Azure Migrate のサポート マトリックス

Azure Migrate サービスを使用すると、サーバーを評価したり、Microsoft Azure クラウドに移行したりできます。 この記事では、Azure Migrate のシナリオやデプロイに対する一般的なサポートの設定および制限を要約しています。

サポートされる評価/移行シナリオ

次の表は、サポートされる検出、評価、および移行のシナリオをまとめたものです。

デプロイ 詳細
検出 サーバーのメタデータと動的なパフォーマンス データを検出できます。
ソフトウェア インベントリ VMware VM 上で実行されているアプリ、ロール、および機能を検出できます。 現在、この機能は検出のみに限定されています。 評価は現在サーバー レベルです。 アプリ、役割、または機能ベースの評価はまだ提供されていません。
評価 VMware VM、Hyper-V VM、および物理サーバー上で実行されているオンプレミスのワークロードとデータを評価します。 Azure Migrate: Discovery and assessment、Microsoft Data Migration Assistant (DMA)、および他のツールと ISV オファリングを使用して評価します。
移行 物理サーバー、VMware VM、Hyper-V VM、物理サーバー、クラウドベースの VM で実行されているワークロードとデータを Azure に移行します。 Azure Migrate: Server Migration と Azure Database Migration Service (DMS) や、その他のツールと ISV オファリングを使用して移行します。

注意

現在、ISV ツールは Azure Government で Azure Migrate にデータを送信できません。 統合された Microsoft ツールを使用するか、パートナー ツールを単独で使用できます。

サポートされているツール

次の表に、具体的なツールのサポートをまとめてあります。

ツール 評価 移行
Azure Migrate: Discovery and Assessment VMware VMHyper-V VM、および物理サーバーを評価します。 利用できません (N/A)
Azure Migrate: Server Migration 該当なし VMware VMHyper-V VM、および物理サーバーを移行します。
Carbonite 該当なし VMware VM、Hyper-V VM、物理サーバー、およびその他のクラウド ワークロードを移行します。
Cloudamize VMware VM、Hyper-V VM、物理サーバー、およびその他のクラウド ワークロードを評価します。 該当なし
Corent Technology VMware VM、Hyper-V VM、物理サーバー、およびその他のクラウド ワークロードを評価します。 VMware VM、Hyper-V VM、物理サーバー、パブリック クラウド ワークロードを移行します。
Device 42 VMware VM、Hyper-V VM、物理サーバー、およびその他のクラウド ワークロードを評価します。 該当なし
DMA SQL Server データベースを評価します。 該当なし
DMS 該当なし SQL Server、Oracle、MySQL、PostgreSQL、MongoDB を移行します。
Lakeside 仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) を評価します 該当なし
Movere VMware VM、Hyper-V VM、Xen VM、物理サーバー、ワークステーション (VDI を含む)、およびその他のクラウド ワークロードを評価します。 該当なし
RackWare 該当なし VMware VM、Hyper-V VM、Xen VM、KVM VM、物理サーバー、およびその他のクラウド ワークロードを移行します
Turbonomic VMware VM、Hyper-V VM、物理サーバー、およびその他のクラウド ワークロードを評価します。 該当なし
UnifyCloud VMware VM、Hyper-V VM、物理サーバー、およびその他のクラウド ワークロード、および SQL Server データベースを評価します。 該当なし
Webapp Migration Assistant Web アプリを評価します Web アプリを移行します。
Zerto 該当なし VMware VM、Hyper-V VM、物理サーバー、およびその他のクラウド ワークロードを移行します。

Project

サポート 詳細
サブスクリプション サブスクリプション内に複数のプロジェクトを含めることができます。
Azure のアクセス許可 ユーザーがプロジェクトを作成するには、サブスクリプションでの共同作成者または所有者のアクセス許可が必要です。
VMware VM 1 つのプロジェクトで最大 35,000 台の VMware VM を評価できます。
Hyper-V VM 1 つのプロジェクトで最大 35,000 の Hyper-V VM を評価します。

評価の上限に達するまでは、1 つのプロジェクトに VMware VM と Hyper-V VM の両方を含めることができます。

Azure のアクセス許可

Azure Migrate が Azure で機能するためには、サーバーの評価と移行を開始する前に、次のアクセス許可が必要です。

タスク アクセス許可 詳細
プロジェクトを作成する Azure アカウントには、プロジェクトを作成するためのアクセス許可が必要です。 VMwareHyper-V、または物理サーバーの設定。
Azure Migrate アプライアンスの登録 Azure Migrate では、軽量の Azure Migrate アプライアンスを使用して Azure Migrate: Discovery and assessment でサーバーが検出および評価され、Azure Migrate: Server Migration で VMware VM のエージェントレス移行が実行されます。 このアプライアンスによってサーバーが検出され、メタデータとパフォーマンス データが Azure Migrate に送信されます。

登録時に登録プロバイダー (Microsoft.OffAzure、Microsoft.Migrate、および Microsoft.KeyVault) が、アプライアンスで選択されたサブスクリプションに登録され、その結果、サブスクリプションがリソース プロバイダーで動作するようになります。 登録するには、サブスクリプションに対する共同作成者または所有者のアクセス権が必要です。

VMware - オンボード中、Azure Migrate では 2 つの Azure Active Directory (Azure AD) アプリが作成されます。 最初のアプリによって、アプライアンス エージェントと Azure Migrate サービスとの間の通信が行われます。 このアプリには、Azure リソース管理を呼び出すためのアクセス許可も、リソースに対する Azure RBAC アクセス権もありません。 2 番目のアプリでは、エージェントレスの VMware 移行専用のユーザー サブスクリプションで作成された Azure Key Vault へのアクセスが行われます。 エージェントレスの移行では、ご利用のサブスクリプションのレプリケーション ストレージ アカウントへのアクセス キーを管理するためのキー コンテナーが Azure Migrate によって作成されます。 アプライアンスから検出が開始されると、(カスタマー テナント内の) Azure キー コンテナーで Azure RBAC アクセスが可能になります。

Hyper-V - オンボード中。 Azure Migrate によって Azure AD アプリが 1 つ作成されます。 このアプリによって、アプライアンス エージェントと Azure Migrate サービスとの間の通信が行われます。 このアプリには、Azure リソース管理を呼び出すためのアクセス許可も、リソースに対する Azure RBAC アクセス権もありません。
VMwareHyper-V、または物理サーバーの設定。
VMware エージェントレス移行用のキー コンテナーの作成 エージェントレスの Azure Migrate: Server Migration を使用して VMware VM を移行するために、ご利用のサブスクリプションのレプリケーション ストレージ アカウントへのアクセス キーを管理するためのキー コンテナーが Azure Migrate によって作成されます。 コンテナーを作成するには、プロジェクトが存在するリソース グループに、アクセス許可 (所有者、共同作成者、およびユーザー アクセス管理者) を設定する必要があります。 アクセス許可の設定

サポートされている地域 (パブリック クラウド)

プロジェクトは、パブリック クラウドの多くの地域で作成できます。

  • プロジェクトを作成できるのはこれらの地域に限られますが、ターゲットの場所がそれ以外であるサーバーを評価または移行することは可能です。
  • プロジェクトの地域は、検出されたメタデータを格納するためにのみ使用されます。
  • プロジェクトを作成するときに、地域を選択します。 プロジェクトと関連リソースは、地域のいずれかのリージョンに作成されます。 このリージョンは、Azure Migrate サービスによって割り当てられます。
地理的な場所 メタデータ ストレージの場所
Africa アフリカ南部またはアフリカ北部
アジア太平洋 東アジアまたは東南アジア
オーストラリア オーストラリア東部またはオーストラリア南東部
ブラジル ブラジル南部
Canada カナダ中部またはカナダ東部
ヨーロッパ 北ヨーロッパまたは西ヨーロッパ
フランス フランス中部
ドイツ ドイツ中西部
インド インド中部またはインド南部
日本 東日本または西日本
韓国 韓国中部または韓国南部
ノルウェー ノルウェー東部
スイス スイス北部
アラブ首長国連邦 アラブ首長国連邦北部
イギリス 英国南部または英国西部
United States 米国中部または米国西部 2

注意

スイス地域については、REST API ユーザーに限りスイス西部が利用でき、承認済みのサブスクリプションが必要となります。

サポートされている地域 (Azure Government)

タスク 地理的な場所 詳細
Create project United States メタデータは US Gov アリゾナ、US Gov バージニアに格納されます
ターゲットの評価 United States ターゲット リージョン: US Gov アリゾナ、US Gov バージニア、US Gov テキサス
ターゲットのレプリケーション United States ターゲット リージョン: US DoD 中部、US DoD 東部、US Gov アリゾナ、US Gov アイオワ、US Gov テキサス、US Gov バージニア

VMware の評価と移行

VMware VM についての Azure Migrate: Discovery and assessment と Azure Migrate: Server Migration のサポート マトリックスを確認してください。

Hyper-V の評価と移行

Hyper-V VM についての Azure Migrate: Discovery and assessment と Azure Migrate: Server Migration のサポート マトリックスを確認してください。

Azure Migrate のバージョン

Azure Migrate サービスのバージョンには、次の 2 つがあります。

  • 現在のバージョン: このバージョンを使用すると、新しいプロジェクトを作成したり、オンプレミスの評価を検出したり、評価と移行を調整したりできます。 詳細については、こちらを参照してください
  • 以前のバージョン: 以前のバージョンの Azure Migrate (オンプレミスの VMware VM の評価のみがサポートされていました) を使用している顧客の場合は、現在のバージョンを使用するようにしてください。 以前のバージョンでは、新しいプロジェクトを作成したり、新しい検出を実行したりできません。

次のステップ