クイックスタート: Azure portal を使用して Azure Database for MySQL フレキシブル サーバーを作成する

適用対象: Azure Database for MySQL - フレキシブル サーバー

Azure Database for MySQL フレキシブル サーバーは、高可用性 MySQL サーバーをクラウドで実行、管理、スケーリングするために使用できる管理サービスです。 このクイックスタートでは、Azure portal を使用してフレキシブル サーバーを作成する方法について説明します。

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料の Azure アカウントを作成してください。

Azure portal にサインインする

Azure ポータルにアクセスします。 資格情報を入力してポータルにサインインします。 既定のビューはサービス ダッシュボードです。

Azure Database for MySQL フレキシブル サーバーを作成する

フレキシブル サーバーは、定義済みの一連のコンピューティング リソースとストレージ リソースを使って作成します。 サーバーは、Azure リソース グループ内に作成します。

フレキシブル サーバーを作成するには、これらの手順を実行します。

  1. ポータルで [Azure Database for MySQL サーバー] を検索して選択します。

    Screenshot that shows a search for Azure Database for MySQL servers.

  2. [作成] を選択します

  3. [Select Azure Database for MySQL deployment option](Azure Database for MySQL のデプロイ オプションの選択) ページで、デプロイ オプションとして [フレキシブル サーバー] を選択します。

    Screenshot that shows the Flexible server option.

  4. [基本] タブで、次の情報を入力します。

    Screenshot that shows the Basics tab of the Flexible server page.

    設定 推奨値 説明
    サブスクリプション お使いのサブスクリプション名 サーバーに使用する Azure サブスクリプション。 複数のサブスクリプションをお持ちの場合は、リソースの課金対象にするサブスクリプションを選択します。
    Resource group myresourcegroup 新しいリソース グループ名、またはサブスクリプションの既存のリソース グループ名。
    サーバー名 mydemoserver フレキシブル サーバーを識別する一意の名前。 指定したサーバー名にドメイン名 mysql.database.azure.com が追加されます。 サーバー名に含めることができるのは、英小文字、数字、およびハイフン (-) のみであり、 3 から 63 文字にする必要があります。
    Region ユーザーに最も近いリージョン ユーザーに最も近い場所。
    ワークロードの種類 開発 運用環境のワークロードでは、max_connections の要件に応じて、小中規模または大規模を選択できます
    可用性ゾーン [優先設定なし] アプリケーションクライアントが特定の可用性ゾーンでプロビジョニングされている場合、同じ可用性ゾーンでフレキシブル サーバーを指定してアプリケーションを併置し、ゾーン間でのネットワーク待ち時間を短縮することができます。
    高可用性 オフ 実稼働サーバーの場合は、ゾーン冗長による高可用性同一ゾーン高可用性のどちらかを選択します。 これは、VM の障害に備えたビジネス継続性と保護のために強くお勧めします
    スタンバイ可用性ゾーン [優先設定なし] ゾーンの障害が発生した場合に備えて、スタンバイ サーバー ゾーンの場所を選択して、それをアプリケーション スタンバイ サーバーと同じ場所に置きます
    MySQL のバージョン 5.7 MySQL のメジャー バージョン。
    管理者ユーザー名 mydemouser サーバーに接続するときに使用する自分のサインイン アカウント。 管理ユーザー名を azure_superuseradminadministratorrootguest、または public にすることはできません。
    Password お使いのパスワード サーバー管理者アカウントの新しいパスワード。 8 ~ 128 文字にする必要があります。 また、パスワードには、英大文字、英小文字、数字 (0 から 9)、英数字以外の文字 (!、$、#、% など) のうち、3 つのカテゴリの文字が含まれている必要があります。
    コンピューティングとストレージ BurstableStandard_B1ms10 GiB100 IOPS7 日 新しいサーバーのコンピューティング、ストレージ、IOPS、およびバックアップ構成。 [サーバーの構成] を選択します。 BurstableStandard_B1ms10 GiB100 IOPS7 日は、それぞれ [コンピューティング レベル][コンピューティング サイズ][ストレージ サイズ][IOPS][バックアップの保有期間] の既定値です。 これらの値はそのままにすることも、調整することもできます。 移行中のデータ読み込みを高速化するために、IOPS をコンピューティング サイズでサポートされている最大サイズまで増やし、後でスケールダウンしてコストを節約することをお勧めします。 コンピューティングとストレージの選択を保存するには、 [保存] を選択して構成を続行します。 次のスクリーンショットは、コンピューティングとストレージのオプションを示しています。

    Screenshot that shows compute and storage options.

  5. ネットワーク オプションを構成します。

    [ネットワーク] タブでは、サーバーに到達するための方法を選択できます。 Azure Database for MySQL フレキシブル サーバーでは、2 つの方法でサーバーに接続できます。

    • パブリック アクセス (許可された IP アドレス)
    • プライベート アクセス (VNet 統合)

    パブリック アクセスを使用する場合、サーバーへのアクセスは、ファイアウォール規則に追加されている許可された IP アドレスに限定されます。 この方法では、特定の IP アドレスまたは範囲に対してファイアウォールを開く規則を作成しない限り、外部のアプリケーションやツールはサーバーとサーバー上のデータベースに接続できなくなります。 プライベート アクセス (VNet 統合) を使用する場合、サーバーへのアクセスは仮想ネットワークに限定されます。 接続方法の詳細については、概念に関する記事をご覧ください。

    このクイックスタートでは、パブリック アクセスを有効にしてサーバーに接続する方法について説明します。 [ネットワーク] タブ[接続方法] で、 [パブリック アクセス] を選択します。 ファイアウォール規則の構成で、 [現在のクライアント IP アドレスを追加する] を選択します。

    注意

    サーバーの作成後に接続方法を変更することはできません。 たとえば、サーバーの作成時に [パブリック アクセス (使用できる IP アドレス)] を選択した場合、サーバーの作成後に [プライベート アクセス (VNet 統合)] に変更することはできません。 VNet 統合によってサーバーへのアクセスをセキュリティで保護できるように、プライベート アクセスを指定してサーバーを作成することを強くお勧めします。 プライベート アクセスの詳細については、概念に関する記事をご覧ください。

    Screenshot that shows the Networking tab.

  6. [確認と作成] を選択して、フレキシブル サーバーの構成を確認します。

  7. [作成] を選択して、サーバーをプロビジョニングします。 プロビジョニングには数分かかる場合があります。

  8. ツール バーの [通知] (ベル ボタン) を選択して、デプロイ プロセスを監視します。 デプロイが完了したら、 [ダッシュボードにピン留めする] を選択できます。これにより、Azure portal ダッシュボードにこのフレキシブル サーバーのタイルが作成されます。 このタイルは、サーバーの [概要] ページへのショートカットです。 [リソースに移動] を選択すると、サーバーの [概要] ページが開きます。

既定では、information_schema、mysql、performance_schema、sys の各データベースが、ご利用のサーバーに作成されます。

注意

接続の問題が発生しないように、Azure Database for MySQL フレキシブル サーバーで使用されるポート 3306 経由の送信トラフィックがネットワークで許可されているかどうかを確認してください。

サーバーへの接続

作業を開始する前に、証明機関の検証用に パブリック SSL 証明書 をダウンロードします。

パブリック アクセス 接続メソッドで作成された MySQL サーバーの場合は、[ 概要 ] ページの [接続 ] ボタンをクリックして、組み込みの MySQL コマンド ライン クライアント ツールを使用してすばやく開始できます。

Screenshot that how to connect with Azure cloud shell.

接続 ページに移動して、MySQL クライアント ツールでローカルに接続する方法や、データのインポートおよびエクスポート操作を実行する方法の詳細を確認できます。

Screenshot that shows connect page.

重要

上のコマンドの実行後、フレキシブル サーバーに接続しているときに次のエラー メッセージが表示された場合、ファイアウォール規則の設定に不備があります。前述の [Allow public access from any Azure service within Azure to this server](Azure 内の Azure サービスからこのサーバーへのパブリック アクセスを許可する) の設定が済んでいないか、オプションが保存されていません。 ファイアウォールの設定を再試行して、もう一度やり直してください。 ERROR 2002 (HY000): Can't connect to MySQL server on <servername> (115) (エラー 2002 (HY000): 上の MySQL サーバーに接続できません (115))

リソースをクリーンアップする

不要になったら、MySQL フレキシブル サーバーを使用してリソース グループを削除できます。 これを行うには、MySQLフレキシブル サーバーリソースのリソース グループを選択し、 [削除] を選択して、削除するリソース グループの名前を確認します。

次のステップ