Azure Database for MySQL のオプションとパフォーマンス: 各価格レベルで使用できる内容Azure Database for MySQL options and performance: Understand what’s available in each pricing tier

MySQL サーバーに Azure Database を作成するときには、そのサーバーに割り当てられたリソースを構成する 3 つの主な選択肢から決定します。When you create an Azure Database for MySQL server, you decide upon three main choices to configure the resources allocated for that server. これらの選択肢は、サーバーのパフォーマンスとスケールに影響します。These choices impact the performance and scale of the server.

  • [価格レベル]Pricing tier
  • コンピューティング ユニットCompute Units
  • ストレージ (GB)Storage (GB)

各価格レベルには、幅広いパフォーマンス レベル (コンピューティング ユニット数) があり、ワークロードの要件に応じて選択できます。Each pricing tier has a range of performance levels (Compute Units) to choose from, depending on your workloads requirements. パフォーマンス レベルが高くなるほど提供されるサーバー リソースは増え、スループットが高くなるように設計されています。Higher performance levels provide additional resources for your server designed to deliver higher throughput. 同じ価格レベル内のサーバー パフォーマンス レベルは、事実上アプリケーションのダウンタイムなしで変更できます。You can change the server's performance level within a pricing tier with virtually no application downtime.

重要

サービスがパブリック プレビューの間は、保証されるサービス レベル アグリーメント (SLA) はありません。While the service is in public preview, there is not a guaranteed Service Level Agreement (SLA).

Azure Database for MySQL サーバー内には 1 つまたは複数のデータベースを作成できます。Within an Azure Database for MySQL server, you can have one or multiple databases. サーバーごとに 1 つのデータベースを作成してすべてのリソースを利用するか、複数のデータベースを作成してリソースを共有することができます。You can opt to create a single database per server to utilize all the resources, or create multiple databases to share the resources.

Choose a pricing tierChoose a pricing tier

プレビュー段階の Azure Database for MySQL で利用できる価格レベルは、Basic と Standard の 2 つです。While in preview, Azure Database for MySQL offers two pricing tiers: Basic and Standard. Premium レベルはまだ利用できませんが、近日対応予定です。Premium tier is not yet available, but is coming soon.

次の表では、各種アプリケーション ワークロードに最適な価格レベルの例を示します。The following table provides examples of the pricing tiers best suited for different application workloads.

[価格レベル]Pricing tier 対象のワークロードTarget workloads
BasicBasic IOPS 保証なしのスケーラブルなコンピューティングおよびストレージを必要とする小規模なワークロードに最適です。Best suited for small workloads that require scalable compute and storage without IOPS guarantee. たとえば、開発やテスト、使用頻度の低い小規模なアプリケーションに使用するサーバーがこれに該当します。Examples include servers used for development or testing, or small-scale infrequently used applications.
StandardStandard 高スループットの IOPS 保証が必要なクラウド アプリケーションで主に使用されるオプション。The go-to option for cloud applications that need IOPS guarantee with high throughput. たとえば、Web アプリケーションや分析アプリケーションがこれに該当します。Examples include web or analytical applications.
PremiumPremium トランザクションと IO の待機時間を短くする必要があるワークロードに最適です。Best suited for workloads that need low latency for transactions and IO. 多くの同時実行ユーザーに対して最適なサポートを提供します。Provides the best support for many concurrent users. ミッション クリティカルなアプリケーションをサポートするデータベースに適用できます。Applicable to databases that support mission critical applications.
Premium 価格レベルはプレビュー段階では利用できません。The Premium pricing tier is not available in preview.

価格レベルを決定するには、まず、ワークロードに IOPS 保証が必要かどうかを確認します。To decide on a pricing tier, first start by determining if your workload needs an IOPS guarantee. 必要な場合は、Standard 価格レベルを使用します。If so, use Standard pricing tier.

価格レベルの内容Pricing tier features BasicBasic StandardStandard
最大コンピューティング ユニット数Maximum Compute Units 100100 800800
最大合計ストレージMaximum total storage 1 TB (テラバイト)1 TB 1 TB (テラバイト)1 TB
ストレージ IOPS 保証Storage IOPS guarantee 該当なし N/A ありYes
最大ストレージ IOPSMaximum storage IOPS 該当なし N/A 3,0003,000
データベース バックアップのリテンション期間Database backup retention period 7 日7 days 35 日35 days

プレビュー期間中は、サーバーを作成した後に価格レベルを変更することはできません。During the preview timeframe, you cannot change pricing tier once the server is created. 将来的には、価格レベル間でのサーバーのアップグレードまたはダウングレードが可能になる予定です。In the future, it will be possible to upgrade or downgrade a server from one pricing tier to another tier.

価格についてUnderstand the price

新しい Azure Database for MySQL を Azure Portal 内で作成して、[価格レベル] ページを選択すると、選択したオプションに基づいて毎月のコストが表示されます。When you create a new Azure Database for MySQL inside the Azure portal, select the Pricing tier page, and the monthly cost is shown based on the options you have selected. Azure サブスクリプションを取得していない場合は、Azure 料金計算ツールを使用して見積もり価格を確認してください。If you do not have an Azure subscription, use the Azure pricing calculator to get an estimated price. Azure 料金計算ツールの Web サイトにアクセスし、[項目の追加] をクリックして、[データベース] カテゴリを展開し、[Azure Database for MySQL] を選択してオプションをカスタマイズします。Visit the Azure pricing calculator website, then click Add items, expand the Databases category, and choose Azure Database for MySQL to customize the options.

パフォーマンス レベル (コンピューティング ユニット数) の選択Choose a performance level (Compute Units)

Azure Database for MySQL サーバーの価格レベルが決定したら、必要なコンピューティング ユニット数を選択して、パフォーマンス レベルを決定します。Once you have determined the pricing tier for your Azure Database for MySQL server, you are ready to determine the performance level by selecting the number of Compute Units needed. Web ワークロードや分析ワークロードでユーザー同時実行性が強く求められるアプリケーションの場合、200 または 400 コンピューティング ユニットから始め、必要に応じて徐々に調整するとよいでしょう。A good starting point is 200 or 400 Compute Units for applications that require higher user concurrency for their web or analytical workloads, and adjust incrementally as needed.

コンピューティング ユニットは、単一の Azure Database for MySQL サーバーで使用できることが保証される CPU 処理スループットの測定値で、Compute Units are a measure of CPU processing throughput that is guaranteed to be available to a single Azure Database for MySQL server. CPU とメモリ リソースを組み合わせた測定値です。A Compute Unit is a blended measure of CPU and memory resources. 詳細については、コンピューティング ユニットの説明に関するページをご覧ください。For more information, see Explaining Compute Units

Basic 価格レベルのパフォーマンス レベル:Basic pricing tier performance levels:

パフォーマンス レベルPerformance level 5050 100100
最大コンピューティング ユニット数Max Compute Units 5050 100100
含まれるストレージ サイズIncluded storage size 50 GB50 GB 50 GB50 GB
最大サーバー ストレージ サイズ*Max server storage size* 1 TB (テラバイト)1 TB 1 TB (テラバイト)1 TB

Standard 価格レベルのパフォーマンス レベル:Standard pricing tier performance levels:

パフォーマンス レベルPerformance level 100100 200200 400400 800800
最大コンピューティング ユニット数Max Compute Units 100100 200200 400400 800800
基本ストレージ サイズとプロビジョニング済み IOPSIncluded storage size and provisioned IOPS 125 GB、125 GB,
375 IOPS375 IOPS
125 GB、125 GB,
375 IOPS375 IOPS
125 GB、125 GB,
375 IOPS375 IOPS
125 GB、125 GB,
375 IOPS375 IOPS
最大サーバー ストレージ サイズ*Max server storage size* 1 TB (テラバイト)1 TB 1 TB (テラバイト)1 TB 1 TB (テラバイト)1 TB 1 TB (テラバイト)1 TB
最大サーバー プロビジョニング済み IOPSMax server provisioned IOPS 3,000 IOPS3,000 IOPS 3,000 IOPS3,000 IOPS 3,000 IOPS3,000 IOPS 3,000 IOPS3,000 IOPS
GB あたりの最大サーバー プロビジョニング済み IOPSMax server provisioned IOPS per GB GB あたり 3 IOPS 固定Fixed 3 IOPS per GB GB あたり 3 IOPS 固定Fixed 3 IOPS per GB GB あたり 3 IOPS 固定Fixed 3 IOPS per GB GB あたり 3 IOPS 固定Fixed 3 IOPS per GB

* 最大サーバー ストレージ サイズは、サーバーのプロビジョニング済みストレージの最大サイズを意味します。* Max server storage size refers to the maximum provisioned storage size for your server.

StorageStorage

ストレージ構成には、Azure Database for MySQL サーバーで使用可能なストレージ容量が定義されます。The storage configuration defines the amount of storage capacity available to an Azure Database for MySQL server. サービスで使用されるストレージには、データベース ファイル、トランザクション ログ、および MySQL サーバー ログが含まれます。The storage used by the service includes the database files, transaction logs, and the MySQL server logs. ストレージ構成を選択する場合には、データベースをホストする必要があるストレージのサイズと、パフォーマンス要件 (IOPS) を検討してください。Consider the size of storage needed to host your databases and the performance requirements (IOPS) when selecting the storage configuration.

各価格レベルには、前述の表の「含まれるストレージ サイズ」に示すとおり、最小ストレージ容量が含まれています。Some storage capacity is included at a minimum with each pricing tier, noted in the preceding table as "Included storage size." サーバーの作成時に、ストレージ容量を 125 GB ずつ、許容される最大ストレージ容量まで追加できます。Additional storage capacity can be added when the server is created, in increments of 125 GB, up to the maximum allowed storage. 追加のストレージ容量は、コンピューティング ユニットの構成とは別に構成できます。The additional storage capacity can be configured independently of the Compute Units configuration. 価格は、選択するストレージ容量に応じて変わります。The price changes based on the amount of storage selected.

各パフォーマンス レベルの IOPS 構成は、選択した価格レベルとストレージ サイズに関連しています。The IOPS configuration in each performance level relates to the pricing tier and the storage size chosen. Basic レベルでは、IOPS 保証は提供されません。Basic tier does not provide an IOPS guarantee. Standard 価格レベルでは、IOPS は固定の 3:1 の割合で最大ストレージ サイズに比例してスケーリングします。Within the Standard pricing tier, the IOPS scale proportionally to maximum storage size in a fixed 3:1 ratio. 組み込まれている 125 GB のストレージでは、375 のプロビジョニング済み IOPS と、それぞれについて最大 256 KB の IO サイズが保証されます。The included storage of 125-GB guarantees for 375 provisioned IOPS, each with an IO size of up to 256 KB. プロビジョニング済みの 3,000 IOPS を保証するために、最大 1 TB の追加ストレージを選択できます。You can choose additional storage up to 1 TB maximum, to guarantee 3,000 provisioned IOPS.

ストレージと IOPS の使用量を測定するには、Azure Portal でメトリック グラフを監視するか、Azure CLI コマンドを記述します。Monitor the Metrics graph in the Azure portal or write Azure CLI commands to measure the consumption of storage and IOPS. 監視すべき関連メトリックは、ストレージの上限、ストレージの割合、ストレージの使用量、および IO の割合です。Relevant metrics to monitor are Storage limit, Storage percentage, Storage used, and IO percent.

重要

プレビュー段階では、サーバー作成時にストレージ容量を選択します。While in preview, choose the amount of storage at the time when the server is created. 既存のサーバー上のストレージ サイズの変更は、現時点ではサポートされていません。Changing the storage size on an existing server is not yet supported.

サーバーのスケールアップまたはスケールダウンScaling a server up or down

Azure Database for MySQL を作成する場合、まず最初に価格レベルとパフォーマンス レベルを選択します。You initially choose the pricing tier and performance level when you create your Azure Database for MySQL. 後で、同一価格レベル内で、コンピューティング ユニット数を動的に増やしたり減らしたりできます。Later, you can scale the Compute Units up or down dynamically, within the range of the same pricing tier. Azure Portal で、サーバーの [価格レベル] ページからコンピューティング ユニット数を変更するか、「Azure CLI での Azure Database for MySQL サーバーの監視とスケーリング」の例に従ってスクリプト化します。In the Azure portal, slide the Compute Units on the server's Pricing tier page, or script it by following this example: Monitor and scale an Azure Database for MySQL server using Azure CLI

コンピューティング ユニットのスケールは、選択した最大ストレージ サイズとは無関係に行われます。Scaling the Compute Units is done independently of the maximum storage size you have chosen.

サーバーのパフォーマンス レベルを変更すると、バックグラウンドで、元のサーバーのコピーが新しいパフォーマンス レベルで作成され、接続先がそのコピーに切り替えられます。Behind the scenes, changing the performance level of a server creates a copy of the original server at the new performance level, and then switches connections over to the copied server. このプロセスでデータが失われることはありません。No data is lost during this process. 新しいサーバーのコピーに切り替えるほんの少しの間データベースに接続できなくなるため、実行中の一部トランザクションがロールバックされる場合があります。During the brief moment when the system switches over to the new copy of the server, connections to the database are disabled, so some transactions in flight may be rolled back. この時間はさまざまですが、平均 4 秒以内であり、99% 以上が 30 秒未満です。This window varies, but is on average under 4 seconds, and in more than 99% of cases is less than 30 seconds. 接続が無効になった時点で多数のトランザクションが実行中の場合、この時間が長引くことがあります。If there are large numbers of transactions in flight at the moment connections are disabled, this window may be longer.

スケール プロセス全体にかかる時間は、変更前後のサーバーのサイズと価格レベルによって異なります。The duration of the entire scale process depends on both the size and pricing tier of the server before and after the change. たとえば、コンピューティング ユニット数を Standard 価格レベル内で変更しているサーバーの場合は、数分以内に完了します。For example, a server that is changing Compute Units within the Standard pricing tier, should complete within few minutes. サーバーの新しいプロパティは、変更が完了するまで適用されません。The new properties for the server are not applied until the changes are complete.

次のステップNext steps