Traffic Analytics についてよく寄せられる質問Traffic Analytics frequently asked questions

この記事では、Azure Network Watcher のトラフィック分析についてよく寄せられる質問の多くをまとめました。This article collects in one place many of the most frequently asked questions about traffic analytics in Azure Network Watcher.

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

トラフィック分析を使用する前提条件は何ですか?What are the prerequisites to use traffic analytics?

Traffic Analytics では、次の前提条件が必要です。Traffic Analytics requires the following prerequisites:

  • Network Watcher 対応のサブスクリプション。A Network Watcher enabled subscription.
  • 監視対象のネットワーク セキュリティ グループ (NSG) に対して有効になっている NSG フロー ログ。Network Security Group (NSG) flow logs enabled for the NSGs you want to monitor.
  • 生のフロー ログを格納するための Azure Storage アカウント。An Azure Storage account, to store raw flow logs.
  • 読み取りと書き込みのアクセス権がある Log Analytics ワークスペースAn Azure Log Analytics workspace, with read and write access.

トラフィック分析を有効にするには、アカウントが次のいずれかを満たしている必要があります。Your account must meet one of the following to enable traffic analytics:

  • アカウントには、サブスクリプション スコープで、所有者、共同作成者、閲覧者、またはネットワーク共同作成者のいずれかのロールベースのアクセス制御 (RBAC) ロールが割り当てられている必要があります。Your account must have any one of the following role-based access control (RBAC) roles at the subscription scope: owner, contributor, reader, or network contributor.

  • アカウントに上記のどのロールも割り当てられていない場合、サブスクリプション レベルで次のアクションが割り当てられるカスタム ロールを割り当てる必要があります。If your account is not assigned to one of the previously listed roles, it must be assigned to a custom role that is assigned the following actions, at the subscription level.

    • Microsoft.Network/applicationGateways/readMicrosoft.Network/applicationGateways/read
    • Microsoft.Network/connections/readMicrosoft.Network/connections/read
    • Microsoft.Network/loadBalancers/readMicrosoft.Network/loadBalancers/read
    • Microsoft.Network/localNetworkGateways/readMicrosoft.Network/localNetworkGateways/read
    • Microsoft.Network/networkInterfaces/readMicrosoft.Network/networkInterfaces/read
    • Microsoft.Network/networkSecurityGroups/readMicrosoft.Network/networkSecurityGroups/read
    • Microsoft.Network/publicIPAddresses/readMicrosoft.Network/publicIPAddresses/read
    • Microsoft.Network/routeTables/readMicrosoft.Network/routeTables/read
    • Microsoft.Network/virtualNetworkGateways/readMicrosoft.Network/virtualNetworkGateways/read
    • Microsoft.Network/virtualNetworks/readMicrosoft.Network/virtualNetworks/read

サブスクリプションのユーザーに割り当てられているロールを確認するには、次の手順を実行します。To check roles assigned to a user for a subscription:

  1. Login-AzAccount を使用して、Azure にサインインします。Sign in to Azure by using Login-AzAccount.

  2. Select-AzSubscription を使用して、必要なサブスクリプションを選択します。Select the required subscription by using Select-AzSubscription.

  3. 指定したユーザーに割り当てられているすべてのロールを一覧表示するには、Get-AzRoleAssignment -SignInName [ユーザーの電子メール アドレス] -IncludeClassicAdministrators を使用します。To list all the roles that are assigned to a specified user, use Get-AzRoleAssignment -SignInName [user email] -IncludeClassicAdministrators.

出力が表示されない場合は、各サブスクリプション管理者に連絡して、コマンドを実行するアクセス権を取得してください。If you are not seeing any output, contact the respective subscription admin to get access to run the commands. 詳細については、Azure PowerShell を使用したロールベースのアクセス制御の管理に関するページを参照してください。For more details, see Manage role-based access control with Azure PowerShell.

Traffic Analytics はどの Azure リージョンで使用できますか?In which Azure regions is Traffic Analytics available?

NSG のトラフィック分析は、次のサポートされているどのリージョンでも使用できます。You can use traffic analytics for NSGs in any of the following supported regions:

  • カナダ中部Canada Central
  • 米国中西部West Central US
  • 米国東部East US
  • 米国東部 2East US 2
  • 米国中北部North Central US
  • 米国中南部South Central US
  • 米国中部Central US
  • 米国西部West US
  • 米国西部 2West US 2
  • フランス中部France Central
  • 西ヨーロッパWest Europe
  • 北ヨーロッパNorth Europe
  • ブラジル南部Brazil South
  • 英国西部UK West
  • 英国南部UK South
  • オーストラリア東部Australia East
  • オーストラリア南東部Australia Southeast
  • 東アジアEast Asia
  • 東南アジアSoutheast Asia
  • 韓国中部Korea Central
  • インド中部Central India
  • インド南部South India
  • 東日本Japan East
  • 西日本Japan West
  • 米国政府バージニア州US Gov Virginia

Log Analytics ワークスペースは、次のリージョンに存在する必要があります。The Log Analytics workspace must exist in the following regions:

  • カナダ中部Canada Central
  • 米国中西部West Central US
  • 米国西部 2West US 2
  • 米国東部East US
  • フランス中部France Central
  • 西ヨーロッパWest Europe
  • 英国南部UK South
  • オーストラリア南東部Australia Southeast
  • 東南アジアSoutheast Asia
  • 韓国中部Korea Central
  • インド中部Central India
  • 東日本Japan East
  • 米国政府バージニア州US Gov Virginia

フロー ログを有効化する NSG は、自分のワークスペースとは別のリージョンに存在できますか?Can the NSGs I enable flow logs for be in different regions than my workspace?

はい。これらの NSG は、Log Analytics ワークスペースとは異なるリージョンに存在することができます。Yes, these NSGs can be in different regions than your Log Analytics workspace.

1 つのワークスペース内に複数の NSG を構成できますか?Can multiple NSGs be configured within a single workspace?

はい。Yes.

既存のワークスペースを使用できますか?Can I use an existing workspace?

はい。Yes. 既存のワークスペースを選択する場合は、それが新しいクエリ言語に移行されていることを確認してください。If you select an existing workspace, make sure that it has been migrated to the new query language. そのワークスペースのアップグレードを望まない場合は、新しいワークスペースを作成する必要があります。If you do not want to upgrade the workspace, you need to create a new one. 新しいクエリ言語の詳細については、新しいログ検索への Azure Monitor ログのアップグレードに関するページをご覧ください。For more information about the new query language, see Azure Monitor logs upgrade to new log search.

自分の Azure Storage アカウントと自分の Log Analytics ワークスペースをそれぞれ別のサブスクリプションに置くことができますか?Can my Azure Storage Account be in one subscription and my Log Analytics workspace be in a different subscription?

はい。自分の Azure Storage アカウントと自分の Log Analytics ワークスペースをそれぞれ別のサブスクリプションに置くことができます。Yes, your Azure Storage account can be in one subscription, and your Log Analytics workspace can be in a different subscription.

未処理のログを別のサブスクリプションで格納することはできますか?Can I store raw logs in a different subscription?

いいえ。No. NSG のフロー ログが有効になっているストレージ アカウントでは、未処理のログを保存できます。You can store raw logs in any storage account where an NSG is enabled for flow logs. ただし、ストレージ アカウントと未処理のログは、同じサブスクリプションとリージョンに属している必要があります。However, both the storage account and the raw logs must be in the same subscription and region.

"見つかりません" エラーによってトラフィック分析用に NSG を構成できないとどうなりますか?What if I can't configure an NSG for traffic analytics due to a "Not found" error?

サポートされているリージョンを選択します。Select a supported region. サポートされていないリージョンを選択すると、[見つかりません] エラーが表示されます。If you select a non-supported region, you receive a "Not found" error. サポートされているリージョンについては、この記事で前述しています。The supported regions are listed earlier in this article.

NSG フロー ログ ページの下に "読み込みに失敗しました" という状態が表示される場合はどうすればよいですか?What if I am getting the status, “Failed to load,” under the NSG flow logs page?

フロー ログが正しく機能するには、Microsoft.Insights プロバイダーが登録されている必要があります。The Microsoft.Insights provider must be registered for flow logging to work properly. サブスクリプションで Microsoft.Insights プロバイダーが登録されているかどうかわからない場合は、次のコマンドの xxxxx-xxxxx-xxxxxx-xxxx を置き換え、PowerShell から次のコマンドを実行します。If you are not sure whether the Microsoft.Insights provider is registered for your subscription, replace xxxxx-xxxxx-xxxxxx-xxxx in the following command, and run the following commands from PowerShell:

**Select-AzSubscription** -SubscriptionId xxxxx-xxxxx-xxxxxx-xxxx
**Register-AzResourceProvider** -ProviderNamespace Microsoft.Insights

ソリューションを構成しました。I have configured the solution. ダッシュボードに何も表示されないのはなぜですか?Why am I not seeing anything on the dashboard?

ダッシュボードを最初に表示する際は最大で 30 分かかることがあります。The dashboard might take up to 30 minutes to appear the first time. ソリューションで意味がある分析情報が導出されるには、まず十分なデータを集計する必要があります。The solution must first aggregate enough data for it to derive meaningful insights. その後にレポートが生成されます。Then it generates reports.

次のメッセージが表示された場合はどうすればよいですか? "We could not find any data in this workspace for selected time interval.What if I get this message: “We could not find any data in this workspace for selected time interval. 時間間隔を変更してみるか、別のワークスペースを選択してください"。Try changing the time interval or select a different workspace.”?

次の方法を試してください。Try the following options:

  • 上部のバーで期間を変更します。Change the time interval in the upper bar.
  • 上部のバーで別の Log Analytics ワークスペースを選択します。Select a different Log Analytics workspace in the upper bar.
  • 30 分後に Traffic Analytics にアクセスしてみます (最近有効にした場合)。Try accessing traffic analytics after 30 minutes, if it was recently enabled.

問題が解決しない場合は、User Voice フォーラムに問題を投稿してください。If problems persist, raise concerns in the User voice forum.

次のメッセージが表示された場合はどうすればよいですか? "Analyzing your NSG flow logs for the first time.What if I get this message: “Analyzing your NSG flow logs for the first time. This process may take 20-30 minutes to complete.This process may take 20-30 minutes to complete. Check back after some time.Check back after some time. 2) If the above step doesn’t work and your workspace is under the free SKU, then check your workspace usage here to validate over quota, else refer to FAQs for further information (上記のステップが機能せず、ワークスペースが無料 SKU にある場合は、ここでワークスペースの使用状況をチェックして超過クォータを検証します。該当しない場合は、詳細について FAQ を参照してください)"。2) If the above step doesn’t work and your workspace is under the free SKU, then check your workspace usage here to validate over quota, else refer to FAQs for further information.”?

このメッセージは、次の理由で表示される場合があります。You might see this message because:

  • Traffic Analytics は最近有効化されたため、意味のある分析情報を導出するために十分なデータをまだ集計していない可能性があります。Traffic Analytics was recently enabled, and might not yet have aggregated enough data for it to derive meaningful insights.
  • 無料版の Log Analytics ワークスペースを使用しており、クォータ制限を超えています。You are using the free version of the Log Analytics workspace, and it exceeded the quota limits. 容量の大きいワークスペースを使用しなければならない可能性があります。You might need to use a workspace with a larger capacity.

問題が解決しない場合は、User Voice フォーラムに問題を投稿してください。If problems persist, raise concerns in the User voice forum.

次のメッセージが表示された場合はどうすればよいですか? "Looks like we have resources data (Topology) and no flows information.What if I get this message: “Looks like we have resources data (Topology) and no flows information. Meanwhile, click here to see resources data and refer to FAQs for further information. (まず、ここをクリックしてリソース データを確認し、詳細については FAQ を参照してください。)"Meanwhile, click here to see resources data and refer to FAQs for further information.”?

ダッシュボードにはリソース情報が表示されていますが、フロー関連の統計がありません。You are seeing the resources information on the dashboard; however, no flow-related statistics are present. リソース間の通信フローがないためにデータが示されない可能性があります。Data might not be present because of no communication flows between the resources. 60 分間待ってから、状態を再確認します。Wait for 60 minutes, and recheck status. 問題が解決せず、リソース間の通信フローが存在することが確実な場合は、User Voice フォーラムに問題を投稿してください。If the problem persists, and you're sure that communication flows among resources exist, raise concerns in the User voice forum.

PowerShell または Azure Resource Manager テンプレートまたはクライアントを使用してトラフィック分析を構成できますか?Can I configure traffic analytics using PowerShell or an Azure Resource Manager template or client?

バージョン 6.2.1 以降の Windows PowerShell を使用してトラフィック分析を構成できます。You can configure traffic analytics by using Windows PowerShell from version 6.2.1 onwards. Set コマンドレットを使用して特定の NSG のフロー ログとトラフィック分析を構成するには、Set-AzNetworkWatcherConfigFlowLog を参照してください。To configure flow logging and traffic analytics for a specific NSG by using the Set cmdlet, see Set-AzNetworkWatcherConfigFlowLog. 特定の NSG のフロー ログとトラフィック分析状態を取得するには、Get-AzNetworkWatcherFlowLogStatus を参照してください。To get the flow logging and traffic analytics status for a specific NSG, see Get-AzNetworkWatcherFlowLogStatus.

現在、Azure Resource Manager テンプレートを使用してトラフィック分析を構成することはできません。Currently, you can't use an Azure Resource Manager template to configure traffic analytics.

Azure Resource Manager クライアントを使用してトラフィック分析を構成するには、次の例を参照してください。To configure traffic analytics by using an Azure Resource Manager client, see the following examples.

Set コマンドレットの例:Set cmdlet example:

#Requestbody parameters
$TAtargetUri ="/subscriptions/<NSG subscription id>/resourceGroups/<NSG resource group name>/providers/Microsoft.Network/networkSecurityGroups/<name of NSG>"
$TAstorageId = "/subscriptions/<storage subscription id>/resourcegroups/<storage resource group name> /providers/microsoft.storage/storageaccounts/<storage account name>"
$networkWatcherResourceGroupName = "<network watcher resource group name>"
$networkWatcherName = "<network watcher name>"

$requestBody = 
@"
{
    'targetResourceId': '${TAtargetUri}',
    'properties': 
    {
        'storageId': '${TAstorageId}',
        'enabled': '<true to enable flow log or false to disable flow log>',
        'retentionPolicy' : 
        {
            days: <enter number of days like to retail flow logs in storage account>,
            enabled: <true to enable retention or false to disable retention>
        }
    },
    'flowAnalyticsConfiguration':
    {
                'networkWatcherFlowAnalyticsConfiguration':
      {
        'enabled':,<true to enable traffic analytics or false to disable traffic analytics>
        'workspaceId':'bbbbbbbb-bbbb-bbbb-bbbb-bbbbbbbbbbbb',
        'workspaceRegion':'<workspace region>',
        'workspaceResourceId':'/subscriptions/<workspace subscription id>/resourcegroups/<workspace resource group name>/providers/microsoft.operationalinsights/workspaces/<workspace name>'
        
      }

    }
}
"@
$apiversion = "2016-09-01"

armclient login
armclient post "https://management.azure.com/subscriptions/<NSG subscription id>/resourceGroups/<network watcher resource group name>/providers/Microsoft.Network/networkWatchers/<network watcher name>/configureFlowlog?api-version=${apiversion}" $requestBody

Get コマンドレットの例:Get cmdlet example:

#Requestbody parameters
$TAtargetUri ="/subscriptions/<NSG subscription id>/resourceGroups/<NSG resource group name>/providers/Microsoft.Network/networkSecurityGroups/<NSG name>"


$requestBody = 
@"
{
    'targetResourceId': '${TAtargetUri}'
}
“@


armclient login
armclient post "https://management.azure.com/subscriptions/<NSG subscription id>/resourceGroups/<network watcher resource group name>/providers/Microsoft.Network/networkWatchers/<network watcher name>/queryFlowLogStatus?api-version=${apiversion}" $requestBody

Traffic Analytics はどのように課金されますか?How is Traffic Analytics priced?

Traffic Analytics は従量制です。Traffic Analytics is metered. 測定は、サービスによるフロー ログ データの処理と、その結果として生成された拡張ログの Log Analytics ワークスペースへの格納に基づいています。The metering is based on processing of flow log data by the service, and storing the resulting enhanced logs in a Log Analytics workspace.

たとえば、価格プランに従い、米国中西部リージョンを考えてみます。ストレージ アカウントに格納され、Traffic Analytics によって処理されるフロー ログ データが 10 GB で、Log Analytics ワークスペースに取り込まれる拡張ログが 1 GB の場合、適用される料金は次のようになります: 10 x 2.3$ + 1 x 2.76$ = 25.76$For example, as per the pricing plan, considering West Central US region, if flow logs data stored in a storage account processed by Traffic Analytics is 10 GB and enhanced logs ingested in Log Analytics workspace is 1 GB then the applicable charges are: 10 x 2.3$ + 1 x 2.76$ = 25.76$

Traffic Analytics ではデータがどのような頻度に処理されますか?How frequently does Traffic Analytics process data?

Traffic Analytics のスキーマとデータ集計に関するドキュメントの「データ集計」セクションを参照してください。Refer to the data aggregation section in Traffic Analytics Schema and Data Aggregation Document

Traffic Analytics では悪意のある IP であるかどうかがどのように判断されますか?How does Traffic Analytics decide that an IP is malicious?

Traffic Analytics では、IP を悪意のあるものとみなす上で、Microsoft の内部的な脅威インテリジェンス システムに依存しています。Traffic Analytics relies on Microsoft internal threat intelligence systems to deem an IP as malicious. これらのシステムでは、Microsoft の製品とサービス、Microsoft デジタル犯罪対策ユニット (DCU)、Microsoft セキュリティ レスポンス センター (MSRC)、外部フィードなどのさまざまなテレメトリ ソースを活用し、その上に多くのインテリジェンスが構築されます。These systems leverage diverse telemetry sources like Microsoft products and services,the Microsoft Digital Crimes Unit (DCU), the Microsoft Security Response Center (MSRC), and external feeds and build a lot of intelligence on top of it. このデータの一部は Mircosoft の内部的なものです。Some of this data is Mircosoft Internal. 既知の IP に悪意のあることを示すフラグが設定された場合は、その詳細を知らせるサポート チケットを発行してください。If a known IP is getting flagged as malicios, please raise a support ticket to know the details.

Traffic Analytics のデータに対してアラートを設定するにはどうすればよいですか?How can I set alerts on Traffic Analytics data?

Traffic Analytics には、アラートに対する組み込みのサポートがありません。Traffic Analytics does not have inbuilt support for alerts. ただし、Traffic Analytics のデータは Log Analytics に格納されるので、カスタム クエリを作成し、それらに対してアラートを設定することができます。However, since Traffic Analytics data is stored in Log Analytics you can write custom queries and set alerts on them. 手順:Steps :

geo マップ ビューでキーボードを使用して操作するにはどうすればよいですか?How can I navigate by using the keyboard in the geo map view?

geo マップ ページには主に次の 2 つのセクションがあります。The geo map page contains two main sections:

  • バナー: geo マップの上部のバナーには、トラフィック分布フィルター (たとえば、デプロイ、国/地域からのトラフィック、悪意のある、など) を選択するボタンがあります。Banner: The banner at the top of the geo map provides buttons to select traffic distribution filters (for example, Deployment, Traffic from countries/regions, and Malicious). ボタンを選択すると、それに対応するフィルターがマップに適用されます。When you select a button, the respective filter is applied on the map. たとえば、[アクティブ] ボタンを選択すると、マップでデプロイ内のアクティブなデータセンターが強調表示されます。For example, if you select the Active button, the map highlights the active datacenters in your deployment.
  • マップ: バナーの下にある [マップ] セクションには、Azure のデータセンターや各国/リージョンのトラフィック分布が表示されます。Map: Below the banner, the map section shows traffic distribution among Azure datacenters and countries/regions.

バナーでのキーボード ナビゲーションKeyboard navigation on the banner

  • 既定では、バナーについて geo マップ ページで選択されているのは [Azure DC] フィルターです。By default, the selection on the geo map page for the banner is the “Azure DCs” filter.
  • 別のフィルターに移動するには、Tab または Right arrow キーを使用します。To move to another filter, use either the Tab or the Right arrow key. 戻るには、Shift+Tab または Left arrow キーを使用します。To move backward, use either the Shift+Tab or the Left arrow key. 前方の移動は、左から右、次に上から下の順になります。Forward navigation is left to right, followed by top to bottom.
  • Enter または Down 方向キーを押して、選択したフィルターを適用します。Press Enter or the Down arrow key to apply the selected filter. フィルターの選択とデプロイに基づいて、[マップ] セクションの 1 つまたは複数のノードが強調表示されます。Based on filter selection and deployment, one or multiple nodes under the map section are highlighted.
  • バナーとマップを切り替えるには、Ctrl+F6 を押します。To switch between banner and map, press Ctrl+F6.

マップでのキーボード ナビゲーションKeyboard navigation on the map

  • バナーでフィルターを選択してから Ctrl+F6 を押すと、マップ ビューで強調されたノードの 1 つ (Azure データセンターまたは国/リージョン) にフォーカスが移動します。After you have selected any filter on the banner and pressed Ctrl+F6, focus moves to one of the highlighted nodes (Azure datacenter or Country/Region) in the map view.
  • マップ内の他の強調表示されたノードに移動するには、前方移動に Tab キーまたは Right arrow キーを使用します。To move to other highlighted nodes in the map, use either Tab or the Right arrow key for forward movement. 後方移動には、Shift+Tab キーまたは Left arrow キーを使用します。Use Shift+Tab or the Left arrow key for backward movement.
  • マップ内で強調表示されたノードを選択するには、Enter キーまたは Down arrow キーを使用します。To select any highlighted node in the map, use the Enter or Down arrow key.
  • そのようなノードを選択すると、そのノードの [Information Tool Box](情報ツール ボックス) にフォーカスが移動します。On selection of any such nodes, focus moves to the Information Tool Box for the node. 既定では、 [Information Tool Box](情報ツール ボックス) の [閉じる] ボタンにフォーカスが移動します。By default, focus moves to the closed button on the Information Tool Box. [ボックス] ビュー内で移動する際は、前方には Right arrow キー、後方には Left arrow キーを使用します。To further move inside the Box view, use Right arrow and Left arrow keys to move forward and backward, respectively. Enter を押すと、 [Information Tool Box](情報ツール ボックス) でフォーカスがあるボタンを選択したのと同じ効果があります。Pressing Enter has same effect as selecting the focused button in the Information Tool Box.
  • [Information Tool Box](情報ツール ボックス) にフォーカスがあるときに Tabを押すと、フォーカスは、選択したノードと同じ大陸のエンドポイントに移動します。When you press Tab while the focus is on the Information Tool Box, the focus moves to the end points in the same continent as the selected node. Right arrow キーと Left arrow キーを使用して、これらのエンドポイント間を移動できます。Use the Right arrow and Left arrow keys to move through these endpoints.
  • 他のフロー エンドポイントまたは大陸クラスターに移動するには、前方移動では Tab、後方移動では Shift+Tab を使用します。To move to other flow endpoints or continent clusters, use Tab for forward movement and Shift+Tab for backward movement.
  • フォーカスが大陸クラスターにある場合は、Enter または Down 方向キーを使用して、大陸クラスター内のエンドポイントを強調表示します。When the focus is on Continent clusters, use the Enter or Down arrow keys to highlight the endpoints inside the continent cluster. 大陸クラスターのエンドポイントと情報ボックスの [閉じる] ボタンを移動するには、前方移動では Right arrow キー、後方移動では Left arrow キーをそれぞれ使用します。To move through endpoints and the close button on the information box of the continent cluster, use either the Right arrow or Left arrow key for forward and backward movement, respectively. 任意のエンドポイントで、Shift+L を使用すると、選択したノードからエンドポイントへの接続線に切り替えることができます。On any endpoint, you can use Shift+L to switch to the connection line from the selected node to the endpoint. もう一度 Shift+L を押して、選択したエンドポイントに移動できます。You can press Shift+L again to move to the selected endpoint.

任意の段階のキーボード ナビゲーションKeyboard navigation at any stage

  • Esc を押すと、展開された選択範囲が折りたたまれます。Esc collapses the expanded selection.
  • Up arrow キーは Esc と同じ動作を実行します。The Up arrow key performs the same action as Esc. Down arrow キーは Enter と同じ動作を実行します。The Down arrow key performs the same action as Enter.
  • Shift+Plus を使用して拡大、Shift+Minus を使用して縮小します。Use Shift+Plus to zoom in, and Shift+Minus to zoom out.

仮想ネットワーク トポロジ ビューでキーボードを使用して操作するにはどうすればよいですか?How can I navigate by using the keyboard in the virtual network topology view?

仮想ネットワーク トポロジ ページには、主に 2 つのセクションがあります。The virtual networks topology page contains two main sections:

  • バナー: 仮想ネットワーク トポロジの上部バナーには、トラフィック分布フィルター (たとえば、接続された仮想ネットワーク、切断された仮想ネットワーク、パブリック IP など) を選択するボタンがあります。Banner: The banner at the top of the virtual networks topology provides buttons to select traffic distribution filters (for example, Connected virtual networks, Disconnected virtual networks, and Public IPs). ボタンを選択すると、それに対応するフィルターがトポロジに適用されます。When you select a button, the respective filter is applied on the topology. たとえば、[アクティブ] ボタンを選択すると、マップでデプロイ内のアクティブな仮想ネットワークが強調表示されます。For example, if you select the Active button, the topology highlights the active virtual networks in your deployment.
  • トポロジ:バナーの下の [トポロジ] セクションには、仮想ネットワーク全体でのトラフィック分布が表示されます。Topology: Below the banner, the topology section shows traffic distribution among virtual networks.

バナーでのキーボード ナビゲーションKeyboard navigation on the banner

  • 既定では、バナーの仮想ネットワーク トポロジ ページでの選択は、[接続された VNet] フィルターです。By default, the selection on the virtual networks topology page for the banner is the “Connected VNets” filter.
  • 別のフィルターに移動する場合、前方に移動するには Tab キーを使用します。To move to another filter, use the Tab key to move forward. 後方に移動するには、Shift+Tab キーを使用します。To move backward, use the Shift+Tab key. 前方の移動は、左から右、次に上から下の順になります。Forward navigation is left to right, followed by top to bottom.
  • 選択したフィルターを適用するには、Enter を押します。Press Enter to apply the selected filter. フィルターの選択とデプロイに基づいて、[トポロジ] セクションの 1 つまたは複数のノード (仮想ネットワーク) が強調表示されます。Based on the filter selection and deployment, one or multiple nodes (virtual network) under the topology section are highlighted.
  • バナーとトポロジーを切り替えるには、Ctrl+F6 を押します。To switch between the banner and the topology, press Ctrl+F6.

トポロジでのキーボード ナビゲーションKeyboard navigation on the topology

  • バナーでフィルターを選択してから Ctrl+F6 を押すと、トポロジ ビューで強調されたノードの 1 つ (VNet) にフォーカスが移動します。After you have selected any filter on the banner and pressed Ctrl+F6, focus moves to one of the highlighted nodes (VNet) in the topology view.
  • トポロジ ビュー内の他の強調表示されたノードに移動するには、Shift+Right arrow キーを使用して前方に移動します。To move to other highlighted nodes in the topology view, use the Shift+Right arrow key for forward movement.
  • 強調表示されたノードの [Information Tool Box](情報ツール ボックス) にフォーカスが移動します。On highlighted nodes, focus moves to the Information Tool Box for the node. 既定では、 [Information Tool Box](情報ツール ボックス)[詳細] ボタンにフォーカスが移動します。By default, focus moves to the More details button on the Information Tool Box. [ボックス] ビュー内で移動する場合、前方には Right arrow キー、後方には Left arrow キーを使用します。To further move inside the Box view, use the Right arrow and Left arrow keys to move forward and backward, respectively. Enter を押すと、 [Information Tool Box](情報ツール ボックス) でフォーカスがあるボタンを選択したのと同じ効果があります。Pressing Enter has same effect as selecting the focused button in the Information Tool Box.
  • このようなノードを選択する際は、Shift+Left arrow キーを押して、すべての接続に 1 つずつアクセスできます。On selection of any such nodes, you can visit all its connections, one by one, by pressing the Shift+Left arrow key. フォーカスはその接続の [Information Tool Box](情報ツール ボックス) に移動します。Focus moves to the Information Tool Box of that connection. いずれの時点でも、Shift+Right arrow を再度押して、フォーカスをノードに戻すことができます。At any point, the focus can be shifted back to the node by pressing Shift+Right arrow again.

サブネット トポロジ ビューでキーボードを使用して操作するにはどうすればよいですか?How can I navigate by using the keyboard in the subnet topology view?

仮想サブネットワーク トポロジ ページには、主に 2 つのセクションがあります。The virtual subnetworks topology page contains two main sections:

  • バナー: 仮想サブネット ネットワーク トポロジの上部のバナーには、トラフィック分布フィルター (たとえば、アクティブ、中、ゲートウェイのサブネットなど) を選択するボタンがあります。Banner: The banner at the top of the virtual subnetworks topology provides buttons to select traffic distribution filters (for example, Active, Medium, and Gateway subnets). ボタンを選択すると、それに対応するフィルターがトポロジに適用されます。When you select a button, the respective filter is applied on the topology. たとえば、[アクティブ] ボタンを選択すると、マップでデプロイ内のアクティブな仮想サブネットワークが強調表示されます。For example, if you select the Active button, the topology highlights the active virtual subnetwork in your deployment.
  • トポロジ:バナーの下の [トポロジ] セクションには、仮想サブネットワーク全体でのトラフィック分布が表示されます。Topology: Below the banner, the topology section shows traffic distribution among virtual subnetworks.

バナーでのキーボード ナビゲーションKeyboard navigation on the banner

  • 既定では、バナーの仮想サブネットワーク トポロジ ページでの選択は、[サブネット] フィルターです。By default, the selection on the virtual subnetworks topology page for the banner is the “Subnets” filter.
  • 別のフィルターに移動する場合、前方に移動するには Tab キーを使用します。To move to another filter, use the Tab key to move forward. 後方に移動するには、Shift+Tab キーを使用します。To move backward, use the Shift+Tab key. 前方の移動は、左から右、次に上から下の順になります。Forward navigation is left to right, followed by top to bottom.
  • 選択したフィルターを適用するには、Enter を押します。Press Enter to apply the selected filter. フィルターの選択とデプロイに基づいて、[トポロジ] セクションの 1 つまたは複数のノード (サブネット) が強調表示されます。Based on filter selection and deployment, one or multiple nodes (Subnet) under the topology section are highlighted.
  • バナーとトポロジーを切り替えるには、Ctrl+F6 を押します。To switch between the banner and the topology, press Ctrl+F6.

トポロジでのキーボード ナビゲーションKeyboard navigation on the topology

  • バナーでフィルターを選択してから Ctrl+F6 を押すと、トポロジ ビューで強調されたノードの 1 つ (サブネット) にフォーカスが移動します。After you have selected any filter on the banner and pressed Ctrl+F6, focus moves to one of the highlighted nodes (Subnet) in the topology view.
  • トポロジ ビュー内の他の強調表示されたノードに移動するには、Shift+Right arrow キーを使用して前方に移動します。To move to other highlighted nodes in the topology view, use the Shift+Right arrow key for forward movement.
  • 強調表示されたノードの [Information Tool Box](情報ツール ボックス) にフォーカスが移動します。On highlighted nodes, focus moves to the Information Tool Box for the node. 既定では、 [Information Tool Box](情報ツール ボックス)[詳細] ボタンにフォーカスが移動します。By default, focus moves to the More details button on the Information Tool Box. [ボックス] ビュー内で移動する際は、前方には Right arrow キー、後方には Left arrow キーを使用します。To further move inside the Box view, use Right arrow and Left arrow keys to move forward and backward, respectively. Enter を押すと、 [Information Tool Box](情報ツール ボックス) でフォーカスがあるボタンを選択したのと同じ効果があります。Pressing Enter has same effect as selecting the focused button in the Information Tool Box.
  • このようなノードを選択する際は、Shift+Left arrow キーを押して、すべての接続に 1 つずつアクセスできます。On selection of any such nodes, you can visit all its connections, one by one, by pressing Shift+Left arrow key. フォーカスはその接続の [Information Tool Box](情報ツール ボックス) に移動します。Focus moves to the Information Tool Box of that connection. いずれの時点でも、Shift+Right arrow を再度押して、フォーカスをノードに戻すことができます。At any point, the focus can be shifted back to the node by pressing Shift+Right arrow again.