Azure Migrate についてAbout Azure Migrate

Azure Migrate サービスは、Azure への移行についてオンプレミスのワークロードを評価します。The Azure Migrate service assesses on-premises workloads for migration to Azure. このサービスで、オンプレミス マシンの移行の適合性と、パフォーマンスに基づくサイズを評価して、オンプレミスのマシンを Azure で実行するためのコストを見積もることができます。The service assesses the migration suitability of on-premises machines, performance-based sizing, and provides cost estimations for running your on-premises machines in Azure. リフトアンドシフトでの移行を検討している場合や移行の初期評価段階の場合、このサービスは適しています。If you're contemplating lift-and-shift migrations, or are in the early assessment stages of migration, this service is for you. その評価後、Azure Site RecoveryAzure Database Migration Service などのサービスを使用して、Azure にマシンを移行することができます。After the assessment, you can use services such as Azure Site Recovery and Azure Database Migration Service, to migrate the machines to Azure.

Azure Migrate を使用する理由Why use Azure Migrate?

Azure Migrate によって次のことが可能になります。Azure Migrate helps you to:

  • Azure 対応性を評価する: オンプレミスのマシンが Azure での実行に適しているかどうかを評価します。Assess Azure readiness: Assess whether your on-premises machines are suitable for running in Azure.
  • 推奨サイズを把握する: オンプレミス VM のパフォーマンス履歴から、Azure VM の推奨サイズが得られます。Get size recommendations: Get size recommendations for Azure VMs based on the performance history of on-premises VMs.
  • 毎月のコストを見積もる: オンプレミスのマシンを Azure で実行するためのコストを見積もります。Estimate monthly costs: Get estimated costs for running on-premises machines in Azure.
  • 高い信頼性で移行する: オンプレミスのマシンの依存関係を視覚化して、同時に評価および移行するマシンのグループを作成します。Migrate with high confidence: Visualize dependencies of on-premises machines to create groups of machines that you will assess and migrate together.

現時点での制限事項Current limitations

  • 現時点では Azure VM への移行に関して、オンプレミスの VMware 仮想マシン (VM) だけを評価することができます。Currently, you can only assess on-premises VMware virtual machines (VMs) for migration to Azure VMs. VMware VM は、vCenter Server (バージョン 5.5、6.0、または 6.5) で管理する必要があります。The VMware VMs must be managed by vCenter Server (version 5.5, 6.0, or 6.5).
  • Hyper-V についても今後サポートされる予定です。Support for Hyper-V is on our roadmap. それまでの間、Hyper-V のワークロードの移行を計画するときは、Azure Site Recovery Deployment Planner を使うことをお勧めします。In the interim, we recommend that you use Azure Site Recovery Deployment Planner to plan migration of Hyper-V workloads.
  • 1 回の検出で最大 1,500 個の VM を検出でき、1 つのプロジェクトで最大 1,500 個の VM を検出できます。You can discover up to 1500 VMs in a single discovery and up to 1500 VMs in a single project. さらに、一度に最大 1,500 個の VM を評価できます。Additionally, you can assess up to 1500 VMs in a single assessment.
  • Azure Migrate プロジェクトを作成できるのは、米国中西部または米国東部リージョンに限られます。You can only create an Azure Migrate project in West Central US or East US region. ただし、これが他の Azure リージョンへの移行計画に影響することはありません。However, this does not impact your ability to plan your migration for a different target Azure location. 移行プロジェクトの場所は単に、オンプレミス環境から検出されたメタデータを保存するためにのみ使用されます。The location of the migration project is used only to store the metadata discovered from the on-premises environment.
  • Azure Migrate の移行評価では、管理ディスクのみがサポートされます。Azure Migrate only supports managed disks for migration assessment.

支払い対象についてWhat do I need to pay for?

Azure Migrate の価格については、こちらを参照してください。Learn more about Azure Migrate pricing here.

評価の内容What's in an assessment?

評価は、オンプレミス VM の Azure 適合性を特定し、Azure で VM を実行するための適切な推奨サイズとコスト見積もりを得るのに役立ちます。An assessment helps you identify the Azure suitability of on-premises VMs, get right-sizing recommendations and cost estimates for running the VMs in Azure. 評価は、ニーズに応じてカスタマイズできます。そのためには、評価のプロパティを変更します。Assessments can be customized based on your needs by changing the properties of the assessment. 評価の作成中に考慮する必要があるプロパティを次に示します。Below are the properties that are considered while creating an assessment.

プロパティProperty 詳細Details
ターゲットの場所Target location Azure 上の移行先となる場所。The Azure location to which you want to migrate.

Azure Migrate は現在、30 のリージョンをサポートしています (オーストラリア東部、オーストラリア南東部、ブラジル南部、カナダ中部、カナダ東部、インド中部、米国中部、中国東部、中国北部、東アジア、米国東部、ドイツ中部、ドイツ北東部、米国東部 2、東日本、西日本、韓国中部、韓国南部、米国中北部、北ヨーロッパ、米国中南部、東南アジア、インド南部、英国南部、英国西部、US Gov アリゾナ、US Gov テキサス、US Gov バージニア、米国中西部、西ヨーロッパ、インド西部、米国西部、米国西部 2)。Azure Migrate currently supports 30 regions including Australia East, Australia Southeast, Brazil South, Canada Central, Canada East, Central India, Central US, China East, China North, East Asia, East US, Germany Central, Germany Northeast, East US 2, Japan East, Japan West, Korea Central, Korea South, North Central US, North Europe, South Central US, Southeast Asia, South India, UK South, UK West, US Gov Arizona, US Gov Texas, US Gov Virginia, West Central US, West Europe, West India, West US, and West US2. 既定では、ターゲットの場所は、米国西部 2 に設定されます。By default, the target location is set to West US 2.
ストレージの種類Storage type Azure に割り当てるディスクの種類を指定できます。You can specify the type of disks you want to allocate in Azure. このプロパティは、サイズ変更の設定基準が オンプレミスのときに適用されます。This property is applicable when the sizing criterion is as on-premises sizing. ターゲットのディスクの種類を、Premium マネージド ディスクまたは Standard マネージド ディスクのいずれかに指定できます。You can specify the target disk type either as Premium managed disks or Standard managed disks. 既定値は、Premium マネージド ディスクです。The default value is Premium managed disks. サイズ変更がパフォーマンス ベースの場合、VM のパフォーマンス データに基づいてディスクのレコメンデーションが自動的に行われます。For performance-based sizing, the disk recommendation is automatically done based on the performance data of the VMs. Azure Migrate の移行評価では、マネージド ディスクのみがサポートされます。Note that Azure Migrate only supports managed disks for migration assessment.
サイズ変更の設定基準Sizing Criterion Azure 用に VM を適切なサイズにするために Azure Migrate によって使用される基準。The criterion to be used by Azure Migrate to right-size VMs for Azure. サイズ変更は、オンプレミス VM のパフォーマンス履歴に基づいて行うことも、パフォーマンス履歴を考慮せずに、Azure でも "オンプレミスと同じ" VM サイズにすることもできます。You can do sizing either based on performance history of the on-premises VMs or size the VMs as on-premises for Azure without considering the performance history. サイズ変更設定の既定値はオンプレミスです。The default value is as on-premises sizing.
価格プランPricing plans コスト計算の評価では、ソフトウェア アシュアランスがあるかどうかや、Azure ハイブリッド特典を利用できるかどうかが考慮されます。For cost calculations, an assessment considers whether you have software assurance, and are eligible for Azure Hybrid Benefit. また、登録対象の Azure プランも考慮されるほか、そのプランに加えて適用されるサブスクリプション固有の割引 (%) を指定することができます。It also considers Azure Offers that you might be enrolled to, and allows you to specify any subscription-specific discounts (%), that you may get on top of the offer.
[価格レベル]Pricing tier ターゲット Azure VM の価格レベル (Basic/Standard) を指定できます。You can specify the pricing tier (Basic/Standard) for the target Azure VMs. たとえば、運用環境の移行を計画している場合は、Standard レベルを検討するかもしれません。この場合、VM の待ち時間は短くなりますが、コストは高くなります。For example, if you are planning to migrate a production environment, you would like to consider the Standard tier, which provides VMs with low latency but may cost more. 一方、開発/テスト環境の場合は、Basic レベルを検討するかもしれません。この場合、VM の待ち時間は長くなり、コストは安くなります。On the other hand, if you have a Dev-Test environment, you may want to consider the Basic tier that has VMs with higher latency and lower costs. 既定では Standard レベルが使用されます。By default the Standard tier is used.
パフォーマンス履歴Performance history 既定では、オンプレミスのマシンのパフォーマンスが、過去 1 日のパフォーマンス履歴の 95% パーセンタイル値を使用して評価されます。By default, Azure Migrate evaluates the performance of on-premises machines using the performance history of the last one day, with a 95% percentile value. 評価のプロパティで、これらの値を変更することができます。You can modify these values in the assessment properties.
VM シリーズVM series 適切なサイズ変更を検討する VM シリーズを指定できます。You can specify the VM series that you would like to consider for right-sizing. たとえば、Azure で A シリーズ VM に移行する予定がない運用環境がある場合は、リストまたはシリーズから A シリーズを除外することができるため、適切なサイズ変更が選択したシリーズでのみ実行されます。For example, if you have a production environment that you do not plan to migrate to A-series VMs in Azure, you can exclude A-series from the list or series and the right-sizing will be done only in the selected series.
快適性係数Comfort factor Azure Migrate では、評価時にバッファー (快適性係数) が考慮されます。Azure Migrate considers a buffer (comfort factor) during assessment. VM のマシン使用率データ (CPU、メモリ、ディスク、ネットワーク) に加えて、このバッファーが適用されます。This buffer is applied on top of machine utilization data for VMs (CPU, memory, disk, and network). 快適性係数は、季節ごとの使用量、短期間のパフォーマンス履歴、将来に使用量が増える可能性などの問題に相当します。The comfort factor accounts for issues such as seasonal usage, short performance history, and likely increases in future usage.

たとえば、使用率 20% の 10 コア VM の結果は、通常 2 コア VM になります。For example, 10-core VM with 20% utilization normally results in a 2-core VM. 一方、快適性係数を 2.0x とした場合は、結果が 4 コア VM になります。However, with a comfort factor of 2.0x, the result is a 4-core VM instead. 既定の快適性設定は 1.3x です。The default comfort setting is 1.3x.

Azure Migrate のしくみHow does Azure Migrate work?

  1. Azure Migrate プロジェクトを作成します。You create an Azure Migrate project.
  2. Azure Migrate は、コレクター アプライアンスと呼ばれるオンプレミス VM を使用して、オンプレミスのマシンに関する情報を検出します。Azure Migrate uses an on-premises VM called the collector appliance, to discover information about your on-premises machines. このアプライアンスを作成するには、Open Virtualization Appliance (.ova) 形式のセットアップ ファイルをダウンロードし、それをオンプレミスの vCenter Server 上の VM としてインポートします。To create the appliance, you download a setup file in Open Virtualization Appliance (.ova) format, and import it as a VM on your on-premises vCenter Server.
  3. vCenter Server のコンソール接続を使用して VM に接続し、接続中に VM の新しいパスワードを指定します。次に、VM でコレクター アプリケーションを実行して検出操作を開始します。You connect to the VM using console connection in vCenter Server, specify a new password for the VM while connecting and then run the collector application in the VM to initiate discovery.
  4. コレクターが、VMware PowerCLI のコマンドレットを使用して VM のメタデータを収集します。The collector collects VM metadata using VMware PowerCLI cmdlets. 検出はエージェントレスであり、VMware ホストまたは VM には何もインストールされません。Discovery is agentless, and doesn't install anything on VMware hosts or VMs. 収集されるメタデータには、VM 情報 (コア、メモリ、ディスク、ディスク サイズ、ネットワーク アダプター) が含まれています。The collected metadata includes VM information (cores, memory, disks, disk sizes, and network adapters). また、CPU とメモリの使用率、ディスク IOPS、ディスクのスループット (MBps)、ネットワーク出力 (MBps) など、VM のパフォーマンス データも収集されます。It also collects performance data for VMs, including CPU and memory usage, disk IOPS, disk throughput (MBps), and network output (MBps).
  5. このメタデータが Azure Migrate プロジェクトにプッシュされます。The metadata is pushed to the Azure Migrate project. それを Azure Portal で確認することができます。You can view it in the Azure portal.
  6. 評価の目的で、検出された VM をグループにまとめます。For the purposes of assessment, you gather the discovered VMs into groups. たとえば、同じアプリケーションを実行する VM をグループにまとめます。For example, you might group VMs that run the same application. より正確なグループ分けのために、特定のマシンまたはグループ内のすべてのマシンの依存関係を表示し、グループを絞り込むことができます。For more precise grouping, you can use dependency visualization to view dependencies of a specific machine, or for all machines in a group and refine the group.
  7. グループを作成したら、そのグループの評価を作成します。Once your group is formed, you create an assessment for the group.
  8. 評価が完了したら、それをポータルで表示することも、Excel 形式でダウンロードすることもできます。After the assessment finishes, you can view it in the portal, or download it in Excel format.

Azure Planner のアーキテクチャ

ポート要件とはWhat are the port requirements?

次の表は、Azure Migrate の通信に必要なポートをまとめたものです。The table summarizes the ports needed for Azure Migrate communications.

コンポーネントComponent 通信の対象To communicate with 必要なポートPort required 理由Reason
コレクターCollector Azure Migrate サービスAzure Migrate service TCP 443TCP 443 コレクターは、SSL ポート 443 経由でサービスに接続します。The collector connects to the service over SSL port 443
コレクターCollector vCenter ServervCenter Server 既定の 443Default 443 既定では、コレクターはポート 443 で vCenter Server に接続します。By default the collector connects to the vCenter Server on port 443. 他のポートでサーバーがリッスンしている場合、それをコレクター VM で送信ポートとして構成する必要があります。If the server listens on a different port, it should be configured as an outgoing port on the collector VM.
オンプレミス VMOn-premises VM Log Analytics ワークスペースLog Analytics Workspace TCP 443TCP 443 MMA エージェントは、TCP 443 を使用して Log Analytics に接続します。The MMA agent uses TCP 443 to connect to Log Analytics. 依存関係の視覚化機能を使用していて、Microsoft Monitoring Agent (MMA) エージェントをインストールする場合のみ、このポートが必要になります。You only need this port if you're using the dependency visualization feature, and are installing the Microsoft Monitoring Agent (MMA).

評価後の流れWhat happens after assessment?

移行するオンプレミスのマシンを Azure Migrate サービスで評価したら、いくつかのツールを使用して移行を実行できます。After you've assessed on-premises machines for migration with the Azure Migrate service, you can use a couple of tools to perform the migration:

  • Azure Site Recovery: Azure Site Recovery を使用すると、次のように Azure に移行できます。Azure Site Recovery: You can use Azure Site Recovery to migrate to Azure, as follows:

    • Azure サブスクリプション、Azure 仮想ネットワーク、ストレージ アカウントなどの Azure リソースを準備します。Prepare Azure resources, including an Azure subscription, an Azure virtual network, and a storage account.
    • オンプレミス VMware サーバーの移行の準備をします。Prepare your on-premises VMware servers for migration. Site Recovery に関する VMware のサポート要件を確認し、VMware サーバーの検出に必要な準備を行います。さらに、移行する VM に Site Recovery Mobility サービスをインストールする準備を行います。You verify VMware support requirements for Site Recovery, prepare VMware servers for discovery, and prepare to install the Site Recovery Mobility service on VMs that you want to migrate.
    • 移行を設定します。Set up migration. Recovery Services コンテナーの設定、移行元と移行先の設定、レプリケーション ポリシーの設定、レプリケーションの有効化を行います。You set up a Recovery Services vault, configure source and target migration settings, set up a replication policy, and enable replication. ディザスター リカバリーの訓練を実施して、Azure への VM の移行が正しく機能することを確認します。You can run a disaster recovery drill to check that migration of a VM to Azure is working correctly.
    • フェールオーバーを実行して、オンプレミスのマシンを Azure に移行します。Run a failover to migrate on-premises machines to Azure.
    • Site Recovery の移行のチュートリアルで詳細を確認します。Learn more in the Site Recovery migration tutorial.
  • Azure Database Migration: オンプレミスのマシンで SQL Server、MySQL、Oracle などのデータベースを実行している場合は、Azure Database Migration Service を使用して Azure に移行することができます。Azure Database Migration: If your on-premises machines are running a database such as SQL Server, MySQL, or Oracle, you can use the Azure Database Migration Service to migrate them to Azure. 詳細情報Learn more.

次のステップNext steps