ストリーミング エンドポイントの概要Streaming endpoints overview

注意

Media Services v2 には新機能は追加されません。No new features or functionality are being added to Media Services v2.
最新のバージョンである Media Services v3 をご確認ください。Check out the latest version, Media Services v3. また、v2 から v3 への移行ガイダンスを参照してください。Also, see migration guidance from v2 to v3

Microsoft Azure Media Services (AMS) では、ストリーミング エンドポイントは、コンテンツをクライアント プレーヤー アプリケーションや、再配布のための Content Delivery Network (CDN) に直接配信するストリーミング サービスを表します。In Microsoft Azure Media Services (AMS), a Streaming Endpoint represents a streaming service that can deliver content directly to a client player application, or to a Content Delivery Network (CDN) for further distribution. Media Services は、シームレスな Azure CDN 統合もサポートしています。Media Services also provides seamless Azure CDN integration. StreamingEndpoint サービスからの送信ストリームには、ライブ ストリーム、ビデオ オンデマンド、または Media Services アカウントの資産のプログレッシブ ダウンロードを使用します。The outbound stream from a StreamingEndpoint service can be a live stream, a video on demand, or progressive download of your asset in your Media Services account. 各 Azure Media Services アカウントには、既定の StreamingEndpoint が含まれています。Each Azure Media Services account includes a default StreamingEndpoint. 追加の StreamingEndpoint をアカウントで作成できます。Additional StreamingEndpoints can be created under the account. StreamingEndpoint には、1.0 および 2.0 の 2 つのバージョンがあります。There are two versions of StreamingEndpoints, 1.0 and 2.0. 2017 年 1 月 10 日から、新しく作成された AMS アカウントには、バージョン 2.0 が既定の StreamingEndpoint として含まれます。Starting with January 10th 2017, any newly created AMS accounts will include version 2.0 default StreamingEndpoint. このアカウントに追加する追加のストリーミング エンドポイントも、バージョン 2.0 になります。Additional streaming endpoints that you add to this account will also be version 2.0. この変更は、既存のアカウントに影響しません。既存の Streamingendpoint はバージョン 1.0 になり、バージョン 2.0 にアップグレードすることができます。This change will not impact the existing accounts; existing StreamingEndpoints will be version 1.0 and can be upgraded to version 2.0. この変更により、動作、課金および機能が変更されます (詳細については、以下で説明する「ストリーミングのタイプとバージョン」のセクションを参照してください)。With this change there will be behavior, billing and feature changes (for more information, see the Streaming types and versions section documented below).

Azure Media Services では、ストリーミング エンドポイントのエンティティに次のプロパティが追加されました。CdnProviderCdnProfileStreamingEndpointVersionAzure Media Services added the following properties to the Streaming Endpoint entity: CdnProvider, CdnProfile, StreamingEndpointVersion. これらのプロパティについて詳しくは、こちらをご覧ください。For detailed overview of these properties, see this.

Azure Media Services アカウントを作成すると、既定の標準ストリーミング エンドポイントが停止状態で作成されます。When you create an Azure Media Services account a default standard streaming endpoint is created for you in the Stopped state. 既定のストリーミング エンドポイントは削除できません。You cannot delete the default streaming endpoint. 対象のリージョンで使用できる Azure CDN によっては、新しく作成された既定のストリーミング エンドポイントに "StandardVerizon" CDN プロバイダー統合も既定で含まれます。Depending on the Azure CDN availability in the targeted region, by default newly created default streaming endpoint also includes "StandardVerizon" CDN provider integration.

注意

Azure CDN 統合は、ストリーミング エンドポイントを開始する前に無効にすることができます。Azure CDN integration can be disabled before starting the streaming endpoint. CDN を有効にするかどうかを問わず、hostname とストリーミング URL は同じままにします。The hostname and the streaming URL remains the same whether or not you enable CDN.

このトピックでは、ストリーミング エンドポイントで利用できる主な機能の概要について説明します。This topic gives an overview of the main functionalities that are provided by streaming endpoints.

名前付け規則Naming conventions

既定のエンドポイントの場合: {AccountName}.streaming.mediaservices.windows.netFor the default endpoint: {AccountName}.streaming.mediaservices.windows.net

追加エンドポイントの場合: {EndpointName}-{AccountName}.streaming.mediaservices.windows.netFor any additional endpoints: {EndpointName}-{AccountName}.streaming.mediaservices.windows.net

ストリーミングのタイプとバージョンStreaming types and versions

Standard/Premium タイプ (バージョン 2.0)Standard/Premium types (version 2.0)

2017 年 1 月リリース以降の Media Services には、ストリーミング タイプ Standard (プレビュー) と Premium の 2 つの型があります。Starting with the January 2017 release of Media Services, you have two streaming types: Standard (preview) and Premium. これらのタイプは、ストリーミング エンドポイントのバージョン「2.0」の一部です。These types are part of the Streaming endpoint version "2.0".

TypeType 説明Description
StandardStandard 既定のストリーミング エンドポイントは Standard 型ですが、ストリーミング ユニットを調整することで Premium 型に変更できます。The default Streaming Endpoint is a Standard type, can be changed to the Premium type by adjusting streaming units.
PremiumPremium このオプションは、より高度なスケールやコントロールを必要とするプロフェッショナルなシナリオに適しています。This option is suitable for professional scenarios that require higher scale or control. Premium 型には、ストリーミング ユニットを調整することで移行します。You move to a Premium type by adjusting streaming units.
専用のストリーミング エンドポイントは、分離環境で存在し、リソースの競合はありません。Dedicated Streaming Endpoints live in isolated environment and do not compete for resources.

多数のインターネットの対象ユーザーにコンテンツを配信することを検討しているお客様には、ストリーミング エンドポイントで CDN を有効にすることをお勧めします。For customers looking to deliver content to large internet audiences, we recommend that you enable CDN on the Streaming Endpoint.

詳細については、以下の「ストリーミング タイプの比較」セクションを参照してください。For more detailed information, see the Compare Streaming types following section.

クラシック タイプ (バージョン 1.0)Classic type (version 1.0)

2017 年 1 月 10 日より前のリリースで AMS アカウントを作成したユーザーのために、クラシック タイプのストリーミング エンドポイントがあります。For users who created AMS accounts prior to the January 10 2017 release, you have a Classic type of a streaming endpoint. このタイプは、ストリーミング エンドポイントのバージョン「1.0」の一部です。This type is part of the streaming endpoint version "1.0".

バージョン「1.0」 のストリーミング エンドポイントに 1 つ以上の Premium ストリーミング ユニット (SU) が含まれる場合は、Premium ストリーミング エンドポイントになり、AMS のすべての機能が提供されます (Standard/Premium タイプと同様)。追加の構成手順はありません。If your version "1.0" streaming endpoint has >=1 premium streaming units (SU), it will be premium streaming endpoint and will provide all AMS features (just like the Standard/Premium type) without any additional configuration steps.

注意

クラシック ストリーミング エンドポイント (バージョン「1.0」、0 SU) は、機能に制限があり、SLA は含まれていません。Classic streaming endpoints (version "1.0" and 0 SU), provides limited features and doesn't include a SLA. エクスペリエンスを改善し、Standard タイプに備わっているダイナミック パッケージや暗号化などの機能を使用できるように、Standard タイプに移行することをお勧めします。It is recommended to migrate to Standard type to get a better experience and to use features like dynamic packaging or encryption and other features that come with the Standard type. Standatrd タイプに移行するには、Azure Portal にアクセスして [Standard にオプトイン] を選択します。To migrate to the Standard type, go to the Azure portal and select Opt-in to Standard. 移行の詳細については、移行に関するセクションを参照してください。For more information about migration, see the migration section.

この操作はロールバックできず、料金に影響を与えることに注意してください。Beware that this operation cannot be rolled back and has a pricing impact.

ストリーミング タイプの比較Comparing streaming types

バージョンVersions

TypeType StreamingEndpointVersionStreamingEndpointVersion ScaleUnitsScaleUnits CDNCDN 課金Billing
クラシックClassic 1.01.0 00 NANA FreeFree
Standard ストリーミング エンドポイント (プレビュー)Standard Streaming Endpoint (preview) 2.02.0 00 はいYes 有料Paid
Premium ストリーミング ユニットPremium Streaming Units 1.01.0 >0>0 はいYes 有料Paid
Premium ストリーミング ユニットPremium Streaming Units 2.02.0 >0>0 はいYes 有料Paid

特徴Features

機能Feature StandardStandard PremiumPremium
スループットThroughput 最大 600 Mbps であり、CDN を使用した場合に実効スループットが大幅に向上します。Up to 600 Mbps and can provide a much higher effective throughput when a CDN is used. ストリーミング ユニット (SU) あたり 200 Mbps。200 Mbps per streaming unit (SU). CDN を使用した場合に実効スループットが大幅に向上します。Can provide a much higher effective throughput when a CDN is used.
CDNCDN Azure CDN、サード パーティ製 CDN、または CDN なし。Azure CDN, third party CDN, or no CDN. Azure CDN、サード パーティ製 CDN、または CDN なし。Azure CDN, third party CDN, or no CDN.
課金は日割り計算Billing is prorated 毎日Daily 毎日Daily
動的な暗号化Dynamic encryption はいYes はいYes
動的パッケージDynamic packaging はいYes はいYes
スケールScale 対象スループットまで自動スケールアップ。Auto scales up to the targeted throughput. 追加のストリーミング ユニットAdditional streaming units.
IP フィルタリング/G20/カスタム ホスト 1IP filtering/G20/Custom host 1 はいYes はいYes
プログレッシブ ダウンロードProgressive download はいYes はいYes
推奨使用量Recommended usage 大半のストリーミング シナリオに推奨。Recommended for the vast majority of streaming scenarios. プロフェッショナルな使用量。Professional usage.

1 エンドポイントで CDN が有効でない場合にのみ、ストリーミング エンドポイントで直接使用します。1 Only used directly on the Streaming Endpoint when the CDN is not enabled on the endpoint.

SLA については、価格と SLA に関する記事をご覧ください。For SLA information, see Pricing and SLA.

タイプの移行Migration between types

ソースFrom ターゲットTo アクションAction
クラシックClassic StandardStandard オプトインが必要Need to opt-in
クラシックClassic PremiumPremium スケール (追加のストリーミング ユニット)Scale(additional streaming units)
Standard/PremiumStandard/Premium クラシックClassic 利用不可 (ストリーミング エンドポイントのバージョンが 1.0 の場合。Not available(If streaming endpoint version is 1.0. scaleunits を「0」に設定してクラシックに変更することは可能)It is allowed to change to classic with setting scaleunits to "0")
Standard (CDN あり/なし)Standard (with/without CDN) 同じ構成の PremiumPremium with the same configurations 開始済み状態で可能。Allowed in the started state. (Azure Portal 使用)(via Azure portal)
Premium (CDN あり/なし)Premium (with/without CDN) 同じ構成の StandardStandard with the same configurations 開始済み状態で可能 (Azure Portal 使用)Allowed in the started state (via Azure portal)
Standard (CDN あり/なし)Standard (with/without CDN) 別の構成の PremiumPremium with different config 停止状態で可能 (Azure Portal 使用)。Allowed in the stopped state (via Azure portal). 実行中の状態では不可。Not allowed in the running state.
Premium (CDN あり/なし)Premium (with/without CDN) 別の構成の StandardStandard with different config 停止状態で可能 (Azure Portal 使用)。Allowed in the stopped state (via Azure portal). 実行中の状態では不可。Not allowed in the running state.
バージョン 1.0、SU > = 1、CDN ありVersion 1.0 with SU >= 1 with CDN CDN なしの Standard/PremiumStandard/Premium with no CDN 停止状態で可能。Allowed in the stopped state. 開始済み状態では不可。Not allowed in the started state.
バージョン 1.0、SU > = 1、CDN ありVersion 1.0 with SU >= 1 with CDN Standard、CDN あり/なしStandard with/without CDN 停止状態で可能。Allowed in the stopped state. 開始済み状態では不可。Not allowed in the started state. バージョン 1.0 の CDN は削除し、新しい CDN を作成して起動。Version 1.0 CDN will be deleted and new one created and started.
バージョン 1.0、SU > = 1、CDN ありVersion 1.0 with SU >= 1 with CDN Premium、CDN あり/なしPremium with/without CDN 停止状態で可能。Allowed in the stopped state. 開始済み状態では不可。Not allowed in the started state. クラシック CDN は削除し、新しい CDN を作成して起動。Classic CDN will be deleted and new one created and started.

次のステップNext steps

Media Services のラーニング パスを確認します。Review Media Services learning paths.

Media Services v3 (最新)Media Services v3 (latest)

Azure Media Services の最新のバージョンをご確認ください。Check out the latest version of Azure Media Services!

Media Services v2 (レガシ)Media Services v2 (legacy)

フィードバックの提供Provide feedback

フィードバック フォーラムでは、Azure Media Services の改善方法について、フィードバックの提供や提案を行うことができます。Use the User Voice forum to provide feedback and make suggestions on how to improve Azure Media Services. また、次のカテゴリのいずれかをクリックすると、そのカテゴリのフォーラムに直接アクセスすることもできます。You also can go directly to one of the following categories: