Azure Monitor メトリックス エクスプローラーAzure Monitor Metrics Explorer

ここでは、現在パブリック プレビュー段階である次世代の Azure Monitor のメトリック グラフ化エクスペリエンスについて説明します。This how-to describes the next generation Azure Monitor Metrics charting experience that is currently in public preview. 新しいエクスペリエンスでは、多次元メトリックと次元のない基本的なメトリックの両方に対するグラフのレンダリングをサポートします。The new experience supports rendering charts for both multi-dimensional metrics, and basic metrics with no dimensions. 複数の種類のリソース、複数のリソース グループ、およびサブスクリプションのメトリックを重ね合わせたグラフを描画できます。You can plot charts that overlay metrics from different resource types, multiple resource groups, and subscriptions. グループ化とディメンション フィルターを適用することで、多次元メトリックのグラフをカスタマイズできます。The multi-dimensional metrics charts can be customized by applying dimension filters as well as grouping. カスタマイズしたグラフを含む任意のグラフをダッシュボードにピン留めできます。Any chart, including customized charts can be pinned to dashboards.

ディメンションのない基本的なメトリックのみをサポートする古いエクスペリエンスの情報については、「Microsoft Azure のメトリックの概要」の「ポータルを使用してメトリックにアクセスする」セクションを参照してください。If you are looking for information about the old experience which only supports basic metrics with no dimensions, please see the section entitled “Access metrics via the portal” in the Microsoft Azure Metrics Overview guide.

Azure Monitor メトリックス エクスプローラーとはWhat is Azure Monitor Metrics Explorer?

Azure Monitor メトリックス エクスプローラーは、グラフの描画、傾向の視覚的な相関付け、およびメトリック内の値の急上昇と急降下をしらべることができる Microsoft Azure ポータルのコンポーネントです。Azure Monitor Metrics Explorer is a component of the Microsoft Azure portal that allows plotting charts, visually correlating trends, and investigating spikes and dips in metrics' values. メトリックス エクスプローラーは、Azure でホストされているか Azure Monitor サービスによって監視されているアプリケーションとインフラストラクチャのさまざまなパフォーマンスと可用性の問題を調査するための重要な出発点です。Metrics Explorer is an essential starting point for investigating various performance and availability issues with your applications and infrastructure hosted in Azure or monitored by Azure Monitor services.

Azure におけるメトリックとはWhat are metrics in Azure?

Microsoft Azure におけるメトリックは、時間をかけて収集して保存された一連の測定値とカウントです。Metrics in Microsoft Azure are the series of measured values and counts that are collected and stored over time. 標準 ("プラットフォーム") メトリックとカスタム メトリックがあります。There are standard (or “platform”) metrics, and custom metrics. 標準メトリックは、Azure プラットフォーム自体によって提供されます。The standard metrics are provided to you by the Azure platform itself. 標準メトリックは、Azure リソースの状態と使用状況の統計を反映します。Standard metrics reflect the health and usage statistics of your Azure resources. 一方、カスタム メトリックは、アプリケーションがカスタム イベント用の Application Insights API を使用して、Azure に送信します。Whereas custom metrics are sent to Azure by your applications using the Application Insights API for custom events. カスタム メトリックは、他のアプリケーション固有のメトリックと共に Application Insights リソース内に格納されます。Custom metrics are stored in the Application Insights resources together with other application specific metrics.

多次元メトリックとはWhat are multi-dimensional metrics?

Azure の多数の リソースが、多次元メトリックを公開するようになりました。Many of Azure's resources now expose multi-dimensional metrics. これらのメトリックは、1 つまたは複数の名前付きディメンションの複数の値を追跡します。These metrics track multiple series of values for one or many named dimensions. たとえば、"使用可能なディスク領域" メトリックは、"C:"、"D:" という値がある "ドライブ" と呼ばれるディメンションを持つことができ、これらの値を使用して、すべてのドライブまたは個別のドライブで使用可能なディスク領域を表示できます。For example, a metric "Available disk space" can have a dimension called "Drive" with values "C:", "D:", which would allow viewing either available disk space across all drives or for each drive individually.

次の例は、"ネットワーク スループット" という名前の仮のメトリック用の 2 つのデータセットを示しています。The example below illustrates two datasets for a hypothetical metric called "Network Throughput". 最初のデータセットにはディメンションがありません。The first dataset has no dimensions. 2 番目のデータセットは、"IP アドレス" と "方向" という 2 つのディメンションの値を示しています。The second dataset shows the values with two dimensions, "IP Address" and "Direction":

ネットワーク スループットNetwork Throughput

(このメトリックにはディメンションがありません)(This metric has no dimensions)

TimestampTimestamp メトリック値Metric Value
8/9/2017 8:148/9/2017 8:14 1,331.8 Kbps1,331.8 Kbps
8/9/2017 8:158/9/2017 8:15 1,141.4 Kbps1,141.4 Kbps
8/9/2017 8:168/9/2017 8:16 1,110.2 Kbps1,110.2 Kbps

このディメンションのないメトリックは、「特定の時点でのネットワークのスループットは?」のような基本的な質問にのみ答えることができます。This non-dimensional metric can only answer a basic question like "what was my network throughput at a given time?”

ネットワーク スループット + 2 つのディメンション ("IP" と "方向")Network Throughput + two dimensions ("IP" and "Direction")

TimestampTimestamp ディメンション "IP"Dimension "IP" ディメンション "方向"Dimension "Direction" メトリック値Metric Value
8/9/2017 8:148/9/2017 8:14 IP="192.168.5.2"IP="192.168.5.2" 方向 = "送信"Direction="Send" 646.5 Kbps646.5 Kbps
8/9/2017 8:148/9/2017 8:14 IP="192.168.5.2"IP="192.168.5.2" 方向 = "受信"Direction="Receive" 420.1 Kbps420.1 Kbps
8/9/2017 8:148/9/2017 8:14 IP="10.24.2.15"IP="10.24.2.15" 方向 = "送信"Direction="Send" 150.0 Kbps150.0 Kbps
8/9/2017 8:148/9/2017 8:14 IP="10.24.2.15"IP="10.24.2.15" 方向 = "受信"Direction="Receive" 115.2 Kbps115.2 Kbps
8/9/2017 8:158/9/2017 8:15 IP="192.168.5.2"IP="192.168.5.2" 方向 = "送信"Direction="Send" 515.2 Kbps515.2 Kbps
8/9/2017 8:158/9/2017 8:15 IP="192.168.5.2"IP="192.168.5.2" 方向 = "受信"Direction="Receive" 371.1 Kbps371.1 Kbps
8/9/2017 8:158/9/2017 8:15 IP="10.24.2.15"IP="10.24.2.15" 方向 = "送信"Direction="Send" 155.0 Kbps155.0 Kbps
8/9/2017 8:158/9/2017 8:15 IP="10.24.2.15"IP="10.24.2.15" 方向 = "受信"Direction="Receive" 100.1 Kbps100.1 Kbps

このメトリックは、「各 IP アドレスのネットワーク スループットは?」 や 「データの送信量と受信量?」といった質問に応えることができます。This metric can answer questions such as "what was the network throughput for each IP address?", and "how much data was sent versus received?" 多次元メトリックは、ディメンションを持たないメトリックに比べ、分析と診断に使用できる多数の値を提供します。Multi-dimensional metrics carry additional analytical and diagnostic value compared to non-dimensional metrics.

新しいグラフの作成方法How do I create a new chart?

注意

古いメトリック エクスペリエンスの機能の一部は、新しいメトリックス エクスプローラーではまだ使用できません。Some of the features of the old Metrics experience are not yet available in the new Metrics Explorer. 新しいエクスペリエンスのプレビュー中は、Azure Monitor の古い (ディメンションがない) メトリック ビューを引き続き使用できます。While the new experience is in preview, you can continue using the old (non-dimensional) Metrics view of Azure Monitor.

  1. Azure ポータルを開きますOpen the Azure portal
  2. 新しい [監視] タブに移動し、その下にある [メトリック (プレビュー)] を選択します。Navigate to the new Monitor tab, and then select Metrics (preview).

    メトリック (プレビュー) の画像

  3. メトリック セレクターが自動的に開きます。The metric selector will automatically be open for you. 関連付けられているメトリックを表示するには、一覧からリソースを選択します。Choose a resource from the list to view its associated metrics. 一覧には、メトリックがあるリソースのみが表示されます。Only resources with metrics are shown in the list.

    メトリック (プレビュー) の画像

    注意

    1 つ以上の Azure サブスクリプションがある場合、メトリックス エクスプローラーには、[ポータルの設定] -> [サブスクリプションでフィルター] の一覧で選択されているすべてのサブスクリプションのリソースが表示されます。If you have more than one Azure subscription, Metrics Explorer pulls out the resources across all subscriptions that are selected in the Portal Settings -> Filter by subscriptions list. これを変更するには、画面上部にある [ポータルの設定] 歯車アイコンをクリックし、使用するサブスクリプションを選択します。To change it, click on the Portal settings gear icon on top of the screen and select which subscriptions you want to use.

  4. 一部のリソースの種類 (ストレージ アカウントと Virtual Machines) では、メトリックを選択する前に [サブサービス] を選択する必要があります。For some resources types (i.e. Storage Accounts and Virtual Machines), before selecting a metric you must choose a Sub Service. 各サブサービスには、そのサブサービスのみに関連付けられ、他のサブサービスには関連付けられていない独自のメトリック セットがあります。Each sub service carries its own set of metrics that are relevant to this sub service only, and not to other sub services.

    たとえば、Azure Storage には、"BLOB"、"ファイル"、"キュー"、および "テーブル" というサブサービスのメトリックがあり、これらは、すべてがストレージ アカウントの一部です。For example, each Azure Storage has metrics for subservices “Blobs”, “Files”, “Queues” and “Tables”, which are all parts of the storage account. ただし、"キュー メッセージの数" メトリックは、もちろん "キュー" サブサービスに適用され、それ以外のストレージ アカウントのサブサービスには適用されません。However, the metric “Queue Message Count” is naturally applicable to the subservice “Queue” and not to any other storage account subservices.

    メトリック (プレビュー) の画像

  5. 一覧からメトリックを選択します。Select a metric from the list. メトリックの名前の一部がわかっている場合は、入力を開始して、使用可能なメトリックのフィルター処理された一覧を表示できます。If you know a partial name of the metric you want, you can start typing it in to see a filtered list of available metrics:

    メトリック (プレビュー) の画像

  6. メトリックを選択すると、選択したメトリックの既定の集計でグラフが表示されます。After selecting a metric, the chart will render with the default aggregation for the selected metric. この時点で、メトリック セレクターの外側をクリックするだけで、セレクターを閉じることができます。At this point you can just click away from the metrics selector to close it. 必要に応じて、グラフを異なる集計に切り替えることもできます。You can also optionally switch the chart to a different aggregation. 一部のメトリックでは、集計の切り替えによって、グラフに表示する値を選択できます。For some metrics, switching aggregation allows you to choose which value you want to see on the chart. たとえば、平均値、最小値、および最大値の間で切り替えることができます。For example, you can switch between the average, minimum and maximum values.

  7. [メトリックの追加] アイコンBy clicking on the Add Metric icon メトリック アイコン をクリックして手順 3 ~ 6 を繰り返すことで、同じグラフにさらにメトリックを追加できます。and repeating steps 3-6 you can add more metrics on the same chart.

    注意

    通常は、単位が異なるメトリック ("ミリ秒" と "キロバイト") やスケールが大幅に異なるメトリックを 1 つのグラフには表示しません。You typically don’t want to have metrics with different units of measure (i.e. “milliseconds” and “kilobytes”) or with significantly different scale on one chart. 代わりに、複数のグラフを使用することを検討してください。Instead, consider using multiple charts. メトリックス エクスプローラーで複数のグラフを作成するには、[グラフの追加] ボタンをクリックします。Click on the Add Chart button to create multiple charts in Metrics Explorer.

グラフにフィルターを適用する方法How do I apply filters to the charts?

ディメンションがあるメトリックを表示しているグラフには、フィルターを適用できます。You can apply filters to the charts that show metrics with dimensions. たとえば、"トランザクション数" メトリックには "応答の種類" というディメンションがあります。このディメンションは、トランザクションからの応答が成功したか失敗したかを示します。このディメンションでフィルター処理すると、成功した (または失敗した) トランザクションのみが折れ線グラフで表示されます。For example, if the metric “Transaction count” has a dimension, “Response type”, which indicates whether the response from transactions succeeded or failed then filtering on this dimension would plot a chart line for only successful (or only failed) transactions.

フィルターを追加するには:To add a filter:

  1. グラフの上にある [フィルターの追加] アイコンClick on the Add Filter icon フィルター アイコン をクリックします。above the chart

  2. フィルター処理するディメンション (プロパティ) を選択します。Select which dimension (property) you want to filter

    メトリックの画像

  3. グラフを描画するときに含めるディメンションの値を選択します (この例では、成功したストレージ トランザクションを除外しています)。Select which dimension values you want to include when plotting the chart (this example shows filtering out the successful storage transactions):

    メトリックの画像

  4. フィルターの値を選択したら、フィルター セレクターの外側をクリックして、セレクターを閉じます。After selecting the filter values, click away from the Filter Selector to close it. これで、グラフには、失敗したストレージ トランザクションの数が表示されます。Now the chart shows how many storage transactions have failed:

    メトリックの画像

  5. 手順 1 ~ 4 を繰り返して、同じグラフに複数のフィルターを適用できます。You can repeat steps 1-4 to apply multiple filters to the same charts.

グラフをセグメント化する方法How do I segment a chart?

メトリックをディメンションによって分割し、メトリックの異なるセグメントの比較を視覚化して、ディメンションの値が異常なセグメントを識別できます。You can split a metric by dimension to visualize how different segments of the metric compare against each other, and identify the outlying segments of a dimension.

グラフをセグメント化するには:To segment a chart:

  1. グラフの上の [グループ化の追加] アイコンClick on the Add Grouping icon メトリックの画像 をクリックします。above the chart.

    注意

    複数のフィルターを設定できますが、1 つのグラフには 1 つのグループ化のみを設定できます。You can have multiple filters but only one grouping on any single chart.

  2. グラフをセグメント化するディメンションを選択します。Choose a dimension on which you want to segment your chart:

    メトリックの画像

    これで、グラフには、それぞれがディメンションのセグメントである複数の線が表示されます。Now the chart now shows multiple lines, one for each segment of dimension:

    メトリックの画像

  3. グループ セレクターの外側のクリックして、セレクターを閉じます。Click away from the Grouping Selector to close it.

    注意

    シナリオとは無関係のセグメントを非表示にしてグラフを読みやすくするには、同じディメンションでフィルター処理とグループ化の両方を使用します。Use both Filtering and Grouping on the same dimension to hide the segments that are irrelevant for your scenario and make charts easier to read.

ダッシュボードにグラフをピン留めする方法How do I pin charts to dashboards?

グラフを構成した後、他の監視テレメトリと関連して再び表示したり、チームと共有したりできるように、グラフをダッシュボードに追加できます。After configuring the charts, you may want to add it to the dashboards so that you can view it again, possibly in context of other monitoring telemetry, or share with your team.

構成したグラフをダッシュボードにピン留めするには:To pin a configured chart to a dashboard:

グラフを構成した後、グラフの右上隅にある [Chart Actions](グラフの操作) メニューをクリックし、[ダッシュボードに固定] をクリックします。After configuring your chart, click on the Chart Actions menu in the right top corner of the chart, and click Pin to dashboard.

メトリックの画像

次の手順Next steps

カスタム KPI ダッシュボードの作成に関する記事で、メトリックを使用した実用的なダッシュボードを作成するためのベスト プラクティスを確認します。Read Creating custom KPI dashboards to learn about the best practices for creating actionable dashboards with metrics.