Azure Database for MariaDB でのビジネス継続性を理解するUnderstand business continuity in Azure Database for MariaDB

この記事では、Azure Database for MariaDB に用意されているビジネス継続性とディザスター リカバリーの機能について説明します。This article describes the capabilities that Azure Database for MariaDB provides for business continuity and disaster recovery. また、データ損失につながる、またはデータベースやアプリケーションを使用不能状態に追い込む破壊的なイベントから復旧するためのオプションについて説明します。Learn about options for recovering from disruptive events that could cause data loss or cause your database and application to become unavailable. ユーザーまたはアプリケーション エラーがデータ整合性に影響を及ぼすとき、Azure リージョンでシステム停止が発生したとき、あるいはアプリケーションにメンテナンスが必要なときの対処方法について説明します。Learn what to do when a user or application error affects data integrity, an Azure region has an outage, or your application requires maintenance.

ビジネス継続性を提供するときに使用できる機能Features that you can use to provide business continuity

Azure Database for MariaDB で提供されるビジネス継続性機能には、自動バックアップや、ユーザーによる geo リストア開始機能などが含まれます。Azure Database for MariaDB provides business continuity features that include automated backups and the ability for users to initiate geo-restore. 機能ごとに、推定復旧時間 (ERT) と潜在的なデータ損失に関する特性が異なります。Each has different characteristics for Estimated Recovery Time (ERT) and potential data loss. これらのオプションについて理解した後は、その中から適切なものを選んで、さまざまなシナリオに対して組み合わせて使うことができます。Once you understand these options, you can choose among them, and use them together for different scenarios. ビジネス継続性計画を開発するときは、破壊的なイベントが発生してから、アプリケーションが完全に復旧するまでの最大許容時間について理解する必要があります。これが目標復旧時間 (RTO) です。As you develop your business continuity plan, you need to understand the maximum acceptable time before the application fully recovers after the disruptive event - this is your Recovery Time Objective (RTO). さらに、破壊的なイベントの発生後、復旧中にアプリケーションが損失を許容できる最大データ更新 (期間) 量についても理解しなければなりません。これは目標復旧時点 (RPO) です。You also need to understand the maximum amount of recent data updates (time interval) the application can tolerate losing when recovering after the disruptive event - this is your Recovery Point Objective (RPO).

次の表は、利用できる機能の ERT と RPO を比較したものです。The following table compares the ERT and RPO for the available features:

機能Capability BasicBasic 汎用General Purpose メモリの最適化Memory optimized
バックアップからのポイントインタイム リストアPoint in Time Restore from backup リテンション期間内の任意の復元ポイントAny restore point within the retention period リテンション期間内の任意の復元ポイントAny restore point within the retention period リテンション期間内の任意の復元ポイントAny restore point within the retention period
Geo レプリケーション バックアップからの geo リストアGeo-restore from geo-replicated backups サポートされていませんNot supported ERT < 12 時間ERT < 12 h
RPO < 1 時間RPO < 1 h
ERT < 12 時間ERT < 12 h
RPO < 1 時間RPO < 1 h

重要

サーバーを削除すると、そのサーバーに含まれるデータベースもすべて削除され、復元できなくなります。If you delete the server, all databases contained in the server are also deleted and cannot be recovered. 削除されたサーバーを復元することはできません。You cannot restore a deleted server.

ユーザーまたはアプリケーション エラーの後でサーバーを復旧するRecover a server after a user or application error

サービスのバックアップを使って、さまざまな破壊的イベントからサーバーを復旧できます。You can use the service's backups to recover a server from various disruptive events. 一部のデータ、重要なテーブル、そしてデータベース全体さえも、うっかり削除してしまう場合があります。A user may accidentally delete some data, inadvertently drop an important table, or even drop an entire database. アプリケーションの欠陥などにより、正しいデータが不良データによって誤って上書きされることもあります。An application might accidentally overwrite good data with bad data due to an application defect, and so on.

ポイントインタイム リストアを実行して、正常であることがわかっている時点のサーバーのコピーを作成できます。You can perform a point-in-time-restore to create a copy of your server to a known good point in time. この時点は、サーバーに対して構成されているバックアップ リテンション期間内でなければなりません。This point in time must be within the backup retention period you have configured for your server. 新しいサーバーにデータを復元した後は、元のサーバーを新しく復元したサーバーに置き換えたり、復元したサーバーから元のサーバーに必要なデータをコピーしたりできます。After the data is restored to the new server, you can either replace the original server with the newly restored server or copy the needed data from the restored server into the original server.

Azure リージョンのデータ センターの停止から復旧するRecover from an Azure regional data center outage

まれではありますが、Azure データ センターが停止することもあります。Although rare, an Azure data center can have an outage. 停止が発生すると、ビジネスが中断します。この中断はわずか数分で解消されることもありますが、数時間に及ぶ場合もあります。When an outage occurs, it causes a business disruption that might only last a few minutes, but could last for hours.

オプションの 1 つは、データ センターの停止が終了し、サーバーがオンラインに戻るのを待つことです。One option is to wait for your server to come back online when the data center outage is over. 開発環境など、サーバーがしばらくオフラインになっていてもかまわないアプリケーションの場合はこの方法が使えます。This works for applications that can afford to have the server offline for some period of time, for example a development environment. データ センターが停止したときは、復旧までの時間を予測できないため、このオプションはしばらくサーバーが必要ない場合にのみ有効です。When data center has an outage, you do not know how long the outage might last, so this option only works if you don't need your server for a while.

もう 1 つのオプションは、geo 冗長バックアップを使ってサーバーを復元する Azure Database for MariaDB の geo リストア機能を使うことです。The other option is to use the Azure Database for MariaDB's geo-restore feature that restores the server using geo-redundant backups. これらのバックアップは、サーバーがホストされているリージョンがオフラインのときでもアクセスできます。These backups are accessible even when the region your server is hosted in is offline. これらのバックアップから他の任意のリージョンに復元し、サーバーをオンラインに戻すことができます。You can restore from these backups to any other region and bring your server back online.

重要

geo リストアは、geo 冗長バックアップ ストレージでサーバーをプロビジョニングした場合にのみ可能です。Geo-restore is only possible if you provisioned the server with geo-redundant backup storage.

リージョンにまたがる読み取りレプリカCross-region read replicas

リージョンにまたがる読み取りレプリカを使用すると、事業継続とディザスター リカバリーの計画を強化できます。You can use cross region read replicas to enhance your business continuity and disaster recovery planning. 読み取りレプリカは、MariaDB のバイナリ ログ レプリケーション テクノロジを使用して非同期的に更新されます。Read replicas are updated asynchronously using MariaDB's binary log replication technology. 読み取りレプリカ、利用可能なリージョン、フェールオーバーする方法については、読み取りレプリカの概念に関する記事を参照してください。Learn more about read replicas, available regions, and how to fail over from the read replicas concepts article.

よく寄せられる質問FAQ

Azure Database for MariaDB は顧客データをどこに格納しますか?Where does Azure Database for MariaDB store customer data?

既定では、Azure Database for MariaDB によって、デプロイされているリージョン外に顧客データが移動または格納されることはありません。By default, Azure Database for MariaDB doesn't move or store customer data out of the region it is deployed in. ただし、顧客は必要に応じて、地理冗長バックアップを有効にするか、別のリージョンにデータを格納するためのクロスリージョン読み取りレプリカを作成することを選択できます。However, customers can optionally chose to enable geo-redundant backups or create cross-region read replica for storing data in another region.

次のステップNext steps