Azure Media Services v3 を使用したライブ ストリーミングLive streaming with Azure Media Services v3

Media Services ロゴ v3media services logo v3


Azure Media Services では、Azure クラウドで顧客にライブ イベントを配信することができます。Azure Media Services enables you to deliver live events to your customers on the Azure cloud. Media Services でライブ イベントをストリーミングするには、以下が必要です。To stream your live events with Media Services, you need the following:

  • ライブ イベントをキャプチャするために使用するカメラ。A camera that is used to capture the live event.
    設定のアイデアについては、「Simple and portable event video gear setup (シンプルでポータブルなイベント ビデオ機器の設定)」を参照してください。For setup ideas, check out Simple and portable event video gear setup.

    カメラにアクセスできない場合は、Telestream Wirecast などのツールを使用して、ビデオ ファイルからライブ フィードを生成できます。If you do not have access to a camera, tools such as Telestream Wirecast can be used to generate a live feed from a video file.

  • カメラ (またはノート PC などのデバイス) からの信号を Media Services に送信される投稿フィードに変換するライブ ビデオ エンコーダー。A live video encoder that converts signals from a camera (or another device, like a laptop) into a contribution feed that is sent to Media Services. 投稿フィードでは、SCTE-35 マーカーなどの広告に関連する信号を含めることができます。The contribution feed can include signals related to advertising, such as SCTE-35 markers.
    推奨されるライブ ストリーミング エンコーダーの一覧については、ライブ ストリーミング エンコーダーに関するページを参照してください。For a list of recommended live streaming encoders, see live streaming encoders. また、ブログ「Live streaming production with OBS (OBS を使用したライブ ストリーミングの製作)」も参照してください。Also, check out this blog: Live streaming production with OBS.

  • コンテンツの取り込み、プレビュー、パッケージ、録画、暗号化、ライブ イベントのブロードキャスト (顧客のほか、CDN に配信して広域配信することもできる) を可能にする、Media Services のコンポーネント。Components in Media Services, which enable you to ingest, preview, package, record, encrypt, and broadcast the live event to your customers, or to a CDN for further distribution.

多数のインターネットの対象ユーザーにコンテンツを配信することを検討しているお客様には、ストリーミング エンドポイントで CDN を有効にすることをお勧めします。For customers looking to deliver content to large internet audiences, we recommend that you enable CDN on the streaming endpoint.

この記事では、Media Services を使用したライブ ストリーミングの概要とガイダンスを説明し、他の関連記事のリンクを提供します。This article gives an overview and guidance of live streaming with Media Services and links to other relevant articles.

注意

Azure portal を使用し、v3 のライブ イベントの管理、v3 の資産の表示、API へのアクセスに関する情報の取得を行うことができます。You can use the Azure portal to manage v3 Live Events, view v3 assets, get info about accessing APIs. 他のすべての管理タスク (変換とジョブなど) については、REST APICLI、またはサポートされているいずれかの SDK を使用します。For all other management tasks (for example, Transforms and Jobs), use the REST API, CLI, or one of the supported SDKs.

ダイナミック パッケージと配信Dynamic packaging and delivery

Media Services では、ダイナミック パッケージを利用して、サービスに送信される投稿フィードからのライブ ストリームを MPEG DASH、HLS、および Smooth Streaming 形式でプレビューしてブロードキャストできます。With Media Services, you can take advantage of dynamic packaging, which allows you to preview and broadcast your live streams in MPEG DASH, HLS, and Smooth Streaming formats from the contribution feed that is being sent to the service. 視聴者は、HLS、DASH、またはスムーズ ストリーミングと互換性のある任意のプレーヤーを使用して、ライブ ストリームを再生できます。Your viewers can play back the live stream with any HLS, DASH, or Smooth Streaming compatible players. これらいずれかのプロトコルでストリームを配信するために、Web またはモバイル アプリケーションの Azure Media Player を使用することができます。You can use Azure Media Player in your web or mobile applications to deliver your stream in any of these protocols.

動的な暗号化Dynamic encryption

動的暗号化では、AES-128 または 3 つの主要なデジタル著作権管理 (DRM) システムのいずれかを用いて、ライブまたはオンデマンドのコンテンツを動的に暗号化できます。コンテンツを配信できます。Dynamic encryption enables you to dynamically encrypt your live or on-demand content with AES-128 or any of the three major digital rights management (DRM) systems: Microsoft PlayReady, Google Widevine, and Apple FairPlay. Media Services では、承認されたクライアントに AES キーと DRM (PlayReady、Widevine、FairPlay) ライセンスを配信するためのサービスも提供しています。Media Services also provides a service for delivering AES keys and DRM (PlayReady, Widevine, and FairPlay) licenses to authorized clients. 詳細については、動的暗号化に関するページを参照してください。For more information, see dynamic encryption.

注意

Widevine は Google Inc. によって提供されるサービスであり、Google Inc. の利用規約とプライバシー ポリシーが適用されます。Widevine is a service provided by Google Inc. and subject to the terms of service and Privacy Policy of Google, Inc.

動的フィルターDynamic filtering

動的フィルターを使用することで、プレーヤーに送信されるトラック数、形式、ビットレート、プレゼンテーションの時間枠を制御できます。Dynamic filtering is used to control the number of tracks, formats, bitrates, and presentation time windows that are sent out to the players. 詳細については、フィルターと動的マニフェストに関するページを参照してください。For more information, see filters and dynamic manifests.

ライブ イベントの種類Live event types

ライブ イベントは、ライブ ビデオ フィードの取り込みと処理を担当します。Live events are responsible for ingesting and processing the live video feeds. ライブ イベントは、"パススルー" (オンプレミスのライブ エンコーダーによって複数のビットレート ストリームが送信される) または "ライブ エンコード" (オンプレミスのライブ エンコーダーによってシングル ビットレート ストリームが送信される) のいずれかに設定できます。A live event can be set to either a pass-through (an on-premises live encoder sends a multiple bitrate stream) or live encoding (an on-premises live encoder sends a single bitrate stream). Media Services v3 のライブ ストリームに関する詳細については、「ライブ イベントとライブ出力」をご覧ください。For details about live streaming in Media Services v3, see Live events and live outputs.

パススルーPass-through

パススルー ライブ イベントからのビデオおよびオーディオ フィードがどのように取り込まれ処理されるかを示す図。

パススルー ライブ イベントを使用する場合は、オンプレミス ライブ エンコーダーを活用して、マルチ ビットレート ビデオ ストリームを生成し、(RTMP または Fragmented MP4 入力プロトコルを使用して) ライブ イベントへの投稿フィードとして送信します。When using the pass-through Live Event, you rely on your on-premises live encoder to generate a multiple bitrate video stream and send that as the contribution feed to the Live Event (using RTMP or fragmented-MP4 input protocol). その後、ライブ イベントは、追加のコード変換なしでダイナミック パッケージャー (ストリーミング エンドポイント) への受信ビデオ ストリームを通過します。The Live Event then carries through the incoming video streams to the dynamic packager (Streaming Endpoint) without any further transcoding. このようなパススルー ライブ イベントは、長時間実行されるライブ ストリームや 24 時間 365 日のリニア ライブ エンコード向けに最適化されています。Such a pass-through Live Event is optimized for long-running live events or 24x365 linear live streaming.

ライブ エンコードLive encoding

ライブ エンコード

Media Services によるクラウド エンコードを使用する場合は、オンプレミス ライブ エンコーダーを、(RTMP または Fragmented MP4 入力プロトコルを使用して) ライブ イベントへの投稿フィードとしてシングル ビットレート ビデオ (最大合計 32 Mbps) を送信するように構成します。When using cloud encoding with Media Services, you would configure your on-premises live encoder to send a single bitrate video as the contribution feed (up to 32Mbps aggregate) to the Live Event (using RTMP or fragmented-MP4 input protocol). ライブ イベントは、配信を向上させるためにさまざまな解像度で受信シングル ビットレート ストリームをマルチ ビットレート ビデオ ストリームにコード変換し、そのストリームを、MPEG-DASH、Apple HTTP ライブ ストリーミング プロトコル (HLS)、Microsoft Smooth Streaming などの業界標準プロトコルを介して再生デバイスに配信できるようにします。The Live Event transcodes the incoming single bitrate stream into multiple bitrate video streams at varying resolutions to improve delivery and makes it available for delivery to playback devices via industry standard protocols like MPEG-DASH, Apple HTTP Live Streaming (HLS), and Microsoft Smooth Streaming.

ライブ文字起こし (プレビュー)Live transcription (preview)

ライブ文字起こしは、パススルーまたはライブ エンコードのいずれかであるライブ イベントで使用できる機能です。Live transcription is a feature you can use with live events that are either pass-through or live encoding. 詳細については、ライブ文字起こしに関するページを参照してください。For more information, see live transcription. この機能が有効になっている場合、このサービスでは Cognitive Services の音声テキスト変換機能を使用して、受信したオーディオの音声を文字起こししてテキストにします。When this feature is enabled, the service uses the Speech-To-Text feature of Cognitive Services to transcribe the spoken words in the incoming audio into text. その後、このテキストは、MPEG-DASH および HLS プロトコルのビデオとオーディオで配信できるようになります。This text is then made available for delivery along with video and audio in MPEG-DASH and HLS protocols.

注意

現在、ライブ文字起こしは、米国西部 2 のプレビュー機能として提供されています。Currently, live transcription is available as a preview feature in West US 2.

ライブ ストリーミング ワークフローLive streaming workflow

Media Services v3 のライブ ストリーミング ワークフローを理解するには、まず次の概念を確認して理解する必要があります。To understand the live streaming workflow in Media Services v3, you have to first review and understand the following concepts:

一般的な手順General steps

  1. Media Services アカウントで、ストリーミング エンドポイント (配信元) が実行されていることを確認します。In your Media Services account, make sure the streaming endpoint (origin) is running.

  2. ライブ イベントを作成します。Create a live event.
    イベントの作成時に、そのイベントを自動開始するように設定できます。When creating the event, you can specify to autostart it. または、ストリーミングを開始する準備ができたら、イベントを開始できます。Alternatively, you can start the event when you are ready to start streaming.
    自動開始が true に設定されている場合、ライブ イベントは作成の直後に開始されます。When autostart is set to true, the Live Event will be started right after creation. ライブ イベントの実行が開始されるとすぐに課金が開始されます。The billing starts as soon as the Live Event starts running. それ以上の課金を停止するには、ライブ イベント リソースの Stop を明示的に呼び出す必要があります。You must explicitly call Stop on the live event resource to halt further billing. 詳細については、ライブ イベントの状態と課金に関するページを参照してください。For more information, see live event states and billing.

  3. 取り込み URL を取得し、その URL を使用して投稿フィードを送信するようにオンプレミス エンコーダーを構成します。Get the ingest URL(s) and configure your on-premises encoder to use the URL to send the contribution feed.
    おすすめのライブ エンコーダー」を参照してください。See recommended live encoders.

  4. プレビュー URL を取得し、それを使用して、エンコーダーからの入力が実際に受信されていることを確認します。Get the preview URL and use it to verify that the input from the encoder is actually being received.

  5. 新しいアセット オブジェクトを作成します。Create a new asset object.

    各ライブ出力はアセットに関連付けられており、ビデオを関連する Azure BLOB ストレージ コンテナーに記録するために使用されます。Each live output is associated with an asset, which it uses to record the video into the associated Azure blob storage container.

  6. ストリームをアセットにアーカイブできるように、ライブ出力を作成し、作成したアセット名を使用します。Create a live output and use the asset name that you created so that the stream can be archived into the asset.

    ライブ出力は作成すると開始され、削除されると停止します。Live Outputs start on creation and stop when deleted. ライブ出力を削除しても、基になるアセットとアセット内のコンテンツは削除されません。When you delete the Live Output, you are not deleting the underlying asset and content in the asset.

  7. 組み込みのストリーミング ポリシーの種類ストリーミング ロケーターを作成します。Create a streaming locator with the built-in streaming policy types.

    ライブ出力を公開するには、関連付けられたアセット用にストリーミング ロケーターを作成する必要があります。To publish the live output, you must create a streaming locator for the associated asset.

  8. 使用する URL を返すためのパスをストリーミング ロケーターに列挙します (これらは決定論的です)。List the paths on the streaming locator to get back the URLs to use (these are deterministic).

  9. ストリーミングするストリーミング エンドポイント (配信元) のホスト名を取得します。Get the hostname for the streaming endpoint (Origin) you wish to stream from.

  10. 手順 8.の URL と手順 9 のホスト名を組み合わせて、完全な URL を取得します。Combine the URL from step 8 with the hostname in step 9 to get the full URL.

  11. ライブ イベントの公開をやめる場合は、イベントのストリーミングを停止し、ストリーミング ロケーターを削除する必要があります。If you wish to stop making your live event viewable, you need to stop streaming the event and delete the streaming locator.

  12. ストリーミング イベントが完了し、以前にプロビジョニングされたリソースをクリーンアップする場合は、次の手順に従います。If you are done streaming events and want to clean up the resources provisioned earlier, follow the following procedure.

    • エンコーダーからのストリームのプッシュを停止します。Stop pushing the stream from the encoder.
    • ライブ イベントを停止します。Stop the live event. ライブ イベントが停止した後は、いかなる課金も発生しません。Once the live event is stopped, it will not incur any charges. もう一度開始する必要がある場合、取り込み URL は同一になるため、エンコーダーを再構成する必要はありません。When you need to start it again, it will have the same ingest URL so you won't need to reconfigure your encoder.
    • ライブ イベントのアーカイブをオンデマンド ストリームとして提供し続けるのでない限り、ストリーミング エンドポイントを停止できます。You can stop your streaming endpoint, unless you want to continue to provide the archive of your live event as an on-demand stream. ライブ イベントが停止状態の場合は、いかなる課金も発生しません。If the live event is in stopped state, it will not incur any charges.

ライブ出力がアーカイブされるアセットは、ライブ出力が削除されると、自動的にオンデマンド アセットになります。The asset that the live output is archiving to, automatically becomes an on-demand asset when the live output is deleted. ライブ イベントを停止するには、すべてのライブ出力を削除する必要があります。You must delete all live outputs before a live event can be stopped. 省略可能なフラグ removeOutputsOnStop を使用すると、停止時にライブ出力を自動的に削除できます。You can use an optional flag removeOutputsOnStop to automatically remove live outputs on stop.

ヒント

ライブ ストリーミングのチュートリアルに関するページを参照してください。この記事では、前述の手順を実装するコードについて説明します。See Live streaming tutorial, the article examines the code that implements the steps described above.

その他の重要な記事Other important articles

よく寄せられる質問Frequently asked questions

よく寄せられる質問に関する記事をご覧ください。See the Frequently asked questions article.

質問、フィードバックの送信、最新情報の入手Ask questions, give feedback, get updates

Azure Media Services community (Azure Media Services コミュニティ)」を参照して、さまざまな質問の方法、フィードバックする方法、Media Services に関する最新情報の入手方法を確認してください。Check out the Azure Media Services community article to see different ways you can ask questions, give feedback, and get updates about Media Services.

次のステップNext steps