Azure Logic Apps の一般的なシナリオ、例、チュートリアル、手順Common scenarios, examples, tutorials, and walkthroughs for Azure Logic Apps

Azure Logic Apps には、SQL Server または SAP から Azure Cognitive Services まで、すぐに使用できるコネクタが数百個用意されているため、さまざまなサービスの調整と統合に使用できます。Azure Logic Apps helps you orchestrate and integrate different services by providing hundreds of ready-to-use connectors, ranging from SQL Server or SAP to Azure Cognitive Services. Logic Apps サービスは "サーバーレス" なので、スケールやインスタンスに関する心配は不要です。The Logic Apps service is "serverless", so you don't have to worry about scale or instances. 必要なことは、ワークフローが実行するトリガーとアクションに関するワークフローの定義のみです。All you have to do is define the workflow with a trigger and the actions that the workflow performs. 拡張性、可用性、およびパフォーマンスは、基になるプラットフォームによって処理されます。The underlying platform handles scale, availability, and performance. Logic Apps は、複数のシステムとサービス全体でアクションを調整する必要があるユース ケースやシナリオに特に適しています。Logic Apps is especially useful for use cases and scenarios where you need to coordinate actions across multiple systems and services.

Azure Logic Apps がサポートする機能とパターンについて学習するために、この記事では、一般的な出発点、例、およびシナリオについて説明します。To help you learn about the capabilities and patterns that Azure Logic Apps supports, this article describes common starting points, examples, and scenarios.

ロジック アプリ ワークフローの一般的な開始点Common starting points for logic app workflows

すべてのロジック アプリはトリガー (1 つのトリガーのみ) から始まります。トリガーによって、ロジック アプリ ワークフローが開始され、あらゆるデータがそのトリガーの一部として渡されます。Every logic app starts with a trigger, and only one trigger, which starts your logic app workflow and passes in any data as part of that trigger. 一部のコネクタには、次のような種類のトリガーが用意されています。Some connectors provide triggers, which come in these types:

  • ポーリング トリガー:新しいデータのサービス エンドポイントを定期的にチェックします。Polling triggers: Regularly checks a service endpoint for new data. 新しいデータが存在する場合、トリガーは入力としてデータを使用して新しいワークフロー インスタンスを実行します。When new data exists, the trigger creates and runs a new workflow instance with the data as input.

  • プッシュ トリガー:サービス エンドポイントのデータをリッスンし、特定のイベントが発生するまで待ちます。Push triggers: Listens for data at a service endpoint and waits until a specific event happens. イベントが発生すると、トリガーが即時に呼び出され、入力として使用できる任意のデータを使用する新しいワークフロー インスタンスが作成され、実行されます。When the event happens, the trigger fires immediately, creating and running a new workflow instance that uses any available data as input.

一般的に使用されるトリガーについて説明する例を次に示します。Here are examples that describe commonly-used triggers:

指定されたイベントが発生すると、トリガーが呼び出され、新しいロジック アプリ ワークフロー インスタンスが作成され、ワークフローのアクションが実行されます。After the specified event happens, the trigger fires, which creates a new logic app workflow instance and runs the actions in the workflow. ワークフロー全体でトリガーのすべてのデータにアクセスできます。You can access any data from the trigger throughout the workflow. たとえば、Twitter の新しいツイートでトリガーは、実行されているロジック アプリにツイートの内容を渡します。For example, the Twitter On a new tweet trigger passes the tweet content into the logic app run. Azure Logic Apps の使用を開始するには、次のクイックスタート トピックを試してください。To get started with Azure Logic Apps, try these quickstart topics:

制御フローおよびエラー処理の機能Control flow and error handling capabilities

ロジック アプリには、条件、スイッチ、ループ、スコープなど、高度な制御フローの機能が多数用意されています。Logic apps include rich capabilities for advanced control flow, such as conditions, switches, loops, and scopes. 耐障害性を備えたソリューションを実現するために、ワークフローにエラーおよび例外処理を実装することもできます。To ensure resilient solutions, you can also implement error and exception handling in your workflows.

カスタム API とコネクタを作成するCreate custom APIs and connectors

コネクタを公開していないシステムおよびサービスについては、ロジック アプリを拡張することもできます。For systems and services that don't have published connectors, you can also extend logic apps.

企業間取引 (B2B) ソリューションの構築Build business-to-business (B2B) solutions

組織の間にエンタープライズ統合ソリューションとシームレスな通信を実現するために、Azure Logic Apps で Enterprise Integration Pack (EIP) を使用して、このようなシナリオ向けの自動化されたスケーラブルなワークフローを構築することができます。For enterprise integration solutions and seamless communication between organizations, you can build automated scalable workflows for these scenarios by using the Enterprise Integration Pack (EIP) with Azure Logic Apps. 組織どうしは、異なるプロトコルと形式を使用していても、メッセージを電子的に交換することができます。Although organizations use different protocols and formats, they can exchange messages electronically. 異なる形式は、EIP によって、組織のシステムで処理できる、AS2、X12、EDIFACT、RosettaNet などの業界標準プロトコルをサポートする形式に変換されます。The EIP transforms different formats into a format that your organizations' systems can process and supports industry-standard protocols, including AS2, X12, EDIFACT, and RosettaNet. これらのソリューションを構築する前に、統合アカウントを作成できます。これは、ロジック アプリ ワークフローで定義して使用する成果物のためのセキュリティで保護され、スケーラブルで管理可能なコンテナーを提供する個別の Azure リソースです。To build these solutions, you create an integration account, which is a separate Azure resource that provides a secure, scalable, and manageable container for the artifacts that you define and use with your logic app workflows. たとえば、成果物には取引先、契約、マップ、スキーマ、証明書、バッチ構成などが含まれます。For example, artifacts include trading partners, agreements, maps, schemas, certificates, and batch configurations.

Azure 仮想ネットワーク リソースにアクセスするAccess Azure virtual network resources

場合によっては、ご利用のロジック アプリと統合アカウントで、Azure 仮想ネットワーク内の仮想マシン (VM) や他のシステムまたはサービスなど、セキュリティで保護されたリソースにアクセスする必要が生じます。Sometimes, your logic apps and integration accounts need access to secured resources, such as virtual machines (VMs) and other systems or services, that are in an Azure virtual network. このアクセスを設定するために、統合サービス環境 (ISE) を作成して、そこで自分のロジック アプリをビルドおよび実行することができます。To set up this access, you can create an integration service environment (ISE) where you can build and run your logic apps. ISE は、ストレージなどの専用のリソースを使用し、パブリックで "グローバル" なマルチテナント Logic Apps サービスとは別に実行される、プライベートで分離された Logic Apps サービスのインスタンスです。An ISE is a private and isolated instance of the Logic Apps service that uses dedicated resources such as storage, and runs separately from the public, "global", multi-tenant Logic Apps service. 分離したプライベート インスタンスとパブリック グローバル インスタンスを分けることで、他の Azure テナントが自分のアプリのパフォーマンスに与える可能性がある影響 ("うるさい隣人" エフェクトとも呼ばれる) を減らすことができます。Separating your isolated private instance and the public global instance also helps reduce the impact that other Azure tenants might have on your apps' performance, which is also known as the "noisy neighbors" effect.

ロジック アプリのデプロイ、管理、監視Deploy, manage, and monitor logic apps

Visual Studio、Azure DevOps、またはその他のソース管理および自動ビルド ツールを使用して、ロジック アプリを完全に開発してデプロイできます。You can fully develop and deploy logic apps with Visual Studio, Azure DevOps, or any other source control and automated build tools. リソース テンプレートでワークフローおよび依存接続のデプロイをサポートするために、ロジック アプリでは、Azure リソース デプロイ テンプレートが使用されます。To support deployment for workflows and dependent connections in a resource template, logic apps use Azure resource deployment templates. こうしたテンプレートは、Visual Studio ツールによって自動的に生成され、バージョン管理のためにソース管理機能にチェックインできます。Visual Studio tools automatically generate these templates, which you can check in to source control for versioning. ワークフロー実行ステータスの通知および診断ログについては、Azure Logic Apps によって監視やアラートも提供されます。For notification and diagnostic logs for workflow run status, Azure Logic Apps also provides monitoring and alerts.

配置Deploy

管理するManage

モニターMonitor

コンテンツ タイプ、変換の処理Handle content types, conversions, and transformations

Azure Logic Apps ワークフロー定義言語でさまざまな関数を使用して、複数のコンテンツ タイプにアクセスしたり、そのコンテンツ タイプを変換したりできます。You can access, convert, and transform multiple content types by using the many functions in the Azure Logic Apps workflow definition language. たとえば、文字列、JSON、および XML を、@json() および @xml() ワークフロー式に変換することができます。For example, you can convert between a string, JSON, and XML with the @json() and @xml() workflow expressions. Logic Apps エンジンではコンテンツ タイプが保持され、サービス間での無損失のコンテンツ転送がサポートされます。The Logic Apps engine preserves content types to support content transfer in a lossless manner between services.

その他の統合と機能Other integrations and capabilities

Azure Logic Apps は、Azure Functions、Azure API Management、Azure App Service、カスタム HTTP エンドポイント (例: REST、SOAP) など、多くのサービスと統合できます。Azure Logic Apps integrates with many services, such as Azure Functions, Azure API Management, Azure App Service, and custom HTTP endpoints, for example, REST and SOAP.

エンド ツー エンドのシナリオEnd-to-end scenarios

顧客事例Customer stories

他の Azure サービスや Microsoft 製品と共に Azure Logic Apps を使用して、複雑なプロセスを簡素化、整理、自動化、調整することで、俊敏性を高め、コア ビジネスに集中できるようになった企業の事例をご覧ください。Learn how Azure Logic Apps, along with other Azure services and Microsoft products, helped these companies improve their agility and focus on their core businesses by simplifying, organizing, automating, and orchestrating complex processes.

次のステップNext steps