Azure Load Testing プレビューを使ってロード テストの合格/不合格の条件を定義する

この記事では、Azure Load Testing プレビューを使用してロード テストの合格/不合格の条件を定義する方法について説明します。

テスト条件を定義することで、テスト中のアプリケーションのパフォーマンスの期待値を指定できます。 Azure Load Testing サービスを使うと、さまざまなテスト メトリックの失敗条件を設定できます。

重要

Azure Load Testing は、現在、プレビューの段階です。 ベータ版、プレビュー版、または一般提供としてまだリリースされていない Azure の機能に適用される法律条項については、「Microsoft Azure プレビューの追加使用条件」を参照してください。

前提条件

  • アクティブなサブスクリプションが含まれる Azure アカウント。 Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。
  • Azure Load Testing リソース。 Azure Load Testing リソースを作成する必要がある場合は、ロード テストの作成と実行に関するクイックスタートを参照してください。

ロード テストの合格/不合格の条件

このセクションでは、Azure Load Testing の合格/不合格条件の構文について説明します。 条件が true と評価された場合、ロード テストは不合格の状態となります。

合格/不合格条件の構造は次のとおりです Request: Aggregate_function (client_metric) condition threshold

次の表で、各コンポーネントについて説明します。

パラメーター 説明
Request 省略可能。 条件が適用される JMeter スクリプトのサンプラーの名前。 要求名を指定しない場合、条件はスクリプト内のすべての要求の集計に適用されます。
Client metric 必須。 条件を適用するクライアント メトリック。
Aggregate function 必須。 クライアント メトリックに適用される集計関数。
Condition 必須。 比較演算子。
Threshold 必須。 クライアント メトリックと比較する数値。

Azure Load Testing では、次のメトリックがサポートされています。

メトリック 集計関数 Threshold 条件
response_time_ms avg (平均)
min (最小)
max (最大)
pxx (パーセンタイル)、xx は 50、90、95、99 にすることができます
ミリ秒 (ms) を表す整数値。 > (より大きい)
< (より小さい)
latency_ms avg (平均)
min (最小)
max (最大)
pxx (パーセンタイル)、xx は 50、90、95、99 にすることができます
ミリ秒 (ms) を表す整数値。 > (より大きい)
< (より小さい)
error percentage パーセントを表す 0 - 100 の範囲の数値。 > (より大きい)
< (より小さい)
requests_per_sec avg (平均) 小数点以下 2 桁までの数値。 > (より大きい)
< (より小さい)
requests count 整数値。 > (より大きい)
< (より小さい)

Azure portal でテストの合格/不合格の条件を定義する

このセクションでは、Azure portal でロード テストのテスト条件を構成します。

  1. Azure portal の Azure Load Testing リソースに移動します。

  2. 左側のペインで、[テスト] を選んでテストの一覧を表示し、作業しているテストを選びます。

    [構成] ボタンと [テスト] ボタンおよびロード テスト一覧のスクリーンショット。

  3. [Test criteria](テスト条件) タブを選びます。

    [Test criteria] タブと条件構成のペインが表示されたスクリーンショット。

  4. [Test criteria](テスト条件) ペインで、ドロップダウン リストを使って、テストの [メトリック][集計関数][条件][しきい値] を選びます。

    [Test criteria] ペインとロード テストにテスト条件を追加するためのドロップダウン コントロールのスクリーンショット。

    ロード テストの最大 10 のテスト条件を定義できます。 同じクライアント メトリックに対して複数の条件がある場合は、しきい値が最も低い条件が使われます。

  5. [適用] を選択して変更を保存します。

ロード テストを実行すると、Azure Load Testing では更新されたテスト構成が使われます。 テスト実行ダッシュボードには、テスト条件が表示され、テスト結果が条件に合格するか不合格になるかが示されます。

ロード テスト ダッシュボードでテスト条件が表示されたスクリーンショット。

CI/CD ワークフローでテストの合格/不合格の条件を定義する

このセクションでは、継続的インテグレーションと継続的デリバリー (CI/CD) ワークフローのロード テストの合格/不合格の条件を定義する方法について説明します。 CI/CD ワークフローでロード テストを実行するには、YAML テスト構成ファイルを使います。

  1. YAML テスト構成ファイルを開きます。

  2. 構成ファイルにテスト条件を追加します。 YAML 構文の詳細については、テスト構成 YAML リファレンスに関する記事を参照してください。

    failureCriteria: 
        - avg(response_time_ms) > 300
        - percentage(error) > 20
        - GetCustomerDetails: avg(latency_ms) >200
    
  3. YAML 構成ファイルを保存します。

CI/CD ワークフローでロード テストを実行すると、ワークフローの状態に合格/不合格の条件の状態が反映されます。 CI/CD ログ情報には、各テスト条件の状態が表示されます。

CI/CD ワークフロー ログでテスト条件が表示されたスクリーンショット。

次のステップ