OpenCV ライブラリ モジュール

この記事では、オープンソース Computer Vision (OpenCV) ライブラリの使用をサポートする Azure Machine Learning Studio (クラシック) のモジュールについて説明します。

注意

適用対象: Machine Learning Studio (クラシック)

このコンテンツは、Studio (クラシック) のみに関連しています。 Azure Machine Learning デザイナーに同様のドラッグアンドドロップモジュールが追加されました。 この記事では、2つのバージョンの比較について詳しく説明します。

OpenCV は、さまざまなイメージ処理と画像認識のタスクをサポートするオープンソースライブラリです。 詳細については、 OpenCV web サイトを参照してください。

Machine Learning Studio (クラシック) のモジュールを使用すると、機械学習の実験に OpenCV ライブラリを簡単に組み込むことができます。

その他のイメージ認識機能については、「 Microsoft Cognitive Servicesの一部として公開されているイメージ api」を参照してください。

  • Face API。 顔を検出し、感情を含む重要な顔の属性を分析します。

  • Computer Vision API。 ドメインの検出、成人向けコンテンツの識別、画像のタグ付け、画像の種類や色の分析がサポートされています。

  • Bing Image Search。 種類、色、領域、およびその他の属性で検索することで、機械学習プロジェクトのイメージを取得します。

モジュールの一覧

OpenCV ライブラリカテゴリには、次のモジュールが含まれています。

関連項目