評価のカスタマイズCustomize an assessment

Azure Migrate は、既定のプロパティで評価を作成します。Azure Migrate creates assessments with default properties. 評価を作成した後は、この記事の手順に従って、既定のプロパティを変更できます。After creating an assessment, you can modify the default properties using the instructions in this article.

評価のプロパティの編集Edit assessment properties

  1. 移行プロジェクトの [評価] ページで、評価を選択し、 [プロパティの編集] をクリックします。In the Assessments page of the migration project, select the assessment, and click Edit properties.

  2. 以下の詳細に基づいて、評価のプロパティをカスタマイズします。Customize the assessment properties based on the following details:

    設定Setting 詳細Details 既定値Default
    ターゲットの場所Target location Azure 上の移行先となる場所。The Azure location to which you want to migrate.

    Azure Migrate は現在、30 のリージョンをサポートしています (オーストラリア東部、オーストラリア南東部、ブラジル南部、カナダ中部、カナダ東部、インド中部、米国中部、中国東部、中国北部、東アジア、米国東部、ドイツ中部、ドイツ北東部、米国東部 2、東日本、西日本、韓国中部、韓国南部、米国中北部、北ヨーロッパ、米国中南部、東南アジア、インド南部、英国南部、英国西部、US Gov アリゾナ、US Gov テキサス、US Gov バージニア、米国中西部、西ヨーロッパ、インド西部、米国西部、米国西部 2)。Azure Migrate currently supports 30 regions including Australia East, Australia Southeast, Brazil South, Canada Central, Canada East, Central India, Central US, China East, China North, East Asia, East US, Germany Central, Germany Northeast, East US 2, Japan East, Japan West, Korea Central, Korea South, North Central US, North Europe, South Central US, Southeast Asia, South India, UK South, UK West, US Gov Arizona, US Gov Texas, US Gov Virginia, West Central US, West Europe, West India, West US, and West US2.
    既定の場所は、米国西部 2 です。West US 2 is the default location.
    ストレージの種類Storage type このプロパティを使用して、Azure に移行するディスクの種類を指定できます。You can use this property to specify the type of disks you want to move to in Azure. オンプレミスと同様のサイズ設定の場合は、ターゲットのディスクの種類を、Premium マネージド ディスクまたは Standard マネージド ディスクのいずれかに指定できます。For as-on premises sizing, you can specify the target disk type either as Premium-managed disks or Standard-managed disks. パフォーマンスに基づくサイズ設定の場合は、ターゲットのディスクの種類を、Automatic、Premium マネージド ディスク、または Standard マネージド ディスクのいずれかに指定できます。For performance-based sizing, you can specify the target disk type either as Automatic, Premium-managed disks or Standard-managed disks. ストレージの種類を Automatic として指定すると、ディスクのパフォーマンス データ (IOPS とスループット) に基づいてディスクに関する推奨事項が実行されます。When you specify the storage type as automatic, the disk recommendation is done based on the performance data of the disks (IOPS and throughput). たとえば、99.9% の単一インスタンス VM SLA を達成したい場合は、ストレージの種類を Premium マネージド ディスクとして指定できます。For example, if you want to achieve a single instance VM SLA of 99.9%, you may want to specify the storage type as Premium-managed disks. これにより、評価に含まれるすべてのディスクが Premium マネージド ディスクとして推奨されるようになります。This ensures that all disks in the assessment are recommended as Premium-managed disks. Azure Migrate の移行評価では、マネージド ディスクのみがサポートされます。Note that Azure Migrate only supports managed disks for migration assessment. 既定値は、Premium マネージド ディスクです (サイズ変更の設定基準はオンプレミスのサイズ設定)。The default value is Premium-managed disks (with Sizing criterion as as on-premises sizing).
    予約インスタンスReserved Instances Azure 上に予約インスタンスがあるかどうかも指定できます。Azure Migrate はそれに応じてコストを見積もります。You can also specify if you have reserved instances in Azure and Azure Migrate will estimate the cost accordingly. 予約インスタンスは、現在、Azure Migrate では従量課金制についてのみサポートされています。Reserved instances are currently only supported for Pay-As-You-Go offer in Azure Migrate. このプロパティの既定値は、3 年間の予約インスタンスです。The default value for this property is 3-years reserved instances.
    サイズ変更の設定基準Sizing criterion Azure 用に VM を適切なサイズにするために Azure Migrate によって使用される基準。The criterion to be used by Azure Migrate to right-size VMs for Azure. "パフォーマンスに基づく" サイズ変更、またはパフォーマンスの履歴を考慮しない "オンプレミスとしての" VM のサイズ変更を実行できます。You can do either do performance-based sizing or size the VMs as on-premises, without considering the performance history. パフォーマンスに基づくサイズ変更が既定のオプションです。Performance-based sizing is the default option.
    パフォーマンス履歴Performance history VM のパフォーマンスを評価するために考慮する期間。The duration to consider for evaluating the performance of the VMs. このプロパティは、サイズ変更の基準が "パフォーマンスに基づくサイズ変更" の場合にのみ適用されます。This property is only applicable when sizing criterion is performance-based sizing. 既定値は 1 日です。Default is one day.
    百分位数の使用率Percentile utilization 適切なサイズ設定のために考慮するパフォーマンス サンプル セットのパーセンタイル値。The percentile value of the performance sample set to be considered for right-sizing. このプロパティは、サイズ変更の基準が "パフォーマンスに基づくサイズ変更" の場合にのみ適用されます。This property is only applicable when sizing criterion is performance-based sizing. 既定は 95 パーセンタイルです。Default is 95th percentile.
    VM シリーズVM series 適切なサイズ変更を検討する VM シリーズを指定できます。You can specify the VM series that you would like to consider for right-sizing. たとえば、Azure で A シリーズ VM に移行する予定がない運用環境がある場合は、リストまたはシリーズから A シリーズを除外することができるため、選択したシリーズでのみ、適切なサイズ変更が実行されます。For example, if you have a production environment that you do not plan to migrate to A-series VMs in Azure, you can exclude A-series from the list or series and the right-sizing is done only in the selected series. 既定では、すべての VM シリーズが選択されています。By default, all VM series are selected.
    快適性係数Comfort factor Azure Migrate では、評価時にバッファー (快適性係数) が考慮されます。Azure Migrate considers a buffer (comfort factor) during assessment. VM のマシン使用率データ (CPU、メモリ、ディスク、ネットワーク) に加えて、このバッファーが適用されます。This buffer is applied on top of machine utilization data for VMs (CPU, memory, disk, and network). 快適性係数は、季節ごとの使用量、短期間のパフォーマンス履歴、将来に使用量が増える可能性などの問題に相当します。The comfort factor accounts for issues such as seasonal usage, short performance history, and likely increases in future usage.

    たとえば、使用率 20% の 10 コア VM の結果は、通常 2 コア VM になります。For example, 10-core VM with 20% utilization normally results in a 2-core VM. 一方、快適性係数を 2.0x とした場合は、結果が 4 コア VM になります。However, with a comfort factor of 2.0x, the result is a 4-core VM instead.
    既定の設定は 1.3x です。Default setting is 1.3x.
    プランOffer 登録されている Azure プランAzure Offer that you are enrolled to. 従量課金制が既定値です。Pay-as-you-go is the default.
    通貨Currency 請求通貨です。Billing currency. 既定値は、米ドルです。Default is US dollars.
    割引率 (%)Discount (%) Azure オファーに適用される任意のサブスクリプション固有の割引です。Any subscription-specific discount you receive on top of the Azure offer. 既定の設定は 0% です。The default setting is 0%.
    VM のアップタイムVM uptime VM が Azure 上で 24 時間 365 日稼働する予定ではない場合は、Azure 上で稼働する期間 (1 か月あたりの日数と 1 日あたりの時間数) を指定できます。それに応じてコストの見積もりが行われます。If your VMs are not going to be running 24x7 in Azure, you can specify the duration (number of days per month and number of hours per day) for which they would be running and the cost estimations would be done accordingly. 既定値は、1 か月あたり 31 日、1 日あたり 24 時間です。The default value is 31 days per month and 24 hours per day.
    Azure ハイブリッド特典Azure Hybrid Benefit ソフトウェア アシュアランスがあり、Azure ハイブリッド特典を受ける資格があるかどうかを指定します。Specify if you have software assurance and are eligible for Azure Hybrid Benefit. [はい] に設定すると、Windows VM に Windows Azure 以外の価格は考慮されません。If set to Yes, non-Windows Azure prices are considered for Windows VMs. 既定値は Yes です。Default is Yes.
  3. [保存] をクリックして評価を更新します。Click Save to update the assessment.

評価のプロパティに関する FAQFAQs on assessment properties

オンプレミスに合わせたサイズ設定とパフォーマンス ベースのサイズ設定の違いは何ですか?What is the difference between as-on-premises sizing and performance-based sizing?

サイズ設定の基準を、オンプレミスに合わせたサイズ設定にするよう指定した場合、Azure Migrate は VM のパフォーマンス データを考慮に入れず、オンプレミスの構成に基づいて VM のサイズを設定します。When you specify the sizing criterion to be as-on-premises sizing, Azure Migrate does not consider the performance data of the VMs and sizes the VMs based on the on-premises configuration. サイズ設定の基準がパフォーマンス ベースの場合、サイズ設定は使用率データに基づいて行われます。If the sizing criterion is performance-based, the sizing is done based on utilization data. たとえば、4 つのコアと 8 GB のメモリを備えたオンプレミスの VM があり、CPU 使用率が 50%、メモリ使用率が 50% であるとします。For example, if there is an on-premises VM with 4 cores and 8-GB memory with 50% CPU utilization and 50% memory utilization. サイズ設定の基準がオンプレミスに合わせたサイズ設定の場合は、4 つのコアと 8 GB のメモリを備えた Azure VM SKU が推奨されます。ただし、サイズ設定の基準がパフォーマンス ベースの場合は、サイズ推奨時には使用率が考慮されるため、2 つのコアと 4 GB の VM SKU が推奨されます。If the sizing criterion is as on-premises sizing an Azure VM SKU with 4 cores and 8-GB memory is recommended, however, if the sizing criterion is performance-based as VM SKU of 2 cores and 4 GB would be recommended as the utilization percentage is considered while recommending the size.

同様に、ディスクの場合、サイズ設定の基準と、ストレージの種類という評価の 2 つのプロパティによってディスクのサイズ設定が決まります。Similarly, for disks, the disk sizing depends on two assessment properties - sizing criterion and storage type. サイズ設定の基準がパフォーマンス ベースで、ストレージの種類が自動である場合、ターゲット ディスクの種類 (Standard または Premium) を識別するために、ディスクの IOPS とスループットの値が考慮に入れられます。If the sizing criterion is performance-based and storage type is automatic, the IOPS and throughput values of the disk are considered to identify the target disk type (Standard or Premium). サイズ設定条件がパフォーマンス ベースで、ストレージの種類が Premium である場合、Premium ディスクが推奨され、オンプレミス ディスクのサイズに基づいて、Azure 内の Premium ディスク SKU が選択されます。If the sizing criterion is performance-based and storage type is premium, a premium disk is recommended, the premium disk SKU in Azure is selected based on the size of the on-premises disk. サイズ設定の基準がオンプレミスに合わせたサイズ設定で、ストレージの種類が Standard または Premium であるときは、同じ考え方に沿ってディスクのサイズ設定が行われます。The same logic is used to do disk sizing when the sizing criterion is as on-premises sizing and storage type is standard or premium.

パフォーマンス履歴と百分位数での使用率は、サイズの推奨にどのような影響を与えますか?What impact does performance history and percentile utilization have on the size recommendations?

これらのプロパティが適用されるのは、パフォーマンス ベースのサイズ設定の場合のみです。These properties are only applicable for performance-based sizing. Azure Migrate では、オンプレミス マシンのパフォーマンス履歴が収集され、それを使用して Azure での VM のサイズとディスクの種類が推奨されます。Azure Migrate collects performance history of on-premises machines and uses it to recommend the VM size and disk type in Azure.

  • コレクター アプライアンスによりオンプレミス環境が継続的にプロファイルされて、20 秒ごとにリアルタイムの使用率データが収集されます。The collector appliance continuously profiles the on-premises environment to gather real-time utilization data every 20 seconds.
  • このアプライアンスでは、20 秒のサンプルがロールアップされて、15 分ごとに 1 つのデータ ポイントが作成されます。The appliance rolls up the 20-second samples, and creates a single data point for every 15 minutes. 1 つのデータ ポイントを作成するために、アプライアンスでは 20 秒のすべてのサンプルからピーク値が選択されて、Azure に送信されます。To create the single data point, the appliance selects the peak value from all the 20-second samples, and sends it to Azure.
  • パフォーマンスの期間とパフォーマンス履歴の百分位値に基づいて Azure で評価を作成する場合、Azure Migrate では、有効な使用率値が計算され、その値がサイズ設定に使用されます。When you create an assessment in Azure, based on the performance duration and performance history percentile value, Azure Migrate calculates the effective utilization value and uses it for sizing.

たとえば、パフォーマンスの期間を 1 日に設定し、百分位値を 95 に設定した場合、Azure Migrate は、過去 1 日間にコレクターによって送信された 15 分のサンプル点を使い、それらを昇順で並べ替えて、95 番目の百分位値を、有効な使用率として選択します。For example, if you have set the performance duration to be 1 day and percentile value to 95 percentile, Azure Migrate uses the 15-min sample points sent by collector for the last one day, sorts them in ascending order and picks the 95th percentile value as the effective utilization. 95 番目の百分位値を設定することにより、99 番目の百分位を選択した場合に発生する可能性がある外れ値はすべて無視されるようになります。The 95th percentile value ensures that you are ignoring any outliers, which may come if you pick the 99th percentile. 期間中のピーク使用率を選択し、外れ値を見逃さないようにする場合は、99 番目の百分位を選択する必要があります。If you want to pick the peak usage for the period and do not want to miss any outliers, you should select the 99th percentile.

次の手順Next steps

評価の計算方法の詳細を確認します。Learn more about how assessments are calculated.