仮想マシン オファーのプレビュー対象ユーザーを追加する

[Preview audience](プレビュー対象ユーザー) ページ (パートナー センターの左側のナビ メニューから選びます) で、限定された [Preview audience](プレビュー対象ユーザー) を構成して、より広範な商業マーケットプレースの対象ユーザーにオファーを公開する前に、オファーを検証する認可を与えます。 オファーを公開すると、指定したプレビュー対象ユーザーのメンバーがプレビュー リンクを使用できるようになります。 [一般公開] にサインオフする前にプレビュー リンクにアクセスし、オファーのプレビューの詳細を確認できるのは、構成したプレビュー対象ユーザーのみです。

プレビュー リンクは、非表示プランに使うことができません。 非表示プランの場合、プレビュー対象ユーザーはコマンド プロンプトを使ってオファーをテストすることができます。

注意

プレビューは、クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムで使用できるように構成されたオファーではサポートされていません。

プレビュー対象ユーザーは、Azure サブスクリプション ID と、それぞれに対する省略可能な説明によって識別されます。 いずれのフィールドも顧客は表示できません。 Azure サブスクリプション ID は、Azure portal の [サブスクリプション] ページにあります。

少なくとも 1 つの Azure サブスクリプション ID を、個別に、または CSV ファイルをアップロードすることによって追加します。 オファーが既に公開されている場合も、オファーの変更や更新をテストするためにプレビュー対象ユーザーを変更することができます。

重要

オファーのプレビュー対象ユーザーに加えた変更は、保存する必要があり、オファーの再公開後にのみ反映されます。

注意

プレビュー対象ユーザーはプライベート対象ユーザーとは異なります。 プレビュー対象ユーザーとは、オファーのテストや検証を行うことができるサブスクリプション ID の一覧のことです。 これには、ユーザーが使用できるようになる前の非公開プランも含まれます。 一方、オファーを非公開にする場合は、プライベート対象ユーザーを指定して、選んだ顧客にオファーの表示を制限する必要があります。 プライベート対象ユーザー (各プランの [価格と使用可能状況] ページに定義されています) は、オファーの公開後に特定のプランにアクセスできるサブスクリプション ID やテナント ID の一覧です。

プレビュー対象ユーザーを構成した後、 [下書きの保存] を選び、左側のナビゲーション メニューの次のタブ [Plan overview](プランの概要) に進みます。

次の手順