カスタム API をデプロイして Azure Logic Apps のワークフローから呼び出すDeploy and call custom APIs from workflows in Azure Logic Apps

ロジック アプリ ワークフローで使用するためにカスタム API を作成したら、API をデプロイする必要があります。デプロイ後に呼び出しが可能になります。After you create custom APIs for use in logic app workflows, you must deploy your APIs before you can call them. API は Web アプリとしてデプロイできますが、API アプリとしてデプロイすることを検討してください。クラウドやオンプレミスで API を構築、ホスト、利用するとき、作業が簡単になります。You can deploy your APIs as web apps, but consider deploying your APIs as API apps, which make your job easier when you build, host, and consume APIs in the cloud and on premises. API のコードを変更する必要はありません。コードを API アプリにデプロイするだけです。You don't have to change any code in your APIs - just deploy your code to an API app. API は Azure App Service でホストできます。Azure App Service は、高い拡張性と容易な API ホスティングを提供するサービスとしてのプラットフォーム (PaaS) です。You can host your APIs on Azure App Service, a platform-as-a-service (PaaS) offering that provides highly scalable, easy API hosting.

ロジック アプリからあらゆる API を呼び出せますが、OpenAPI (旧称 Swagger) メタデータを追加すると最も効率的になります。このメタデータは API の操作とパラメーターを説明するものです。Although you can call any API from a logic app, for the best experience, add OpenAPI (previously Swagger) metadata that describes your API's operations and parameters. この OpenAPI ファイルを利用することで、API とロジック アプリとより簡単に統合され、効率的に連動します。This OpenAPI file helps your API integrate more easily and work better with logic apps.

Web アプリまたは API アプリとして API をデプロイするDeploy your API as a web app or API app

ロジック アプリからカスタム API を呼び出すには、先に、Web アプリまたは API アプリとして Azure App Service に API をデプロイします。Before you can call your custom API from a logic app, deploy your API as a web app or API app to Azure App Service. また、Logic Apps Designer で OpenAPI ファイルを読めるように、API 定義プロパティを設定し、Web アプリまたは API アプリの [クロスオリジン リソース共有 (CORS) を使用する] をオンにします。Also, to make your OpenAPI file readable by the Logic Apps Designer, set the API definition properties and turn on cross-origin resource sharing (CORS) for your web app or API app.

  1. Azure Portal で、Web アプリまたは API アプリを選択します。In the Azure portal, select your web app or API app.

  2. アプリ メニューが開いたら、 [API][API 定義] を選択します。In the app menu that opens, under API, choose API definition. [API 定義の場所] を OpenAPI の swagger.json ファイルの URL に設定します。Set the API definition location to the URL for your OpenAPI swagger.json file.

    通常、URL は https://{name}.azurewebsites.net/swagger/docs/v1) 形式で表示されます。Usually, the URL appears in this format: https://{name}.azurewebsites.net/swagger/docs/v1)

    カスタム API の OpenAPI ファイルへのリンク

  3. [API][CORS] を選択します。Under API, choose CORS. [許可されたオリジン] の CORS ポリシーを '*' (すべて許可) に設定します。Set the CORS policy for Allowed origins to '*' (allow all).

    この設定により、ロジック アプリ デザイナーからの要求が許可されます。This setting permits requests from Logic App Designer.

    ロジック アプリ デザイナーからカスタム API への要求を許可する

詳細については、Azure App Service での CORS を使用した RESTful API のホストに関する記事をご覧ください。For more information, see Host a RESTful API with CORS in Azure App Service.

ロジック アプリ ワークフローからカスタム API を呼び出すCall your custom API from logic app workflows

API 定義プロパティと CORS を設定すると、カスタム API のトリガーとアクションをロジック アプリ ワークフローに追加できるようになります。After you set up the API definition properties and CORS, your custom API's triggers and actions should be available for you to include in your logic app workflow.

  • OpenAPI URL を含む Web サイトを表示するには、Logic Apps Designer でサブスクリプション Web サイトを閲覧できます。To view websites that have OpenAPI URLs, you can browse your subscription websites in the Logic Apps Designer.

  • OpenAPI ドキュメントでポイントし、利用可能なアクションと入力を表示するには、HTTP + Swagger アクションを使用します。To view available actions and inputs by pointing at an OpenAPI document, use the HTTP + Swagger action.

  • HTTP アクションを使用した要求をいつでも作成し、OpenAPI ドキュメントがない API や OpenAPI ドキュメントを公開しない API を含む、あらゆる API を呼び出すことができます。To call any API, including APIs that don't have or expose an OpenAPI document, you can always create a request with the HTTP action.

次の手順Next steps