クイック スタート:Azure portal で Azure Database for MySQL サーバーを作成するQuickstart: Create an Azure Database for MySQL server in the Azure portal

Azure Database for MySQL は、高可用性 MySQL データベースをクラウドで実行、管理、スケーリングするための管理されたサービスです。Azure Database for MySQL is a managed service that you use to run, manage, and scale highly available MySQL Databases in the cloud. このクイック スタートでは、Azure Portal を使用して 5 分で Azure Database for MySQL サーバーを作成する方法を説明します。This Quickstart shows you how to create an Azure Database for MySQL server in about five minutes using the Azure portal.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料の Azure アカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free Azure account before you begin.

Azure portal にサインインするSign in to the Azure portal

Web ブラウザーを開き、Azure Portal に移動します。Open your web browser, and then go to the Azure portal. 資格情報を入力してポータルにサインインします。Enter your credentials to sign in to the portal. 既定のビューはサービス ダッシュボードです。The default view is your service dashboard.

Azure Database for MySQL サーバーの作成Create an Azure Database for MySQL server

Azure Database for MySQL サーバーは、定義済みの一連のコンピューティング リソースとストレージ リソースを使って作成します。You create an Azure Database for MySQL server with a defined set of compute and storage resources. サーバーは、Azure リソース グループ内に作成します。You create the server within an Azure resource group.

Azure Database for MySQL サーバーを作成するには、次の手順に従います。Follow these steps to create an Azure Database for MySQL server:

  1. ポータルの左上隅にある [リソースの作成] (+) を選択します。Select Create a resource (+) in the upper-left corner of the portal.

  2. [データベース] > [Azure Database for MySQL] の順に選択します。Select Databases > Azure Database for MySQL. 検索ボックスに「MySQL」と入力してサービスを検索することもできます。You can also enter MySQL in the search box to find the service.

Azure Database for MySQL オプションAzure Database for MySQL option

  1. 新しいサーバーの詳細フォームには次の情報を入力してください。Fill out the new server details form with the following information:

サーバー フォームを作成するCreate server form

設定Setting 推奨値Suggested value フィールドの説明Field description
サブスクリプションSubscription 該当するサブスクリプションYour subscription サーバーに使用する Azure サブスクリプションを選択します。Select the Azure subscription that you want to use for your server. 複数のサブスクリプションをお持ちの場合は、リソースの課金対象となるサブスクリプションを選択してください。If you have multiple subscriptions, choose the subscription in which you get billed for the resource.
Resource groupResource group myresourcegroupmyresourcegroup 新規または既存のリソース グループの名前を入力します。Provide a new or existing resource group name. リソース グループを使用すると、1 つのプロジェクトに属する依存関係を整理できます。Resource group can be used organize your dependencies that belong to single project.
サーバー名Server name 一意のサーバー名Unique server name Azure Database for MySQL サーバーを識別する一意の名前を入力します。Enter a unique name that identifies your Azure Database for MySQL server. たとえば、"mysqldbserver" などとします。サーバー名に含めることができるのは、英小文字、数字、およびハイフン (-) のみであり、For example, 'mysqldbserver'.The server name can contain only lowercase letters, numbers, and the hyphen (-) character. 3 ~ 63 文字にする必要があります。It must contain from 3 to 63 characters.
データ ソースData source なしNone [なし] を選択し、最初から新しいサーバーを作成しますSelect None to create a new server from scratch. (既存の Azure Database for MySQL サーバーの geo バックアップからサーバーを作成している場合は、 [バックアップ] を選択します)。(You would select Backup if you were creating a server from a geo-backup of an existing Azure Database for MySQL server).
サーバー管理者のログインServer admin login myadminmyadmin サーバー管理者のユーザー名を入力します。Enter a username for your server administrator. 管理者のユーザー名として、azure_superuseradminadministratorrootguestpublic を使用することはできません。You cannot use azure_superuser, admin, administrator, root, guest, or public as the admin username.
PasswordPassword <任意>Your choice サーバー管理者アカウントの新しいパスワードを入力します。Provide a new password for the server admin account. パスワードは、英大文字または小文字、数字、英数字以外の文字 (!、$、#、% など) を組み合わせて、8 から 128 文字までの長さにする必要があります。Password must be 8 to 128 characters in length with a combination of uppercase or lowercase letters, numbers, and non-alphanumeric characters (!, $, #, %, and so on).
[パスワードの確認入力]Confirm password <任意>Your choice 管理者アカウントのパスワードを確認します。Confirm the admin account password.
場所Location ユーザーに最も近いリージョンThe region closest to your users ユーザーや他の Azure アプリケーションに最も近い場所を選択します。Choose the location that is closest to your users or your other Azure applications.
VersionVersion 最新のメジャー バージョンThe latest major version 最新メジャー バージョン (別のバージョンを指定する特定の要件がある場合を除く)。The latest major version (unless you have specific requirements that require another version).
コンピューティングとストレージCompute + Storage 汎用Gen 52 仮想コア5 GB7 日地理冗長General Purpose, Gen 5, 2 vCores, 5 GB, 7 days, Geographically Redundant 新しいサーバーのコンピューティング、ストレージ、およびバックアップ構成。The compute, storage, and backup configurations for your new server. [サーバーの構成] を選択します。Select Configure server. 次に、適切な価格レベルを選択します。詳細については、価格ページを参照してください。Next, select the appropriate pricing tier, for more information, see the pricing page. サーバー バックアップを geo 冗長ストレージで有効にするには、 [バックアップ冗長オプション] から [地理冗長] を選択します。To enable your server backups in geo-redundant storage, select Geographically Redundant from the Backup Redundancy Options. [OK] を選択します。Select OK.

注意

低負荷なコンピューティングと I/O がワークロードに適している場合は、Basic 価格レベルの使用を検討してください。Consider using the Basic pricing tier if light compute and I/O are adequate for your workload. Basic 価格レベルで作成されたサーバーは後で General Purpose またはメモリ最適化にスケーリングできないことに注意してください。Note that servers created in the Basic pricing tier cannot later be scaled to General Purpose or Memory Optimized.

  1. [確認および作成] を選択して、サーバーをプロビジョニングします。Select Review + create to provision the server. プロビジョニングには、最大 20 分かかる場合があります。Provisioning can take up to 20 minutes.

  2. デプロイ プロセスを監視するには、ツール バーの [通知] (ベル アイコン) を選択します。Select Notifications on the toolbar (the bell icon) to monitor the deployment process.

既定では、データベース information_schemamysqlperformance_schema、および sys は、ご利用のサーバーに作成されます。By default, the following databases are created under your server: information_schema, mysql, performance_schema, and sys.

サーバーレベルのファイアウォール規則の構成Configure a server-level firewall rule

既定では、作成されたサーバーはファイアウォールで保護され、パブリックにアクセスすることはできません。By default the server created is protected with a firewall and is not accessible publicly. ご使用の IP にアクセス権を付与するには、Azure portal で対象のサーバー リソースに移動し、そのサーバー リソースの左側のメニューから [接続のセキュリティ] を選択します。To give access to your IP, go to your server resource in the Azure portal and select Connection security from left-side menu for your server resource. 対象のリソースを見つける方法がわからない場合は、リソースを開く方法に関するセクションを参照してください。Don't know how to find your resource, see How to open a resource.

[接続のセキュリティ] - [ファイアウォール規則]Connection security - Firewall rules

次に、 [現在のクライアント IP アドレスを追加] を選択し、 [保存] を選択します。Now select Add current client IP address and then select Save. IP を追加するか、IP 範囲を指定することで、それらの IP から対象のサーバーに接続できるようになります。You can add additional IPs or provide an IP range to connect to your server from those IPs. 詳細については、Azure Database for MySQL サーバーのファイアウォール規則を管理する方法に関するページを参照してくださいFor more information, see How to manage firewall rules on Azure Database for MySQL server

注意

接続の問題が発生しないように、Azure Database for MySQL で使用されるポート 3306 経由のアウトバウンド トラフィックがネットワークで許可されているかどうかを確認します。Check if your network allows outbound traffic over port 3306 that is used by Azure Database for MySQL to avoid connectivity issues.

mysql コマンドライン クライアントを使用して Azure Database for MySQL サーバーに接続するConnect to Azure Database for MySQL server using mysql command-line client

ローカル環境からサーバーに接続するには、mysql.exe または MySQL Workbench を選択できます。You can choose either mysql.exe or MySQL Workbench to connect to the server from your local environment. このクイックスタートでは、Azure Cloud Shellmysql.exe を実行して、サーバーに接続します。In this quickstart, we will run mysql.exe in Azure Cloud Shell to connect to the server.

  1. 左上の強調表示されているアイコンをクリックして、ポータルで Azure Cloud Shell を起動します。Launch Azure Cloud Shell in the portal by clicking the highlighted icon on the top-left side. 次の画像に示すように、 [概要] セクションから、新しく作成されたサーバーのサーバー名、サーバー管理者のログイン名、パスワード、およびサブスクリプションをメモします。Make a note of your server name, server admin login name, password, and subscription for your newly created server from the Overview section as shown in the image below.

    注意

    初めて Cloud Shell を起動する場合は、リソース グループとストレージ アカウントを作成するように求めるメッセージが表示されます。If you are launching cloud shell for the first time, you will see a prompt to create a resource group, storage account. これは 1 回限りの作業であり、それ以降はすべてのセッションで自動的に接続されます。This is a one- time step and will be automatically attached for all sessions.

    ポータルでの Cloud Shell の完全なビューPortal Full View Cloud Shell

  2. Azure Cloud Shell ターミナルで次のコマンドを実行します。Run this command on Azure Cloud Shell terminal. 値は実際のサーバー名と管理者ユーザーのログイン名に置き換えてください。Replace values with your actual server name and admin user login name. Azure Database for MySQL の管理者ユーザー名には、次に示すように @ が必要ですThe admin username requires '@ as shown below for Azure Database for MySQL

mysql --host=mydemoserver.mysql.database.azure.com --user=myadmin@mydemoserver -p 

Cloud Shell ターミナルでのエクスペリエンスは次のようになりますHere is how the experience looks like in the Cloud Shell terminal

Requesting a Cloud Shell.Succeeded.
Connecting terminal...

Welcome to Azure Cloud Shell

Type "az" to use Azure CLI
Type "help" to learn about Cloud Shell

sunitha@Azure:~$mysql -h mydemoserver.mysql.database.azure.com -u admin@wpapp-mysqldbserver -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 64796
Server version: 5.6.42.0 Source distribution

Copyright (c) 2000, 2020, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.
mysql>
  1. 同じ Azure Cloud Shell ターミナルで、データベース guest を作成しますIn the same Azure Cloud Shell terminal, create a database guest
mysql> CREATE DATABASE guest;
Query OK, 1 row affected (0.27 sec)
  1. データベース guest に変更しますChange to database guest
mysql> USE guest;
Database changed 
  1. quit」と入力し、Enter キーを押して、mysql を終了します。Type quit, and then select the Enter key to quit mysql.

リソースをクリーンアップするClean up resources

リソース グループに Azure Database for MySQL サーバーが正常に作成されました。You have successfully created an Azure Database for MySQL server in a resource group. これらのリソースが今後不要である思われる場合は、リソース グループを削除してリソースを削除することも、単にこの MySQL サーバーを削除することもできます。If you don't expect to need these resources in the future, you can delete them by deleting the resource group or just delete the MySQL server. リソース グループを削除するには、次の手順を実行します。To delete the resource group, follow these steps:

  1. Azure portal で、「リソース グループ」を検索して選択します。In the Azure portal, search for and select Resource groups.
  2. リソース グループの一覧で、リソース グループの名前を選択します。In the resource group list, choose the name of your resource group.
  3. リソース グループの [概要] ページで、 [リソース グループの削除] を選択します。In the Overview page of your resource group, select Delete resource group.
  4. 確認のダイアログ ボックスでリソース グループの名前を入力し、 [削除] を選択します。In the confirmation dialog box, type the name of your resource group, and then select Delete.

サーバーを削除するには、次に示すように、サーバーの [概要] ページで [削除] ボタンをクリックします。To delete the server, you can click on Delete button on Overview page of your server as shown below:

リソースを削除するDelete your resources

次のステップNext steps