Azure Notebooks プレビューでプロジェクトを管理および構成する Manage and configure projects in Azure Notebooks Preview

重要

Azure Notebooks のパブリック プレビュー サイトは 2020 年 10 月 9 日に廃止され、Visual Studio、Azure、GitHub の統合サービスで置き換えられます。On October 9, 2020 the Azure Notebooks public preview site will be retired and replaced with integrated services from Visual Studio, Azure, and GitHub. 選択可能なオプションと Microsoft の他のノートブック エクスペリエンスの詳細については、こちらをご確認ください。Learn more about your options and our other notebooks experiences from Microsoft.

このプレビュー バージョンはサービス レベル アグリーメントなしで提供されています。運用環境のワークロードに使用することはお勧めできません。This preview version is provided without a service level agreement, and it's not recommended for production workloads. 特定の機能はサポート対象ではなく、機能が制限されることがあります。Certain features might not be supported or might have constrained capabilities. 詳しくは、Microsoft Azure プレビューの追加使用条件に関するページをご覧ください。For more information, see Supplemental Terms of Use for Microsoft Azure Previews.

Azure Notebooks プレビューのプロジェクトは、基本的には、Jupyter ノートブックが実行される基になる Linux 仮想マシンと、ファイル フォルダーおよび記述メタデータで構成されます。A project in Azure Notebooks Preview is essentially a configuration of the underlying Linux virtual machine in which Jupyter notebooks run, along with a file folder and descriptive metadata.

Azure Notebooks のプロジェクト ダッシュボードを使用すると、ファイルを管理できます。また、プロジェクトの特性を構成することもできます。The project dashboard in Azure Notebooks allows you to manage files and otherwise configure the project's characteristics:

  • プロジェクトで実行するコンピューティング レベル。Free レベルまたは Azure 仮想マシンを指定できます。The compute tier on which the project runs, which can be the free tier or an Azure virtual machine.
  • プロジェクト メタデータ。これには、名前、説明、プロジェクトを共有するときに使用される識別子のほか、プロジェクトがパブリックかプライベートかも含まれています。Project metadata, which includes a name, description, an identifier that's used when sharing the project, and whether the project is public or private.
  • プロジェクトのノートブック、データ、およびその他のファイル。他のファイル システムと同じように管理します。The project's notebook, data, and other files, which you manage like any other file system.
  • プロジェクトの環境。スタートアップ スクリプトを使用するか、ターミナルから直接管理します。A project's environment, which you manage either through startup scripts or directly through the terminal.
  • ログ。ターミナルからアクセスします。Logs, which you access through the terminal.

注意

ここで説明されている管理および構成機能は、プロジェクトを最初に作成したプロジェクト所有者のみ使用できます。The management and configuration features described here are available only to the project owner who created the project initially. ただし、独自のアカウントにプロジェクトを複製することができます。この場合、所有者になり、必要に応じて、プロジェクトを構成することができます。You can, however, clone the project into your own account, in which case you become the owner and can configure the project as desired.

ノートブックまたはその他のファイルを実行するたびに、Azure Notebooks によって基になる仮想マシンが起動されます。Azure Notebooks starts the underlying virtual machine whenever you run a notebook or other file. サーバーによって自動的にファイルが保存されます。サーバーは非アクティブな状態が 60 分間続くとシャットダウンしますが、The server automatically saves files and shuts down after 60 minutes of inactivity. シャットダウン コマンド (キーボード ショートカット: h) でいつでも停止できます。You can also stop the server at any time with the Shutdown command (keyboard shortcut: h).

コンピューティング レベルCompute tier

既定では、プロジェクトは無料のコンピューティング レベルで実行しますが、このレベルは不正使用を回避するために、4 GB のメモリと 1 GB のデータに制限されています。By default, projects run on the Free Compute tier, which is limited to 4GB of memory and 1GB of data to prevent abuse. これらの制限を回避してコンピューティング能力を向上させるには、Azure サブスクリプションでプロビジョニングした別の仮想マシンを使用します。You can bypass these limitations and increase compute power by using a different virtual machine that you've provisioned in an Azure subscription. 詳細については、「Azure Data Science Virtual Machine を使用する」を参照してください。For more information, see How to use Data Science Virtual Machines.

プロジェクト メタデータを編集するEdit project metadata

プロジェクト ダッシュボードで、 [プロジェクト設定][情報] タブの順に選択します。このタブには、次の表に示すプロジェクトのメタデータが格納されています。On the project dashboard, select Project Settings, then select the Information tab, which contains the project's metadata as described in the following table. プロジェクト メタデータは、いつでも変更できます。You can change project metadata at any time.

設定Setting 説明Description
プロジェクト名Project name Azure Notebooks が表示目的で使用する、ご自身のプロジェクトのフレンドリ名。A friendly name for your project that Azure Notebooks uses for display purposes. 例: "Python の Hello World"For example, "Hello World in Python".
プロジェクト IDProject ID プロジェクトの共有に使用するカスタム識別子。URL の一部として使用されます。A custom identifier that becomes part of the URL you use to share a project. この ID には、文字、数字、およびハイフンのみを使用できます。長さは 30 文字に制限されています。また、この ID は予約済みプロジェクト ID にすることはできません。This ID can use only letters, numbers, and hyphens, is limited to 30 characters, and cannot be a reserved project ID. 何を使用すればよいかよくわからない場合は、"my-notebook-project" のように、プロジェクトを小文字にしてスペースをハイフンに変えたバージョンを使用するのが一般的な慣例です (長さの制限に合わせて必要に応じて短くします)。If you're unsure what to use, a common convention is to use a lowercase version of your project name where spaces are turned into hyphens, such as "my-notebook-project" (truncated if necessary to fit the length limit).
パブリック プロジェクトPublic project 設定すると、リンクを持つすべてのユーザーがプロジェクトにアクセスできます。If set, allows anyone with the link to access the project. プライベート プロジェクトを作成する場合、このオプションはオフにします。When creating a private project, clear this option.
複製を非表示にするHide clones 設定すると、他のユーザーが、このプロジェクトに対して作成された複製の一覧を表示できません。If set, other users can't see a list of clones that have been made for this project. 複製を非表示にする機能は、講義にノートブックを使っている場合など、同じ組織に所属していない人が共有先として多数存在するプロジェクトに便利です。Hiding clones is useful for projects that are shared with many people who are not part of the same organization, such as when using a notebook for teaching a class.

重要

プロジェクト ID を変更すると、以前に共有した可能性があるプロジェクトへのリンクすべてが無効になります。Changing the project ID invalidates any links to the project that you might have shared previously.

プロジェクト ファイルを管理するManage project files

プロジェクト ダッシュボードには、プロジェクトのフォルダー システムの内容が表示されます。The project dashboard shows the contents of the project's folder system. さまざまなコマンドを使用して、これらのファイルを管理できます。You can use various commands to manage those files.

新しいファイルとフォルダーの作成Create new files and folders

[+ 新規] コマンド (キーボード ショートカット: n) を実行すると、新しいファイルまたはフォルダーが作成されます。The + New command (keyboard shortcut: n) creates new files or folders. このコマンドを使用する場合は、作成する項目の種類を最初に選択します。When using the command, first select the type of item to create:

項目の種類Item type 説明Description コマンドの動作Command behavior
ノートブックNotebook Jupyter NotebookA Jupyter notebook ノートブックのファイル名と言語を指定するためのポップアップを表示します。Displays a popup in which you specify the notebook's filename and language.
フォルダーFolder サブフォルダーA subfolder プロジェクトのファイル リストで、フォルダー名を入力する編集フィールドを作成します。Creates an edit field in the project's file list into which you enter the folder name.
空のファイルBlank File テキスト、データなど、任意のコンテンツを格納できるファイル。A file into which you can store any content such as text, data, etc. プロジェクトのファイル リストで、ファイル名を入力する編集フィールドを作成します。Creates an edit field in the project's file list into which you enter the file name.
マークダウンMarkdown マークダウン ファイル。A Markdown file. プロジェクトのファイル リストで、ファイル名を入力する編集フィールドを作成します。Creates an edit field in the project's file list into which you enter the file name.

ファイルをアップロードするUpload files

[アップロード] コマンドにはデータをインポートするオプションが 2 つあり、インポート元としてURL またはコンピューターのいずれかを選択できます。The Upload command provides two options to import data from other locations: From URL and From Computer. 詳細については、「Work with data files in Azure Notebook projects (Azure Notebook プロジェクトでデータ ファイルを操作する)」を参照してください。For more information, see Work with data files in Azure Notebook projects.

ファイル固有のコマンドの選択Select file-specific commands

プロジェクトのファイル リストの各項目を右クリックすると、コンテキスト メニューにコマンドが表示されます。Each item in the project's file list provides commands through a right-click context menu:

ファイルのコンテキスト メニューのコマンド

commandCommand キーボード ショートカットKeyboard shortcut アクションAction
ランRun r (またはクリック)r (or click) ノートブック ファイルを実行します。Runs a notebook file. 他の種類のファイルは、閲覧のみの設定で表示されます。Other file types are opened for viewing.
リンクのコピーCopy Link yy ファイルへのリンクをクリップボードにコピーします。Copies a link to the file to the clipboard.
Jupyter ラボで実行Run in Jupyter Lab jj JupyterLab でノートブックを実行します。JupyterLab は、通常の Jupyter よりも開発者向けのインターフェイスが用意された開発環境です。Runs a notebook in JupyterLab, which is a more developer-oriented interface than Jupyter normally provides.
プレビューPreview pp ファイルの HTML プレビューを開きます。ノートブックの場合、プレビューは、ノートブックの読み取り専用レンダリングです。Opens an HTML preview of the file; for notebooks, the preview is a read-only rendering of the notebook. 詳細については、「プレビュー」を参照してください。For more information, see the Preview section.
ファイルの編集Edit file ii 編集のためにファイルを開きます。Opens the file for editing.
ダウンロードDownload dd ファイルまたはフォルダーのコンテンツを含む zip ファイルをダウンロードします。Downloads a zip file that contains the file or the contents of a folder.
[名前の変更]Rename aa ファイルまたはフォルダーに付ける新しい名前を求めるメッセージが表示されます。Prompts for a new name for the file or folder.
削除Delete xx 削除の確認メッセージを表示した後、そのファイルをプロジェクトから完全に削除します。Prompts for confirmation, then permanently removes the file from the project. 削除を元に戻すことはできません。Deletions cannot be undone.
詳細ビューMove mm 同じプロジェクト内の別のフォルダーにファイルを移動します。Moves a file into a different folder in the same project.

プレビューPreview

ファイルまたはノートブックについては、読み取り専用ビューでコンテンツがプレビュー表示されます。ノートブック セルの実行は無効になっています。A preview of a file or notebook is a read-only view of the contents; running notebook cells is disabled. プレビューは、ファイルまたはノートブックへのリンクを持っているが、Azure Notebooks にサインインしていないすべてのユーザーに表示されます。A preview is shown to anyone that has a link to the file or notebook but has not signed into Azure Notebooks. 一度サインインすると、そのユーザーは自分のアカウントにノートブックを複製したり、ローカル コンピューターにダウンロードしたりできます。Once signed in, a user can clone the notebook to their own account, or they can download the notebook to their local computer.

プレビュー ページでは、複数のツール バー コマンドとキーボード ショートカットを使用できます。The preview page supports several toolbar commands with keyboard shortcuts:

commandCommand キーボード ショートカットKeyboard shortcut アクションAction
共有Share ss リンクの取得、ソーシャル メディアでの共有、埋め込み用 HTML の取得、電子メールの送信など、共有操作を行うためのポップアップを表示します。Displays the sharing popup from which you can obtain a link, share to social media, obtain HTML for embedding, and send an email.
複製Clone cc ノートブックをご自身のアカウントに複製します。Clone the notebook to your account.
ランRun rr ノートブックを実行します (実行が許可されている場合)。Runs the notebook if you're allowed to do so.
ダウンロードDownload dd ノートブックのコピーをダウンロードします。Downloads a copy of the notebook.

プロジェクトの環境を構成するConfigure the project environment

ご自身のノートブックが実行される基になる仮想マシンの環境を構成する方法は 3 つあります。There are three ways to configure the environment of the underlying virtual machine in which your notebooks run:

  • 1 回限りの初期化スクリプトを含めるInclude a one-time initialization script
  • プロジェクトの環境設定を使用して、セットアップ ステップを指定するUse the project's environment settings to specify setup steps
  • ターミナル経由で仮想マシンにアクセスする。Access the virtual machine through a terminal.

仮想マシンが起動すると必ず、プロジェクト構成のすべての形式が適用されます。このため、プロジェクト内のすべてのノートブックが影響を受けます。All forms of project configuration are applied whenever the virtual machine is started, and thus affects all notebooks within the project.

1 回限りの初期化スクリプトOne-time initialization script

Azure Notebooks は、プロジェクトに対してサーバーを初めて作成するときに、そのプロジェクトで aznbsetup.sh という名前のファイルを探し、このファイルが存在する場合は、それを実行します。The first-time Azure Notebooks creates a server for the project, it looks for a file in the project called aznbsetup.sh. If this file is present, Azure Notebooks runs it. スクリプトの出力は、 .aznbsetup.log としてプロジェクト フォルダーに格納されます。The output of the script is stored in your project folder as .aznbsetup.log.

環境のセットアップ ステップEnvironment setup steps

プロジェクトの環境設定を使用すると、環境を構成するためのステップを個別に作成できます。You can use the project's environment settings to create individual steps that configure the environment.

プロジェクト ダッシュボードで、 [プロジェクト設定][環境] タブの順に選択します。ここで、そのプロジェクトのセットアップ ステップを追加、削除、および変更します。On the project dashboard, select Project Settings, then select the Environment tab in which you add, remove, and modify setup steps for the project:

[環境] タブが選択されている [プロジェクト設定] ポップアップ

ステップを追加するには、最初に [+ 追加] を選択し、 [操作] ドロップダウン リストでステップの種類を選択します。To add a step, first select + Add, then select a step type in the Operation drop-down list:

新しい環境セットアップ ステップの操作セレクター

プロジェクトの情報は、選択した操作の種類によって異なります。The information you then project depends on the type of operation you chose:

  • Requirements.txt:2 番目のドロップダウン リストで、プロジェクトに既にある requirements.txt ファイルを選択します。Requirements.txt: In the second drop-down list, select a requirements.txt file that's already in the project. 次に、表示される 3 番目のドロップダウン リストから Python バージョンを選択します。Then select a Python version from the third drop-down list that appears. requirements.txt ファイルを使用すると、Azure Notebooks によって、ノートブック サーバーの起動時に requirements.txt ファイルを指定して pip install -r が実行されます。By using a requirements.txt file, Azure Notebooks runs pip install -r with the requirements.txt file when starting a notebook server. ノートブック自体からパッケージを明示的にインストールする必要はありません。You don't need to explicitly install packages from within the notebook itself.

  • シェル スクリプト:2 番目のドロップダウン リストで、プロジェクトの bash シェル スクリプト (通常は拡張子が .sh のファイル) を選択します。このスクリプトには、環境を初期化するときに実行するコマンドが格納されています。Shell script: In the second drop-down list, select a bash shell script in the project (typically a file with the .sh extension) that contains any commands you wish to run to initialize the environment.

  • Environment.yml:2 番目のドロップダウン リストで、conda 環境を使用して、Python プロジェクト用の environments.yml ファイルを選択します。Environment.yml: In the second drop-down list, select an environments.yml file for Python projects using a conda environment.

    警告

    これは開発段階のプレビュー サービスであるため、現在、Environment.yml 設定がプロジェクトに正しく適用されないという問題が確認されています。As this is a preview service under development, there is currently a known issue where the Environment.yml setting does not get applied to your project as expected. 現時点では、指定した環境ファイルが、プロジェクトとそこに含まれる Jupyter ノートブックに読み込まれません。The project and the Jupyter notebooks within do not load the specified environment file at present.

ステップの追加が完了したら、 [保存] を選択します。When you're done adding steps, select Save.

ターミナルの使用Use the terminal

プロジェクト ダッシュボードで [ターミナル] コマンドを実行すると Linux ターミナルが開きます。これによりサーバーに直接アクセスすることができます。On the project dashboard, the Terminal command opens a Linux terminal that gives you direct access to the server. ターミナル内では、データのダウンロード、ファイルの編集または管理、プロセスの検査のほか、vi、nano などのツールを使用することもできます。Within the terminal you can download data, edit or manage files, inspect processes, and even use tools like vi and nano.

注意

お使いのプロジェクトの環境にスタートアップ スクリプトがあると、ターミナルを開いたときに、セットアップがまだ進行中であることを示すメッセージが表示される場合があります。If you have startup scripts in your project's environment, opening the terminal may display a message indicating that setup is still in progress.

ターミナルでは標準の Linux コマンドを発行できます。You can issue any standard Linux commands in the terminal. ホーム フォルダーで ls を使用して、仮想マシンに存在するさまざまな環境 (anaconda2_501anaconda3_420anaconda3_501IfSharpR など) や、そのプロジェクトを含む project フォルダーを表示することもできます。You can also use ls in the home folder to see the different environments that exist on the virtual machine, such as anaconda2_501, anaconda3_420, anaconda3_501, IfSharp, and R, along with a project folder that contains the project:

Azure Notebooks のプロジェクト ターミナル

特定の環境に影響を及ぼすには、まず、その環境フォルダーにディレクトリを変更します。To affect a specific environment, change directories into that environment folder first.

Python 環境については、各環境の bin フォルダーに pipconda があります。For the Python environments, you can find pip and conda in bin folder of each environment. 環境用の組み込みエイリアスを使用することもできます。You can also use built-in aliases for the environments:

# Anaconda 2 5.3.0/Python 2.7: python27
python27 -m pip install <package>

# Anaconda 3 4.2.0/Python 3.5: python35
python35 -m pip install <package>

# Anaconda 3 5.3.0/Python 3.6: python36
python36 -m pip install <package>

サーバーに対する変更は、現在のセッションにのみ適用されます。ただし、project フォルダー自体に作成したファイルとフォルダーは除きます。Changes made to the server apply only to the current session, except for files and folders you create in the project folder itself. たとえば、プロジェクト フォルダー内のファイルを編集した場合、その編集はセッション間で保持されますが、pip install を含むパッケージは保持されません。For example, editing a file in the project folder is persisted between sessions, but packages with pip install are not.

注意

python または python3 を使用する場合は、システムにインストールされたバージョンの Python を呼び出します。このバージョンはノートブックには使用されません。If you use python or python3, you invoke the system-installed versions of Python, which are not used for notebooks. pip install などの操作のアクセス許可もないため、必ずバージョン固有のエイリアスを使用してください。You don't have permissions for operations like pip install either, so be sure to use the version-specific aliases.

ノートブック ログにアクセスするAccess notebook logs

ノートブックを実行しているときに問題が発生すると、Jupyter からの出力が .nb.log という名前のフォルダーに格納されます。If you run into issues when running a notebook, output from Jupyter is stored in a folder named .nb.log. これらのログにアクセスするには、ターミナル コマンドまたはプロジェクト ダッシュボードを使用します。You can access these logs through the Terminal command or the project dashboard.

通常、Jupyter をローカルで実行している場合は、ターミナル ウィンドウから起動した可能性があります。Typically when you're running Jupyter locally you may have started it from a terminal window. ターミナル ウィンドウには、カーネルの状態などの出力が表示されます。The terminal window shows output such as kernel status.

ログを表示するには、ターミナルで次のコマンドを使用します。To view logs, use the following command in the terminal:

cat .nb.log

Python ノートブックのコード セルからコマンドを使用することもできます。You can also use the command from a code cell in a Python notebook:

!cat .nb.log

次のステップNext steps