Azure Portal を使用した Azure Database for MySQL サーバーの作成Create an Azure Database for MySQL server by using the Azure portal

Azure Database for MySQL は、高可用性 MySQL データベースをクラウドで実行、管理、スケーリングするための管理されたサービスです。Azure Database for MySQL is a managed service that you use to run, manage, and scale highly available MySQL Databases in the cloud. このクイックスタートでは、Azure Portal を使用して 5 分で Azure Database for MySQL サーバーを作成する方法を説明します。This Quickstart shows you how to create an Azure Database for MySQL server in about five minutes by using the Azure portal.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料の Azure アカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free Azure account before you begin.

Azure へのサインインSign in to Azure

Web ブラウザーを開き、Azure Portal に移動します。Open your web browser, and then go to the Azure portal. 資格情報を入力してポータルにサインインします。Enter your credentials to sign in to the portal. 既定のビューはサービス ダッシュボードです。The default view is your service dashboard.

Azure Database for MySQL サーバーの作成Create an Azure Database for MySQL server

Azure Database for MySQL サーバーは、定義済みの一連のコンピューティング リソースとストレージ リソースを使って作成します。You create an Azure Database for MySQL server with a defined set of compute and storage resources. サーバーは、Azure リソース グループ内に作成します。You create the server within an Azure resource group.

Azure Database for MySQL サーバーを作成するには、次の手順に従います。Follow these steps to create an Azure Database for MySQL server:

  1. ポータルの左上隅にある [新規] ボタン (+) を選択します。Select the New button (+) in the upper-left corner of the portal.

  2. [データベース] > [Azure Database for MySQL] の順に選択します。Select Databases > Azure Database for MySQL. 検索ボックスに「MySQL」と入力してサービスを検索することもできます。You can also type MySQL in the search box to find the service.

    Azure Database for MySQL オプション

  3. 前の画像で示されているように、新規サーバーの詳細フォームに次の情報を入力します。Fill out the new server details form with the following information, as shown in the preceding image:

    設定Setting 推奨値Suggested value フィールドの説明Field description
    サーバー名Server name 一意のサーバー名Unique server name Azure Database for MySQL サーバーを識別する一意の名前を選択します。Choose a unique name that identifies your Azure Database for MySQL server. たとえば myserver4demo とします。For example, myserver4demo. 指定したサーバー名にドメイン名 mysql.database.azure.com が追加されます。The domain name mysql.database.azure.com is appended to the server name you provide. サーバー名に含めることができるのは、英小文字、数字、およびハイフン (-) のみであり、The server name can contain only lowercase letters, numbers, and the hyphen (-) character. 3 ~ 63 文字にする必要があります。It must contain from 3 to 63 characters.
    [サブスクリプション]Subscription 該当するサブスクリプションYour subscription サーバーに使用する Azure サブスクリプションを選択します。Select the Azure subscription that you want to use for your server. 複数のサブスクリプションをお持ちの場合は、リソースの課金対象となるサブスクリプションを選択してください。If you have multiple subscriptions, choose the subscription in which you get billed for the resource.
    リソース グループResource group myresourcegroupmyresourcegroup 新規または既存のリソース グループの名前を入力します。Provide a new or existing resource group name.
    サーバー管理者のログインServer admin login myadminmyadmin サーバーに接続するときに使用するサインイン アカウント。A sign-in account to use when you're connecting to the server. 管理者のサインイン名に azure_superuseradminadministratorrootguestpublic は使用できません。The admin sign-in name cannot be azure_superuser, admin, administrator, root, guest, or public.
    パスワードPassword <任意>Your choice サーバー管理者アカウントの新しいパスワードを入力します。Provide a new password for the server admin account. 8 文字以上 128 文字以内にする必要があります。It must contain from 8 to 128 characters. パスワードには、英大文字、英小文字、数字 (0 ~ 9)、英数字以外の文字 (!、$、#、% など) のうち、3 つのカテゴリの文字が含まれている必要があります。Your password must contain characters from three of the following categories: English uppercase letters, English lowercase letters, numbers (0-9), and non-alphanumeric characters (!, $, #, %, and so on).
    パスワードの確認Confirm password <任意>Your choice 管理者アカウントのパスワードを確認します。Confirm the admin account password.
    場所Location ユーザーに最も近いリージョンThe region closest to your users ユーザーや他の Azure アプリケーションに最も近い場所を選択します。Choose the location that is closest to your users or other Azure applications.
    バージョンVersion "最新バージョン"The latest version 最新バージョン (別のバージョンを指定する特定の要件がある場合を除く)。The latest version (unless you have specific requirements that require another version).
    [価格レベル] Pricing tier Basic50 コンピューティング ユニット50 GBBasic, 50 Compute Units, 50 GB 新しいデータベースのサービス レベルとパフォーマンス レベルを選択します。Choose the service tier and performance level for your new database. 上部のタブで Basic レベルを選択します。Select Basic tier in the tab at the top. [コンピューティング ユニット] スライダーの左の端を選択して、このクイックスタートで使用可能な最小量に値を調整します。Select the left end of the Compute Units slider to adjust the value to the lowest amount that's available for this Quickstart. [OK] を選択して、価格レベルの選択を保存します。Select Ok to save the pricing tier selection. 詳細については、次のスクリーンショットを参照してください。For more information, see the following screenshot.
    [ダッシュボードにピン留めする]Pin to dashboard Check Azure Portal のフロント ダッシュボード ページでサーバーを追跡しやすくするには、このチェック ボックスをオンにします。Check this to enable easy tracking of your server on the front dashboard page of your Azure portal.

    重要

    ここで指定するサーバー管理者のサインイン名とパスワードは、このクイックスタートの後半でサーバーとそのデータベースにサインインするために必要です。The server admin sign-in and password that you specify here are required to sign in to the server and its databases later in this Quickstart. 後で使用するために、この情報を覚えておくか、記録しておきます。Remember or record this information for later use.

    Azure Portal - フォームの必須項目を入力して MySQL を作成

  4. [作成] を選択してサーバーをプロビジョニングします。Select Create to provision the server. プロビジョニングには、最大 20 分かかる場合があります。Provisioning can take up to 20 minutes.

  5. デプロイ プロセスを監視するには、ツール バーの [通知] (ベル アイコン) を選択します。Select Notifications on the toolbar (the bell icon) to monitor the deployment process.

サーバーレベルのファイアウォール規則の構成Configure a server-level firewall rule

Azure Database for MySQL サービスでは、サーバー レベルでファイアウォールが作成されます。The Azure Database for MySQL service creates a firewall at the server level. これにより、外部のアプリケーションやツールから、サーバーまたはサーバー上のすべてのデータベースへの接続が禁止されます。接続を許可するためには、特定の IP アドレスに対して、ファイアウォールを開放するファイアウォール規則を作成する必要があります。It prevents external applications and tools from connecting to the server and any databases on the server, unless a firewall rule is created to open the firewall for specific IP addresses.

  1. デプロイが完了した後、サーバーを探します。After the deployment finishes, locate your server. 必要に応じて、検索することができます。If necessary, you can search for it. たとえば、左側のメニューから [すべてのリソース] を選択します。For example, select All Resources from the menu on the left. 次に、サーバー名 (例の myserver4demo など) を入力して、新しく作成されたサーバーを検索します。Then type in the server name, such as the example myserver4demo, to search for your newly created server. 検索結果の一覧からサーバー名を選択します。Select the server name from the search result list. サーバーの [概要] ページが開き、さらに多くの構成オプションが表示されます。The Overview page for your server opens and provides options for further configuration.

  2. サーバーのページで、[接続のセキュリティ] を選択します。On the server page, select Connection security.

  3. [ファイアウォール規則] という見出しの下で、[規則名] 列の空白のテキスト ボックスを選択し、ファイアウォール規則の作成を開始します。Under the Firewall rules heading, select the blank text box in the Rule Name column to begin creating the firewall rule.

    [接続のセキュリティ] - [ファイアウォール規則]

    このクイックスタートでは、各列のボックスに以下の値を入力することで、サーバーへのすべての IP アドレスを許可します。For this Quickstart, let's allow all IP addresses into the server by filling in boxes in each column with the following values:

    規則の名前Rule name 開始 IPStart IP 終了 IPEnd IP
    AllowAllIpsAllowAllIps 0.0.0.00.0.0.0 255.255.255.255255.255.255.255

    すべての IP アドレスを許可することは、安全とは言えません。Allowing all IP addresses is not secure. この例は単純化していますが、実際のシナリオでは、アプリケーションとユーザーのために追加する IP アドレス範囲を厳密に把握しておく必要があります。This example is provided for simplicity, but in a real-world scenario, you need to know the precise IP address ranges to add for your applications and users.

  4. [接続のセキュリティ] ページの上部のツール バーで、[保存] を選択します。On the upper toolbar of the Connection security page, select Save. 更新が正常に完了したことを示す通知が表示されるまで待ってから次に進んでください。Wait until the notification appears stating that the update has finished successfully before you continue.

    注意

    Azure Database for MySQL との接続では、ポート 3306 が通信に使用されます。Connections to Azure Database for MySQL communicate over port 3306. 企業ネットワーク内から接続を試みる場合、ポート 3306 での送信トラフィックが許可されていない場合があります。If you try to connect from within a corporate network, outbound traffic over port 3306 might not be allowed. その場合、会社の IT 部門によってポート 3306 が開放されない限り、サーバーに接続することはできません。If this is the case, you can't connect to your server unless your IT department opens port 3306.

接続情報の取得Get the connection information

データベース サーバーに接続するには、サーバーの完全な名前と管理者サインイン資格情報が必要となります。To connect to your database server, you need the full server name and admin sign-in credentials. これらの値は、クイックスタートの記事の前の方でメモしてあると思われます。You might have noted those values earlier in the Quickstart article. メモしていなかった場合、Azure Portal で、サーバーの [概要] ページまたは [プロパティ] ページからサーバー名とサインイン情報を簡単に確認できます。If you didn't, you can easily find the server name and sign-in information from the server Overview page or the Properties page in the Azure portal.

そのためには、次の手順を実行してください。To find these, take the following steps:

  1. サーバーの [概要] ページを開きます。Open your server's Overview page. [サーバー名][サーバー管理者ログイン名] の値を書き留めておきます。Make a note of the Server name and Server admin login name.

  2. 各フィールドの上にカーソルを合わせると、テキストの右側にコピー アイコンが表示されます。Hover your cursor over each field, and the copy icon appears to the right of the text. 必要に応じてコピー アイコンを選択して値をコピーします。Select the copy icon as needed to copy the values.

この例では、サーバー名は myserver4demo.mysql.database.azure.com、サーバー管理者サインインは myadmin@myserver4demo です。In this example, the server name is myserver4demo.mysql.database.azure.com, and the server admin sign-in is myadmin@myserver4demo.

mysql コマンド ライン ツールを使用した MySQL への接続Connect to MySQL by using the mysql command-line tool

Azure Database for MySQL サーバーに接続するために使用できるアプリケーションは多数あります。There are a number of applications you can use to connect to your Azure Database for MySQL server.

まず、サーバーに接続する方法を示すために、mysql コマンドライン ツールを使用してみましょう。Let's first use the mysql command-line tool to illustrate how to connect to the server. 別途ソフトウェアをインストールしなくても、ここで説明するように、Web ブラウザーと Azure Cloud Shell を使用することもできます。You can also use a web browser and Azure Cloud Shell as described here without installing additional software. mysql ユーティリティがローカルにインストールしてある場合は、そこからも接続できます。If you have the mysql utility installed locally, you can connect from there as well.

  1. Azure Portal の右上にあるターミナル アイコン (>_) で Azure Cloud Shell を起動します。Launch Azure Cloud Shell via the terminal icon (>_) on the upper right of the Azure portal.

  2. Azure Cloud Shell がブラウザーで開き、bash シェル コマンドを入力できます。Azure Cloud Shell opens in your browser, where you can type bash shell commands.

    コマンド プロンプト - mysql コマンド ラインの例

  3. Cloud Shell プロンプトで、mysql コマンド ラインを入力して Azure Database for MySQL サーバーに接続します。At the Cloud Shell prompt, connect to your Azure Database for MySQL server by typing the mysql command line.

    mysql ユーティリティで Azure Database for MySQL サーバーに接続するには、次の形式を使用します。To connect to an Azure Database for MySQL server with the mysql utility, use the following format:

    mysql --host <fully qualified servername> --user <serveradminlogin@servername> -p
    

    たとえば、次のコマンドは、サンプル サーバーに接続します。For example, the following command connects to our example server:

    mysql --host myserver4demo.mysql.database.azure.com --user myadmin@myserver4demo -p
    
    mysql パラメーターmysql parameter 推奨値Suggested value DescriptionDescription
    --host--host [サーバー名]Server name 前に Azure Database for MySQL サーバーを作成したときに使用したサーバー名の値。The server name value that you used earlier when you created the Azure Database for MySQL server. この例におけるサーバーは、myserver4demo.mysql.database.azure.com です。例で示されているように、完全修飾ドメイン名 (*.mysql.database.azure.com) を使用します。Our example server is myserver4demo.mysql.database.azure.com. Use the fully qualified domain name (*.mysql.database.azure.com) as shown in the example. サーバー名を覚えていない場合は、前のセクションの手順に従って接続情報を取得してください。If you don't remember your server name, follow the steps in the previous section to get the connection information.
    --user--user "サーバー管理者ログイン名"Server admin login name 前の手順で Azure Database for MySQL サーバーを作成したときに指定したサーバー管理者ログイン ユーザー名。The server admin login username that you supplied when you created the Azure Database for MySQL server earlier. ユーザー名を覚えていない場合は、前のセクションの手順に従って接続情報を取得してください。If you don't remember the username, follow the steps in the previous section to get the connection information. 形式は username@servername です。The format is username@servername.
    -p-p "プロンプトが表示されるまで待つ"Wait until prompted プロンプトが表示されたら、サーバーの作成時に指定したのと同じパスワードを入力してください。When prompted, provide the same password that you provided when you created the server. 入力したパスワードの文字は bash プロンプトには表示されないことに注意してください。Note that the typed password characters are not shown on the bash prompt when you type them. パスワードを入力したら、Enter キーを押します。After you've entered the password, select Enter.

    接続されると、コマンドの入力を求める mysql> プロンプトが mysql ユーティリティによって表示されます。After it's connected, the mysql utility displays a mysql> prompt at which you can type commands.

    以下に示したのは mysql の出力例です。Following is example mysql output:

    Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
    Your MySQL connection id is 65505
    Server version: 5.6.26.0 MySQL Community Server (GPL)
    
    Copyright (c) 2000, 2017, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
    
    Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
    affiliates. Other names may be trademarks of their respective
    owners.
    
    Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.
    
    mysql>
    

    ヒント

    Azure Cloud Shell の IP アドレスを許可するようにファイアウォールが構成されていない場合、次のエラーが発生します。If the firewall is not configured to allow the IP address of Azure Cloud Shell, the following error occurs:

    エラー 2003 (28000): IP アドレス 123.456.789.0 のクライアントはこのサーバーへのアクセスが許可されていません。ERROR 2003 (28000): Client with IP address 123.456.789.0 is not allowed to access the server.

    エラーを解決するには、サーバーの構成が、この記事の「サーバーレベルのファイアウォール規則の構成」セクションの手順と一致していることを確認してください。To resolve the error, make sure the server configuration matches the steps in the "Configure a server-level firewall rule" section of the article.

  4. 接続が正常に機能していることを確認するために、mysql> プロンプトに「status」と入力して、サーバーの状態を確認します。To ensure the connection is functional, view the server status by typing status at the mysql> prompt.

    status
    

    ヒント

    その他のコマンドについては、「MySQL 5.7 リファレンス マニュアル - 4.5.1 章」を参照してください。For additional commands, see MySQL 5.7 Reference Manual--Chapter 4.5.1.

  5. mysql> プロンプトに次のコマンドを入力して空のデータベースを作成します。Create a blank database at the mysql> prompt by typing the following command:

    CREATE DATABASE quickstartdb;
    

    このコマンドは、完了するまでに少し時間がかかる場合があります。The command might take a few moments to complete.

    Azure Database for MySQL サーバー内には 1 つまたは複数のデータベースを作成できます。Within an Azure Database for MySQL server, you can create one or multiple databases. サーバーごとに 1 つのデータベースを作成してすべてのリソースを利用するか、複数のデータベースを作成してリソースを共有することができます。You can opt to create a single database per server to utilize all the resources, or create multiple databases to share the resources. 作成できるデータベース数に制限はありませんが、複数のデータベースは同一のサーバー リソースを共有します。There is no limit to the number of databases that you can create, but multiple databases share the same server resources.

  6. mysql> プロンプトに次のコマンドを入力してデータベースを一覧表示します。List the databases at the mysql> prompt by typing the following command:

    SHOW DATABASES;
    
  7. \q」を入力してから、Enter キーを押して mysql ツールを終了します。Type \q, and then select the Enter key to quit the mysql tool. 終了したら Azure Cloud Shell を閉じることができます。You can close Azure Cloud Shell after you are done.

これで、Azure Database for MySQL サーバーに接続し、空のユーザー データベースを作成することができました。Now you have connected to the Azure Database for MySQL server and created a blank user database. 次のセクションに進んで、同様の練習をしましょう。Continue to the next section for a similar exercise. 次の練習では、広く使われているもう 1 つのツール、MySQL Workbench を使って同じサーバーに接続します。The next exercise connects to the same server by using another common tool, MySQL Workbench.

MySQL Workbench GUI ツールを使用したサーバーへの接続Connect to the server by using the MySQL Workbench GUI tool

GUI ツールである MySQL Workbench を使用してサーバーに接続するには、次の手順を実行します。To connect to the server by using the GUI tool MySQL Workbench, take the following steps:

  1. クライアント コンピューターで MySQL Workbench アプリケーションを起動します。Open the MySQL Workbench application on your client computer. MySQL Workbench は「Download MySQL Workbench (MySQL Workbench のダウンロード)」からダウンロードしてインストールできます。You can download and install MySQL Workbench from Download MySQL Workbench.

  2. 新しい接続を作成します。Create a new connection. [MySQL Connections](MySQL 接続) という見出しの横に表示されている正符号 (+) アイコンをクリックします。Click the plus (+) icon beside the MySQL Connections heading.

  3. [Setup New Connection](新しい接続のセットアップ) ダイアログ ボックスで、実際のサーバーの接続情報を [Parameters](パラメーター) タブに入力します。以下に示した値は、あくまで例です。In the Setup New Connection dialog box, enter your server connection information on the Parameters tab. Placeholder values are shown as an example. ホスト名、ユーザー名、パスワードは、実際の値に置き換えてください。Replace the Hostname, Username, and Password with your own values.

    新しい接続のセットアップ

    設定Setting 推奨値Suggested value フィールドの説明Field description
    接続名Connection name Demo connectionDemo connection この接続のラベル。A label for this connection.
    接続方法Connection method Standard (TCP/IP)Standard (TCP/IP) Standard (TCP/IP) で十分です。Standard (TCP/IP) is sufficient.
    ホスト名Hostname [サーバー名]Server name 前に Azure Database for MySQL サーバーを作成したときに使用したサーバー名の値。The server name value that you used when you created the Azure Database for MySQL server earlier. この例におけるサーバーは、myserver4demo.mysql.database.azure.com です。例で示されているように、完全修飾ドメイン名 (*.mysql.database.azure.com) を使用します。Our example server is myserver4demo.mysql.database.azure.com. Use the fully qualified domain name (*.mysql.database.azure.com) as shown in the example. サーバー名を覚えていない場合は、前のセクションの手順に従って接続情報を取得してください。If you don't remember your server name, follow the steps in the previous section to get the connection information.
    PortPort 33063306 Azure Database for MySQL サーバーに接続するときに使用するポート。The port to use when connecting to your Azure Database for MySQL server.
    ユーザー名Username "サーバー管理者ログイン名"Server admin login name 前の手順で Azure Database for MySQL サーバーを作成したときに指定したサーバー管理者サインイン情報。The server admin sign-in information that you supplied when you created the Azure Database for MySQL server earlier. この例のユーザー名は myadmin@myserver4demo です。Our example username is myadmin@myserver4demo. ユーザー名を覚えていない場合は、前のセクションの手順に従って接続情報を取得してください。If you don't remember the username, follow the steps in the previous section to get the connection information. 形式は username@servername です。The format is username@servername.
    パスワードPassword "パスワード"Your password [Store in Vault](コンテナーに保存) ボタンを選択してパスワードを保存します。Select the Store in Vault... button to save the password.
  4. [Test Connection](接続のテスト) を選択して、すべてのパラメーターが正しく構成されているかどうかをテストします。Select Test Connection to test whether all parameters are configured correctly. その後、[OK] を選択して接続を保存します。Then select OK to save the connection.

    注意

    ご使用のサーバーには SSL が既定で適用されるため、正常に接続するためには追加の構成が必要です。SSL is enforced by default on your server and requires extra configuration to connect successfully. 詳細については、「Azure Database for MySQL に安全に接続するためにアプリケーションで SSL 接続を構成する」を参照してください。For more information, see Configure SSL connectivity in your application to securely connect to Azure Database for MySQL. このクイックスタートに関して SSL を無効にするには、Azure Portal にアクセスし、To disable SSL for this Quickstart, go to the Azure portal. [接続のセキュリティ] ページを選択して、[SSL 接続を強制する] トグル ボタンを無効にします。Then select the Connection security page to disable the Enforce SSL connection toggle button.

リソースのクリーンアップClean up resources

このクイックスタートで作成したリソースは、2 とおりの方法でクリーンアップすることができます。You can clean up the resources that you created in the Quickstart in two ways. Azure リソース グループを削除した場合、そのリソース グループに含まれたすべてのリソースが対象となります。You can delete the Azure resource group, which includes all the resources in the resource group. 他のリソースをそのまま維持する場合は、1 つのサーバー リソースだけを削除してください。If you want to keep the other resources intact, delete only the one server resource.

ヒント

このコレクションの他のクイックスタートは、このクイックスタートに基づいています。Other Quickstarts in this collection build on this Quickstart. 引き続きクイックスタートの作業を行う場合は、このクイックスタートで作成したリソースをクリーンアップしないでください。If you plan to continue working with Quickstarts, don't clean up the resources that you created in this Quickstart. これ以上作業を行わない場合は、以下の手順に従い、このクイックスタートで作成したすべてのリソースを削除してください。If you don't plan to continue, use the following steps to delete all the resources that you created with this Quickstart.

新しく作成したサーバーを含むリソース グループ全体を削除する手順は次のとおりです。To delete the entire resource group including the newly created server, take the following steps:

  1. Azure Portal で目的のリソース グループを探します。Locate your resource group in the Azure portal. 左側のメニューで [リソース グループ] を選択し、目的のリソース グループの名前 (この例の myresourcegroup など) を選択します。On the menu on the left, select Resource groups, and then select the name of your resource group (such as our example, myresourcegroup).

  2. リソース グループ ページで [削除] を選択します。On your resource group page, select Delete. 次に、リソース グループの名前 (この例の myresourcegroup など) をボックスに入力して削除の確認を行い、[削除] を選択します。Then type the name of your resource group (such as our example myresourcegroup) in the box to confirm deletion, and select Delete.

新しく作成したサーバーだけを削除する手順は次のとおりです。To delete only the newly created server, take the following steps:

  1. Azure Portal で目的のサーバーを探します (まだ開いていない場合)。Locate your server in the Azure portal if you don't already have it open. Azure Portal の左側のメニューから [すべてのリソース] を選択します。From the menu on the left in the Azure portal, select All resources. 次に、作成したサーバーを検索します。Then search for the server you created.

  2. [概要] ページで [削除] を選択します。On the Overview page, select Delete.

    Azure Database for MySQL - サーバーの削除

  3. 削除するサーバーの名前を確認し、影響を受けるデータベースをその下に表示します。Confirm the name of the server that you want to delete, and show the databases under it that are affected. 目的のサーバー名 (この例の myserver4demo など) をボックスに入力します。Type your server name in the box (such as our example myserver4demo). [削除]を選択します。Select Delete.

次のステップNext steps