Azure Logic Apps とはWhat is Azure Logic Apps?

Azure Logic Apps は、企業または組織の間でアプリ、データ、システム、サービスを統合する必要がある場合に、タスク、ビジネス プロセス、ワークフローのスケジュール設定、自動化、調整に役立つクラウド サービスです。Azure Logic Apps is a cloud service that helps you schedule, automate, and orchestrate tasks, business processes, and workflows when you need to integrate apps, data, systems, and services across enterprises or organizations. Logic Apps を使えば、クラウド、オンプレミス、その両方のどこにあるかを問わず、アプリの統合、データの統合、システムの統合、Enterprise Application Integration (EAI)、および企業間 (B2B) 通信が可能になるスケーラブルなソリューションを設計および構築する作業を簡略化できます。Logic Apps simplifies how you design and build scalable solutions for app integration, data integration, system integration, enterprise application integration (EAI), and business-to-business (B2B) communication, whether in the cloud, on premises, or both.

ロジック アプリを使って自動化できるワークロードには、たとえば次のようなものがあります。For example, here are just a few workloads you can automate with logic apps:

  • オンプレミス システムとクラウド サービスの間で命令を処理し、ルーティングする。Process and route orders across on-premises systems and cloud services.
  • 各種のシステム、アプリ、サービスでイベントが発生したときに Office 365 でメール通知を送信する。Send email notifications with Office 365 when events happen in various systems, apps, and services.
  • アップロードされたファイルを SFTP サーバーまたは FTP サーバーから Azure Storage に移動する。Move uploaded files from an SFTP or FTP server to Azure Storage.
  • 特定の話題のツイートを監視したり、そこに込められた感情を分析したり、確認が必要な項目についてアラートやタスクを作成したりする。Monitor tweets for a specific subject, analyze the sentiment, and create alerts or tasks for items that need review.

Azure Logic Apps を使用してエンタープライズ統合ソリューションを構築する際には、200 を超えるコネクタがある、現在も増加中のギャラリーから選択できます。このギャラリーには、Azure Service Bus、Functions、Storage といったサービスのほか、SQL、Office 365、Dynamics、Salesforce、BizTalk、SAP、Oracle DB、ファイル共有などが用意されています。To build enterprise integration solutions with Azure Logic Apps, you can choose from a growing gallery with 200+ connectors, which include services such as Azure Service Bus, Functions, and Storage; SQL, Office 365, Dynamics, Salesforce, BizTalk, SAP, Oracle DB, file shares, and more. コネクタには、データにリアル タイムで安全にアクセスして処理するロジック アプリを作成するためのトリガーアクション、またはその両方が備わっています。Connectors provide triggers, actions, or both for creating logic apps that securely access and process data in real time.

Logic Apps のしくみHow does Logic Apps work?

ロジック アプリを使ったワークフローはいずれも、トリガーによって起動します。そして、トリガーは特定のイベントが発生するか、新たに利用可能になったデータが特定の条件を満たした時点で起動します。Every logic app workflow starts with a trigger, which fires when a specific event happens, or when new available data meets specific criteria. Logic Apps のコネクタによって提供される多くのトリガーには、ワークロードの実行頻度を設定できる基本的なスケジューリング機能が備わっています。Many triggers provided by the connectors in Logic Apps include basic scheduling capabilities so that you can set up how regularly your workloads run. より複雑なスケジューリングや高度な繰り返しの場合は、ワークフローの最初のステップとして繰り返しトリガーを使用できます。For more complex scheduling or advanced recurrences, you can use a Recurrence trigger as the first step in any workflow. 詳細については、スケジュールベースのワークフローに関するページを参照してください。Learn more about schedule-based workflows.

トリガーが起動するたびに、Logic Apps エンジンによって、ワークフロー内でアクションを実行するロジック アプリ インスタンスが作成されます。Each time that the trigger fires, the Logic Apps engine creates a logic app instance that runs the actions in the workflow. これらのアクションにはデータ変換のほか、条件文、switch 文、ループ、分岐などのフロー制御が含まれることもあります。These actions can also include data conversions and flow controls, such as conditional statements, switch statements, loops, and branching. たとえば、このロジック アプリは "レコードが更新されたとき" という条件が組み込まれている Dynamics 365 トリガーによって起動するものです。For example, this logic app starts with a Dynamics 365 trigger with the built-in criteria "When a record is updated". トリガーがこの条件に一致するイベントを検出すると、トリガーが起動し、ワークフローのアクションを実行します。If the trigger detects an event that matches this criteria, the trigger fires and runs the workflow's actions. ここで実行されるアクションとしては、XML の変換、データの更新、条件分岐、メール通知があります。Here, these actions include XML transformation, data updates, decision branching, and email notifications.

Logic Apps デザイナー - ロジック アプリの例

ロジック アプリは、Logic Apps デザイナーを使って視覚的に作成できます。Logic Apps デザイナーは、ブラウザーを通じて Azure portal で使用できるほか、Visual Studio でも使用できます。You can build your logic apps visually with the Logic Apps Designer, which is available in the Azure portal through your browser and in Visual Studio. ロジック アプリをさらにカスタマイズするときは、"コード ビュー" エディターを使うと、JavaScript Object Notation (JSON) でロジック アプリの定義を作成したり編集したりすることができます。For more custom logic apps, you can create or edit logic app definitions in JavaScript Object Notation (JSON) by working in the "code view" editor. 一定のタスクについては、Azure PowerShell コマンドや Azure Resource Manager テンプレートを使用することもできます。You can also use Azure PowerShell commands and Azure Resource Manager templates for select tasks. ロジック アプリは Azure のクラウドにデプロイされ、そこで実行されます。Logic apps deploy and run in the cloud on Azure. さらに詳細な概要については、ビデオ「Use Azure Enterprise Integration Services to run cloud apps at scale (Azure のエンタープライズ統合サービスを使って大規模なクラウド アプリを実行する)」を参照してください。For a more detailed introduction, watch this video: Use Azure Enterprise Integration Services to run cloud apps at scale

Logic Apps を使う理由Why use Logic Apps?

ロジック アプリなら Microsoft のマネージド コネクタとして事前構築済みの API が用意されているため、ビジネスのデジタル化が進む中でも、従来のシステムと最新のシステムと最先端のシステムを簡単にすばやく接続できます。With businesses moving toward digitization, logic apps help you connect legacy, modern, and cutting-edge systems more easily and quickly by providing prebuilt APIs as Microsoft-managed connectors. このため、アプリのビジネス ロジックと機能に集中できます。That way, you can focus on your apps' business logic and functionality. アプリのビルド、ホスティング、スケール、管理、メンテナンス、監視に関する心配は無用です。You don't have to worry about building, hosting, scaling, managing, maintaining, and monitoring your apps. そのような問題は、Logic Apps が代わりに処理してくれます。Logic Apps handles these concerns for you. さらに、支払いは従量課金モデルに基づき、使用した分のみとなります。Plus, you pay only for what you use based on a consumption pricing model.

多くの場合、コードを記述する必要はありません。In many cases, you won't have to write code. もっとも、コードの記述が必要な場合には、Azure Functions を使ってコード スニペットを作成し、ロジック アプリからオンデマンドで実行できます。But if you must write some code, you can create code snippets with Azure Functions and run that code on-demand from logic apps. また、ロジック アプリと Azure サービス、カスタム アプリ、またはその他のソリューションのイベントとの間でやり取りが必要な場合には、ロジック アプリと Azure Event Grid を併用するとイベントを監視、ルーティング、公開できます。Also, if your logic apps need to interact with events from Azure services, custom apps, or other solutions, you can use Azure Event Grid with your logic apps for event monitoring, routing, and publishing.

Logic Apps、Functions、Event Grid はいずれも Microsoft Azure によって完全に管理されており、ソリューションのビルド、ホスティング、スケール、管理、監視、メンテナンスに関する心配から解放されます。Logic Apps, Functions, and Event Grid are fully managed by Microsoft Azure, which frees you from worries about building, hosting, scaling, managing, monitoring, and maintaining your solutions. "サーバーレス" のアプリとソリューション を作成できる機能が備わっているため、ビジネス ロジックだけに集中できます。With the capability to create "serverless" apps and solutions, you can just focus on the business logic. ここに挙げたサービスは、お客様のニーズに合わせて自動でスケールできるだけでなく、統合にかかる時間を短縮したり、最小限のコードで堅牢なクラウド アプリを作成するために役立てたりすることができます。These services automatically scale to meet your needs, make integrations faster, and help you build robust cloud apps with minimal code. さらに、支払いは従量課金モデルに基づき、使用した分のみとなります。Plus, you pay only for what you use, based on a consumption pricing model.

企業が Logic Apps を他の Azure サービスや Microsoft 製品と組み合わせることによってどのようにアジリティを高め、自らの中核となるビジネスに集中できるようになったかについては、お客様事例を参照してください。To learn how companies improved their agility and increased focus on their core businesses when they combined Logic Apps with other Azure services and Microsoft products, check out these customer stories.

ここでは、Logic Apps の機能とメリットを詳しく紹介します。Here are more details about the capabilities and benefits that you get with Logic Apps:

使いやすいツールで視覚的にワークフローを構築Visually build workflows with easy-to-use tools

ビジュアルを使ったデザイン ツールが用意されており、時間の節約と複雑なプロセスの簡略化が可能です。Save time and simplify complex processes with visual design tools. ロジック アプリの作成は、最初から最後まで Logic Apps デザイナーを使って進めることができます。このツールは、ブラウザーを使って Azure ポータルからアクセスできるほか、Visual Studio からも利用できます。Build logic apps from start-to-finish by using the Logic Apps Designer through your browser in the Azure portal or in Visual Studio. ワークフローの起動にはトリガーを使用します。コネクタ ギャラリーから追加できるアクションの数に上限はありません。Start your workflow with a trigger, and add any number of actions from the connectors gallery.

ロジック アプリ テンプレートを使って時間を節約Get started faster with logic app templates

テンプレート ギャラリーにある定義済みのワークフローを選んで使用すれば、よく使われるソリューションを今まで以上に短期間で作成できます。Create commonly used solutions more quickly when you choose predefined workflows from the template gallery. サービスとしてのソフトウェア (SaaS) アプリのための単純な接続を実現するものから、高度な B2B ソリューションの構築に役立つものや、"単に楽しむための" ものまで、さまざまなテンプレートがあります。Templates range from simple connectivity for software-as-a-service (SaaS) apps to advanced B2B solutions plus "just for fun" templates. 詳細については、事前構築済みのテンプレートからロジック アプリを作成する方法に関するページを参照してください。Learn how to create logic apps from prebuilt templates.

異なる環境にまたがる別個のシステムを接続Connect disparate systems across different environments

パターンやワークフローによっては、説明は簡単でもコードで実装するのは困難なこともあります。Some patterns and workflows are easy to describe but hard to implement in code. ロジック アプリなら、各種のシステムがオンプレミスの環境とクラウド環境のどちらに存在していても、シームレスに接続できます。Logic apps help you seamlessly connect disparate systems across on-premises and cloud environments. たとえば、クラウドのマーケティング ソリューションをオンプレミスの請求システムに接続したり、エンタープライズ サービス バスを使ってさまざまな API とシステムのメッセージングを一元化したりすることが可能になります。For example, you can connect a cloud marketing solution to an on-premises billing system, or centralize messaging across APIs and systems with an Enterprise Service Bus. ロジック アプリは、このようなシナリオに役立つ再利用可能かつ再構成可能なソリューションを提供するにあたり、高速で信頼性と一貫性に優れた方法を提供するものです。Logic apps provide a fast, reliable, and consistent way to deliver reusable and reconfigurable solutions for these scenarios.

エンタープライズ統合と B2B のシナリオに最上級のサポートを実現First-class support for enterprise integration and B2B scenarios

企業でも組織でも、相互に電子的なやり取りをするにあたっては業界標準のメッセージ プロトコルや形式を使用しています。しかし、具体的なプロトコルや形式を見ると EDIFACT、AS2、X12 など、さまざまに異なります。Businesses and organizations electronically communicate with each other by using industry-standard but different message protocols and formats, such as EDIFACT, AS2, and X12. Enterprise Integration Pack (EIP) の機能を使えば、パートナーが使用しているメッセージ形式をユーザーの組織のシステムが解釈して処理できる形式に変換するロジック アプリを作成できます。With the features in the Enterprise Integration Pack (EIP), you can build logic apps that transform message formats used by your partners into formats that your organization's systems can interpret and process. Logic Apps はこのようなやり取りを円滑に処理すると共に、暗号化とデジタル署名を使ってその安全を確保します。Logic Apps handles these exchanges smoothly and also securely with encryption and digital signatures.

最初は現在のシステムとサービスを使用して小規模な運用から始め、自分のペースで段階的に利用を増やしていくことをお勧めします。Start small with your current systems and services, and grow incrementally at your own pace. 準備ができたら、以下に示す Logic Apps と EIP のさまざまな機能を使って高度な統合シナリオを実装し、スケールアップしていきましょう。When you're ready, Logic Apps and the EIP help you implement and scale up to more mature integration scenarios by providing these capabilities and more:

たとえば、Microsoft BizTalk Server を使っている場合、ロジック アプリで BizTalk Server コネクタを使用して、ご利用の BizTalk Server と通信することができます。For example, if you're using Microsoft BizTalk Server, logic apps can communicate with your BizTalk Server by using the BizTalk Server connector. その後、統合アカウント コネクタ (Enterprise Integration Pack に付属) を追加することで、BizTalk と同様の操作をロジック アプリで拡張したり実行したりすることができます。You can then extend or perform BizTalk-like operations in your logic apps by including integration account connectors, which are available with the Enterprise Integration Pack.

逆に、Microsoft BizTalk Server Adapter for Logic Apps を使用して、BizTalk Server からロジック アプリに接続して通信を行うこともできます。Going in the other direction, BizTalk Server can connect to and communicate with logic apps by using the Microsoft BizTalk Server Adapter for Logic Apps. BizTalk Server で BizTalk Server Adapter を設定して使用する方法をご覧ください。Learn how to set up and use the BizTalk Server Adapter in your BizTalk Server.

1 回の作成で何度も再利用Write once, reuse often

ロジック アプリをテンプレートとして作成すると、多数の環境やリージョンにまたがるアプリをデプロイし、再構成できます。Create your logic apps as templates so that you can deploy and reconfigure your apps across multiple environments and regions.

組み込みの拡張機能Built-in extensibility

必要とするコネクタが見つからない場合や、カスタム コードの実行が必要な場合には、独自のコード スニペットを作成し、Azure Functions を使ってオンデマンドで呼び出せば、ロジック アプリを拡張できます。If you don't find the connector that you want or need to run custom code, you can extend logic apps by creating and calling your own code snippets on-demand through Azure Functions. 独自の APIカスタム コネクタを作成し、ロジック アプリから呼び出すこともできます。Create your own APIs and custom connectors that you can call from logic apps.

使用した分だけお支払いPay only for what you use

Logic Apps では、App Service プランで以前に作成したロジック アプリがないかぎり、使用量に応じた課金および測定が採用されます。Logic Apps uses consumption-based pricing and metering unless you have logic apps previously created with App Service plans.

Logic Apps の詳細については、以下のビデオで紹介しています。Learn more about Logic Apps with these introductory videos:

キーワードKey terms

  • ワークフロー: ビジネス プロセスを一連のステップとして視覚化、設計、構築、自動化、デプロイします。Workflow: Visualize, design, build, automate, and deploy business processes as series of steps.

  • マネージド コネクタ: ロジック アプリにはデータ、サービス、システムへのアクセスが必要です。Managed connectors: Your logic apps need access to data, services, and systems. データへの接続とアクセスおよびデータの操作のために設計された事前構築済みの Microsoft のマネージ コネクタを利用できます。You can use prebuilt Microsoft-managed connectors that are designed to connect, access, and work with your data. 詳細については、Azure Logic Apps のコネクタに関するページを参照してください。See Connectors for Azure Logic Apps

  • トリガー: 多くの Microsoft マネージド コネクタには、イベントや新しいデータが一定の条件を満たした場合に起動するトリガーが用意されています。Triggers: Many Microsoft-managed connectors provide triggers that fire when events or new data meet specified conditions. イベントとしては、メールを受信したり、Azure Storage アカウントに対する変更が検出されたりした場合などが考えられます。For example, an event might be getting an email or detecting changes in your Azure Storage account. トリガーが起動するたびに、Logic Apps エンジンによって、ワークフローを実行するロジック アプリ インスタンスが新たに作成されます。Each time the trigger fires, the Logic Apps engine creates a new logic app instance that runs the workflow.

  • Actions:アクションとは、トリガーの後に発生するステップすべてを指します。Actions: Actions are all the steps that happen after the trigger. 各アクションは通常、マネージ コネクタ、カスタム API、またはカスタム コネクタにより定義される 1 件の操作にマップされています。Each action usually maps to an operation that's defined by a managed connector, custom API, or custom connector.

  • Enterprise Integration Pack: Logic Apps には、高度な統合シナリオ向けに BizTalk Server の機能が含まれています。Enterprise Integration Pack: For more advanced integration scenarios, Logic Apps includes capabilities from BizTalk Server. Enterprise Integration Pack は、ロジック アプリが検証や変換などを簡単に実行するためのコネクタを提供するものです。The Enterprise Integration Pack provides connectors that help logic apps easily perform validation, transformation, and more.

Logic Apps と Functions、WebJobs、Flow の違いHow does Logic Apps differ from Functions, WebJobs, and Flow?

ここに挙げたサービスはいずれも、別個のシステムをつなげるための "接着剤" のような役割を果たします。All these services help you "glue" and connect disparate systems together. どのサービスにもそれぞれ長所とメリットが存在するため、十分な機能を備えたスケーラブルな統合システムを短期間で構築するためには、各サービスの機能を組み合わせるのが一番です。Each service has their advantages and benefits, so combining their capabilities is the best way to quickly build a scalable, full-featured integration system. 詳細については、「Flow、Logic Apps、Functions、WebJobs の比較」を参照してください。For more information, see Choose between Flow, Logic Apps, Functions, and WebJobs.

作業開始Get started

Logic Apps は、Microsoft Azure でホストされている多くのサービスの 1 つです。Logic Apps is one of the many services hosted on Microsoft Azure. このため、利用開始には Azure サブスクリプションが必要です。So before you start, you need an Azure subscription. サブスクリプションをお持ちでない場合には、無料の Azure アカウントにサインアップしてください。If you don't have a subscription, sign up for a free Azure account.

Azure サブスクリプションをお持ちであれば、初めてのロジック アプリの作成に関するクイック スタートをお試しください。このクイックスタートでは、RSS フィードを使って Web サイトの新しいコンテンツを監視し、新しいコンテンツが公開された時点でメールを送信する方法を紹介しています。If you have an Azure subscription, try this quickstart to create your first logic app, which monitors new content on a website through an RSS feed and sends email when new content appears.

次の手順Next steps