Android アプリ用 Azure Mobile Engagement の使用Get started with Azure Mobile Engagement for Android apps

重要

Azure Mobile Engagement は、2018 年 3 月 31 日に停止されます。Azure Mobile Engagement retires on 3/31/2018. このページは、その後まもなく削除されます。This page will be deleted shortly after.

このトピックでは、Azure Mobile Engagement を使用してアプリの使用状況を把握し、Android アプリケーションのセグメント化されたユーザーにプッシュ通知を送信する方法について説明します。This topic shows you how to use Azure Mobile Engagement to understand your app usage and how to send push notifications to segmented users of an Android application. このチュートリアルでは、モバイル エンゲージメントを使用した簡単なブロードキャスト シナリオのデモンストレーションを行います。This tutorial demonstrates the simple broadcast scenario using Mobile Engagement. このシナリオでは、基本的なデータを収集する空の Android アプリを作成し、Google Cloud Messaging (GCM) を使ってプッシュ通知を受信します。In it, you create a blank Android app that collects basic data and receives push notifications using Google Cloud Messaging (GCM).

前提条件Prerequisites

このチュートリアルを完了するには、Android Studio 統合開発環境と最新の Android プラットフォームを含む Android Developer Toolsが必要です。Completing this tutorial requires the Android Developer Tools, which includes the Android Studio integrated development environment, and the latest Android platform.

また、 Mobile Engagement Android SDKも必要です。It also requires the Mobile Engagement Android SDK.

重要

このチュートリアルを完了するには、アクティブな Azure アカウントが必要になります。To complete this tutorial, you need an active Azure account. アカウントがない場合は、無料試用アカウントを数分で作成することができます。If you don't have an account, you can create a free trial account in just a couple of minutes. 詳細については、「Azure の無料試用版サイト」をご覧ください。For details, see Azure Free Trial.

Android アプリ用の Mobile Engagement の設定Set up Mobile Engagement for your Android app

  1. Azure Portal にログオンします。Log on to the Azure Portal.
  2. [リソースの作成][Web + モバイル][Mobile Engagement] の順にクリックします。Click Create a resource, then Web + Mobile, and then Mobile Engagement.

  3. 表示される [New Mobile Engagement App Collection](新しい Mobile Engagement アプリ コレクション) ブレードで、アプリ コレクションを作成します。In the New Mobile Engagement App Collection blade that appears, you will be creating an App Collection. 次の情報を入力します。Enter the following information:

    • 名前: 名前 of your アプリケーション コレクションName: Name of your application collection
    • プラットフォーム: クリックすると開く [プラットフォーム] ブレードでアプリのターゲット プラットフォームを選択します。Platforms: Select target platforms for your app on the Platforms blade which will open up. 例: E.g. アプリを iOS と Android の両方に対応させる場合は、両方のプラットフォームを選択すると、このアプリ コレクションの下に 2 つのアプリが作成されます。if you want an app for both iOS & Android then select both platforms and you will get two apps created under this app collection.

    • サブスクリプション: Azure サブスクリプションを選択します。Subscription: Select the Azure subscription.
    • リソース グループ: この Azure リソース (Mobile Engagement アプリ コレクション) を追加する Azure リソース グループを選択します。Resource group: Select the Azure Resource group in which you want this Azure resource (Mobile Engagement App Collection). 新しいリソース グループを作成することもできます。You can choose to create a new one.
    • 場所: このアプリ コレクションとアプリについてのデータが格納されるリージョン。Location: Region where the data about this app collection & app will be stored.
  4. [参照] をクリックし、"Mobile Engagement" を検索して Mobile Engagement アプリ コレクションを参照します。Browse through the Mobile Engagement app collections by clicking Browse and search for Mobile Engagement

  5. Mobile Engagement アプリ コレクションの一覧が表示されるので、アプリ コレクションを作成した同じ Azure サブスクリプションがあることを確認します。You will be shown a list of Mobile Engagement App Collections - make sure you have the same Azure subscription where you created your App Collection.

  6. 前の手順で作成したアプリ コレクションをクリックして、アプリ コレクション リソースのブレードを開きます。ブレードには、このアプリ コレクション内に存在するさまざまなアプリが表示されます。Click on the App Collection that you created in the prior step to open up the App Collection resource blade which will show the different apps present inside this app collection.

  7. 開発対象とするプラットフォーム向けに作成したアプリをクリックします。Click on the App created for the platform you are developing for.

  8. 上部の [接続情報] コマンド ボタンをクリックして [接続情報] ブレードを開き、そこに表示される接続文字列をコピーします。Click on Connection Info command button at the top to open up the Connection Info blade and copy the connection string from there.

アプリを Mobile Engagement のバックエンドに接続するConnect your app to the Mobile Engagement backend

このチュートリアルでは、データを収集してプッシュ通知を送信するために必要な最小限のセットである「基本的な統合」について説明します。This tutorial presents a "basic integration", which is the minimal set required to collect data and send a push notification. 統合の実例を示すために、Android Studio で基本的なアプリを作成します。You create a basic app with Android Studio to demonstrate the integration.

統合に関する完全なドキュメントについては、 Mobile Engagement Android SDK の統合に関するページを参照してください。The complete integration documentation can be found in the Mobile Engagement Android SDK integration.

Android プロジェクトの作成Create an Android project

  1. Android Studio を開始し、ポップアップ画面で [Start a new Android Studio project (新しい Android Studio プロジェクトを開始する)] を選択します。Start Android Studio, and in the pop-up, select Start a new Android Studio project.

  2. アプリ名と会社のドメインを入力します。Provide an app name and company domain. 後で必要になるため、入力内容をメモします。Make a note of what you are filling, because you need it later. [次へ] をクリックします。Click Next.

  3. ターゲット フォーム ファクターと API レベルを選び、 [Next]をクリックします。Select the target form factor and API level, and click Next.

    注意

    Mobile Engagement では、最小で API レベル 10 (Android 2.3.3) が必要です。Mobile Engagement requires API level 10 minimum (Android 2.3.3).

  4. ここでこのアプリの唯一の画面である [Blank Activity (空のアクティビティ)] を選択し、[Next (次へ)] をクリックします。Select Blank Activity here, which is the only screen for this app and click Next.

  5. 最後に、既定はそのままにして [Finish]をクリックします。Finally, leave the defaults as is and click Finish.

Mobile Engagement を統合するデモ アプリが Android Studio によって作成されます。Android Studio now creates the demo app into which we integrate Mobile Engagement.

SDK ライブラリをプロジェクトに含めるInclude the SDK library in your project

  1. Mobile Engagement Android SDKをダウンロードします。Download the Mobile Engagement Android SDK.
  2. アーカイブ ファイルをコンピューターのフォルダーに抽出します。Extract the archive file to a folder in your computer.
  3. SDK の現在のバージョン用の .jar ライブラリを探し、クリップボードにコピーします。Identify the .jar library for the current version of this SDK and copy it to the Clipboard.

  4. [Project] セクション (1) に移動し、[libs] フォルダー (2) に .jar を貼り付けます。Navigate to the Project section (1) and paste the .jar in the libs folder (2).

  5. ライブラリを読み込むには、プロジェクトを同期します。To load the library, sync the project .

接続文字列を使用してアプリを Mobile Engagement のバックエンドに接続します。Connect your app to Mobile Engagement backend with the Connection String

  1. 次のコード行をアクティビティ作成の中にコピーします (アプリケーションの 1 か所でのみ実行する必要があります。通常はメイン アクティビティの中で実行します)。Copy the following lines of code into the activity creation (must be done only in one place of your application, usually the main activity). このサンプル アプリの MainActivity を [src]、[main]、[java] フォルダーから開き、次を追加します。For this sample app, open up the MainActivity under src -> main -> java folder and add the following:

     EngagementConfiguration engagementConfiguration = new EngagementConfiguration();
     engagementConfiguration.setConnectionString("Endpoint={appCollection}.{domain};AppId={appId};SdkKey={sdkKey}");
     EngagementAgent.getInstance(this).init(engagementConfiguration);
    
  2. Alt キーを押しながら Enter を押すか、次の import ステートメントを追加して、参照を解決します。Resolve the references by pressing Alt + Enter or adding the following import statements:

     import com.microsoft.azure.engagement.EngagementAgent;
     import com.microsoft.azure.engagement.EngagementConfiguration;
    
  3. アプリの [接続情報] ページで Azure Portal に戻り、接続文字列をコピーします。Go back to the Azure portal in your app's Connection Info page and copy the Connection String.

  4. それを setConnectionString パラメーターにコピーし、次のコードに示されている文字列全体を置き換えます。Paste it into the setConnectionString parameter, replacing the entire string shown in the following code:

     engagementConfiguration.setConnectionString("Endpoint=my-company-name.device.mobileengagement.windows.net;SdkKey=********************;AppId=*********");
    

アクセス権限とサービス宣言を追加するAdd permissions and a service declaration

  1. 次のアクセス権限をプロジェクトの Manifest.xml の <application> タグの直前または直後に追加します。Add these permissions to the Manifest.xml of your project immediately before or after the <application> tag:

     <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET"/>
     <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE"/>
     <uses-permission android:name="android.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE"/>
     <uses-permission android:name="android.permission.RECEIVE_BOOT_COMPLETED" />
     <uses-permission android:name="android.permission.VIBRATE" />
     <uses-permission android:name="android.permission.DOWNLOAD_WITHOUT_NOTIFICATION"/>
    
  2. エージェント サービスを宣言するには、次のコードを <application> タグと </application> タグの間に追加します。To declare the agent service, add this code between the <application> and </application> tags:

     <service
          android:name="com.microsoft.azure.engagement.service.EngagementService"
          android:exported="false"
          android:label="<Your application name>"
          android:process=":Engagement"/>
    
  3. 貼り付けたコードで、ラベルの "<Your application name>" を置き換えます。これは、デバイスで実行中のサービスを確認できる [設定] メニューに表示されます。In the code you pasted, replace "<Your application name>" in the label, which is displayed in the Settings menu where you can see services running on the device. たとえば、このラベルに「サービス」という語句を追加できます。You can add the word "Service" in that label for example.

画面を Mobile Engagement に送信するSend a screen to Mobile Engagement

データを送信してユーザーがアクティブであることを確認するには、少なくとも 1 つの画面 (アクティビティ) を Mobile Engagement のバックエンドに送信する必要があります。To start sending data and ensure that the users are active, you must send at least one screen (Activity) to the Mobile Engagement backend.

MainActivity.java に移動して、MainActivity の基底クラスを EngagementActivity に置き換えます。Go to MainActivity.java and add the following to replace the base class of MainActivity to EngagementActivity:

public class MainActivity extends EngagementActivity {

注意

基底クラスが Activityではない場合、別のクラスからの継承方法について、 高度な Android レポート に関するページを参照してください。If your base class is not Activity, consult Advanced Android Reporting for how to inherit from different classes.

この簡単なサンプル シナリオでは、次の行をコメント アウトします。Comment out the following line for this simple sample scenario:

// setSupportActionBar(toolbar);

アプリで ActionBar を維持する場合は、 高度な Android のレポートに関するページを参照してください。If you want to keep the ActionBar in your app, see Advanced Android Reporting.

リアルタイム監視を使用してアプリを接続するConnect app with real-time monitoring

このセクションでは、Mobile Engagement のリアルタイム監視機能を使用して、アプリを Mobile Engagement バックエンドに接続する方法について説明します。This section shows you how to connect your app to the Mobile Engagement backend by using the Mobile Engagement's real-time monitoring feature.

  1. Azure Mobile Engagement アカウントで、Mobile Engagement ポータルで監視および管理するアプリを選択していることを確認します。In your Azure Mobile Engagement account, make sure you select the app you wish to monitor and manage in the Mobile Engagement portal. 下部にある [エンゲージ] ボタンをクリックして、Mobile Engagement ポータルに移動します。Navigate to your Mobile Engagement portal by clicking the Engage button at the bottom.

  2. Mobile Engagement ポータルに移動します。You will land in the Mobile Engagement portal. [監視] タブが選択されていない場合は、 [監視]をクリックします。If the Monitor tab is not selected, click on the Monitor.
  3. モニターがアプリを起動するデバイスをリアルタイムで表示する準備が整いました。The monitor is ready to show you any device in real time, which will start your app.
  4. アプリを起動します。Start your app now. 統合が適切に行われていれば、モニターには 1 つのセッションが表示されます。これは、アプリが Mobile Engagement バックエンドに接続され、バックエンドにデータを送信していることを意味します。You should see one session in the monitor if your integration is correct which means that your app is now connected to the Mobile Engagement backend and is sending data to it.

プッシュ通知とアプリ内メッセージングを有効にするEnable push notifications and in-app messaging

キャンペーンの際に Mobile Engagement を利用すると、プッシュ通知とアプリ内メッセージングを利用して、ユーザーにキャンペーン情報を提供できます。During a campaign, Mobile Engagement lets you interact with and REACH your users with push notifications and in-app messaging. このモジュールは、Mobile Engagement ポータルで REACH として呼び出されます。This module is called REACH in the Mobile Engagement portal. 次のセクションでは、それらを受信するようにアプリをセットアップします。The following section sets up your app to receive them.

SDK リソースをプロジェクトにコピーするCopy SDK resources in your project

  1. SDK ダウンロード コンテンツに戻り、 res フォルダーをコピーします。Navigate back to your SDK download content and copy the res folder.

  2. Android Studio に戻り、プロジェクト ファイルの main ディレクトリを選択して貼り付け、リソースをプロジェクトに追加します。Go back to Android Studio, select the main directory of your project files, and then paste it to add the resources to your project.

API キーを使用して Google Firebase プロジェクトを作成するCreate a Google Firebase project with API key

注意

この手順を完了するには、検証済みの電子メール アドレスを持つ Google アカウントが必要になります。To complete this procedure, you must have a Google account that has a verified email address. 新しい Google アカウントを作成するには、accounts.google.com にアクセスしてください。To create a new Google account, go to accounts.google.com.

  1. Cloud Console に移動し、Google アカウントの資格情報でサインインします。Navigate to the Firebase Console and sign-in with your Google account credentials.
  2. [新規プロジェクトを作成] をクリックして新しいプロジェクトを作成します。Click on Create new Project button to create a new project. 代わりに、[Google プロジェクトをインポート] をクリックして既存のプロジェクトをインポートすることもできます。Alternatively, you can also click on Import Google Project to import and existing project.
  3. プロジェクトを新しく作成する場合には、[プロジェクト名] を入力し、[国 / 地域] を選択します。If you opted for creating a new project then provide a Project name and choose a Country/Region.
  4. プロジェクトのページの左上に設定を編集するための歯車があるので、それをクリックします。On your project page, click the Settings cog wheel at the top left. メニューで [プロジェクトの設定] をクリックします。In the menu, click on Project settings.
  5. 上部にある [クラウド メッセージング] タブをクリックします。Click on the Cloud Messaging tab at the top.
  6. サーバー キー送信者 ID をメモします。この情報は、後で "Android マニフェスト ファイル" で必要になります。Make a note of the Server Key and the Sender ID that you will use later in the Android Manifest file.

マニフェスト ファイルを更新して通知を有効にするUpdate manifest file to enable notifications

Manifest.xml の <application> タグと </application> タグの間に、次のアプリ内メッセージングのリソースをコピーします。Copy the in-app messaging resources below into your Manifest.xml between the <application> and </application> tags.

    <activity android:name="com.microsoft.azure.engagement.reach.activity.EngagementTextAnnouncementActivity" android:theme="@android:style/Theme.Light" android:exported="false">
          <intent-filter>
            <action android:name="com.microsoft.azure.engagement.reach.intent.action.ANNOUNCEMENT"/>
            <category android:name="android.intent.category.DEFAULT" />
            <data android:mimeType="text/plain" />
          </intent-filter>
    </activity>
    <activity android:name="com.microsoft.azure.engagement.reach.activity.EngagementWebAnnouncementActivity" android:theme="@android:style/Theme.Light" android:exported="false">
        <intent-filter>
            <action android:name="com.microsoft.azure.engagement.reach.intent.action.ANNOUNCEMENT"/>
            <category android:name="android.intent.category.DEFAULT" />
            <data android:mimeType="text/html" />
        </intent-filter>
    </activity>
    <activity android:name="com.microsoft.azure.engagement.reach.activity.EngagementPollActivity" android:theme="@android:style/Theme.Light" android:exported="false">
        <intent-filter>
            <action android:name="com.microsoft.azure.engagement.reach.intent.action.POLL"/>
            <category android:name="android.intent.category.DEFAULT" />
        </intent-filter>
    </activity>
    <activity android:name="com.microsoft.azure.engagement.reach.activity.EngagementLoadingActivity" android:theme="@android:style/Theme.Dialog" android:exported="false">
        <intent-filter>
            <action android:name="com.microsoft.azure.engagement.reach.intent.action.LOADING"/>
            <category android:name="android.intent.category.DEFAULT"/>
        </intent-filter>
    </activity>
    <receiver android:name="com.microsoft.azure.engagement.reach.EngagementReachReceiver" android:exported="false">
        <intent-filter>
            <action android:name="android.intent.action.BOOT_COMPLETED"/>
            <action android:name="com.microsoft.azure.engagement.intent.action.AGENT_CREATED"/>
            <action android:name="com.microsoft.azure.engagement.intent.action.MESSAGE"/>
            <action android:name="com.microsoft.azure.engagement.reach.intent.action.ACTION_NOTIFICATION"/>
            <action android:name="com.microsoft.azure.engagement.reach.intent.action.EXIT_NOTIFICATION"/>
            <action android:name="com.microsoft.azure.engagement.reach.intent.action.DOWNLOAD_TIMEOUT"/>
        </intent-filter>
    </receiver>
    <receiver android:name="com.microsoft.azure.engagement.reach.EngagementReachDownloadReceiver">
        <intent-filter>
            <action android:name="android.intent.action.DOWNLOAD_COMPLETE"/>
        </intent-filter>
    </receiver>

通知のアイコンを指定します。Specify an icon for notifications

次の XML スニペットを Manifest.xml の <application> タグと </application> タグの間に貼り付けます。Paste the following XML snippet in your Manifest.xml between the <application> and </application> tags.

    <meta-data android:name="engagement:reach:notification:icon" android:value="engagement_close"/>

これにより、システムおよびアプリ内通知の両方に表示されるアイコンが定義されます。This defines the icon that is displayed both in system and in-app notifications. これはアプリ内通知では任意ですが、システム通知では必須です。It is optional for in-app notifications however mandatory for system notifications. Android では無効なアイコンが設定されたシステム通知は拒否されます。Android will rejects system notifications with invalid icons.

いずれかの描画可能なフォルダーにあるアイコン (engagement_close.png など) を使用してください。Make sure you are using an icon that exists in one of the drawable folders (like engagement_close.png). mipmap フォルダーはサポートされていません。mipmap folder isn't supported.

注意

ランチャー アイコンは使用しないでください。You should not use the launcher icon. このアイコンの解像度は異なっており、通常はサポート対象外の mipmap フォルダー内にあります。It has a different resolution and is usually in the mipmap folders, which we don't support.

実際のアプリでは、 Android の設計ガイドラインに従って、通知に適したアイコンを使用します。For real apps, you can use an icon that is suitable for notifications per Android design guidelines.

ヒント

適切な解像度のアイコンを使用するには、 これらの例を参考にしてください。To be sure to use correct icon resolutions, you can look at these examples. [Notification] セクションまでスクロールして 1 つのアイコンをクリックし、PNGS をクリックして描画可能なアイコンのセットをダウンロードします。Scroll down to the Notification section, click an icon, and then click PNGS to download the icon drawable set. アイコンのバージョンごとに、使用する描画可能なフォルダーと解像度を確認できます。You can see what drawable folders with which resolution to use for each version of the icon.

GCM のプッシュ通知を受信するようにアプリを設定するEnable your app to receive GCM push notifications

  1. Firebase プロジェクト コンソールから取得した Sender ID を置き換えた後、Manifest.xml の <application> タグと </application> タグの間に次を貼り付けます。Paste the following into your Manifest.xml between the <application> and </application> tags after replacing the Sender ID obtained from your Firebase project console. \n は意図的に付けられています。プロジェクト番号の末尾には必ずこれを付けてください。The \n is intentional so make sure that you end the project number with it.

     <meta-data android:name="engagement:gcm:sender" android:value="************\n" />
    
  2. 次のコードを、Manifest.xml の <application> タグと </application> タグの間に貼り付けます。Paste the code below into your Manifest.xml between the <application> and </application> tags. をパッケージ名に置き換えます。Replace the package name .

     <receiver android:name="com.microsoft.azure.engagement.gcm.EngagementGCMEnabler"
     android:exported="false">
         <intent-filter>
             <action android:name="com.microsoft.azure.engagement.intent.action.APPID_GOT" />
         </intent-filter>
     </receiver>
    
     <receiver android:name="com.microsoft.azure.engagement.gcm.EngagementGCMReceiver" android:permission="com.google.android.c2dm.permission.SEND">
         <intent-filter>
             <action android:name="com.google.android.c2dm.intent.REGISTRATION" />
             <action android:name="com.google.android.c2dm.intent.RECEIVE" />
             <category android:name="<Your package name>" />
         </intent-filter>
     </receiver>
    
  3. 強調表示された最新のアクセス権限セットを、 <application> タグの前に追加します。Add the last set of permissions that are highlighted before the <application> tag. <Your package name> をアプリケーションの実際のパッケージ名で置き換えます。Replace <Your package name> by the actual package name of your application.

     <uses-permission android:name="com.google.android.c2dm.permission.RECEIVE" />
     <uses-permission android:name="<Your package name>.permission.C2D_MESSAGE" />
     <permission android:name="<Your package name>.permission.C2D_MESSAGE" android:protectionLevel="signature" />
    

Mobile Engagement に GCM API キーへのアクセス権限を付与するGrant Mobile Engagement access to your GCM API Key

Mobile Engagement にプッシュ通知の送信を許可するには、API キーへのアクセス権限を付与する必要があります。To allow Mobile Engagement to send push notifications on your behalf, you need to grant it access to your API Key. これは、キーを構成して Mobile Engagement ポータルに入力することで実行します。This is done by configuring and entering your key into the Mobile Engagement portal.

  1. Azure Portal で、このプロジェクトに使用しているアプリを対象としていることを確認し、下部にある [エンゲージ] ボタンをクリックします。From the Azure portal, ensure you're in the app we're using for this project, and then click the Engage button at the bottom:

  2. ここで [設定] -> [ネイティブ プッシュ通知] セクションをクリックし、GCM キーを入力します。Then click the Settings -> Native Push section to enter your GCM Key:

  3. 次に示す [GCM 設定] セクションの [API キー]編集アイコンをクリックします。Click the Edit icon in front of API Key in the GCM Settings section as shown below:

  4. ポップアップ画面で、前に取得した GCM サーバー キーを貼り付け、 [OK]をクリックします。In the pop-up, paste the GCM Server Key you obtained before and then click Ok.

アプリへ通知を送信するSend a notification to your app

アプリにプッシュ通知を送信する単純なプッシュ通知キャンペーンを作成します。We will now create a simple push notification campaign that sends a push notification to our app.

  1. Mobile Engagement ポータルで [リーチ] タブに移動します。Navigate to the REACH tab in your Mobile Engagement portal.

  2. [新しいお知らせ] をクリックして、プッシュ通知キャンペーンを作成します。Click New announcement to create your push notification campaign.

  3. 次の手順に従って、キャンペーンの最初のフィールドを設定します。Set up the first field of your campaign through the following steps:

    a.[サインオン URL] ボックスに、次のパターンを使用して、ユーザーが Pluralsight アプリケーションへのサインオンに使用する次の URL を入力します。a. キャンペーンの名前を付けます。Name your campaign.

    b.b. [配信タイプ] として [システム通知] > [簡易] を選択します。これは、タイトルと数行のテキストを表示する単純な Android のプッシュ通知です。Select the Delivery type as System notification -> Simple: This is the simple Android push notification type that features a title and a small line of text.

    c.c. [配信時刻][指定なし] を選択し、アプリが起動されているかどうかに関係なく、アプリが通知を受信できるようにします。Select Delivery time as Any time to allow the app to receive a notification whether the app is started or not.

    d.d. 通知テキストに、プッシュ通知内で太字で表示されるタイトルを入力します。In the notification text type the Title which will be in bold in the push.

    e.e. 次に、メッセージを入力します。Then type your Message

  4. スクロール ダウンし、[コンテンツ] セクションで [通知のみ] を選択します。Scroll down, and in the Content section, select Notification only.

  5. 最も基本的なキャンペーンの設定が完了しました。You're done setting the most basic campaign possible. もう一度下にスクロールし、 [作成] ボタンをクリックしてキャンペーンを保存します。Now scroll down again and click the Create button to save your campaign.
  6. 最後の手順として、 [アクティブ化] をクリックしてキャンペーンをアクティブにし、プッシュ通知を送信します。Last step: click Activate to activate your campaign to send push notifications.

次の手順Next steps

Android SDK に関するページに移動し、SDK の統合について詳細を確認します。Go to Android SDK to get detailed knowledge about the SDK integration.