Azure Machine Learning Studio (クラシック) ワークスペースを作成して共有するCreate and share an Azure Machine Learning Studio (classic) workspace

Azure Machine Learning Studio (クラシック) を使用するには、Machine Learning Studio (クラシック) ワークスペースが必要です。To use Azure Machine Learning Studio (classic), you need to have a Machine Learning Studio (classic) workspace. このワークスペースには、実験を管理および公開するのに必要なツールが用意されています。This workspace contains the tools you need to create, manage, and publish experiments.

Studio (クラシック) ワークスペースを作成するCreate a Studio (classic) workspace

  1. Azure ポータルSign in to the Azure portal

    注意

    サインインして Studio (クラシック) ワークスペースを作成するには、Azure サブスクリプション管理者である必要があります。To sign in and create a Studio (classic) workspace, you need to be an Azure subscription administrator.

  2. [+新規] をクリックします。Click +New

  3. 検索ボックスに「Machine Learning Studio (クラシック) ワークスペース」と入力し、一致する項目を選びます。In the search box, type Machine Learning Studio (classic) Workspace and select the matching item. 次に、ページ下部にある [作成] をクリックします。Then, select click Create at the bottom of the page.

  4. ワークスペースの情報を入力します。Enter your workspace information:

    • [ワークスペース名] に使用できる最大文字数は 260 文字です。末尾に空白文字は使用しないでください。The workspace name may be up to 260 characters, not ending in a space. また、< > * % & : \ ? + / の各文字は使用できません。The name can't include these characters: < > * % & : \ ? + /

    • このワークスペースから Web サービスをデプロイした場合、選択 (または作成) した "Web サービス プラン" とそれに関連して選択した "価格レベル" が使用されます。The web service plan you choose (or create), along with the associated pricing tier you select, is used if you deploy web services from this workspace.

      新しい Studio (クラシック) ワークスペースを作成する

  5. Create をクリックしてください。Click Create.

注意

Machine Learning Studio (クラシック) では、ワークフローの実行時に中間データを保存するときにユーザーが指定した Azure ストレージ アカウントが使用されます。Machine Learning Studio (classic) relies on an Azure storage account that you provide to save intermediary data when it executes the workflow. ワークスペースの作成後に、ストレージ アカウントが削除された場合、またはアクセスキーが変更された場合、ワークスペースは機能しなくなり、そのワークスペースのすべての実験は失敗します。After the workspace is created, if the storage account is deleted, or if the access keys are changed, the workspace will stop functioning and all experiments in that workspace will fail. 誤ってストレージ アカウントを削除した場合は、削除されたストレージ アカウントと同じリージョンに同じ名前のストレージ アカウントを再作成し、アクセス キーを再同期します。If you accidentally delete the storage account, recreate the storage account with the same name in the same region as the deleted storage account and resync the access key. ストレージ アカウントのアクセス キーを変更した場合は、Azure Portal を使用してワークスペースのアクセス キーを再同期します。If you changed storage account access keys, resync the access keys in the workspace by using the Azure portal.

デプロイされたワークスペースは、クラシック バージョンの Machine Learning Studio で開くことができます。Once the workspace is deployed, you can open it in classic version of Machine Learning Studio.

  1. https://studio.azureml.net/ で Machine Learning Studio (クラシック) を参照します。Browse to Machine Learning Studio (classic) at https://studio.azureml.net/.

  2. 右上隅で該当するワークスペースを選択します。Select your workspace in the upper-right-hand corner.

    ワークスペースを選択

  3. [my experiments (実験)] をクリックします。Click my experiments.

    実験を開く

Studio (クラシック) ワークスペースの管理方法の詳細については、「Azure Machine Learning Studio (クラシック) ワークスペースの管理」をご覧ください。For information about managing your Studio (classic) workspace, see Manage an Azure Machine Learning Studio (classic) workspace. ワークスペースの作成で問題が発生した場合は、「トラブルシューティング ガイド: Machine Learning Studio (クラシック) ワークスペースの作成と接続」を参照してください。If you encounter a problem creating your workspace, see Troubleshooting guide: Create and connect to a Machine Learning Studio (classic) workspace.

Azure Machine Learning Studio (クラシック) ワークスペースを共有するShare an Azure Machine Learning Studio (classic) workspace

Machine Learning Studio (クラシック) ワークスペースを作成した後、ユーザーをワークスペースに招待し、ワークスペースとその実験、データセット、ノートブックなどのすべてに対するアクセスを共有できます。ユーザーは、次のいずれかの役割で追加することができます。Once a Machine Learning Studio (classic) workspace is created, you can invite users to your workspace to share access to your workspace and all its experiments, datasets, notebooks, etc. You can add users in one of two roles:

  • ユーザー - ワークスペース内の実験やデータセットの作成、表示、変更、削除を行うことができます。User - A workspace user can create, open, modify, and delete experiments, datasets, etc. in the workspace.
  • 所有者 - ワークスペース ユーザーの招待と削除、ユーザーが実行できる操作の登録を行うことができます。Owner - An owner can invite and remove users in the workspace, in addition to what a user can do.

注意

ワークスペースを作成した管理者アカウントは、ワークスペースの所有者としてワークスペースに自動的に追加されます。The administrator account that creates the workspace is automatically added to the workspace as workspace Owner. ただしそのサブスクリプションに含まれる他の管理者またはユーザーについては、ワークスペースへのアクセス権が自動的には付与されません。明示的に招待する必要があります。However, other administrators or users in that subscription are not automatically granted access to the workspace - you need to invite them explicitly.

Studio (クラシック) ワークスペースを共有するにはTo share a Studio (classic) workspace

  1. https://studio.azureml.net/Home で、クラシック バージョンの Machine Learning Studio にサインインします。Sign in to classic version of Machine Learning Studio at https://studio.azureml.net/Home

  2. 左側のパネルの [設定] をクリックします。In the left panel, click SETTINGS

  3. [ユーザー] タブをクリックします。Click the USERS tab

  4. ページ下部の [その他のユーザーの招待] をクリックします。Click INVITE MORE USERS at the bottom of the page

    Studio の設定

  5. 電子メール アドレスを少なくとも 1 つ入力します。Enter one or more email addresses. ユーザーには、有効な Microsoft アカウントまたは (Azure Active Directory の) 組織アカウントが必要です。The users need a valid Microsoft account or an organizational account (from Azure Active Directory).

  6. ユーザーを所有者として追加するか、ユーザーとして追加するかを選択します。Select whether you want to add the users as Owner or User.

  7. チェックマークが表示された [OK] ボタンをクリックします。Click the OK checkmark button.

追加した各ユーザーには、共有ワークスペースへのサインイン方法が記載された電子メールが送信されます。Each user you add will receive an email with instructions on how to sign in to the shared workspace.

注意

このワークスペースの Web サービスをデプロイしたり管理したりするユーザーは、Azure サブスクリプションの共同作成者または管理者である必要があります。For users to be able to deploy or manage web services in this workspace, they must be a contributor or administrator in the Azure subscription.