CLI (v2) データセット YAML スキーマ

ソース JSON スキーマは https://azuremlschemas.azureedge.net/latest/dataset.schema.json にあります。

重要

現在、この機能はパブリック プレビュー段階にあります。 このプレビュー バージョンはサービス レベル アグリーメントなしで提供されています。運用環境のワークロードに使用することはお勧めできません。 特定の機能はサポート対象ではなく、機能が制限されることがあります。 詳しくは、Microsoft Azure プレビューの追加使用条件に関するページをご覧ください。

YAML 構文

キー 種類 説明 使用できる値
$schema string YAML スキーマ。 Azure Machine Learning 用 VS Code 拡張機能を使用して YAML ファイルを作成する場合は、ファイルの先頭に $schema を含めることで、スキーマとリソースの入力候補を呼び出すことができます。
name string 必須。 データセットの名前。
version string データセットのバージョン。 省略した場合、Azure ML によってバージョンが自動生成されます。
description string データセットの説明。
tags object データセットのタグの辞書。
local_path string データセットの作成元となる単一のローカル ファイルまたはフォルダーの絶対パスまたは相対パス。 または paths のいずれかが必須です。
paths array データセットの作成元となる URI ソースのリスト。 リスト内の各エントリは、「データセットのソース パス」で定義されているスキーマに従っている必要があります。 現時点では、1 つのソースのみがサポートされています。 または paths のいずれかが必須です。

データセットのソース パス

キー 種類 Description
file string データセットのソースとして使用される単一のファイルへの URI。 サポートされる URI の種類は、azuremlhttpswasbsabfss および adl です。 URI 形式の使用方法の詳細については、コア yaml 構文に関するページを参照してください。 または folder のいずれかが必須です。
folder string データセットのソースとして使用されるフォルダーへの URI。 サポートされる URI の種類は、azuremlhttpswasbsabfss および adl です。 URI 形式の使用方法の詳細については、コア yaml 構文に関するページを参照してください。 または folder のいずれかが必須です。

注釈

az ml dataset コマンドは、Azure Machine Learning データセットを管理するために使用できます。

例は、GitHub リポジトリの例にあります。 以下にいくつか示します。

YAML: データストア ファイル

$schema: https://azuremlschemas.azureedge.net/latest/dataset.schema.json
name: cloud-file-example
description: Dataset created from file in cloud.
paths:
  - file: azureml://datastores/workspaceblobstore/paths/example-data/titanic.csv

YAML: データストア フォルダー

$schema: https://azuremlschemas.azureedge.net/latest/dataset.schema.json
name: cloud-folder-example
description: Dataset created from folder in cloud.
paths:
  - folder: azureml://datastores/workspaceblobstore/paths/example-data/

YAML: https ファイル

$schema: https://azuremlschemas.azureedge.net/latest/dataset.schema.json
name: cloud-file-https-example
description: Dataset created from a file in cloud using https URL.
paths:
  - file: https://mainstorage9c05dabf5c924.blob.core.windows.net/azureml-blobstore-54887b46-3cb0-485b-bb15-62e7b5578ee6/example-data/titanic.csv

YAML: https フォルダー

$schema: https://azuremlschemas.azureedge.net/latest/dataset.schema.json
name: cloud-folder-https-example
description: Dataset created from folder in cloud using https URL.
paths:
  - folder: https://mainstorage9c05dabf5c924.blob.core.windows.net/azureml-blobstore-54887b46-3cb0-485b-bb15-62e7b5578ee6/example-data/

YAML: wasbs ファイル

$schema: https://azuremlschemas.azureedge.net/latest/dataset.schema.json
name: cloud-file-wasbs-example
description: Dataset created from a file in cloud using wasbs URL.
paths:
  - file: wasbs://mainstorage9c05dabf5c924.blob.core.windows.net/azureml-blobstore-54887b46-3cb0-485b-bb15-62e7b5578ee6/example-data/titanic.csv

YAML: wasbs フォルダー

$schema: https://azuremlschemas.azureedge.net/latest/dataset.schema.json
name: cloud-folder-wasbs-example
description: Dataset created from folder in cloud using wasbs URL.
paths:
  - folder: wasbs://mainstorage9c05dabf5c924.blob.core.windows.net/azureml-blobstore-54887b46-3cb0-485b-bb15-62e7b5578ee6/example-data/

YAML: ローカル ファイル

$schema: https://azuremlschemas.azureedge.net/latest/dataset.schema.json
name: local-file-example
description: Dataset created from local file.
local_path: data/titanic.csv

YAML: ローカル フォルダー

$schema: https://azuremlschemas.azureedge.net/latest/dataset.schema.json
name: local-folder-example
description: Dataset created from local folder.
local_path: data

次のステップ