Azure Database for MySQL の価格レベルAzure Database for MySQL pricing tiers

Azure Database for MySQL サーバーは、次の 3 つの価格レベルのいずれかで作成できます: Basic、汎用、メモリ最適化。You can create an Azure Database for MySQL server in one of three different pricing tiers: Basic, General Purpose, and Memory Optimized. 価格レベルは、プロビジョニングできる仮想コアでのコンピューティング量、仮想コアあたりのメモリ、およびデータの格納に使用されるストレージ テクノロジによって区別されています。The pricing tiers are differentiated by the amount of compute in vCores that can be provisioned, memory per vCore, and the storage technology used to store the data. リソースはすべて、MySQL サーバー レベルでプロビジョニングされます。All resources are provisioned at the MySQL server level. 1 つのサーバーには 1 つ以上のデータベースを含めることができます。A server can have one or many databases.

BasicBasic 汎用General Purpose メモリ最適化Memory Optimized
コンピューティング世代Compute generation Gen 4、Gen 5Gen 4, Gen 5 Gen 4、Gen 5Gen 4, Gen 5 Gen 5Gen 5
仮想コアvCores 1、21, 2 2、4、8、16、32、642, 4, 8, 16, 32, 64 2、4、8、16、322, 4, 8, 16, 32
仮想コアあたりのメモリMemory per vCore 2 GB2 GB 5 GB5 GB 10 GB10 GB
ストレージ サイズStorage size 5 GB ~ 1 TB5 GB to 1 TB 5 GB ~ 4 TB5 GB to 4 TB 5 GB ~ 4 TB5 GB to 4 TB
ストレージの種類Storage type Azure Standard StorageAzure Standard Storage Azure Premium StorageAzure Premium Storage Azure Premium StorageAzure Premium Storage
データベース バックアップのリテンション期間Database backup retention period 7 ~ 35 日間7 to 35 days 7 ~ 35 日間7 to 35 days 7 ~ 35 日間7 to 35 days

価格レベルを選択する場合は、まず次の表を参考にしてください。To choose a pricing tier, use the following table as a starting point.

Pricing tierPricing tier 対象のワークロードTarget workloads
BasicBasic 低負荷なコンピューティングと I/O パフォーマンスを必要とするワークロード。Workloads that require light compute and I/O performance. たとえば、開発やテスト、使用頻度の低い小規模なアプリケーションに使用するサーバーがこれに該当します。Examples include servers used for development or testing or small-scale infrequently used applications.
汎用General Purpose 負荷分散されたコンピューティングとメモリ、およびスケーラブルな I/O スループットを必要とする大部分のビジネス ワークロード。Most business workloads that require balanced compute and memory with scalable I/O throughput. たとえば、Web アプリやモバイル アプリ、その他のエンタープライズ アプリケーションをホストするためのサーバーが挙げられます。Examples include servers for hosting web and mobile apps and other enterprise applications.
メモリ最適化Memory Optimized 高速トランザクション処理と高いコンカレンシーを実現するためのインメモリ パフォーマンスを必要とする、高パフォーマンス データベース ワークロード。High-performance database workloads that require in-memory performance for faster transaction processing and higher concurrency. たとえば、リアルタイム データと高パフォーマンスなトランザクション アプリや分析アプリを処理するためのサーバーが挙げられます。Examples include servers for processing real-time data and high-performance transactional or analytical apps.

サーバーを作成したら、仮想コア数、ハードウェアの世代、および価格レベル (Basic への変更と Basic からの変更を除く) を数秒で増やしたり減らしたりできます。After you create a server, the number of vCores, hardware generation, and pricing tier (except to and from Basic) can be changed up or down within seconds. また、アプリケーションのダウンタイムなしでストレージ (増量のみ) とバックアップのリテンション期間 (増減) を個別に調整できます。You also can independently adjust the amount of storage up and the backup retention period up or down with no application downtime. バックアップ ストレージの種類は、サーバーの作成後に変更することはできません。You can't change the backup storage type after a server is created. 詳細については、「リソースのスケール」セクションを参照してください。For more information, see the Scale resources section.

コンピューティング世代と仮想コアCompute generations and vCores

コンピューティング リソースは仮想コアとして提供されます。仮想コアは、基礎となるハードウェアの論理 CPU を表します。Compute resources are provided as vCores, which represent the logical CPU of the underlying hardware. 中国東部 1、中国北部 1、US DoD 中部、および US DoD 東部では、Intel E5-2673 v3 (Haswell) 2.4 GHz プロセッサに基づいた Gen 4 の論理 CPU を利用します。China East 1, China North 1, US DoD Central, and US DoD East utilize Gen 4 logical CPUs that are based on Intel E5-2673 v3 (Haswell) 2.4-GHz processors. その他のすべてのリージョンでは、Intel E5-2673 v4 (Broadwell) 2.3 GHz プロセッサに基づいた Gen 5 の論理 CPU を利用します。All other regions utilize Gen 5 logical CPUs that are based on Intel E5-2673 v4 (Broadwell) 2.3-GHz processors.

StorageStorage

プロビジョニングするストレージは、使用している Azure Database for MySQL サーバーで使用可能なストレージ容量です。The storage you provision is the amount of storage capacity available to your Azure Database for MySQL server. ストレージは、データベース ファイル、一時ファイル、トランザクション ログ、および MySQL サーバー ログに使用されます。The storage is used for the database files, temporary files, transaction logs, and the MySQL server logs. プロビジョニングするストレージの合計容量によって、ご利用のサーバーで使用できる I/O 容量も決まります。The total amount of storage you provision also defines the I/O capacity available to your server.

BasicBasic 汎用General Purpose メモリ最適化Memory Optimized
ストレージの種類Storage type Azure Standard StorageAzure Standard Storage Azure Premium StorageAzure Premium Storage Azure Premium StorageAzure Premium Storage
ストレージ サイズStorage size 5 GB ~ 1 TB5 GB to 1 TB 5 GB ~ 4 TB5 GB to 4 TB 5 GB ~ 4 TB5 GB to 4 TB
ストレージの増分サイズStorage increment size 1 GB1 GB 1 GB1 GB 1 GB1 GB
IOPSIOPS 変数Variable 3 IOPS/GB3 IOPS/GB
最小 100 IOPSMin 100 IOPS
最大 6000 IOPSMax 6000 IOPS
3 IOPS/GB3 IOPS/GB
最小 100 IOPSMin 100 IOPS
最大 6000 IOPSMax 6000 IOPS

サーバーの作成中および作成後にさらにストレージ容量を追加でき、システムではワークロードのストレージ使用量に基づいて自動的にストレージを拡張することができます。You can add additional storage capacity during and after the creation of the server, and allow the system to grow storage automatically based on the storage consumption of your workload.

注意

ストレージはスケールアップのみ可能で、スケールダウンすることはできません。Storage can only be scaled up, not down.

Basic レベルでは、IOPS 保証は提供されません。The Basic tier does not provide an IOPS guarantee. 汎用およびメモリ最適化の価格レベルでは、IOPS は、プロビジョニング済みのストレージ サイズに合わせて 3 対 1 の比率でスケーリングされます。In the General Purpose and Memory Optimized pricing tiers, the IOPS scale with the provisioned storage size in a 3:1 ratio.

ご自身の I/O 使用量を監視するには、Azure Portal または Azure CLI コマンドを使用します。You can monitor your I/O consumption in the Azure portal or by using Azure CLI commands. 監視すべき関連メトリックは、容量の上限、ストレージの割合、ストレージの使用量、および IO の割合です。The relevant metrics to monitor are storage limit, storage percentage, storage used, and IO percent.

大容量のストレージ (プレビュー)Large storage (Preview)

汎用レベルおよびメモリ最適化レベルのストレージ制限の上限を引き上げています。We are increasing the storage limits in our General Purpose and Memory Optimized tiers. プレビューにオプトインされる新しく作成されたサーバーでは、最大 16 TB のストレージをプロビジョニングできます。Newly created servers that opt-in to the preview can provision up to 16 TB of storage. IOPS は、3:1 の比率で最大で 20,000 IOPS までスケーリングされます。The IOPS scale at a 3:1 ratio up to 20,000 IOPS. 現在一般的に使用できるストレージと同様に、サーバーの作成後にさらにストレージ容量を追加でき、システムではワークロードのストレージ使用量に基づいて自動的にストレージを拡張できます。As with the current generally available storage, you can add additional storage capacity after the creation of the server, and allow the system to grow storage automatically based on the storage consumption of your workload.

汎用General Purpose メモリ最適化Memory Optimized
ストレージの種類Storage type Azure Premium StorageAzure Premium Storage Azure Premium StorageAzure Premium Storage
ストレージ サイズStorage size 32 GB ~ 16 TB32 GB to 16 TB 32 GB ~ 16 TB32 GB to 16 TB
ストレージの増分サイズStorage increment size 1 GB1 GB 1 GB1 GB
IOPSIOPS 3 IOPS/GB3 IOPS/GB
最小 100 IOPSMin 100 IOPS
最大 20,000 IOPSMax 20,000 IOPS
3 IOPS/GB3 IOPS/GB
最小 100 IOPSMin 100 IOPS
最大 20,000 IOPSMax 20,000 IOPS

重要

大容量ストレージは、現在、次のリージョンでパブリック プレビュー中です。米国東部、米国東部 2、米国中部、米国西部、北ヨーロッパ、西ヨーロッパ、英国南部、英国西部、東南アジア、東アジア、東日本、西日本、韓国中部、韓国南部、オーストラリア東部、オーストラリア東南部。Large storage is currently in public preview in the following regions: East US, East US 2, Central US, West US, North Europe, West Europe, UK South, UK West, Southeast Asia, East Asia, Japan East, Japan West, Korea Central, Korea South, Australia East, Australia South East.

大容量ストレージのプレビューでは、現在、以下はサポートされていません。The large storage preview currently does not support:

  • Geo 冗長バックアップGeographically redundant backups
  • リージョン間のレプリケーションCross region replication

容量の上限に到達Reaching the storage limit

プロビジョニングされたストレージが 100 GB 未満のサーバーは、空きストレージが 512MB またはプロビジョニングされたストレージ サイズの 5% 未満である場合、読み取り専用とマークされます。Servers with less than 100 GB provisioned storage are marked read-only if the free storage is less than 512MB or 5% of the provisioned storage size. プロビジョニングされたストレージが 100 GB を超えるサーバーは、空きストレージが 5 GB 未満である場合、読み取り専用とマークされます。Servers with more than 100 GB provisioned storage are marked read only when the free storage is less than 5 GB.

たとえば、110 GB のストレージをプロビジョニングしていて、実際の使用量が 105 GB を超えた場合、サーバーは読み取り専用とマークされます。For example, if you have provisioned 110 GB of storage, and the actual utilization goes over 105 GB, the server is marked read-only. または、5 GB のストレージをプロビジョニングしているときに、ストレージの空き容量が 256 MB 未満になった場合、サーバーは読み取り専用としてマークされます。Alternatively, if you have provisioned 5 GB of storage, the server is marked read-only when the free storage reaches less than 256 MB.

サービスがサーバーを読み取り専用にしようとしている間、すべての新しい書き込みトランザクション要求はブロックされ、既存のアクティブなトランザクションの実行は継続されます。While the service attempts to make the server read-only, all new write transaction requests are blocked and existing active transactions will continue to execute. サーバーが読み取り専用に設定された場合、後続のすべての書き込み操作とトランザクションのコミットは失敗します。When the server is set to read-only, all subsequent write operations and transaction commits fail. 読み取りクエリは、中断せずに作業を続行します。Read queries will continue to work uninterrupted. プロビジョニングされたストレージを増やすと、サーバーはもう一度書き込みトランザクションを受け入れる準備ができます。After you increase the provisioned storage, the server will be ready to accept write transactions again.

ストレージの自動拡張を有効にするか、サーバーのストレージがしきい値に近づいたときに通知するためのアラートを設定しておくことをお勧めします。そうすると、読み取り専用状態に入ることを防止できます。We recommend that you turn on storage auto-grow or to set up an alert to notify you when your server storage is approaching the threshold so you can avoid getting into the read-only state. 詳細については、アラートの設定方法に関するドキュメントをご覧ください。For more information, see the documentation on how to set up an alert.

ストレージの自動拡張Storage auto-grow

ストレージの自動拡張により、サーバーのストレージが不足して読み取り専用になることを防ぎます。Storage auto-grow prevents your server from running out of storage and becoming read-only. ストレージの自動拡張が有効になっている場合は、ワークロードに影響を与えることなく、ストレージが自動的に拡張します。If storage auto grow is enabled, the storage automatically grows without impacting the workload. プロビジョニングされたストレージが 100 GB 未満のサーバーでは、空きストレージがプロビジョニングされたストレージの 10% を下回ると、プロビジョニングされたストレージ サイズが 5 GB 単位で拡張されます。For servers with less than 100 GB provisioned storage, the provisioned storage size is increased by 5 GB when the free storage is below 10% of the provisioned storage. プロビジョニングされたストレージが 100 GB を超えるサーバーの場合、空きストレージ領域がプロビジョニングされたストレージ サイズの 10% を下回ると、プロビジョニングされたストレージ サイズが 5% 単位で増加します。For servers with more than 100 GB of provisioned storage, the provisioned storage size is increased by 5% when the free storage space is below 10% of the provisioned storage size. 上で指定されている最大ストレージの制限が適用されます。Maximum storage limits as specified above apply.

たとえば、1000 GB のストレージをプロビジョニングしていて、実際の使用量が 900 GB を超えた場合、サーバーのストレージ サイズは 1050 GB に増加します。For example, if you have provisioned 1000 GB of storage, and the actual utilization goes over 900 GB, the server storage size is increased to 1050 GB. あるいは、10 GB のストレージをプロビジョニングしている場合、ストレージ サイズは空きストレージが 1 GB 未満になると 15 GB に増加します。Alternatively, if you have provisioned 10 GB of storage, the storage size is increase to 15 GB when less than 1 GB of storage is free.

ストレージはスケールアップのみ可能で、スケールダウンはできないことに注意してください。Remember that storage can only be scaled up, not down.

バックアップBackup

サービスによって、サーバーのバックアップが自動的に取得されます。The service automatically takes backups of your server. バックアップの最小リテンション期間は 7 日です。The minimum retention period for backups is seven days. 最大 35 日のリテンション期間を設定できます。You can set a retention period of up to 35 days. リテンション期間は、サーバーの有効期間中、任意の時点で調整できます。The retention can be adjusted at any point during the lifetime of the server. ローカル冗長バックアップまたは geo 冗長バックアップのいずれかを選択することができます。You can choose between locally redundant and geo-redundant backups. geo 冗長バックアップは、ご利用のサーバーが作成されたリージョンの geo ペア リージョン内にも保存されます。Geo-redundant backups also are stored in the geo-paired region of the region where your server is created. この冗長性により、障害発生時に保護が提供されます。This redundancy provides a level of protection in the event of a disaster. また、geo 冗長バックアップで使用できるサービスが提供されている他の Azure リージョンに、サーバーを復元できるようになります。You also gain the ability to restore your server to any other Azure region in which the service is available with geo-redundant backups. サーバーを作成した後に、2 つのバックアップ ストレージ オプションを切り替えることはできません。It's not possible to change between the two backup storage options after the server is created.

リソースのスケールScale resources

サーバーの作成後に、仮想コア数、ハードウェアの世代、価格レベル (Basic への変更、および Basic からの変更を除く)、ストレージ量、およびバックアップのリテンション期間を個別に変更できます。After you create your server, you can independently change the vCores, the hardware generation, the pricing tier (except to and from Basic), the amount of storage, and the backup retention period. バックアップ ストレージの種類は、サーバーの作成後に変更することはできません。You can't change the backup storage type after a server is created. 仮想コアの数は増やしたり減らしたりできます。The number of vCores can be scaled up or down. バックアップのリテンション期間は、7 日から 35 日の間でスケールアップまたはスケールダウンできます。The backup retention period can be scaled up or down from 7 to 35 days. ストレージ サイズは増やすことのみ可能です。The storage size can only be increased. ポータルまたは Azure CLI を使用して、リソースのスケーリングを実行できます。Scaling of the resources can be done either through the portal or Azure CLI. Azure CLI を使用したスケーリングの例については、「Azure CLI での Azure Database for MySQL サーバーの監視とスケーリング」を参照してください。For an example of scaling by using Azure CLI, see Monitor and scale an Azure Database for MySQL server by using Azure CLI.

仮想コア数、ハードウェアの世代、または価格レベルを変更すると、新しいコンピューティング割り当てを使用して元のサーバーのコピーが作成されます。When you change the number of vCores, the hardware generation, or the pricing tier, a copy of the original server is created with the new compute allocation. 新しいサーバーが実行されると、接続が新しいサーバーに切り替わります。After the new server is up and running, connections are switched over to the new server. システムが新しいサーバーに切り替わるほんの短時間、新しい接続を確立できず、コミットされていないすべてのトランザクションがロールバックされます。During the moment when the system switches over to the new server, no new connections can be established, and all uncommitted transactions are rolled back. この時間の長さは変動しますが、ほとんどの場合 1 分未満です。This window varies, but in most cases, is less than a minute.

ストレージのスケーリングおよびバックアップのリテンション期間の変更は、本当の意味でのオンライン操作です。Scaling storage and changing the backup retention period are true online operations. ダウンタイムはなく、アプリケーションには影響しません。There is no downtime, and your application isn't affected. IOPS はプロビジョニングされたストレージのサイズに合わせてスケーリングされるため、サーバーで使用できる IOPS を増やすには、ストレージをスケールアップします。As IOPS scale with the size of the provisioned storage, you can increase the IOPS available to your server by scaling up storage.

価格Pricing

最新の料金情報については、サービスの料金ページを参照してください。For the most up-to-date pricing information, see the service pricing page. 必要な構成のコストについては、Azure Portal で、選択したオプションに基づいて表示される [価格レベル] タブの月額コストを確認します。To see the cost for the configuration you want, the Azure portal shows the monthly cost on the Pricing tier tab based on the options you select. Azure サブスクリプションを取得していない場合は、Azure 料金計算ツールを使用して見積もり価格を確認できます。If you don't have an Azure subscription, you can use the Azure pricing calculator to get an estimated price. Azure 料金計算ツールの Web サイトで [項目の追加] を選択し、 [データベース] カテゴリを展開し、 [Azure Database for MySQL] を選択してオプションをカスタマイズします。On the Azure pricing calculator website, select Add items, expand the Databases category, and choose Azure Database for MySQL to customize the options.

次の手順Next steps