Azure Monitor の概要Overview of Azure Monitor

この記事では、Microsoft Azure の Azure Monitor サービスの概要を説明します。This article provides an overview of the Azure Monitor service in Microsoft Azure. Azure Monitor の動作について説明し、Azure Monitor の使用方法に関するその他の情報の参照先を紹介します。It discusses what Azure Monitor does and provides pointers to additional information on how to use Azure Monitor. 概要ビデオをご希望の場合は、この記事の最後にある「次のステップ」のリンクを参照してください。If you prefer a video introduction, see Next steps links at the bottom of this article.

Azure Monitor と Microsoft のその他の監視製品Azure Monitor and Microsoft's other monitoring products

Azure Monitor では、Microsoft Azure のほとんどのサービスに対して、基礎レベルのインフラストラクチャのメトリックとログを提供します。Azure Monitor provides base-level infrastructure metrics and logs for most services in Microsoft Azure. Azure Monitor にまだデータを格納していない Azure サービスは、今後データを格納する予定です。Azure services that do not yet put their data into Azure Monitor will put it there in the future.

Microsoft は、開発者、DevOps、または IT オペレーター向けの追加の監視機能が備わっている製品やサービスを他にも提供しています。これらの機能には、オンプレミスのインストールも用意されています。Microsoft ships additional products and services that provide additional monitoring capabilities for developers, DevOps, or IT Ops that also have on-premises installations. このようなさまざまな製品やサービスの連携方法の概要と理解については、Microsoft Azure での監視に関する記事を参照してください。For an overview and understanding of how these different products and services work together, see Monitoring in Microsoft Azure.

ポータルの概要ページPortal overview page

Azure Monitor には、役立つランディング ページがあります。Azure Monitor has a landing page that helps users:

  • Azure によって提供される監視機能を理解します。Understand the monitoring capabilities offered by Azure.
  • Azure のプラットフォームを検出し、高度な監視機能を構成して実行します。Discover, configure, and on-board Azure’s platform and premium monitoring capabilities.

このページは、サービスの開始を含むナビゲーションのための開始ポイントです。The page is a starting point for navigation, including on-boarding. 異なるサービスから収集された重要な問題が表示され、状況に応じてそれらの問題に対応できます。It shows curated notable issues from different services and allows the user to navigate to them in context.

非コンピューティング リソースに対する監視と診断のモデル

ページを開くときに、読み取りアクセス権があるサブスクリプションから選択できます。When you open the page, you can select among the subscriptions you have read access to. 選択したサブスクリプションの次の情報を確認できます。For a selected subscription, you can see:

  • トリガーされたアラートとアラートのソース: このテーブルは、集計数、アラートのソース、および選択した期間中のアラートの発生数を示します。Triggered alerts and alert sources - This table shows summary counts, alert sources, and how many times alerts fired for the selected time duration. これは、新旧両方のアラートに適用されます。It applies to both older and newer alerts. 詳しくは、新しい Azure アラートに関するページをご覧ください。Read more about the newer Azure Alerts.
  • アクティビティ ログ エラー: いずれかの Azure リソースによって、重大度がエラー レベルであるイベントが記録された場合は、全体の数を表示し、アクティビティ ログ ページに移動して各イベントを調べることができます。Activity Log Errors - If any of your Azure resources log events with error-level severity, you can view a high-level count and click through to the activity log page to investigate each event.
  • Azure Service Health: Service Health サービスの問題の数、計画メンテナンス イベント、および正常性の勧告を確認できます。Azure Service Health - You can see a count of Service Health service issues, planned maintenance events, and health advisories. Azure Service Health は、Azure インストラクチャの問題が利用中のサービスにいつ影響を及ぼすかに関するパーソナライズされた情報を提供します。Azure Service Health provides personalized information when problems in the Azure infrastructure impact your services. 詳細については、「Azure Service Health」を参照してください。See Azure Service Health for more information.
  • Application Insights: 現在のサブスクリプション内の各 AppInsights リソースの KPI を表示します。Application Insights - See KPIs for each AppInsights resource in the current subscription. KPI は、ASP.NET Web アプリ、Java、Node、および全般の種類のアプリケーションで、サーバー側のアプリケーションの監視用に最適化されています。The KPIs are optimized for server-side application monitoring across ASP.NET web apps, Java, Node, and General application types. KPI には、要求率、応答時間、エラー率、および可用性 % のメトリックが含まれます。The KPIs include metrics for request rate, response duration, failure rate, and availability %.

Log Analytics または Application Insights を使用していない場合、または現在のサブスクリプション内に Azure アラートを構成していない場合は、オンボード プロセスを開始するためのリンクがページに表示されます。If you have not on-boarded to Log Analytics or Application Insights, or if you have not configured any Azure Alerts in the current subscription, the page provides links to begin your on-boarding process.

Azure Monitor のソース - Compute のサブセットAzure Monitor Sources - Compute subset

非コンピューティング リソースに対する監視と診断のモデル

ここに示した Compute Services には、以下が含まれます。The Compute services here include

  • Cloud ServicesCloud Services
  • Virtual MachinesVirtual Machines
  • 仮想マシン スケール セットVirtual Machine scale sets
  • Service FabricService Fabric

アプリケーション - 診断ログ、アプリケーション ログ、メトリックApplication - Diagnostics Logs, Application Logs, and Metrics

コンピューティング リソース用のモデルに示したとおり、アプリケーションはゲスト OS で実行できます。Applications can run on top of the Guest OS in the compute model. 各アプリケーションからは、それぞれに固有のログとメトリックのセットが出力されます。They emit their own set of logs and metrics. Azure Monitor は、Azure 診断拡張機能 (Windows または Linux) を利用して、アプリケーション レベルのメトリックとログの大半を収集します。Azure Monitor relies on the Azure diagnostics extension (Windows or Linux) to collect most application level metrics and logs. 種類には次のものが含まれます。The types include

  • パフォーマンス カウンターPerformance counters
  • Application LogsApplication Logs
  • Windows イベント ログWindows Event Logs
  • .NET イベント ソース.NET Event Source
  • IIS ログIIS Logs
  • マニフェスト ベースの ETWManifest based ETW
  • クラッシュ ダンプCrash Dumps
  • カスタム エラー ログCustomer Error Logs

診断拡張機能を使用しない場合、使用できるメトリックはごくわずかです (CPU 使用率など)。Without the diagnostics extension, only a few metrics like CPU usage are available.

ホスト VM とゲスト VM のメトリックHost and Guest VM metrics

上記のコンピューティング リソースには、対話相手となる専用のホスト VM とゲスト OS が存在します。The previously listed compute resources have a dedicated host VM and guest OS they interact with. ホスト VM およびゲスト OS は、Hyper-V ハイパーバイザー モデルのルート VM およびゲスト VM に相当するものです。The host VM and guest OS are the equivalent of root VM and guest VM in the Hyper-V hypervisor model. この両方でメトリックを収集できます。You can collect metrics on both. また、ゲスト OS では診断ログを収集することもできます。You can also collect diagnostics logs on the guest OS.

アクティビティ ログActivity Log

リソースの情報については、Azure インフラストラクチャで確認できるようなアクティビティ ログ (旧称、操作ログまたは監査ログ) を検索できます。You can search the Activity Log (previously called Operational or Audit Logs) for information about your resource as seen by the Azure infrastructure. このログには、リソースが作成された時点や破棄された時点などの情報が記載されています。The log contains information such as times when resources are created or destroyed. 詳細については、アクティビティ ログの概要に関する記事を参照してください。For more information, see Overview of Activity Log.

Azure Monitor のソース - 上記以外のすべてAzure Monitor Sources - everything else

コンピューティング リソースに対する監視と診断のモデル

リソース - メトリックと診断ログResource - Metrics and Diagnostics Logs

収集可能なメトリックと診断ログは、リソースの種類によって異なります。Collectable metrics and diagnostics logs vary based on the resource type. たとえば、Web Apps は、ディスク IO と CPU 使用率に関する統計情報を提供します。For example, Web Apps provides statistics on the Disk IO and Percent CPU. このようなメトリックは、Service Bus キューのためには存在しません。その代わり、このキューには、キューのサイズやメッセージのスループットのようなメトリックが用意されています。Those metrics don't exist for a Service Bus queue, which instead provides metrics like queue size and message throughput. 各リソースの収集可能なメトリックの一覧については、サポートされるメトリックに関する記事を参照してください。A list of collectable metrics for each resource is available at supported metrics.

ホスト VM とゲスト VM のメトリックHost and Guest VM metrics

リソースと特定のホスト VM またはゲスト VM の間に必ずしも 1 対 1 のマッピングが存在するわけではありません。そのため、メトリックは使用できません。There is not necessarily a 1:1 mapping between your resource and a particular Host or Guest VM so metrics are not available.

アクティビティ ログActivity Log

アクティビティ ログは、コンピューティング リソースの場合と同じです。The activity log is the same as for compute resources.

監視データの用途Uses for Monitoring Data

データを収集したら、Azure Monitor でそのデータを使用して、次のことを実行できます。Once you collect your data, you can do the following with it in Azure Monitor.

ルートRoute

監視データを他の場所にストリーミングできます。You can stream monitoring data to other locations.

たとえば、次のようになります。Examples include:

  • Application Insights に送信すると、Application Insights のより優れた視覚化ツールや分析ツールを使用できます。Send to Application Insights so you can use its richer visualization and analysis tools.
  • Event Hubs に送信すると、サード パーティ製のツールにルーティングできます。Send to Event Hubs so you can route to third-party tools.

保存とアーカイブStore and Archive

一部の監視データは既に保存されており、Azure Monitor で一定期間使用できます。Some monitoring data is already stored and available in Azure Monitor for a set amount of time.

  • メトリックは 90 日間保存されます。Metrics are stored for 90 days.
  • アクティビティ ログのエントリは 90 日間保存されます。Activity log entries are stored for 90 days.
  • 診断ログは一切保存されません。Diagnostics logs are not stored at all.

上記の期間よりも長くデータを保存したい場合は、Azure Storage を使用できます。If you want to store data longer than the time periods listed above, you can use an Azure storage. 監視データは、設定した保持ポリシーに基づいてストレージ アカウントで保持されます。Monitoring data is kept in your storage account based on a retention policy you set. Azure Storage でこのデータが占有する容量に対して料金が発生します。You do have to pay for the space the data takes up in Azure storage.

このデータを使用する方法はいくつかあります。A few ways to use this data:

  • データが書き込まれたら、それを Azure の内部または外部の他のツールに読み込ませ、処理する。Once written, you can have other tools within or outside of Azure read it and process it.
  • データをローカルにダウンロードしてアーカイブするか、クラウドのアイテム保持ポリシーを変更して、データを長期間保持する。You download the data locally for a local archive or change your retention policy in the cloud to keep data for extended periods of time.
  • アーカイブ目的で、期限を定めることなく Azure Storage にデータを置いておく。You leave the data in Azure storage indefinitely for archive purposes.

クエリQuery

Azure Monitor REST API、クロス プラットフォーム コマンド ライン インターフェイス (CLI) コマンド、PowerShell コマンドレット、または .NET SDK を使えば、システム ストレージまたは Azure ストレージ内のデータにアクセスできます。You can use the Azure Monitor REST API, cross platform Command-Line Interface (CLI) commands, PowerShell cmdlets, or the .NET SDK to access the data in the system or Azure storage

たとえば、次のようになります。Examples include:

  • 独自に作成したカスタム監視アプリケーションのためのデータを取得するGetting data for a custom monitoring application you have written
  • カスタム クエリを作成し、そのデータをサードパーティ製アプリケーションに送信するCreating custom queries and sending that data to a third-party application.

視覚化Visualize

グラフィックスやグラフで監視データを視覚化すると、データ自体を見るよりも格段に早く傾向を把握できます。Visualizing your monitoring data in graphics and charts helps you find trends quicker than looking through the data itself.

視覚化の方法には、次のようなものがあります。A few visualization methods include:

  • Azure ポータルの使用Use the Azure portal
  • Azure Application Insights にデータをルーティングするRoute data to Azure Application Insights
  • Microsoft PowerBI にデータをルーティングするRoute data to Microsoft PowerBI
  • ライブ ストリーミングを使ってサード パーティ製の視覚化ツールにデータをルーティングするか、ツールに Azure Storage のアーカイブからデータを読み込ませるRoute the data to a third-party visualization tool using either live streaming or by having the tool read from an archive in Azure storage

自動化Automate

注意

Microsoft Azure アラートの継続的な展開の一部として、アラートの統合されたエクスペリエンスを利用できます。As part of the ongoing evolution of alerts on Microsoft Azure, now a unified experience for alerting is available. 詳しくは、新しい Azure アラートに関するページをご覧ください。More details on new Azure alerts

Azure アラートでは、アラートはもとより、プロセス全体をトリガーする場合にも、監視データを利用できます。In the Azure alerts, you can use monitoring data to trigger alerts or even whole processes. たとえば、次のようになります。Examples include:

  • データを使用し、アプリケーションの負荷に応じてコンピューティング インスタンスを自動でスケールアップまたはスケールダウンするUse data to autoscale compute instances up or down based on application load.
  • メトリックまたはログの条件に基づいてメールを送信するSend emails based on metric or log conditions.
  • Web URL (webhook) を呼び出して Azure 外部のシステムでアクションを実行するCall a web URL (webhook) to execute an action in a system outside of Azure
  • Azure Automation で Runbook を開始し、さまざまなタスクを実行するStart a runbook in Azure automation to perform any variety of tasks

Azure Monitor にアクセスする方法Methods of accessing Azure Monitor

一般に、次のいずれかの方法で、データの追跡、ルーティング、および取得の操作を行うことができます。In general, you can manipulate data tracking, routing, and retrieval using one of the following methods. ただし、アクションやデータの種類によっては利用できない方法もあります。Not all methods are available for all actions or data types.

次の手順Next steps

項目ごとに詳しい情報を確認できます。Learn more about