back-end VM.

    注意

    場合によっては試行する間に、ブラウザーのキャッシュをクリアするか、新しいブラウザー ウィンドウを開く必要があります。You may need to clear your browser cache or open a new browser window between attempts.

ポート フォワーディングをテストするTest port forwarding

ポート フォワーディングを使用すると、ロード バランサーの IP アドレスと、NAT 規則で定義されたフロントエンド ポートの値を使って、バックエンド VM にリモート デスクトップ接続できます。With port forwarding, you can remote desktop to a back-end VM by using the IP address of the load balancer and the front-end port value defined in the NAT rule.

  1. ポータルにある MyLoadBalancer[概要] ページで、そのパブリック IP アドレスをコピーします。In the portal, on the Overview page for MyLoadBalancer, copy its public IP address. アドレスにカーソルを置き、 [コピー] アイコンを選択してコピーします。Hover over the address and select the Copy icon to copy it. この例では 40.67.218.235 です。In this example, it is 40.67.218.235.

  2. コマンド プロンプトを開き、次のコマンドを使用して、MyVM2 とのリモート デスクトップ セッションを作成します。ロード バランサーのパブリック IP アドレスと、お客様が VM の NAT 規則で定義したフロントエンド ポートを使用します。Open a command prompt, and use the following command to create a remote desktop session with MyVM2, using the load balancer's public IP address and the front-end port you defined in the VM's NAT rule.

    mstsc /v:40.67.218.235:4222
    
  3. ダウンロードされた RDP ファイルを開き、 [接続] を選択します。Open the downloaded RDP file, and select Connect.

  4. [Windows セキュリティ] ウィンドウで、 [その他][別のアカウントを使用する] の順に選択します。On the Windows Security screen, select More choices and then Use a different account.

    ユーザー名に「azureuser」、パスワードに「Azure1234567」を入力して [OK] を選択します。Enter username azureuser and password Azure1234567, and select OK.

  5. 証明書のプロンプトが表示されたら [はい] を選択します。Respond Yes to any certificate prompt.

    MyVM2 デスクトップが新しいウィンドウで開きます。The MyVM2 desktop opens in a new window.

受信 NAT 規則 MyNATRuleVM2 によって、ロード バランサーのフロントエンド ポート 4222 から MyVM2 のポート 3389 (RDP ポート) へとトラフィックが誘導されるため、RDP 接続は成功します。The RDP connection succeeds, because the inbound NAT rule MyNATRuleVM2 directs traffic from the load balancer's front-end port 4222 to MyVM2's port 3389 (the RDP port).

リソースのクリーンアップClean up resources

不要になったときにロード バランサーと関連するすべてのリソースを削除するには、MyResourceGroupLB リソース グループを開き、 [リソース グループの削除] を選択します。To delete the load balancer and all related resources when you no longer need them, open the MyResourceGroupLB resource group and select Delete resource group.

次の手順Next steps

このチュートリアルでは、Standard パブリック ロード バランサーを作成しました。In this tutorial, you created a Standard public load balancer. ネットワーク リソース、バックエンド サーバー、正常性プローブ、およびロードバランサーの規則を作成および構成しました。You created and configured network resources, back-end servers, a health probe, and rules for the load balancer. バックエンド VM に IIS をインストールし、ロード バランサーのパブリック IP アドレスを使用してロード バランサーをテストしました。You installed IIS on the back-end VMs and used the load balancer's public IP address to test the load balancer. ロード バランサーの指定されたポートからバックエンド VM のポートへのポート フォワーディングを設定し、テストしました。You set up and tested port forwarding from a specified port on the load balancer to a port on a back-end VM.

Azure Load Balancer についてさらに学習するには、Load Balancer の他のチュートリアルに進んでください。To learn more about Azure Load Balancer, continue to more load balancer tutorials.