Azure Database for MySQL: MySQL Workbench を使った接続とデータの照会Azure Database for MySQL: Use MySQL Workbench to connect and query data

このクイックスタートでは、MySQL Workbench アプリケーションを使用して Azure Database for MySQL に接続する方法を紹介します。This quickstart demonstrates how to connect to an Azure Database for MySQL using the MySQL Workbench application.

前提条件Prerequisites

このクイックスタートでは、次のいずれかのガイドで作成されたリソースを出発点として使用します。This quickstart uses the resources created in either of these guides as a starting point:

MySQL Workbench のインストールInstall MySQL Workbench

MySQL Web サイトから MySQL Workbench をダウンロードしてお使いのコンピューターにインストールします。Download and install MySQL Workbench on your computer from the MySQL website.

接続情報の取得Get connection information

Azure Database for MySQL に接続するために必要な接続情報を取得します。Get the connection information needed to connect to the Azure Database for MySQL. 完全修飾サーバー名とログイン資格情報が必要です。You need the fully qualified server name and login credentials.

  1. Azure Portal にログインします。Log in to the Azure portal.

  2. Azure Portal の左側のメニューにある [すべてのリソース] をクリックし、作成したサーバー (例: mydemoserver) を検索します。From the left-hand menu in Azure portal, click All resources, and then search for the server you have created (such as mydemoserver).

  3. サーバー名をクリックします。Click the server name.

  4. サーバーの [概要] パネルから、[サーバー名][サーバー管理者ログイン名] を書き留めます。From the server's Overview panel, make a note of the Server name and Server admin login name. パスワードを忘れた場合も、このパネルからパスワードをリセットすることができます。If you forget your password, you can also reset the password from this panel. Azure Database for MySQL サーバー名Azure Database for MySQL server name

MySQL Workbench を使用したサーバーへの接続Connect to the server by using MySQL Workbench

GUI ツール MySQL Workbench を使用して Azure MySQL サーバーに接続する手順は次のとおりです。To connect to Azure MySQL Server by using the GUI tool MySQL Workbench:

  1. コンピューター上で MySQL Workbench アプリケーションを起動します。Launch the MySQL Workbench application on your computer.

  2. [Setup New Connection](新しい接続のセットアップ) ダイアログ ボックスで、次の情報を [Parameters](パラメーター) タブに入力します。In Setup New Connection dialog box, enter the following information on the Parameters tab:

    新しい接続のセットアップ

    設定Setting 推奨値Suggested value フィールドの説明Field description
    接続名Connection Name Demo ConnectionDemo Connection この接続のラベルを指定します。Specify a label for this connection.
    接続方法Connection Method Standard (TCP/IP)Standard (TCP/IP) Standard (TCP/IP) で十分です。Standard (TCP/IP) is sufficient.
    ホスト名Hostname サーバー名server name 前に Azure Database for MySQL を作成したときに使用したサーバー名の値を指定します。Specify the server name value that was used when you created the Azure Database for MySQL earlier. この例におけるサーバーは、mydemoserver.mysql.database.azure.com です。Our example server shown is mydemoserver.mysql.database.azure.com. 例で示されているように、完全修飾ドメイン名 (*.mysql.database.azure.com) を使用します。Use the fully qualified domain name (*.mysql.database.azure.com) as shown in the example. サーバー名を覚えていない場合は、前のセクションの手順に従って接続情報を取得します。Follow the steps in the previous section to get the connection information if you do not remember your server name.
    ポートPort 33063306 Azure Database for MySQL に接続する場合は、常にポート 3306 を使用します。Always use port 3306 when connecting to Azure Database for MySQL.
    ユーザー名Username サーバー管理者ログイン名server admin login name 前に Azure Database for MySQL を作成したときに指定したサーバー管理者ログイン ユーザー名を入力します。Type in the server admin login username supplied when you created the Azure Database for MySQL earlier. この例のユーザー名は myadmin@mydemoserver です。Our example username is myadmin@mydemoserver. ユーザー名を覚えていない場合は、前のセクションの手順に従って接続情報を取得します。Follow the steps in the previous section to get the connection information if you do not remember the username. 形式は username@servername です。The format is username@servername.
    パスワードPassword パスワードyour password [Store in Vault](コンテナーに保存) ボタンをクリックしてパスワードを保存します。Click Store in Vault... button to save the password.
  3. [Test Connection] (接続のテスト) をクリックして、すべてのパラメーターが正しく構成されているかをテストします。Click Test Connection to test if all parameters are correctly configured.

  4. [OK] をクリックして接続を保存します。Click OK to save the connection.

  5. [MySQL Connections](MySQL 接続) の一覧で、対象のサーバーに対応するタイルをクリックし、接続が確立するのを待ちます。In the listing of MySQL Connections, click the tile corresponding to your server, and then wait for the connection to be established.

    新しい SQL タブが開き、クエリを入力できる空白のエディターが表示されます。A new SQL tab opens with a blank editor where you can type your queries.

    注意

    既定では、SSL 接続のセキュリティは必須であり、Azure Database for MySQL サーバーに適用されます。By default, SSL connection security is required and enforced on your Azure Database for MySQL server. 通常、MySQL ワークベンチがサーバーに接続するために、SSL 証明書を使用した追加構成は必要ありませんが、SSL CA 証明書と MySQL Workbench のバインドをお勧めします。Although typically no additional configuration with SSL certificates is required for MySQL Workbench to connect to your server, we recommend binding the SSL CA certification with MySQL Workbench. 証明書のダウンロードとバインドについて詳しくは、「Azure Database for MySQL に安全に接続するためにアプリケーションで SSL 接続を構成する」を参照してください。For more information on how to download and bind the certification, see Configure SSL connectivity in your application to securely connect to Azure Database for MySQL. SSL を無効にしたい場合は、Azure Portal にアクセスし、[接続のセキュリティ] ページをクリックして、[強制 SSL 接続] トグル ボタンをオフにして無効にします。If you need to disable SSL, visit the Azure portal and click the Connection security page to disable the Enforce SSL connection toggle button.

テーブルの作成、データの挿入/読み取り/更新/削除Create a table, insert data, read data, update data, delete data

  1. いくつかのサンプル データを示すために、サンプル SQL コードをコピーして空の SQL タブに貼り付けます。Copy and paste the sample SQL code into a blank SQL tab to illustrate some sample data.

    このコードでは、quickstartdb という名前の空のデータベースを作成し、inventory という名前のサンプル テーブルを作成します。This code creates an empty database named quickstartdb, and then creates a sample table named inventory. いくつかの行を挿入した後、行を読み取ります。It inserts some rows, then reads the rows. 次に、更新ステートメントによってデータを変更し、行を再度読み取ります。It changes the data with an update statement, and reads the rows again. 最後に、1 つの行を削除した後、行を再度読み取ります。Finally it deletes a row, and then reads the rows again.

    -- Create a database
    -- DROP DATABASE IF EXISTS quickstartdb;
    CREATE DATABASE quickstartdb;
    USE quickstartdb;
    
    -- Create a table and insert rows
    DROP TABLE IF EXISTS inventory;
    CREATE TABLE inventory (id serial PRIMARY KEY, name VARCHAR(50), quantity INTEGER);
    INSERT INTO inventory (name, quantity) VALUES ('banana', 150);
    INSERT INTO inventory (name, quantity) VALUES ('orange', 154);
    INSERT INTO inventory (name, quantity) VALUES ('apple', 100);
    
    -- Read
    SELECT * FROM inventory;
    
    -- Update
    UPDATE inventory SET quantity = 200 WHERE id = 1;
    SELECT * FROM inventory;
    
    -- Delete
    DELETE FROM inventory WHERE id = 2;
    SELECT * FROM inventory;
    

    このスクリーンショットは、SQL Workbench に表示された SQL コードとその実行後の出力の例を示しています。The screenshot shows an example of the SQL code in SQL Workbench and the output after it has been run.

    サンプル SQL コードを実行するための MySQL Workbench の SQL タブ

  2. サンプル SQL コードを実行するには、[SQL File](SQL ファイル) タブのツールバーにある稲妻アイコンをクリックします。To run the sample SQL Code, click the lightening bolt icon in the toolbar of the SQL File tab.

  3. ページ中央の [結果グリッド] セクションの 3 つのタブに結果が表示されていることに注目してください。Notice the three tabbed results in the Result Grid section in the middle of the page.

  4. ページの下部にある [Output](出力) リストに注目してください。Notice the Output list at the bottom of the page. 各コマンドの状態が表示されています。The status of each command is shown.

これで、MySQL Workbench を使用して Azure Database for MySQL に接続し、SQL 言語を使用してデータを照会できました。Now, you have connected to Azure Database for MySQL by using MySQL Workbench, and you have queried data using the SQL language.

次の手順Next steps