Azure portal を使用して Media Services アカウントを作成するCreate a Media Services account using the Azure portal

Media Services ロゴmedia services logo


注意

Media Services v2 には新機能は追加されません。No new features or functionality are being added to Media Services v2.
最新のバージョンである Media Services v3 をご確認ください。Check out the latest version, Media Services v3. また、v2 から v3 への移行ガイダンスを参照してください。Also, see migration guidance from v2 to v3

Azure Portal には、Azure Media Services (AMS) アカウントをすばやく作成する方法が用意されています。The Azure portal provides a way to quickly create an Azure Media Services (AMS) account. アカウントを使用して Media Services にアクセスすると、Azure でメディア コンテンツを保存、暗号化、エンコード、管理、およびストリーミングすることができます。You can use your account to access Media Services that enable you to store, encrypt, encode, manage, and stream media content in Azure. Media Services アカウントを作成するときは、同時に関連付けられたストレージ アカウントも作成します (または既存のストレージ アカウントを使用します)。At the time you create a Media Services account, you also create an associated storage account (or use an existing one). メディア サービス アカウントを削除しても、関連付けられたストレージ アカウントにある BLOB は削除されません。If you delete a Media Services account, the blobs in your related storage account are not deleted.

Media Services アカウントおよび関連するすべてのストレージ アカウントは、同じ Azure サブスクリプションに存在する必要があります。The Media Services account and all associated storage accounts must be in the same Azure subscription. 待ち時間やデータ エグレス コストが増加することを回避するために、ストレージ アカウントを Media Services アカウントと同じ場所で使用することを強くお勧めします。It is strongly recommended to use storage accounts in the same location as the Media Services account to avoid additional latency and data egress costs.

この記事では、Azure portal を使用して Media Services アカウントを作成する方法について説明します。This article shows how to create a Media Services account using the Azure portal.

注意

異なるリージョンにおける Azure Media Services 機能の可用性については、リージョン全体における AMS 機能に関するページを参照してください。For information about availability of Azure Media Services features in different regions, see AMS features across regions.

前提条件Prerequisites

このチュートリアルを完了するには、Azure アカウントが必要です。To complete this tutorial, you need an Azure account. 詳細については、「Azure の無料試用版サイト」を参照してください。For details, see Azure Free Trial.

AMS アカウントの作成Create an AMS account

このセクションでは、AMS アカウントを作成する方法について説明します。The steps in this section show how to create an AMS account.

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in at the Azure portal.

  2. [+リソースの作成] > [メディア] > [Media Services] の順にクリックします。Click +Create a resource > Media > Media Services.

  3. [CREATE MEDIA SERVICES ACCOUNT (Media Services アカウントの作成)] に必要な値を入力します。In CREATE MEDIA SERVICES ACCOUNT enter required values.

    1. [アカウント名] に新しい AMS アカウントの名前を入力します。In Account Name , enter the name of the new AMS account. Media Services アカウント名に使用できる文字は、小文字または数字のみで、空白を含めることはできません。長さは 3 文字から 24 文字です。A Media Services account name is all lowercase letters or numbers with no spaces, and is 3 to 24 characters in length.

    2. [サブスクリプション] ボックスで、アクセス権のある別の Azure サブスクリプションを選択します。In Subscription, select among the different Azure subscriptions that you have access to.

    3. [リソース グループ] ボックスで、新規または既存のリソースを選択します。In Resource Group , select the new or existing resource. リソース グループとは、ライフサイクル、アクセス許可、ポリシーを共有するリソースの集まりです。A resource group is a collection of resources that share lifecycle, permissions, and policies. こちらをご覧ください。Learn more here.

    4. [場所] ボックスで、この Media Services アカウントのメディアとメタデータのレコードを保存するリージョンを選択します。In Location , select the geographic region that will be used to store the media and metadata records for your Media Services account. このリージョンでメディアの処理とストリーミングが行われます。This region will be used to process and stream your media. ドロップダウン リストのボックスには、利用可能な Media Services リージョンのみが表示されます。Only the available Media Services regions appear in the drop-down list box.

    5. [ストレージ アカウント] ボックスで、Media Services アカウントのメディア コンテンツの BLOB ストレージとなるストレージ アカウントを選択します。In Storage Account , select a storage account to provide blob storage of the media content from your Media Services account. Media Services アカウントと同じリージョンにある既存のストレージ アカウントを選択することも、ストレージ アカウントを作成することもできます。You can select an existing storage account in the same geographic region as your Media Services account, or you can create a storage account. 新しいストレージ アカウントは同じリージョンに作成されます。A new storage account is created in the same region. ストレージ アカウントの命名規則は、Media Services アカウントと同じです。The rules for storage account names are the same as for Media Services accounts.

      ストレージの詳細については、 こちらを参照してください。Learn more about storage here.

    6. [ダッシュボードにピン留めする] チェック ボックスをオンにして、アカウントのデプロイの進行状況を確認します。Select Pin to dashboard to see the progress of the account deployment.

  4. フォームの下部にある [作成] をクリックします。Click Create at the bottom of the form.

    アカウントが正常に作成されると、概要ページが読み込まれます。Once the account is successfully created, overview page loads. ストリーミング エンドポイントのテーブルで、アカウントには既定のストリーミング エンドポイントが 停止 状態で示されます。In the streaming endpoint table the account will have a default streaming endpoint in the Stopped state.

    注意

    AMS アカウントの作成時に、 既定 のストリーミング エンドポイントが自分のアカウントに追加され、 停止 状態になっています。When your AMS account is created a default streaming endpoint is added to your account in the Stopped state. コンテンツのストリーミングを開始し、ダイナミック パッケージと動的暗号化を活用するには、コンテンツのストリーミング元のストリーミング エンドポイントが 実行中 状態である必要があります。To start streaming your content and take advantage of dynamic packaging and dynamic encryption, the streaming endpoint from which you want to stream content has to be in the Running state.

AMS アカウントを管理するにはTo manage your AMS account

AMS アカウントの管理 (たとえば、プログラムによる AMS API への接続、ビデオのアップロード、資産のエンコード、コンテンツ保護の構成、ジョブの進行状況の監視など) を行うには、ポータルの左側にある [設定] を選択します。To manage your AMS account (for example, connect to the AMS API programmatically, upload videos, encode assets, configure content protection, monitor job progress) select Settings on the left side of the portal. [設定] から、使用可能ないずれかのブレード (たとえば、 [API アクセス][資産][ジョブ][コンテンツ保護] ) に移動します。From the Settings , navigate to one of the available blades (for example: API access , Assets , Jobs , Content protection ).

次のステップNext steps

これで、ファイルを AMS アカウントにアップロードできるようになりました。You can now upload files into your AMS account. 詳細については、 ファイルのアップロードに関するページを参照してください。For more information, see Upload files.

プログラムで AMS API にアクセスする場合は、「Azure AD 認証を使用した Azure Media Services API へのアクセス」を参照してください。If you plan to access AMS API programmatically, see Access the Azure Media Services API with Azure AD authentication.

Media Services のラーニング パスMedia Services learning paths

Media Services v3 (最新)Media Services v3 (latest)

Azure Media Services の最新のバージョンをご確認ください。Check out the latest version of Azure Media Services!

Media Services v2 (レガシ)Media Services v2 (legacy)

フィードバックの提供Provide feedback

フィードバック フォーラムでは、Azure Media Services の改善方法について、フィードバックの提供や提案を行うことができます。Use the User Voice forum to provide feedback and make suggestions on how to improve Azure Media Services. また、次のカテゴリのいずれかをクリックすると、そのカテゴリのフォーラムに直接アクセスすることもできます。You also can go directly to one of the following categories: