Azure Logic Apps の EDIFACT メッセージの CONTRL 確認応答とエラー コード

Azure Logic Apps では、EDIFACT 操作を使用するときに、電子データ交換 (EDI) 通信用の EDIFACT メッセージを処理するワークフローを作成できます。 EDI メッセージングでは、受信確認によって EDI インターチェンジの処理の状態が示されます。 EDIFACT デコード アクションでは、インターチェンジを受信するときに、有効になっている受信確認の種類と、指定されたレベルの検証に基づいて、1 つまたは複数の種類の受信確認を送信側に返すことができます。

このトピックでは、EDIFACT CONTRL ACK、インターチェンジ内の CONTRL ACK セグメントと、これらのセグメントで使用されるエラー コードについて、簡単に説明します。

技術的、機能的確認としての CONTRL

EDIFACT でエンコードされたメッセージの場合、CONTRL 確認応答 (ACK) は技術的確認応答 、機能的確認応答の両方として機能します。 完全な CONTRL メッセージは機能 ACK として機能し、機能 ACK のセクションは技術 ACK に再利用されます。 たとえば、送信パートナーの契約プロパティまたはグローバル プロパティで技術 ACK と機能 ACK の両方を選択した場合 EDIFACT Decode アクションでは、CONTRL 技術 ACK と CONTRL 機能 ACK という 2 つの CONTRL メッセージが生成されます。 CONTRL ACK は、EFACT_<version-number>_CONTRL.xsd のスキーマに準拠しています。

注意

Azure Logic Apps で EDIFACT メッセージ処理を行う場合、受信確認、受け入れ、拒否では、CONTRL メッセージが 1 つ以上含まれる受信インターチェンジへの応答として CONTRL メッセージが送信されます。 Logic Apps では、1 つ以上の CONTRL メッセージしか含まれていない受信インターチェンジへ応答する場合、CONTRL メッセージは送信されません。

受信した CONTRL メッセージのエラーは、CONTRL メッセージ以外の方法で報告する必要があります。 データ メッセージが含まれているインターチェンジに 1 つ以上の CONTRL メッセージが含まれている場合、そのインターチェンジへの応答として生成される CONTRL メッセージは、受信したインターチェンジに CONTRL メッセージが含まれていなかったものとして生成されます。

CONTRL メッセージは、技術的な確認として、インターチェンジ受信者が対象となるインターチェンジを受信したことと、以下の責任があることを示します。

  • インターチェンジの一部を確認して、レポートインターチェンジ応答 (UCI) セグメントにコピーされたデータ要素の構文の精度を確認します。
  • インターチェンジ内の他の部分の受け入れまたは拒否について送信者に通知する責任を受け入れます。
  • 送信者に通知する妥当な手段を講じます。

注意

CONTRL 技術 ACK は、受信 EDIFACT メッセージが重複している場合、またはエンベロープにエラー (文字セットの問題など) が存在する場合にのみ、Rejected の状態をレポートします。 EDIFACT の CONTRL 技術 ACK では Interchange accepted with errors の状態はレポートされません。x12 では TA1 受信確認で TA104 フィールドが使用されます。 EDIFACT メッセージの一部が受理された場合、CONTRL 技術 ACK では Accepted の状態がレポートされます。 一部のシナリオでは、メッセージの一部が拒否された場合でも、CONTRL ACK は Accepted の状態をレポートします。 このようなシナリオでは、UCI5 要素でエラーがレポートされる可能性があります。

機能確認として、CONTRL メッセージは、受信したインターチェンジ、グループ、またはメッセージの状態 (受信したインターチェンジ、グループ、またはメッセージの受け入れや拒否など) をレポートします。エラーやサポートされていない機能は含まれています。 このメッセージは、インターチェンジの受信者が次の条件にある場合も示します。

  • 確認したインターチェンジの参照レベルを受信していること。

  • 確認された参照レベルに致命的な構文エラーがなく、これ以上のインターチェンジ処理ができないこと。

  • サービス セグメントの確認部分すべてが意味的に正しい (エラーがレポートされていない) こと。

  • サービス セグメントの承認レベルと参照レベルにおいて、要求されたアクションに適合していること。

  • 以下の場合、CONTRL メッセージを送信する以外の方法で、送信者に通知する責任を受け入れています。

    • 構文エラーまたはセマンティック エラーは、後の関連する部分で検出されます。
    • 提出された CONTRL メッセージでパートが確認された後、他の理由でパートが処理できない。
  • このようなエラーが見つかり、送信者に通知するために、妥当な手段を講じた。

拒否は、インターチェンジ受信者に関する次の内容を意味します。

  • CONTRL メッセージに示されている理由により、インターチェンジまたは関連する部分を確認できない。
  • 件名のインターチェンジの拒否された部分に含まれているビジネス情報に対し、それ以上のアクションを行わないこと。

CONTRL 技術 ACK セグメント

EDIFACT 協定で技術的な確認応答を生成するオプションを選択した場合、または UNB9 メッセージ フィールドが 2 に設定されている場合、インターチェンジを受信した結果をレポートする技術的な ACK として CONTRL メッセージが生成されます。

次の表では、インターチェンジ内の CONTRL 技術 ACK セグメントについて説明し、次の定義を使用します。

  • M = 必須
  • O = 省略可能
名前 必須またはオプション 説明
UNH メッセージ ヘッダー M メッセージ ヘッダー セグメント (UNH) は、メッセージを識別して指定します。
UCI インターチェンジの応答 M インターチェンジを識別し、インターチェンジ受信の性質を示します。 UCI セグメントは 1 の最大出現回数を持ち、その結果、コントロール セグメントで見つかった最初のエラーをレポートします。
UNT メッセージ トレーラー M Syntax Error Code という名前の UCI5 データ要素でエラーがレポートされます。 EDIFACT でエンコードされたメッセージの場合、X12 でエンコードされたインターチェンジと同様に、Accepted with errors の条件は存在しません。

CONTRL 技術 ACK データ要素

CONTRL 技術確認には、次のデータ要素があります。

要素 名前 使用法
UNH1 メッセージの参照番号 -
UNH2 メッセージの識別子のサブコンポーネント サブコンポーネント:

- 1 = CONTRL
- 2 = 4
- 3 = 1
- 4 = UN

UCI1 インターチェンジ制御番号 受信したメッセージの UNB5 フィールドからマップされます。
UCI2 インターチェンジの送信者 受信したメッセージの UNB2 フィールドからマップされます。

- 必須: 最初のサブコンポーネントまたは ID。
- 任意: 2 番目のサブコンポーネントまたはコード修飾子と、3 番目のコンポーネントまたはリバース ルーティング アドレス。

UCI3 インターチェンジの受信者 受信したメッセージの UNB3 フィールドからマップされます。

- 必須: 最初のサブコンポーネントまたは ID。
- 任意: 2 番目のサブコンポーネントまたはコード修飾子。

UCI4 アクション コード 要素は必須です。 アクション コード:

- 8 (インターチェンジが受け入れられた場合)。
- 7 (インターチェンジは受け入れられたものの、一部のトランザクション セットが拒否された場合)。
- 4 (UNA または UNB セグメントのエラーによりインターチェンジが拒否された場合)。

UCI5 構文エラー コード この要素は条件付きで省略可能であり、エラー条件がある場合は識別します。
UCI6 サービス セグメント タグ この要素は条件付きで省略可能であり、UCI5 データ要素のエラー条件を持つセグメントを識別します。
UCI7 データ要素 ID UCI5 データ要素で識別されたエラー状態を含むデータ要素を識別します。 サブコンポーネント:

- 必須: セグメント内の不正なデータ要素位置。
- 条件付きで省略可能: セグメント内の不正なコンポーネント データ要素位置と、セグメント内の不正なデータ要素の発生を示します。

UCI8 - -
UNT1 セグメント数 -
UNT2 メッセージの参照番号 -

CONTRL 機能 ACK セグメント

EDIFACT 協定で機能的確認応答を生成するオプションを選択した場合、または UNB9 メッセージ フィールドが 1 に設定されている場合、交換の構文をチェックした結果をレポートするために、機能 ACK として CONTRL メッセージが生成されます。

次の表は、インターチェンジ内の CONTRL 技術 ACK セグメントについて説明し、次の定義を使用します。

  • M = 必須
  • O = 省略可能
名前 必須またはオプション 説明
UNH メッセージ ヘッダー M メッセージ ヘッダー セグメント (UNH) は、メッセージを識別して指定します。
UCI セグメント M インターチェンジを識別し、インターチェンジ受信の状態を示し、受信したインターチェンジの UNA、UNB、UNZ セグメントへの参照を含みます。 UCI セグメントは 1 の最大出現回数を持ち、その結果、コントロール セグメントで見つかった最初のエラーをレポートします。
UCF セグメント M (UNG セグメントが存在する場合) UNG ヘッダーと UNE トレーラーでカプセル化されたグループ セグメントを識別し、エラーの性質を示します。
UCM セグメント M (UNH ヘッダーと UNT トレーラーでカプセル化された) メッセージ セグメントを識別し、エラーの性質を示します。
UCS セグメント M トランザクション セットを識別し、エラーの性質を示します。
UCD セグメント O、条件付き エラーのある複合またはコンポーネント データ要素を識別し、エラーの性質を示します。
UNT メッセージ トレーラー M 受信した CONTRL 機能確認応答に UNH、UCI、UNT セグメントのみが含まれている場合、EDIReceive パイプラインは、確認応答を CONTRL 受信技術 ACK として処理します。 例えば、UCI、UCF、UCM、UCS、UCD の各セグメントのように、レポート レベルの各セグメント インスタンスは 1 つのエラーしかレポートできません。

SG ループと CONTRL 機能 ACK 構造体

受信したインターチェンジに 1 つ以上のグループが含まれるかどうかに基づいて、CONTRL 機能 ACK の構造が異なります。

  • インターチェンジに 1 つのグループが含まれている場合、ACK には、グループごとに 1 つの UCF セグメントが含まれます。 各 UCF セグメントには、メッセージごとに 1 つの UCM セグメントが含まれています。 各 UCM セグメントには、一連の UCS セグメントと UCD セグメントも並べて含まれています。

    ACK メッセージの XML 形式には、次のループ要素が含まれています。

    • 各 UCF セグメントをカプセル化する SG3Loop 要素。
    • 各 UCM セグメントをカプセル化する SG4Loop 要素。
    • UCS と UCD セグメントの各対をカプセル化する SG5Loop 要素。

    SG ループ タグは、ネイティブ EDI メッセージ形式では存在しません。

  • インターチェンジにグループが含まれていない場合、ACK には、UCF セグメントは含まれません。 代わりに、ACK にはメッセージごとに 1 つの UCM セグメントが含まれます。 各 UCM セグメントには、一連の UCS セグメントと UCD セグメントが並べて含まれています。

  • ACK メッセージの XML 形式には、次のループ要素が含まれています。

    • 各 UCM セグメントをカプセル化する SG1Loop 要素。
    • UCS と UCD セグメントの各対をカプセル化する SG2Loop 要素。

    グループを含むインターチェンジと同様に、SG タグはネイティブ ACK 形式では存在しません。

既定と業界の使用法では、受理されたトランザクション セットに対する SG1/SG4 ループは予期されていません。 ただし、標準への準拠をサポートするために、次の手順に従って強制的に SG1/SG4 ループを生成できます。

  1. Azure portal で、統合アカウントを開きます。

  2. 統合アカウント メニューの [設定] で、 [契約] を選択します。

  3. EDIFACT 契約を開き、 [送信設定] を選択します。

  4. [Acknowledgement (確認)] の下で、 [Acknowledgement (CONTRL) (確認)] を選択します。 これで、 [Generate SG1/SG4 loop for accepted transaction sets (受理されたトランザクション セットの SG1/SG4 ループを生成する)] を選択できるようになりました。

    このチェック ボックスをオンにした場合、トランザクション セットが受理または拒否されても、SG1/SG4 ループが生成されます。 それ以外の場合、不正な (UCM5 が 7 と等しくない) トランザクション セットについてのみループが生成されます。

CONTRL 機能 ACK データ要素

CONTRL メッセージには、受信したインターチェンジからコピーされる複数の必須データ要素が含まれています。 インターチェンジ内のデータ要素が欠落しているか、構文が無効である場合、構文が有効な CONTRL メッセージを生成できません。 この場合は、CONTRL メッセージ以外の方法でエラーをレポートする必要があります。

CONTRL 機能確認には、次のデータ要素があります。

要素 名前 使用法
UNH1 メッセージの参照番号 -
UNH2 メッセージの識別子のサブコンポーネント サブコンポーネント:

- 1 = CONTRL
- 2 = 4
- 3 = 1
- 4 = UN

UCI1 インターチェンジ制御番号 受信したメッセージの UNB5 フィールドからマップされます。
UCI2 インターチェンジの送信者 受信したメッセージの UNB2 フィールドからマップされます。

- 必須: 最初のサブコンポーネントまたは ID。
- 任意: 2 番目のサブコンポーネントまたはコード修飾子と、3 番目のコンポーネントまたはリバース ルーティング アドレス。

UCI3 インターチェンジの受信者 受信したメッセージの UNB3 フィールドからマップされます。

- 必須: 最初のサブコンポーネントまたは ID。
- 任意: 2 番目のサブコンポーネントまたはコード修飾子。

UCI4 アクション コード 要素は必須です。 アクション コード:

- 8 (インターチェンジが受け入れられた場合)。
- 7 (インターチェンジは受け入れられたものの、一部のトランザクション セットが拒否された場合)。
- 4 (UNA または UNB セグメントのエラーによりインターチェンジが拒否された場合)。

UCI5 構文エラー コード この要素は条件付きで省略可能であり、エラー条件がある場合は識別します。
UCI6 サービス セグメント タグ この要素は条件付きで省略可能であり、UCI5 データ要素のエラー条件を持つセグメントを識別します。
UCI7 データ要素 ID UCI5 データ要素で識別されたエラー状態を含むデータ要素を識別します。 サブコンポーネント:

- 必須: セグメント内の不正なデータ要素位置。
- 条件付きで省略可能: セグメント内の不正なコンポーネント データ要素位置と、セグメント内の不正なデータ要素の発生を示します。

UCI8 - -
UCF1 グループ参照番号 この要素は必須であり、受信したメッセージの UNG5 フィールドからマップされます。
UCF2 アプリケーション送信者の ID この要素は、条件に応じて省略可能で、受信したメッセージの UNG2 フィールドからサブコンポーネントと共にマップされます。
UCF3 アプリケーション受信者の ID この要素は、条件に応じて省略可能で、受信したメッセージの UNG3 フィールドからサブコンポーネントと共にマップされます。
UCF4 アクション コード化 この要素は必須であり、コードはこのレベルとすべての下位レベルに適用されます。 アクション コード:

- 7 (インターチェンジが受け入れられた場合)
- 4 (UNA または UNB セグメントのエラーによりインターチェンジが拒否された場合)。

UCF5 構文エラー、コード化 この要素は条件付きで省略可能であり、グループにエラー条件がある場合は識別します。
UCF6 サービス セグメント タグ この要素は条件付きで省略可能であり、グループ内のエラー セグメントを識別します。
UCF7 データ要素 ID UCF5 データ要素で識別されたエラー状態を含むデータ要素を識別します。 サブコンポーネント:

- 必須: セグメント内の不正なデータ要素位置と、セグメント内の不正なデータ要素の発生を示します。
- 条件付きで省略可能: セグメント内の正しくないコンポーネント データ要素の位置を示します。

UCM1 メッセージの参照番号 この要素は必須であり、受信したメッセージの UNH1 フィールドからマップされます。
UCM2 メッセージの識別子 この要素は、条件に応じて省略可能で、受信したメッセージの UNH2 フィールドからサブコンポーネントと共にマップされます。
UCM3 アクション コード化 この要素は必須であり、コードはこのレベルとすべての下位レベルに適用されます。 アクション コード:

- 7 (インターチェンジが受け入れられた場合)
- 4 (UNA または UNB セグメントのエラーによりインターチェンジが拒否された場合)。

UCM4 構文エラー、コード化 この要素は条件付きで省略可能であり、グループにエラー条件がある場合は識別します。
UCM5 サービス セグメント タグ この要素は条件付きで省略可能であり、不正な UNH または UNT セグメントを識別します。
UCM7 データ要素 ID UCM5 データ要素で識別されたエラー状態を含むデータ要素を識別します。 サブコンポーネント:

- 必須: セグメント内の不正なデータ要素位置と、セグメント内の不正なデータ要素の発生を示します。
- 条件付きで省略可能: セグメント内の正しくないコンポーネント データ要素の位置を示します。

UCS1 メッセージ本文でのセグメントの位置 この要素は必須であり、1 として UNH で始まる、不正なセグメントの位置カウントを示します。 この値は、セグメントが欠落していることをレポートするために、不足セグメントが存在すると予想される位置より前に処理された最後のセグメントの位置カウント数値です。 欠落しているセグメント グループは、グループ内の最初のセグメントが欠落していると識別することによって表されます。
UCS2 構文エラー コード この要素は条件付きで省略可能であり、グループにエラー条件がある場合は識別します。
UCD1 構文エラー コード この要素は条件付きで省略可能であり、グループにエラー条件がある場合は識別します。

: XSD 検証に失敗した場合、UCD1 データ要素は 12, Invalid Value のコード値をレポートします。

UCD2 データ要素 ID UCD1 データ要素で識別されたエラー状態を含むデータ要素を識別します。 サブコンポーネント:

- 必須: セグメント内の不正なデータ要素位置と、セグメント内の不正なデータ要素の発生を示します。
- 条件付きで省略可能: セグメント内の正しくないコンポーネント データ要素の位置を示します。

UNT1 セグメント数 -
UNT2 メッセージの参照番号 -

CONTRL ACK エラー コード

これらのエラーは、インターチェンジ、グループ、メッセージ、データ レベルに適用されます。 サポートされているエラーが発生すると、インターチェンジ、グループ、またはトランザクション セット全体が拒否されます。 EDIFACT エンコードされたインターチェンジには、X12 でエンコードされたメッセージのような Accepted with errors の条件がありません。

標準 EDIFACT CONTRL ACK エラー コード

次の表は、Azure Logic Apps の EDIFACT メッセージ処理のために CONTRL ACK の UCI5 フィールドで使用される、EDIFACT 仕様で定義されサポートされているエラー コードの一覧です。

エラー コード 条件 原因 サポート対象
2 構文のバージョンまたはレベルがサポートされていません。 構文のバージョンとレベルのいずれかまたは両方が受信者によってサポートされていません。 いいえ
7 インターチェンジの受信者が実際の受信者ではありません。 インターチェンジの受信者 (S003) が実際の受信者と異なります。 いいえ
12 値が無効です。 スタンドアロンのデータ要素、複合データ要素、またはコンポーネント データ要素の値がこの値の関連する仕様に準拠していません。 はい
13 Missing 必須またはその他の必要なサービスまたはユーザー セグメント、データ要素、複合データ要素、またはコンポーネント データ要素が欠落していることの通知。 はい
14 この位置ではサポートされていない値です。 受信者は、識別されたスタンドアロンのデータ要素、複合データ要素、またはコンポーネント データ要素の特定の値が、その位置で使用されることをサポートしていません。 この値は、関連する仕様では有効である可能性があり、別の位置で使用される場合はサポートされる可能性があります。 いいえ
15 サポートされていない位置です。 受信者は、セグメントの種類、スタンドアロンのデータ要素の種類、複合データ要素の種類、またはコンポーネント データ要素の種類が、識別された位置で使用されることをサポートしていません。 はい
16 含まれている要素が多すぎます。 識別されたセグメントに含まれるデータ要素が多すぎること、または識別された複合データ要素に含まれるコンポーネント データ要素が多すぎることの通知。 はい
17 アグリーメントがありません。 識別されたスタンドアロンのデータ要素、複合データ要素、またはコンポーネント データ要素の値を含むインターチェンジ、グループ、メッセージ、またはパッケージの受信を許可するアグリーメントがありません。 いいえ
18 エラーを特定できません エラーは識別されましたが、エラーの特性は報告されませんでした。 いいえ
19 無効な小数点表記です。 UNA で小数点表記として示されている文字が無効であるか、データ要素で使用されている小数点表記が UNA で示されている小数点表記と一致しません。 いいえ
20 サービス文字として無効な文字です。 UNA で提示された文字は、サービス文字として無効です。 いいえ
21 無効な文字です。 インターチェンジで使用されている 1 つまたは複数の文字が、UNB セグメントで示される構文識別子で定義される有効な文字ではないことの通知。 参照されているレベルの一部に無効な文字があるか、インターチェンジの識別された部分の直後に無効な文字があります。 はい
22 サービス文字が無効です。 インターチェンジで使用されているサービス文字が、UNA セグメントで提示されている有効なサービス文字ではないか、既定のサービス文字でないことの通知。 コードが UCS または UCD セグメントで使用されている場合、インターチェンジの識別された部分の直後に無効な文字があります。 いいえ
23 インターチェンジの送信者が不明です。 インターチェンジの送信者 (S002) が不明です。 いいえ
24 古すぎます。 受信したインターチェンジまたはグループが、IA で指定された期限または受信者によって指定された期限よりも古くなっています。 いいえ
25 テスト インジケーターがサポートされていません。 指定されたインターチェンジ、グループ、メッセージ、またはパッケージに対してテストを実行できません。 いいえ
26 重複が検出されました。 以前に受信したインターチェンジ、グループ、メッセージ、またはパッケージが重複している可能性が検出されました。 以前の転送は拒否されている可能性があります。 はい
27 セキュリティ機能がサポートされていません。 参照されているレベルまたはデータ要素に関連付けられたセキュリティ機能はサポートされません。 いいえ
28 参照が一致しません。 UNB、UNG、UNH、UNO、USH、または USD セグメントの制御参照が、それぞれ、UNZ、UNE、UNT、UNP、UST、または USU セグメントの制御参照に一致しません。 いいえ
29 制御数が受信したインターチェンジの数と一致しません。 グループ、メッセージ、またはセグメントの数が、UNZ、UNE、UNT、または UST セグメントで指定された数と一致しないことの通知。 または、オブジェクトの長さまたは暗号化されたデータの長さが、UNO、UNP、USD、または USU セグメントに記載されている長さと等しくない場合があります。 はい
30 グループとメッセージ/パッケージが混在しています。 インターチェンジで、グループ外のメッセージまたはパッケージと共に存在していることの通知。 いいえ
31 グループ内に複数のメッセージの種類があります。 複数の異なるメッセージの種類が機能グループに含まれています。 はい
32 下位レベルが空です。 次のいずれかの条件に関する通知:

- インターチェンジに、メッセージ、パッケージ、またはグループが含まれていません。
- グループにメッセージやパッケージが含まれていません。

いいえ
33 メッセージ、パッケージ、またはグループの外側に無効な項目があります。 インターチェンジ内、メッセージ間、パッケージ間、またはグループ間に無効なセグメントまたはデータ要素があります。 上位レベルで拒否が通知されました。 はい
34 インジケーターの入れ子は認められていません。 許可されていないメッセージに明示的な入れ子が使用されていることの通知。 いいえ
35 データ要素またはセグメントの繰り返しが多すぎます。 スタンドアロンのデータ要素、複合データ要素、またはセグメントの繰り返しが多すぎます。 はい
36 セグメント グループの繰り返しが多すぎます。 1 つのセグメント グループの繰り返しが多すぎます。 はい
37 文字の種類が無効です。 次のいずれかの条件に関する通知:

- アルファベット (コンポーネント) データ要素で 1 つ以上の数値が使用されています。
- 数値 (コンポーネント) データ要素で 1 つ以上のアルファベットが使用されています。

はい
38 小数点の記号の前に数値がありません。 小数点の記号の前に 1 つ以上の数値がありません。 はい
39 データ要素が長すぎます。 受信したデータ要素の長さがデータ要素の説明で指定されている最大長を超えています。 はい
40 データ要素が短すぎます。 受信したデータ要素の長さがデータ要素の説明で指定されている最小長に達していません。 はい
41 永続的な通信ネットワーク エラー インターチェンジの転送に使用される通信ネットワークによって、永続的なエラーが報告されました。 ネットワーク レベルで同じパラメーターを持つ同一のインターチェンジを再送信すると、失敗します。 いいえ
42 一時的な通信ネットワーク エラー インターチェンジの転送に使用される通信ネットワークによって、一時的なエラーが報告されました。 同一のインターチェンジの再送信は成功する場合もあります。 いいえ
43 インターチェンジの受信者が不明です。 ネットワーク プロバイダーがインターチェンジの受信者を認識できません。 いいえ
45 末尾の区切り記号 次のいずれかの条件に関する通知:

- セグメント終端記号の前にある最後の文字が、データ要素区切り記号、コンポーネント データ要素区切り記号、または繰り返しのデータ要素区切り記号です。
- データ要素区切り記号の前にある最後の文字が、コンポーネント データ要素区切り記号または繰り返しのデータ要素区切り記号です。

はい
46 文字セットがサポートされていません 次のいずれかの条件に関する通知:

- 使用されている 1 つ以上の文字が、構文識別子で定義されている文字セットに含まれていません。
- コード拡張技術のエスケープ シーケンスで識別される文字セットは、受信者によってサポートされていません。

はい
47 エンベロープ機能はサポートされません。 発生したエンベロープの構造は、受信者側でサポートされていません。 はい
48 依存関係の条件違反です。 依存関係の条件違反により、エラー状態が発生しました。 いいえ

Azure Logic AppsCONTRL ACK エラー コード

次の表に、EDIFACT 仕様で定義されていないカスタム エラー コードの一覧を示します。ただし、EDIFACT メッセージ処理の場合は CONTRL ACK の UCI5 フィールドで使用し、Azure Logic Apps に固有なものを使用します。

エラー コード 条件 原因
70 トランザクション セットが見つからないか、トランザクション セット識別子が無効です。 トランザクション セット識別子が見つからないか無効です。
71 トランザクション セット制御番号またはグループ制御番号が一致していません。 トランザクション セットまたはグループ制御番号の不一致があります。
72 セグメント ID が認識されません セグメント ID が認識されていません。
73 XML の位置が正しくありません。 XML ルート要素のシリアル化の実行中に問題が発生しました。
74 セグメント グループの繰り返しが少なすぎます。 1 つのセグメント グループの繰り返しが必要量に足りません。
75 セグメントの繰り返しが少なすぎます。 1 つのセグメントの繰り返しが必要量に足りません。
76 見つかったデータ要素が少なすぎます 十分なデータ要素が見つかりませんでした。

次のステップ

EDIFACT メッセージの交換