Azure Portal を使用した Azure Network Watcher との接続のトラブルシューティングTroubleshoot connections with Azure Network Watcher using the Azure portal

仮想マシンから指定されたエンドポイントへの直接の TCP 接続が確立されたかどうかを確認するために、接続のトラブルシューティングを使用する方法について説明します。Learn how to use connection troubleshoot to verify whether a direct TCP connection from a virtual machine to a given endpoint can be established.

開始する前にBefore you begin

この記事では、次のリソースがあることを前提としています。This article assumes you have the following resources:

  • 接続のトラブルシューティングを行うリージョンの Network Watcher のインスタンス。An instance of Network Watcher in the region you want to troubleshoot a connection.
  • 接続のトラブルシューティングを行う仮想マシン。Virtual machines to troubleshoot connections with.

重要

接続のトラブルシューティングを行うには、トラブルシューティングの実行に使用する VM に AzureNetworkWatcherExtension VM 拡張機能がインストールされている必要があります。Connection troubleshoot requires that the VM you troubleshoot from has the AzureNetworkWatcherExtension VM extension installed. Windows VM への拡張機能のインストールについては、Windows 用 Azure Network Watcher Agent 仮想マシン拡張機能に関する記事をご覧ください。Linux VM の場合は、Linux 用 Azure Network Watcher Agent 仮想マシン拡張機能に関する記事をご覧ください。For installing the extension on a Windows VM visit Azure Network Watcher Agent virtual machine extension for Windows and for Linux VM visit Azure Network Watcher Agent virtual machine extension for Linux. 接続先のエンドポイントでは、拡張機能は必要ありません。The extension is not required on the destination endpoint.

仮想マシンへの接続を確認するCheck connectivity to a virtual machine

この例では、ポート 80 で接続先の仮想マシンへの接続を確認します。This example checks connectivity to a destination virtual machine over port 80.

Network Watcher に移動し、 [接続のトラブルシューティング] をクリックします。Navigate to your Network Watcher and click Connection troubleshoot. 接続を確認する仮想マシンを選択します。Select the virtual machine to check connectivity from. [Destination](接続先) セクションで、 [仮想マシンの選択] を選択し、テスト対象の適切な仮想マシンおよびポートを選択します。In the Destination section choose Select a virtual machine and choose the correct virtual machine and port to test.

[チェック] をクリックすると、指定したポート上の仮想マシン間の接続が確認されます。Once you click Check, connectivity between the virtual machines on the port specified is checked. この例では、接続先の VM に到達できず、ホップの一覧が表示されます。In the example, the destination VM is unreachable, a listing of hops are shown.

仮想マシンの接続確認の結果

リモート エンドポイントの接続を確認するCheck remote endpoint connectivity

リモート エンドポイントへの接続および待機時間を確認するには、 [Destination](接続先) セクションの [手動で指定] オプション ボタンを選択し、URL とポートを入力して、 [チェック] をクリックします。To check the connectivity and latency to a remote endpoint, choose the Specify manually radio button in the Destination section, input the url and the port and click Check. この手順は、Web サイトやストレージ エンドポイントなどのリモート エンドポイントで使用します。This is used for remote endpoints like websites and storage endpoints.

Web サイトの接続確認の結果

次の手順Next steps

アラートがトリガーするパケット キャプチャの作成に関するページを参照して、仮想マシンのアラートを使用してパケット キャプチャを自動化する方法を確認するLearn how to automate packet captures with Virtual machine alerts by viewing Create an alert triggered packet capture

IP フロー検証の確認に関する記事を参照して、VM で送受信される特定のトラフィックが許可されているかどうかを調べるFind if certain traffic is allowed in or out of your VM by visiting Check IP flow verify