Dynamics 365 for Operations オファー プロパティの構成

このページでは、Microsoft AppSource でのオファーのグループ化に使用されるカテゴリ、アプリケーションのバージョン、オファーをサポートする法的契約を定義できます。

Categories

オファーを適切な AppSource 検索領域に配置するために、カテゴリとサブカテゴリを選択します。 オファーでこれらのカテゴリがどのようにサポートされるかを、後で必ずオファーの説明に記述してください。

  • プライマリ カテゴリを選択してください。
  • 2 つ目のオプション カテゴリ (セカンダリ) を追加するには、 [+ カテゴリ] リンクを選択します。
  • プライマリおよびセカンダリ カテゴリにそれぞれ最大 2 つのサブカテゴリを選択します。 オファーに適用できるサブカテゴリがない場合は、 [該当なし] を選択します。 Ctrl キーを押しながらクリックし、2 つ目のサブカテゴリを選択します。

オファーの掲載のベスト プラクティス」でカテゴリとサブカテゴリの完全な一覧を参照してください。

業界

必要に応じて、各業界で最大 2 つの業界と 2 つの業種を選択します。 これらのカテゴリは、業界および業種が検索フィルターで使用され、オンライン ストアで適用される場合に、オファーを表示するために使用されます。 特定の業界や業種をターゲットとするオファーの場合は、選択した業種または業種に対してオファーがどのように役立つかを、オファーの説明で説明します。 そうしない場合、オファーが業界固有ではない場合は、選択せずにこのセクションを空白のままにします。 業界と業種の完全な一覧については、「オファーの掲載のベスト プラクティス」をご覧ください。

オファーに適用する [適用可能な製品] (Commerce、Finance、Human Resources、Project Operations、および Supply Chain Management) を選択します。 これらの選択により、顧客は、下に表示される AppSource Dynamics 365 製品フィルターに基づいてオファーを検索できます。

オファーの アプリ バージョン を入力します。 顧客にはオファーの詳細ページにこの番号が表示されます。

お客様がオファーを試す前に同意する必要のある ご契約条件 を指定してください。 ご契約条件を見つけることができる Web アドレスを指定することもできます。

左側のナビゲーション メニューの次のタブである [オファー登録情報] に進む前に、 [下書きの保存] を選択します。

次のステップ