IoT Edge モジュール オファーの作成Create an IoT Edge module offer

この記事では、Azure Marketplace 向けのモノのインターネット (IoT) Edge モジュール オファーを作成して発行する方法について説明します。This article describes how to create and publish an Internet of Things (IoT) Edge module offer for Azure Marketplace. 開始する前に、まだパートナー センターでコマーシャル マーケットプレース アカウントを作成していなければ、作成します。Before starting, Create a Commercial Marketplace account in Partner Center if you haven't done so yet. お使いのアカウントがコマーシャル マーケットプレース プログラムに登録されていることを確認します。Ensure your account is enrolled in the commercial marketplace program.

新しいオファーを作成するCreate a new offer

  1. パートナー センターにサインインします。Sign in to Partner Center.

  2. 左側のナビゲーション メニューで、 [コマーシャル マーケットプレース] > [概要] の順に選択します。In the left-nav menu, select Commercial Marketplace > Overview.

  3. [概要] ページで、 [+ 新しいオファー] > [IoT Edge モジュール] の順に選択します。On the Overview page, select + New offer > IoT Edge module.

    左側のナビゲーション メニューの画像。

重要

オファーが公開された後、それに対してパートナー センターで行われた編集内容は、そのオファーの再公開後にのみオンライン ストアに表示されます。After an offer is published, edits made to it in Partner Center only appear in online stores after republishing the offer. 変更後は必ず再公開してください。Make sure you always republish after making changes.

オファーの ID と別名Offer ID and alias

[オファー ID] を入力します。Enter an Offer ID. これは、ご自分のアカウント内の各オファーに対する一意の識別子です。This is a unique identifier for each offer in your account.

  • この ID は、マーケットプレース オファーの Web アドレスと Azure Resource Manager テンプレート (該当する場合) で顧客に表示されます。This ID is visible to customers in the web address for the marketplace offer and Azure Resource Manager templates, if applicable.
  • 使用できるのは小文字と数字だけです。Use only lowercase letters and numbers. ハイフンとアンダースコアを含めることができますが、スペースは使用できず、文字数は 50 文字に制限されています。It can include hyphens and underscores, but no spaces, and is limited to 50 characters. たとえば、「test-offer-1」と入力すると、オファーの Web アドレスは https://azuremarketplace.microsoft.com/marketplace/../test-offer-1 になります。For example, if you enter test-offer-1, the offer web address will be https://azuremarketplace.microsoft.com/marketplace/../test-offer-1.
  • [作成] を選択した後で、オファー ID を変更することはできません。The Offer ID can't be changed after you select Create.

[オファーのエイリアス] を入力します。Enter an Offer alias. これは、パートナー センター内でオファーに使用される名前です。This is the name used for the offer in Partner Center.

  • この名前はマーケットプレースでは使用されず、顧客に表示されるオファー名やその他の値とは異なります。This name isn't used in the marketplace and is different from the offer name and other values shown to customers.
  • [作成] の選択後にこれを変更することはできません。This can't be changed after you select Create.

[作成] を選択してオファーを生成し、続行します。Select Create to generate the offer and continue.

オファーの概要Offer overview

[オファーの概要] ページでは、このオファー (完了しているものと近日公開のものの両方) を公開するために必要な手順と各手順の完了に必要な時間が図で示されます。The Offer overview page shows a visual representation of the steps required to publish this offer (both completed and upcoming) and how long each step should take to complete.

このページには、ユーザーの選択に基づき、このオファーで操作を実行するためのリンクが含まれています。This page includes links to perform operations on this offer based on the selection you make. 次に例を示します。For example:

オファーのセットアップOffer setup

オファーを設定するには、次の手順に従います。Follow these steps to set up your offer.

潜在顧客Customer leads

パートナー センターを使用してオファーをマーケットプレースに公開する場合、それを顧客関係管理 (CRM) システムに任意で接続できます。When publishing your offer to the marketplace with Partner Center, you can optionally connect it to your Customer Relationship Management (CRM) system. これにより、自社の製品に顧客が関心を示したり、製品を使用したりした場合はすぐにその顧客の連絡先情報を受信できるようになります。This lets you receive customer contact information as soon as someone expresses interest in or uses your product.

  1. 顧客リードの送信先となるリードのターゲットを選択します。Select a lead destination where you want us to send customer leads. パートナー センターでは、次の CRM システムがサポートされています。Partner Center supports the following CRM systems:

    注意

    ご利用の CRM システムが上記に記載されていない場合は、Azure テーブルまたは HTTPS エンドポイントを使用して潜在顧客のデータを格納し、次にそのデータをご利用の CRM システムにエクスポートします。If your CRM system isn't listed above, use Azure Table or Https Endpoint to store customer lead data, then export the data to your CRM system.

  2. パートナー センターで公開する際は、オファーをリードの宛先に接続します。Connect your offer to the lead destination when publishing in Partner Center.

  3. リードの宛先への接続が正しく構成されていることを確認します。Confirm that the connection to the lead destination is configured properly. パートナー センターで公開すると、Microsoft で接続を検証して、テスト リードを送信します。After you publish it in Partner Center, we'll validate the connection and send you a test lead. オファーの公開前に行うプレビュー中は、プレビュー環境でオファーを自分で購入してみることで、リードの接続をテストすることもできます。While you preview the offer before it goes live, you can also test your lead connection by trying to purchase the offer yourself in the preview environment.

  4. リードが失われないように、リードの宛先への接続が確実に最新の状態に保たれているようにします。Make sure the connection to the lead destination stays updated so you don't lose any leads.

その他のリード管理リソースをいくつか次に示します。Here are some additional lead management resources:

続行する前に、 [下書きの保存] を選択します。Select Save draft before continuing.

PropertiesProperties

このページでは、マーケットプレース上でのオファーのグループ分けに使用するカテゴリと、オファーがサポートされる法的契約を定義できます。This page lets you define the categories used to group your offer on the marketplace and the legal contracts that support your offer.

カテゴリCategory

オファーを適切なマーケットプレース検索領域に配置するために、カテゴリとサブカテゴリを選択します。Select categories and subcategories to place your offer in the appropriate marketplace search areas. オファーでこれらのカテゴリがどのようにサポートされるかを、必ずオファーの説明に記述してください。Be sure to describe how your offer supports these categories in the offer description. 選択:Select:

  • 少なくとも 1 つ、最大で 2 つのカテゴリ。プライマリ カテゴリとセカンダリ カテゴリを含みます (省略可能)。At least one and up to two categories, including a primary and a secondary category (optional).
  • プライマリ カテゴリ、セカンダリ カテゴリ、またはその両方についてそれぞれ最大 2 つのサブカテゴリ。Up to two subcategories for each primary and/or secondary category. オファーに適用できるサブカテゴリがない場合は、 [該当なし] を選択します。If no subcategory is applicable to your offer, select Not applicable.

オファーの掲載のベスト プラクティス」でカテゴリとサブカテゴリの完全な一覧を参照してください。See the full list of categories and subcategories in Offer Listing Best Practices. マーケットプレースでは、IoT Edge モジュールは常に  [モノのインターネット] > [IoT Edge モジュール]  カテゴリに表示されます。In the marketplace, IoT Edge modules are always shown under the Internet of Things > IoT Edge module category.

オファーの使用条件を指定する必要があります。You must provide terms and conditions for the offer. 2 つのオプションがあります。You have two options:

  • Microsoft 商業マーケットプレース向け標準契約を使用する。Use the Standard Contract for the Microsoft Commercial Marketplace.
  • 独自の使用条件を指定する。Provide your own terms and conditions.
Microsoft 商業マーケットプレースの標準契約Standard contract for the Microsoft Commercial Marketplace

Microsoft では、商業マーケットプレースの取り引きに役立つ標準契約テンプレートをご用意しています。We offer a Standard Contract template to help facilitate transactions in the commercial marketplace. [標準契約] の下でソリューションを提供することを選択できます。この場合、顧客には確認し、同意することが一度だけ求められます。You can choose to offer your solution under the Standard Contract, which customers only need to check and accept once. 独自の使用条件を作らない場合、これをお勧めします。This is a good option if you don't want to craft custom terms and conditions.

標準契約の詳細については、「Microsoft 商業マーケットプレースの標準契約」を参照してください。To learn more about the Standard Contract, see Standard Contract for the Microsoft Commercial Marketplace. 標準契約 PDF をダウンロードすることもできます (ポップアップ ブロッカーをオフにしてください)。You can also download the Standard Contract PDF (make sure your pop-up blocker is off).

標準契約を使用するには、 [Microsoft 商業マーケットプレース向け標準契約を使用する] チェックボックスを選択し、 [承諾] をクリックします。To use the Standard Contract, select the Use the Standard Contract for Microsoft's commercial marketplace check box, and then click Accept.

注意

Microsoft 商業マーケットプレースの標準契約を使用してオファーを公開した後に、独自のカスタムの使用条件を使用することはできません。After you publish an offer using the Standard contract for Microsoft commercial marketplace, you can't use your own custom terms and conditions. ソリューションは、標準契約または独自の使用条件の下で提供します。Either offer your solution under the Standard Contract or under your own terms and conditions.

[Microsoft 商業マーケットプレース向け標準契約を使用する] チェックボックス使用の画像。

独自の使用条件Your own terms and conditions

独自のカスタムの使用条件を指定するには、 [使用条件] ボックスにそれを入力します。To provide your own custom terms and conditions, enter them in the Terms and Conditions box. このボックスに入力できるテキスト文字数は無制限です。You can enter an unlimited amount of characters of text in this box. 顧客は、オファーを試す前にこれらの条件に同意する必要があります。Customers must accept these terms before they can try your offer.

[下書きの保存] を選択してから、次のセクション「オファーのリスト登録」に進みます。Select Save draft before continuing to the next section, Offer listing.

オファーのリスト登録Offer listing

ここでは、マーケットプレースに表示されるオファーの詳細を定義します。Here you'll define the offer details that are displayed in the marketplace. これには、オファーの名前、説明、画像などが含まれます。This includes the offer name, description, images, and so on. このオファーを構成するときには、Microsoft のポリシーに関するページに詳述されているポリシーに必ず従ってください。Be sure to follow the policies detailed on Microsoft's policy page while configuring this offer.

注意

オファーの詳細が「このアプリケーションは、[英語以外の言語] でのみ利用可能です」という文言で始まっていれば英語である必要はありません。Offer details are not required to be in English if the offer description begins with the phrase, "This application is available only in [non-English language]." また、オファー コンテンツへの役に立つリンクを、オファーのリスト登録の詳細説明で使用されている言語とは異なる言語で提供することもできます。It's also okay to provide a Useful Link to offer content in a language that's different from the one used in the Offer listing details.

名前Name

ここで入力する名前は、オファーのタイトルとして表示されます。The name you enter here displays as the title of your offer. このフィールドには、オファーを作成したときに [オファーの別名] ボックスに入力したテキストがあらかじめ入力されています。This field is pre-filled with the text you entered in the Offer alias box when you created the offer. この名前は後で変更できます。You can change this name later.

この名前は、次のようにすることができます。The name:

  • 商標登録されている可能性があります (商標または著作権マークを含めることもできます)。Can be trademarked (and you may include trademark or copyright symbols).
  • 文字長が 50 文字を超えてはなりません。Can't be more than 50 characters long.
  • 絵文字を含めることはできません。Can't include emojis.

検索結果の概要Search results summary

オファーの簡単な説明を入力します。Provide a short description of your offer. これは最大 100 文字長とすることができ、マーケットプレースの検索結果で使用されます。This can be up to 100 characters long and is used in marketplace search results.

詳細な概要Long summary

オファーの詳細を入力します。Provide a more detailed description of your offer. これは最大 256 文字長とすることができ、マーケットプレースの検索結果で使用されます。This can be up to 256 characters long and is used in marketplace search results.

説明Description

オファーの詳しい説明 (最大 3,000 文字) を入力します。Provide a longer description of your offer, up to 3,000 characters. 顧客は、Marketplace のリスト登録に関する概要でこれを確認できます。Customers will see this in the Marketplace listing overview.

説明には、次の項目を 1 つ以上含めます。Include one or more of the following items in your description:

  • オファーの価値と主な利益The value and key benefits of your offer
  • カテゴリや業界の関連付けCategory and/or industry associations
  • アプリ内購入の機会In-app purchase opportunities
  • 必要な開示Any required disclosures

IoT Edge モジュールのオファーには、説明の一番下に、次のような最小ハードウェア要件の段落が含まれている必要があります。IoT Edge module offers must include a minimum hardware requirements paragraph at the bottom of the description, such as:

  • 最小ハードウェア要件: Linux x64 および arm32 OS、1 GB の RAM、500 MB のストレージMinimum hardware requirements: Linux x64 and arm32 OS, 1 GB of RAM, 500 Mb of storage

説明を記述するためのいくつかのヒントを次に示します。Here are some tips for writing your description:

  • 先頭のいくつかの文で、以下の点を含め、プランの価値を明確に説明します。Clearly describe the value of your offer in the first few sentences, including:
    • プランの説明。Description of the offer.
    • プランから利益を得るユーザーの種類。The type of user who benefits from the offer.
    • オファーが対応する顧客のニーズや問題。Customer needs or issues that the offer addresses.
  • 先頭のいくつかの文が検索結果に表示される場合があることに注意してください。Remember that the first few sentences might be displayed in search results.
  • 特徴や機能に頼って製品を販売しないでください。Don't rely on features and functionality to sell your product. プランによって提供される価値に焦点を当てます。Focus on the value your offer provides.
  • 業界固有の語彙または利益に基づく表現を使用してください。Use industry-specific vocabulary or benefit-based wording.

説明がより関心を引くものになるように、HTML タグを使用して書式を設定します。Use HTML tags to format your description so it's more engaging. この表に示すように、ほとんどのタグには、開始と終了の両方のコンポーネントが必要です。Most tags require both an opening and closing component, as shown in this table.

目的To do this 用途Use Like this 表示結果To get this
太字Bold <b> & </b> <b></b>:無料試用版<b>Example</b>: Free trial :無料試用版Example: Free trial
斜体Italics <i> & </i> <i>最初</i> の行を選択します。Select the <i>first</i> row. "最初" の行を選択します。Select the first row.
改行New line <br> これは最初の行です。<br>これは 2 行目です。This is my first line.<br>This is my second line. これは最初の行です。This is my first line.
これは 2 行目です。This is my second line.
段落Paragraphs <p> & </p> <p>これは第 1 段落です。</p><p>This is my first paragraph.</p>
<p>これは第 2 段落です。</p><p>This is my second paragraph.</p>

これは第 1 段落です。This is my first paragraph.

これは第 2 段落です。This is my second paragraph.

箇条書きBullets <ul> & </ul>, <li> & </li> <ul>
<li>箇条書き項目</li><li>Your bullet item</li>
<li>箇条書き項目</li><li>Your bullet item</li>
<li>箇条書き項目</li><li>Your bullet item</li>
</ul>
• 箇条書き項目• Your bullet item
• 箇条書き項目• Your bullet item
• 箇条書き項目• Your bullet item
番号付けNumbering <ol> & </ol>, <li> & </li> <ol>
<li>番号付きの項目</li><li>Your numbered item</li>
<li>番号付きの項目</li><li>Your numbered item</li>
<li>番号付きの項目</li><li>Your numbered item</li>
</ol>
1.番号付きの項目1. Your numbered item
2.番号付きの項目2. Your numbered item
3.番号付きの項目3. Your numbered item
新しい番号 (または箇条書きの黒点) のない改行New line without new number (or bullet) <ol> & </ol>, <li> & </li>, <br> <ol>
<li>ここにテキストを追加</li><li>add text here</li>
<li>ここにテキストを追加<br>ここにテキストを追加</li><li>add text here<br>add text here</li>
</ol>
1. ここにテキストを追加1. add text here
2. ここにテキストを追加2. add text here
    ここにテキストを追加    add text here
新しい番号 (または箇条書きの黒点) のない段落New paragraph without new number (or bullet) <ol> & </ol>, <li> & </li>, <br> <ol>
<li>ここにテキストを追加</li><li>add text here</li>
<li>ここにテキストを追加<br><br>ここにテキストを追加</li><li>add text here<br><br>add text here</li>
</ol>
1. ここにテキストを追加1. add text here
2. ここにテキストを追加2. add text here

    ここにテキストを追加    add text here

見出しの使用Use headings <h1> & </h1>, <h2> & </h2><h6> & </h6> まで<h1> & </h1>, <h2> & </h2>, up to <h6> & </h6> <h1>これは見出し 1 です</h1><h1>This is heading 1</h1>
<h2>これは見出し 2 です</h2><h2>This is heading 2</h2>
<h3>これは見出し 3 です</h3><h3>This is heading 3</h3>
これは見出し 1 ですThis is heading 1
これは見出し 2 ですThis is heading 2
これは見出し 3 ですThis is heading 3

[プライバシー ポリシーの URL]Privacy policy URL

組織のプライバシー ポリシーの Web アドレスを入力します。Enter the web address of your organization's privacy policy. ご自身でオファーが確実にプライバシーに関する法律や規則に準拠するようにしていただく必要があります。You're responsible for ensuring that your offer complies with privacy laws and regulations. また、Web サイトに有効なプライバシー ポリシーを投稿する責任もあります。You're also responsible for posting a valid privacy policy on your website.

オファーに関する補足のオンライン ドキュメントを提供します。Provide supplemental online documents about your offer. 最大 25 個のリンクを追加できます。You can add up to 25 links. リンクを追加するには、 [+ リンクの追加] を選択し、次のフィールドに入力します。To add a link, select + Add a link and then complete the following fields:

  • [タイトル] - オファーの詳細ページでタイトルが顧客に表示されます。Title - Customers will see the title on your offer's details page.
  • [リンク (URL)] - 顧客がオンライン ドキュメントを閲覧するためのリンクを入力します。Link (URL) - Enter a link for customers to view your online document. リンクは http:// または https:// で始まっている必要があります。The link must start with http:// or https://.

少なくともドキュメントへのリンクを 1 つと、 Azure IoT デバイス カタログに記載されている互換性のある IoT Edge デバイスへのリンクを 1 つ、追加するようにしてください。Make sure to add at least one link to your documentation and one link to the compatible IoT Edge devices from the Azure IoT device catalog.

連絡先情報Contact information

サポートの連絡先エンジニアリングの連絡先の名前、メール、電話番号を入力する必要があります。You must provide the name, email, and phone number for a Support contact and an Engineering contact. この情報は顧客には表示されません。This information isn't shown to customers. これは Microsoft で利用することができ、クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) パートナーに提供される場合があります。It is available to Microsoft and may be provided to Cloud Solution Provider (CSP) partners.

  • サポートの連絡先 (必須):サポートに関する一般的な質問用です。Support contact (required): For general support questions.
  • エンジニアリングの連絡先 (必須):技術的な質問と認定に関する問題用です。Engineering contact (required): For technical questions and certification issues.
  • CSP プログラムの連絡先 (省略可能):リセラーからの CSP プログラムに関する質問用です。CSP Program contact (optional): For reseller questions related to the CSP program.

[サポートの連絡先] セクションで、 [サポート Web サイト] の Web アドレスを指定します。このサイトでは、グローバル Azure、Azure Government、またはその両方におけるオファーの提供状況に基づき、パートナーはオファーのサポートを検索できます。In the Support contact section, provide the web address of the Support website where partners can find support for your offer based on whether the offer is available in global Azure, Azure Government, or both.

[CSP プログラムの連絡先] セクションで、リンク (CSP プログラムの宣材) を入力します。このリンクでは、CSP パートナーはオファーの宣材を検索できます。In the CSP Program contact section, provide the link (CSP Program Marketing Materials) where CSP partners can find marketing materials for your offer.

マーケットプレースのリスト登録に関するその他のリソースAdditional marketplace listing resources

オファーのリスト登録の作成について詳しくは、「オファーの掲載のベスト プラクティス」を参照してください。To learn more about creating offer listings, see Offer listing best practices.

マーケットプレースの画像Marketplace images

オファーで使用するロゴと画像を提供します。Provide logos and images to use with your offer. 画像はすべて PNG 形式である必要があります。All images must be in PNG format. ぼやけた画像は拒否されます。Blurry images will be rejected.

お客様のロゴについては、これらのガイドラインに従ってください。Follow these guidelines for your logos:

  • Azure の設計には簡単なカラー パレットがあります。The Azure design has a simple color palette. ロゴのプライマリ カラーとセカンダリ カラーの数は制限してください。Limit the number of primary and secondary colors on your logo.
  • ポータルのテーマの色は白黒です。The theme colors of the portal are white and black. この色を、ロゴの背景色として使用しないでください。Don't use these colors as the background color for your logo. ポータルでロゴが目立つ色を使用します。Use a color that makes your logo prominent in the portal. 背景色としてはシンプルなプライマリ カラーをお勧めします。We recommend simple primary colors.
  • 透明な背景を使用している場合は、ロゴおよびテキストが白、黒、または青ではないことを確認します。If you use a transparent background, make sure that the logo and text aren't white, black, or blue.
  • ロゴのルック アンド フィールはフラットにして、ロゴやバックグラウンドではグラデーションを避けてください。The look and feel of your logo should be flat and avoid gradients in the logo or background. ロゴにはテキストを使用しないでください (会社またはブランドの名前であっても)。Don't place text on the logo, not even your company or brand name.
  • ロゴが伸縮されていないことを確認してください。Make sure the logo isn't stretched.

注意

ファイルのアップロードで問題が発生した場合は、パートナー センターで使用されている https://upload.xboxlive.com サービスがローカル ネットワークでブロックされていないことを確認してください。If you have an issue uploading files, make sure your local network does not block the https://upload.xboxlive.com service used by Partner Center.

ストア ロゴStore logos

サイズのロゴに PNG ファイルを指定します。Provide a PNG file for the Large size logo. パートナー センターでは、これを使用して、およびサイズのロゴを作成します。Partner Center will use this to create a Small and a Medium logo. 必要に応じて、別の画像に置き換えることもできます。You can optionally replace these with different images later.

  • (216 x 216 から 350 x 350 px、必須)Large (from 216 x 216 to 350 x 350 px, required)
  • (90 x 90 px、省略可能)Medium (90 x 90 px, optional)
  • (48 x 48 px、省略可能)Small (48 x 48 px, optional)

これらのロゴは、リスト登録のさまざまな場所で使用されます。These logos are used in different places in the listing:

  • 大のロゴは、Azure Marketplace のオファーのリスト登録ページに表示されます。The large logo appears on your offer listing page in Azure Marketplace.
  • 中のロゴ (任意) は、Microsoft Azure で新しいリソースを作成すると表示されます。The medium logo (optional) appears when you create a new resource in Microsoft Azure.
  • 小のロゴ (任意) は、Azure Marketplace での検索結果に表示されます。The small logo (optional) appears in Azure Marketplace search results.

お客様のロゴについては、これらのガイドラインに従ってください。Follow these guidelines for your logos:

  • Azure の設計には簡単なカラー パレットがあります。The Azure design has a simple color palette. ロゴのプライマリ カラーとセカンダリ カラーの数は制限してください。Limit the number of primary and secondary colors on your logo.
  • ポータルのテーマの色は白黒です。The theme colors of the portal are white and black. この色を、ロゴの背景色として使用しないでください。Don't use these colors as the background color for your logo. ポータルでロゴが目立つ色を使用します。Use a color that makes your logo prominent in the portal. 背景色としてはシンプルなプライマリ カラーをお勧めします。We recommend simple primary colors.
  • 透明な背景を使用している場合は、ロゴおよびテキストが白、黒、または青ではないことを確認します。If you use a transparent background, make sure that the logo and text aren't white, black, or blue.
  • ロゴのルック アンド フィールはフラットにして、ロゴやバックグラウンドではグラデーションを避けてください。The look and feel of your logo should be flat and avoid gradients in the logo or background. ロゴにはテキストを使用しないでください (会社またはブランドの名前であっても)。Don't place text on the logo, not even your company or brand name.
  • ロゴが伸縮されていないことを確認してください。Make sure the logo isn't stretched.

スクリーンショット (省略可能)Screenshots (optional)

オファーがどのように動作するかを示すスクリーンショットを最大 5 つ追加します。Add up to five screenshots that show how your offer works. それぞれが 1280 x 720 ピクセルのサイズで PNG 形式である必要があります。Each must be 1280 x 720 pixels in size and in PNG format.

ビデオ (省略可能)Videos (optional)

オファーをデモンストレーションするビデオを最大 5 つ追加します。Add up to five videos that demonstrate your offer. ビデオの名前、Web アドレス、ビデオのサムネイル PNG 画像 (1280 x 720 ピクセルのサイズ) を入力します。Enter the video's name, its web address, and a thumbnail PNG image of the video at 1280 x 720 pixels in size.

Marketplace の例Marketplace examples

Azure Marketplace でのオファー情報の表示例を次に示します。Here's an example of how offer information appears in Azure Marketplace:

Azure Marketplace でこのオファーがどのように表示されるかを示しています。

コールアウトの説明Call-out descriptions

  1. 大型のロゴLarge logo
  2. CategoriesCategories
  3. サポートのアドレス (リンク)Support address (link)
  4. 使用条件Terms and conditions
  5. プライバシー ポリシーのアドレス (リンク)Privacy policy address (link)
  6. 名前Name
  7. まとめSummary
  8. 説明Description
  9. 便利なリンクUseful links
  10. スクリーンショット、ビデオScreenshots/videos


Azure Marketplace の検索結果におけるオファー情報の表示例を次に示します。Here's an example of how offer information appears in Azure Marketplace search results:

Azure Marketplace の検索結果でこのオファーがどのように表示されるかを示しています。

コールアウトの説明Call-out descriptions

  1. 小型のロゴSmall logo
  2. プラン名Offer name
  3. 検索結果の概要Search results summary


Azure portal でのオファー情報の表示例を次に示します。Here's an example of how offer information appears in the Azure portal:

Azure portal でこのオファーがどのように表示されるかを示しています。

コールアウトの説明Call-out descriptions

  1. 名前Name
  2. 説明Description
  3. 便利なリンクUseful links
  4. Screenshots (スクリーンショット)Screenshots


Azure portal の検索結果におけるオファー情報の表示例を次に示します。Here's an example of how offer information appears in the Azure portal search results:

Azure portal の検索結果でこのオファーがどのように表示されるかを示しています。

コールアウトの説明Call-out descriptions

  1. 小型のロゴSmall logo
  2. プラン名Offer name
  3. 検索結果の概要Search results summary


[下書きの保存] を選択してから、次のセクション「プレビュー」に進みます。Select Save draft before proceeding to the next section, Preview.

プレビューPreview

[プレビュー] タブでは、マーケットプレースの幅広い対象ユーザーに対して一般公開する前にオファーを検証するため、限定のプレビュー対象ユーザーを選択できます。On the Preview tab, you can choose a limited Preview Audience for validating your offer before publishing it live to the broader marketplace audience.

重要

プレビューでオファーを表示したら、 [一般公開する] を選択し、オファーを一般公開する必要があります。After you view your offer in Preview, you must select Go live to publish your offer to the public.

Azure サブスクリプション ID GUID でプレビュー対象ユーザーを指定し、必要に応じてそれぞれの説明を指定します。Specify your preview audience using Azure subscription ID GUIDs, along with an optional description for each. いずれのフィールドも顧客は表示できません。Neither of these fields can be seen by customers.

注意

Azure サブスクリプション ID は、Azure portal の [サブスクリプション] ページにあります。You can find your Azure subscription ID on the Subscriptions page in the Azure portal.

Azure サブスクリプション ID は少なくとも 1 つ追加します。個別に追加するか (最大 10 個)、CSV ファイルをアップロードします (最大 100 個)。Add at least one Azure subscription ID, either individually (up to 10) or by uploading a CSV file (up to 100). これらのサブスクリプション ID を追加することで、オファーを一般公開する前にプレビューできるユーザーを定義します。By adding these subscription IDs, you define who can preview your offer before it's published live. オファーが既に一般公開されている場合、オファーの変更や更新をテストするためにプレビュー対象ユーザーを定義できます。If your offer is already live, you can define a preview audience to test changes or updates to your offer.

[下書きの保存] を選択してから、次のセクション「プランの概要」に進みます。Select Save draft before proceeding to the next section, Plan overview.

プランの概要Plan overview

このタブでは、パートナー センターの同じオファー内でさまざまなプラン オプションを指定できます。This tab lets you provide different plan options within the same offer in Partner Center. プラン (以前は SKU と呼ばれていました) は、利用できるクラウド (グローバル クラウド、Government クラウドなど) とプランで参照される画像に関して異なる場合があります。Plans (formerly called SKUs) can differ in terms of what clouds are available, such as global clouds, Government clouds, and the image referenced by the plan. マーケットプレースにオファーを登録するには、プランを少なくとも 1 つ設定する必要があります。To list your offer in the marketplace, you must set up at least one plan.

オファーごとに最大 100 のプランを作成できます。そのうち最大 45 をプライベートにすることができます。You can create up to 100 plans for each offer: up to 45 of these can be private. プライベート プランの詳細については、「Microsoft 商業マーケットプレースでのプライベート オファー」を参照してください。Learn more about private plans in Private offers in the Microsoft commercial marketplace.

プランの作成後、 [プランの概要] タブが表示されます。After you create your plans, the Plan overview tab shows:

  • プラン名Plan names
  • 価格モデルPricing model
  • Azure リージョン (グローバルまたは Government)Azure regions (Global or Government)
  • 現在の公開状態Current publishing status
  • 利用できるアクションAny available actions

[プランの概要] で使用可能なアクションは、プランの現在の状態によって異なります。The actions available in the Plan overview vary depending on the current status of your plan. 具体的な内容を次に示します。They include:

  • 下書きを削除する:プランの状態が下書きの場合。Delete draft: If the plan status is a Draft.
  • 販売プランを停止する:プランの状態が一般公開の場合。Stop sell plan: If the plan status is published live.

新しいプランを作成するCreate new plan

[新しいプランの作成] を選択します。Select Create new plan. [新しいプラン] ダイアログ ボックスが表示されます。The New plan dialog box appears.

[プラン ID] ボックスでこのオファーのプランごとに一意のプラン ID を作成します。In the Plan ID box, create a unique plan ID for each plan in this offer. この ID は、製品の Web アドレスで顧客に表示されます。This ID will be visible to customers in the product web address. 小文字、数字、ダッシュ、アンダースコアのみを使用し、最大文字数は 50 です。Use only lowercase letters and numbers, dashes, or underscores, and a maximum of 50 characters.

[プラン名] ボックスに、このプランの名前を入力します。In the Plan name box, enter a name for this plan. この名前は、顧客がオファー内のどのプランを選択するかを決めるときに表示されます。Customers see this name when deciding which plan to select within your offer. このオファーのプランごとに一意の名前を作成します。Create a unique name for each plan in this offer. たとえば、Windows Server 2016 プランと Windows Server 2019 プランで Windows Server のオファー名を使用することがあります。For example, you might use an offer name of Windows Server with plans Windows Server 2016 and Windows Server 2019.

注意

[作成] を選択した後で、プラン ID を変更することはできません。The plan ID can't be changed after you select Create.

[作成] を選択しますSelect Create.

プランのセットアップPlan setup

このタブでは、プランが利用できるクラウドを構成できます。This tab lets you configure which clouds the plan is available in. このタブでの設定により、他のタブに表示されるフィールドが変わります。Your answers on this tab affect which fields are displayed on other tabs.

Azure Azure リージョンAzure regions

IoT Edge モジュールのオファーのすべてのプランは、自動的に [Azure グローバル] で利用できるようになります。All plans for IoT Edge module offers are automatically made available in Azure Global. マーケットプレースを使用する、すべてのグローバル Azure リージョンの顧客がプランを使用できます。Your plan can be used by customers in all global Azure regions that use the marketplace. 詳細については、「利用可能な地域と通貨サポート」を参照してください。For details, see Geographic availability and currency support.

[Azure Government] オプションを選択すると、ソリューションがここに表示されます。Select the Azure Government option to make your solution appear here. これはアメリカ合衆国の連邦政府顧客、州政府顧客、地方自治体顧客、部族政府顧客と、そのような顧客にサービスを提供する資格があるパートナーのための政府機関コミュニティ クラウドであり、アクセスが制御されています。This is a government community cloud with controlled access for customers from U.S. federal, state, and local or tribal government agencies, as well as partners eligible to serve them. 公開元はこのクラウド コミュニティのコンプライアンス制御、セキュリティ対策、ベスト プラクティスに責任を負います。As the publisher, you're responsible for any compliance controls, security measures, and best practices for this cloud community. Azure Government では、物理的に離れた場所にあるデータ センターとネットワークが使用されます (場所は米国のみ)。Azure Government uses physically isolated data centers and networks (located in the U.S. only). Azure Government に公開する前に、その領域内でソリューションをテストし、確認します。これは結果が異なる場合があるためです。Before publishing to Azure Government, test and confirm your solution within that area as the results may be different. ソリューションを計画し、テストするには、Microsoft Azure 政府機関向け試用版に試用版アカウントを申請します。To stage and test your solution, request a trial account from Microsoft Azure Government trial.

注意

プランが公開され、特定のリージョンで利用できるようになった後に、そのリージョンを削除することはできません。After your plan is published and available in a specific region, you can't remove that region.

Azure Government の認定資格Azure Government certifications

このオプションは、 [Azure リージョン][Azure Government] を選択した場合にのみ表示されます。This option is only visible if Azure Government is selected under Azure regions.

Azure Government サービスでは、特定の政府の規制および要件の対象となるデータが処理されます。Azure Government services handle data that's subject to certain government regulations and requirements. FedRAMP、NIST 800.171 (DIB)、ITAR、IRS 1075、DoD L4、CJIS などです。For example, FedRAMP, NIST 800.171 (DIB), ITAR, IRS 1075, DoD L4, and CJIS. これらのプログラムの認定資格を認識させるため、認定資格について説明するリンクを 100 個まで提供することができます。To bring awareness to your certifications for these programs, you can provide up to 100 links that describe your certifications. プログラムのリスト登録に直接リンクするか、独自の Web サイトにリンクできます。These can be links to your listings on the program directly or to your own website. これらのリンクは、Azure Government の顧客にのみ表示されます。These links are visible to Azure Government customers only.

プランのリスト登録Plan listing

このタブには、同じオファー内の異なるプラン別に特定の情報が表示されます。This tab displays specific information for each different plan within the same offer.

プラン名Plan name

ここには、登録時、プランに付けた名前が事前入力されます。This is pre-filled with the name you gave your plan when you created it. この名前は、必要に応じて変更できます。You can change this name, as needed. 最大 50 文字にすることができます。It can be up to 50 characters long. この名前は Azure Marketplace と Azure portal でこのプランのタイトルとして表示されます。This name appears as the title of this plan in Azure Marketplace and the Azure portal. プランを使用する準備ができた後、既定のモジュール名として使用されます。It's used as the default module name after the plan is ready to be used.

プラン概要Plan summary

(オファーではなく) プランについて簡単にまとめた説明です。Provide a short summary of your plan (not the offer). この概要は Azure Marketplace の検索結果に表示されます。最大 100 文字を入力できます。This summary appears in Azure Marketplace search results and can contain up to 100 characters.

プラン説明Plan description

このプラン独特の要素やオファーに含まれる他のプラントの違いを説明します。Describe what makes this plan unique, as well as differences between plans within your offer. オファーについては説明しないでください。プランの説明だけです。Don't describe the offer, just the plan. この説明は Azure Marketplace と Azure portal のオファーのリスト登録ページに表示されます。This description will appear in Azure Marketplace and in the Azure portal on the Offer listing page. プラン概要に入力したものと同じ内容にすることができます。最大 2,000 文字を入力できます。It can be the same content you provided in the plan summary and contain up to 2,000 characters.

以上のフィールドに入力したら、 [下書きの保存] を選択します。Select Save draft after completing these fields.

プランの例Plan examples

Azure Marketplace でのプランの詳細の例を次に示します (表示されている価格は例示のみを目的としており、実際のコストを反映することを意図していません)。Here's an example of Azure Marketplace plan details (any listed prices are for example purposes only and not intended to reflect actual costs):

Azure Marketplace でのプランの詳細を示しています。

コールアウトの説明Call-out descriptions

  1. プラン名Offer name
  2. プラン名Plan name
  3. プラン説明Plan description


Azure portal でのプランの詳細の例を次に示します (表示されている価格は例示のみを目的としており、実際のコストを反映することを意図していません)。Here's an example of the Azure portal plan details (any listed prices are for example purposes only and not intended to reflect actual costs):

Azure portal でのプラン詳細を示しています。

コールアウトの説明Call-out descriptions

  1. プラン名Offer name
  2. プラン名Plan name
  3. プラン説明Plan description

可用性Availability

公開したオファーを非表示にし、マーケットプレースで顧客がそれを検索、閲覧、購入できないようにする場合、[可用性] タブで [プランの非表示] チェックボックスを選択します。If you want to hide your published offer so customers can't search, browse, or purchase it in the marketplace, select the Hide plan check box on the Availability tab.

このフィールドは通常、次のときに使用されます。This field is commonly used when:

  • 別のアプリケーションを経由して参照されるとき、オファーが間接的にのみ使用される。The offer is intended to be used only indirectly when referenced though another application.
  • オファーは個別に購入できない。The offer should not be purchased individually.
  • プランは最初のテストに使用されたが、無関係となった。The plan was used for initial testing and is no longer relevant.
  • プランは一時的または季節的なオファーに使用されたが、提供されなくなった。The plan was used for temporary or seasonal offers and should no longer be offered.

技術的な構成Technical configuration

IoT Edge モジュール プランの種類は、IoT Edge デバイスで実行されているコンテナーの特定の種類です。The IoT Edge module offer type is a specific type of container that runs on an IoT Edge device. [技術的な構成] タブでは、Azure Container Registry 内のコンテナー イメージ リポジトリの参照情報と、顧客にモジュールを簡単に使用してもらうための構成設定を指定できます。On the Technical Configuration tab you'll provide reference information for your container image repository inside the Azure Container Registry, along with configuration settings that let customers use the module easily.

オファーの公開後、特定のパブリック コンテナー レジストリで IoT Edge コンテナー イメージが Azure Marketplace にコピーされます。After the offer is published, your IoT Edge container image is copied to Azure Marketplace in a specific public container registry. Azure ユーザーがモジュールの使用を要求すると、プライベート コンテナー レジストリではなく、Azure Marketplace パブリック コンテナー レジストリからサービスが提供されます。All requests from Azure users to use your module are served from the Azure Marketplace public container registry, not your private container registry.

複数のプラットフォームを対象にしたり、タグを利用し、複数のバージョンのモジュール コンテナー イメージを提供したりできます。You can target multiple platforms and provide several versions of your module container image using tags. タグとバージョン管理の詳細については、「IoT Edge モジュールの技術アセットの準備」を参照してください。To learn more about tags and versioning, see Prepare your IoT Edge module technical assets.

イメージ リポジトリの詳細Image repository details

[イメージ リポジトリの詳細] タブに次の情報を入力します。You'll provide the following information on the Image repository details tab.

[画像ソースの選択] : [Azure Container Registry] オプションを選択します。Select the image source: Select the Azure Container Registry option.

[Azure サブスクリプション ID] :リソースの使用状況が報告され、コンテナー イメージが含まれる Azure Container Registry に対してサービスが課金されるサブスクリプション ID を入力します。Azure subscription ID: Provide the subscription ID where resource usage is reported and services are billed for the Azure Container Registry that includes your container image. この ID は Azure portal のサブスクリプション ページにあります。You can find this ID on the Subscriptions page in the Azure portal.

[Azure リソース グループ名] :Azure Container Registry とコンテナー イメージが含まれるリソース グループ名を指定します。Azure resource group name: Provide the resource group name that contains the Azure Container Registry with your container image. リソース グループにはサブスクリプション ID (上記) でアクセスできます。The resource group must be accessible in the subscription ID (above). この名前は Azure portal のリソース グループ ページにあります。You can find the name on the Resource groups page in the Azure portal.

[Azure コンテナー レジストリ名] :コンテナー イメージが含まれる Azure Container Registry の名前を指定します。Azure container registry name: Provide the name of the Azure Container Registry that has your container image. このコンテナー レジストリは、前に指定した Azure リソース グループに存在する必要があります。The container registry must be present in the Azure resource group you provided earlier. 完全なログイン サーバー名ではなく、レジストリ名のみを指定します。Provide only the registry name, not the full login server name. 名前からは必ず azurecr.io を省略します。Be sure to omit azurecr.io from the name. レジストリ名は、Azure portal のコンテナー レジストリ ページにあります。You can find the registry name on the Container Registries page in the Azure portal.

[Azure Container Registry の管理者ユーザー名] :コンテナー イメージが含まれる Azure Container Registry に関連付けられている管理者ユーザー名を指定します。Admin username for the Azure Container Registry: Provide the admin username) associated with the Azure Container Registry that has your container image. このユーザー名とパスワードは、自社からレジストリにアクセスするために必要です。The username and password are required to ensure your company has access to the registry. 管理者ユーザー名とパスワードを取得するには、Azure コマンド ライン インターフェイス (CLI) で admin-enabled プロパティを [True] に設定します。To get the admin username and password, set the admin-enabled property to True using the Azure Command-Line Interface (CLI). 任意で、Azure portal で [管理者ユーザー][有効にする] に設定できます。You can optionally set Admin user to Enable in the Azure portal.

[コンテナー レジストリの更新] ダイアログ ボックスの画像。

コールアウトの説明Call-out description

  1. 管理者ユーザーAdmin user


[Azure Container Registry のパスワード] :コンテナー イメージが含まれる Azure Container Registry に関連付けられている管理者ユーザー名のパスワードを指定します。Password for the Azure Container Registry: Provide the password for the admin username that's associated with the Azure Container Registry and has your container image. 会社でレジストリへのアクセスを確保するには、ユーザー名とパスワードが必要です。The username and password are required to ensure your company has access to the registry. [コンテナー レジストリ][アクセス キー] の順に移動するか、Azure CLI で show コマンドを使用することで、Azure portal からパスワードを取得できます。You can get the password from the Azure portal by going to Container Registry > Access Keys or with Azure CLI using the show command.

Azure portal のアクセス キー画面の画像。

コールアウトの説明Call-out descriptions

  1. アクセス キーAccess keys
  2. ユーザー名Username
  3. PasswordPassword

Azure Container Registry 内のリポジトリ名Repository name within the Azure Container Registry. イメージが含まれる Azure Container Registry リポジトリの名前を指定します。Provide the name of the Azure Container Registry repository that has your image. レジストリにイメージをプッシュするとき、リポジトリの名前を指定します。You specify the name of the repository when you push the image to the registry. リポジトリの名前は、[コンテナー レジストリ]リポジトリ ページに移動すると見つかります。You can find the name of the repository by going to the Container Registry > Repositories page. 詳細については、「Azure Portal でコンテナー レジストリ リポジトリを表示する」を参照してください。For more information, see View container registry repositories in the Azure portal. 名前は設定後に変更できません。Note that after the name is set, it can't be changed. アカウント内のオファー別に一意の名前を使用します。Use a unique name for each offer in your account.

新しいバージョンのオファーのイメージ タグImage tags for new versions of your offer

更新プログラムを公開したとき、顧客は Azure Marketplace から更新プログラムを自動的に取得できなければなりません。Customers must be able to automatically get updates from the Azure Marketplace when you publish an update. 彼らが更新しない場合、特定のバージョンのイメージを維持できなければなりません。If they don't want to update, they must be able to stay on a specific version of your image. これはイメージを更新するたびに新しいイメージ タグを追加することで行います。You can do this by adding new image tags each time you make an update to the image.

イメージ タグImage tag. サポートされているすべてのプラットフォームで、最新版のイメージを指す最新のタグをこのフィールドに含める必要があります。This field must include a latest tag that points to the latest version of your image on all supported platforms. バージョン タグも含める必要があります (たとえば、xx.xx.xx から始まり、xx は数字です)。It must also include a version tag (for example, starting with xx.xx.xx, where xx is a number). 複数のプラットフォームを対象とするには、顧客はマニフェスト タグを使用する必要があります。Customers should use manifest tags to target multiple platforms. マニフェスト タグで参照されるすべてのタグも、アップロードできるように追加する必要があります。All tags referenced by a manifest tag must also be added so we can upload them. マニフェスト タグ (最新のタグを除く) はすべて X.Y- か X.Y.Z- で始める必要があります。X、Y、Z は整数です。All manifest tags (except the latest tag) must start with either X.Y- or X.Y.Z- where X, Y, and Z are integers. たとえば、最新のタグが 1.0.1-linux-x64、1.0.1-linux-arm32、1.0.1-windows-arm32 を指す場合、これら 6 つのタグをこのフィールドに追加する必要があります。For example, if a latest tag points to 1.0.1-linux-x64, 1.0.1-linux-arm32, and 1.0.1-windows-arm32, these six tags need to be added to this field. タグとバージョン管理の詳細については、「IoT Edge モジュールの技術アセットの準備」を参照してください。For details about tags and versioning, see Prepare your IoT Edge module technical assets.

既定の展開設定 (省略可能)Default deployment settings (optional)

IoT Edge モジュールをデプロイするための最も一般的な設定を定義します。Define the most common settings to deploy your IoT Edge module. こうした既定設定によって IoT Edge モジュールをすぐに起動できるようにし、お客様のデプロイを最適化します。Optimize customer deployments by letting them launch your IoT Edge module out-of-the-box with these default settings.

既定のルートDefault routes. IoT Edge ハブは、モジュール、IoT ハブ、デバイス間の通信を管理します。The IoT Edge Hub manages communication between modules, the IoT Hub, and devices. モジュールと IoT Hub の間でデータの入力と出力のルートを設定することにより、メッセージの処理や追加のコードの記述を行うための追加のサービスを必要とせず、自由な場所にメッセージを送信できます。You can set routes for data input and output between modules and the IoT Hub, which gives you the flexibility to send messages where they need to go without the need for additional services to process messages or writing additional code. ルートは名前と値のペアを使用して作成されます。Routes are constructed using name/value pairs. 最大 5 つの既定ルート名を定義できます。それぞれ最大 512 文字を使用できます。You can define up to five default route names, each up to 512 characters long.

ルート値には正しいルート構文を使用してください (通常、FROM/message/* INTO $upstream として定義されています)。Be sure to use the correct route syntax) in your route value (usually defined as FROM/message/* INTO $upstream). つまり、モジュールにより送信されるメッセージはすべて、IoT Hub に移動します。This means that any messages sent by any modules go to your IoT Hub. モジュールを参照するには、既定のモジュール名を使用します。モジュール名は、スペースと特殊文字を除いたオファー名です。To refer to your module, use its default module name, which will be your Offer Name, without spaces or special characters. 未知の他のモジュールを参照するには、お客様がこの情報を更新する必要があることがわかるように <FROM_MODULE_NAME> 規約を使用します。To refer to other modules that are not yet known, use the <FROM_MODULE_NAME> convention to let your customers know that they need to update this info. IoT Edge ルートの詳細については、「ルートの宣言」を参照してください。For details about IoT Edge routes, see Declare routes).

たとえば、モジュール ContosoModule が ContosoInput の入力をリッスンし、ContosoOutput の出力データをリッスンする場合、次の 2 つの既定のルートを定義するのが適切です。For example, if module ContosoModule listens for inputs on ContosoInput and output data at ContosoOutput, it makes sense to define the following two default routes:

  • 名前 #1:ToContosoModuleName #1: ToContosoModule
  • 値 #1:FROM /messages/modules/<FROM_MODULE_NAME>/outputs/* INTO BrokeredEndpoint("/modules/ContosoModule/inputs/ContosoInput")Value #1: FROM /messages/modules/<FROM_MODULE_NAME>/outputs/* INTO BrokeredEndpoint("/modules/ContosoModule/inputs/ContosoInput")
  • 名前 #2:FromContosoModuleToCloudName #2: FromContosoModuleToCloud
  • 値 #2:FROM /messages/modules/ContonsoModule/outputs/ContosoOutput INTO $upstreamValue #2: FROM /messages/modules/ContonsoModule/outputs/ContosoOutput INTO $upstream

既定のモジュール ツインの必要なプロパティDefault module twin desired properties. モジュール ツインは IoT Hub の JSON ドキュメントであり、必要なプロパティなど、モジュール インスタンスの状態情報が格納されます。A module twin is a JSON document in the IoT Hub that stores the state information for a module instance, including desired properties. モジュールの構成や状態を同期するために、必要なプロパティを報告されるプロパティと共に使用します。Desired properties are used along with reported properties to synchronize module configuration or conditions. ソリューション バックエンドにより必要なプロパティを設定でき、モジュールによりそれらを読み取れます。The solution backend can set desired properties and the module can read them. モジュールでは、必要なプロパティに対する変更を知らせる通知を受け取ることもできます。The module can also receive change notifications in the desired properties. 必要なプロパティは最大 5 つの名前と値のペアで作成され、各既定値は 512 文字未満にする必要があります。Desired properties are created using up to five name/value pairs and each default value must be fewer than 512 characters. 最大 5 つの名前と値のツインの目的のプロパティを定義できます。You can define up to five name/value twin desired properties. ツインの目的のプロパティの値は、有効な JSON であり、エスケープせず、配列を含まず、最大ネスト階層は 4 レベルでなければなりません。Values of twin desired properties must be valid JSON, non-escaped, without arrays with a maximum nested hierarchy of four levels. 既定値に必要なパラメーターでは意味をなさないシナリオでは (たとえば、顧客のサーバーの IP アドレスなど)、既定値としてパラメーターを追加できます。In a scenario where a parameter required for a default value doesn't make sense (for example, the IP address of a customer's server), you can add a parameter as the default value. ツインの必要なプロパティに関する詳細については、「必要なプロパティの定義または更新」をご覧ください。To learn more about twin desired properties, see Define or update desired properties).

たとえば、モジュールがツインの目的のプロパティによって動的に構成可能なリフレッシュ レートをサポートする場合、以下の既定ツインの目的のプロパティを定義するのが適切です。For example, if a module supports a dynamically configurable refresh rate using twin desired properties, it makes sense to define the following default twin desired property:

  • 名前 #1:RefreshRateName #1: RefreshRate
  • 値 #1:60Value #1: 60

既定の環境変数Default environment variables. 環境変数は、構成プロセスを容易にする補足情報をモジュールに提供します。Environment variables provide supplemental information to a module that's helping the configuration process. 環境変数は名前と値のペアを使用して作成されます。Environment variables are created using name/value pairs. 既定の環境変数の名前と値はそれぞれ、512 文字未満にする必要があります。最大 5 つを定義できます。Each default environment variable name and value must be fewer than 512 characters, and you can define up to five. 既定値に必要なパラメーターでは意味をなさないとき (たとえば、顧客のサーバーの IP アドレスなど)、既定値としてパラメーターを追加できます。When a parameter required for a default value doesn't make sense (for example, the IP address of a customer's server), you can add a parameter as the default value.

たとえば、モジュールが開始される前に使用条件に同意する必要がある場合は、次の環境変数を定義できます。For example, if a module requires to accept terms of use before being started, you can define the following environment variable:

  • 名前 #1:ACCEPT_EULAName #1: ACCEPT_EULA
  • 値 #1:YValue #1: Y

既定のコンテナー作成オプションDefault container create options. コンテナー作成オプションでは、IoT Edge モジュールの Docker コンテナーの作成が指示されます。Container creation options direct the creation of the IoT Edge module Docker container. IoT Edge では、Docker エンジン API のコンテナー作成オプションがサポートされています。IoT Edge supports Docker engine API Create Container options. すべてのオプションは「List containers」(コンテナーの一覧) をご覧ください。See all the options at List containers. 作成オプション フィールドは有効に JSON、エスケープなし、512 文字未満にする必要があります。The create options field must be valid JSON, non-escaped, and less than 512 characters.

たとえば、モジュールでポートをバインドする必要がある場合、次の作成オプションを定義します。For example, if a module requires port binding, define the following create options:

"HostConfig":{"PortBindings":{"5012/tcp":[{"HostPort":"5012"}]}"HostConfig":{"PortBindings":{"5012/tcp":[{"HostPort":"5012"}]}

レビューと公開Review and publish

オファーの必須セクションをすべて完了したら、レビューと公開のためにそれを送信することができます。After you've completed all the required sections of the offer, you can submit it to review and publish.

ポータルの右上隅で、 [レビューと公開] を選択します。In the top-right corner of the portal, select Review and publish.

[レビュー] ページで、公開状態を確認できます。On the review page you can see the publishing status:

  • オファーの各セクションの完了状態を確認する。See the completion status for each section of the offer. オファーの全セクションに完了の印が付くまで公開できません。You can't publish until all sections of the offer are marked as complete.
    • [未開始] - セクションは着手されておらず、完了する必要があります。Not started - The section hasn't been started and needs to be completed.
    • 未完了 - 修正が必要なエラーがセクションにあり、追加情報を入力する必要があります。Incomplete - The section has errors that need to be fixed or requires that you provide more information. ガイダンスについては、このドキュメントの前のセクションを参照してください。See the sections earlier in this document for guidance.
    • 完了 - セクションには必要なすべてのデータがあり、エラーはありません。Complete - The section has all required data and there are no errors. オファーを送信するには、オファーのすべてのセクションが完了している必要があります。All sections of the offer must be complete before you can submit the offer.
  • オファーが確実に正しくテストされるよう、認定チームにはテストの指示を提供します。Provide testing instructions to the certification team to ensure your offer is tested correctly. また、オファーの理解に役立つ補足事項を提供します。Also, provide any supplementary notes that are helpful for understanding your offer.

オファーを送信して公開するには、 [公開] を選択します。To submit the offer for publishing, select Publish.

オファーのプレビュー バージョンが確認して承認できるようになったら、その旨をお知らせするメールを Microsoft からお送りします。We'll send you an email to let you know when a preview version of the offer is available to review and approve. オファーを一般に公開するには、パートナー センターにアクセスし、 [一般公開する] を選択します。To publish your offer to the public, go to Partner Center and select Go-live.

次のステップNext steps