Azure Notebooks プレビューでプロジェクトを作成および複製するCreate and clone projects in Azure Notebooks Preview

重要

Azure Notebooks のパブリック プレビュー サイトは 2020 年 10 月 9 日に廃止され、Visual Studio、Azure、GitHub の統合サービスで置き換えられます。On October 9, 2020 the Azure Notebooks public preview site will be retired and replaced with integrated services from Visual Studio, Azure, and GitHub. 選択可能なオプションと Microsoft の他のノートブック エクスペリエンスの詳細については、こちらをご確認ください。Learn more about your options and our other notebooks experiences from Microsoft.

このプレビュー バージョンはサービス レベル アグリーメントなしで提供されています。運用環境のワークロードに使用することはお勧めできません。This preview version is provided without a service level agreement, and it's not recommended for production workloads. 特定の機能はサポート対象ではなく、機能が制限されることがあります。Certain features might not be supported or might have constrained capabilities. 詳しくは、Microsoft Azure プレビューの追加使用条件に関するページをご覧ください。For more information, see Supplemental Terms of Use for Microsoft Azure Previews.

Azure Notebooks では、Jupyter ノートブックや関連するファイルがプロジェクトと呼ばれる論理グループに整理されます。Azure Notebooks organizes your Jupyter notebooks and related files into logical groups called projects. まずコンテナーとしてプロジェクトを作成すると、他のプロジェクト ファイルと並列して 1 つのフォルダー内に 1 つ以上のノートブックが作成または複製されますYou create a project first as a container, then create or clone one or more notebooks within a folder alongside other project files. (このプロセスについてはチュートリアルで説明されています)。(This process is demonstrated in the tutorial.)

プロジェクトでは、カスタム設定手順やパッケージのインストールなど、ノートブックを実行するサーバーに影響を与えるメタデータやその他の構成設定も保持されます。A project also maintains metadata and other configuration settings that affect the server on which notebooks run, including custom setup steps and package installation. 詳細については、「Manage and configure projects」(プロジェクトの管理と構成) を参照してください。For more information, see Manage and configure projects.

[マイ プロジェクト] ダッシュボードを使用するUse the My Projects dashboard

https://notebooks.azure.com/<userID>/projects[マイ プロジェクト] は、プロジェクトの表示、管理、および作成を行う場所です。Your My Projects dashboard at https://notebooks.azure.com/<userID>/projects is where you view, manage, and create projects:

Azure Notebooks の [マイ プロジェクト] ダッシュボードMy Projects dashboard in Azure Notebooks

ダッシュボードで実行できることは、ユーザー ID を所有するアカウントでサインインしているかどうかによって変わります。What you can do on the dashboard depends on whether you're signed in with the account that owns the user ID:

commandCommand 対象Available to 説明Description
[実行]Run 所有者Owner プロジェクト サーバーを起動し、Jupyter でプロジェクト フォルダーを開きますStarts the project server and opens the project folder in Jupyter. (さらに一般的な手順では、まずプロジェクト フォルダーに移動して、そこからノートブックを開始します)。(More commonly, you navigate into a project folder first, then start a notebook from there.)
ダウンロードDownload AnyoneAnyone 選択したプロジェクトのコピーを ZIP ファイルとしてダウンロードします。Downloads a copy of the selected project as a ZIP file.
共有Share AnyoneAnyone URL を含む "ノートブックの起動" バッジを使用して (「起動バッジを取得する」を参照してください)、選択したプロジェクトの URL の取得、ソーシャル メディアへの共有、URL を含むメールの送信、および HTML またはマークダウン コードの両方の取得に使用できる共有ポップアップを表示します。Displays the sharing popup through which you can obtain a URL to a selected project, share to social media, send an email with the URL, and obtain both HTML or Markdown code for with a "launch notebook" badge (see obtain a launch badge) with the URL.
削除Delete 所有者Owner 選択されたプロジェクトを削除します。Deletes the selected project. この操作を元に戻すことはできません。This operation cannot be undone.
ターミナルTerminal 所有者Owner プロジェクト サーバーを起動し、そのサーバー用の bash ターミナルを使用して新しいブラウザー ウィンドウを開きます。Starts the project server, then opens a new browser window with the bash terminal for that server.
+ 新しいプロジェクト+ New Project 所有者Owner 新しいプロジェクトを作成します。Creates a new project. 新しいプロジェクトを作成する」を参照してください。See Create a new project.
Upload GitHub Repo (GitHub リポジトリのアップロード)Upload GitHub Repo 所有者Owner GitHub からプロジェクトをインポートします。Imports a project from GitHub. GitHub からプロジェクトをインポートする」。Import a project from GitHub.
複製Clone AnyoneAnyone 選択したプロジェクトを自分のアカウントにコピーします。Copies a selected project into your own account. まだの場合はサインインするように求められます。Prompts you to sign in if not already. プロジェクトを複製する」を参照してください。See Clone a project.

起動バッジを取得するObtain a launch badge

[共有] コマンドを使用し、 [埋め込み] タブを選択すると、"ノートブックの起動" バッジを作成する HTML コードまたはマークダウンをコピーできます。When you use the Share command and select the Embed tab, you can copy either HTML code or Markdown that creates a "launch notebook" badge:

ノートブックの起動バッジ

Azure Notebooks プロジェクトがまだない場合は、次のテンプレートを使用し、適切なユーザー名とリポジトリ名を置き換えることで、GitHub ディレクトリから複製するリンクを作成することができます。If you don't have an Azure Notebooks project, you can create a link that clones from GitHub directly using the following templates, substituting the appropriate username and repository names:

<a href="https://notebooks.azure.com/import/gh/<GitHub_username>/<repository_name>"><img src="https://notebooks.azure.com/launch.png" /></a>
[![Azure Notebooks](https://notebooks.azure.com/launch.png)](https://notebooks.azure.com/import/gh/<GitHub_username>/<repository_name>)

新しいプロジェクトを作成するCreate a new project

[+ 新しいプロジェクト] コマンドを使用すると、Azure Notebooks に [新しいプロジェクトの作成] ポップアップが表示されます。When you use the + New Project command, Azure Notebooks displays a Create New Project popup. このポップアップに次の情報を入力し、 [作成] を選択します。In this popup, enter the following information, then select Create:

フィールドField 説明Description
プロジェクト名Project name Azure Notebooks が表示目的で使用する、ご自身のプロジェクトのフレンドリ名。A friendly name for your project that Azure Notebooks uses for display purposes. たとえば、「My Notebook Project」などです。For example, "My Notebook Project".
プロジェクト IDProject ID プロジェクトの共有に使用するカスタム識別子。URL の一部として使用されます (形式: https://notebooks.azure.com/<user_id>/projects/<project_id>)。A custom identifier that becomes part of the URL you use to share a project (the form is https://notebooks.azure.com/<user_id>/projects/<project_id>). この ID には、文字、数字、およびハイフンのみを使用できます。長さは 30 文字に制限されています。また、この ID は予約済みプロジェクト ID にすることはできません。This ID can use only letters, numbers, and hyphens, is limited to 30 characters, and cannot be a reserved project ID. 何を使用すればよいかよくわからない場合は、"my-notebook-project" のように、プロジェクトを小文字にしてスペースをハイフンに変えたバージョンを使用するのが一般的な慣例です (長さの制限に合わせて必要に応じて短くします)。If you're unsure what to use, a common convention is to use a lowercase version of your project name where spaces are turned into hyphens, such as "my-notebook-project" (truncated if necessary to fit the length limit).
パブリックPublic 設定すると、リンクを持つすべてのユーザーがプロジェクトにアクセスできます。If set, allows anyone with the link to access the project. プライベート プロジェクトを作成する場合、このオプションはオフにします。When creating a private project, clear this option.
Initialize this project with a README (このプロジェクトを README を含めて初期化する)Initialize this project with a README 設定すると、プロジェクト内に既定の README.md ファイルが作成されます。If set, creates a default README.md file in the project. README.md ファイルは、必要に応じてプロジェクトのドキュメントを用意する場所です。A README.md file is where you provide documentation for your project, if desired.

予約済みプロジェクト IDReserved project IDs

以下の予約語は、そのものはプロジェクト ID としては使用できません。The following reserved words cannot be used by themselves as project IDs. ただし、これらの予約語は、より長いプロジェクト ID の一部として使用できます。These reserved words can, however, be used as part of longer project IDs.

  • aboutabout
  • accountaccount
  • administrationadministration
  • apiapi
  • blogblog
  • classroomclassroom
  • contentcontent
  • dashboarddashboard
  • exploreexplore
  • faqfaq
  • helphelp
  • htmlhtml
  • homehome
  • importimport
  • librarylibrary
  • managementmanagement
  • newnew
  • ノートブックnotebook
  • notebooksnotebooks
  • pdfpdf
  • previewpreview
  • 価格pricing
  • profileprofile
  • 検索search
  • statusstatus
  • supportsupport
  • テストtest

これらの語のいずれかをプロジェクト ID として使用しようとすると、「新しいプロジェクトの作成」および「プロジェクトの設定」ポップアップに「Library id is a reserved identifier.(ライブラリ ID は予約済み ID です)」と表示されます。If you attempt to use one of these words as a project ID, the Create New Project and Project Settings popups indicate, "Library id is a reserved identifier."

プロジェクト ID はプロジェクトの URL の一部でもあるため、ad blocker ソフトウェアは「advert」などの特定のキーワードの使用をブロックする可能性があります。Because a project ID is also part of a project's URL, ad blocker software might block the use of certain keywords, such as "advert." そのような場合は、プロジェクト ID の別の語を使用してください。In such cases, use a different word in the project ID.

GitHub からプロジェクトをインポートするImport a project from GitHub

パブリック GitHub リポジトリ全体を、任意のデータと README.md ファイルを含む 1 つのプロジェクトとして簡単にインポートすることができます。You can easily import an entire public GitHub repo as a project including any data and README.md files. [Upload GitHub Repo](GitHub リポジトリのアップロード) コマンドを使用し、ポップアップに次の詳細情報を指定して、 [インポート] を選択します。Use the Upload GitHub Repo command, provide the following details in the popup, then select Import:

フィールドField 説明Description
GitHub リポジトリGitHub repository github.com 上のソース リポジトリの名前。The name of the source repository on github.com. たとえば、https://github.com/Microsoft/cognitive-services-notebooks の Azure Cognitive Services 用に Jupyter ノートブックを複製するには、「Microsoft/cognitive-services-notebooks」と入力します。For example, to clone the Jupyter notebooks for Azure Cognitive Services at https://github.com/Microsoft/cognitive-services-notebooks, enter "Microsoft/cognitive-services-notebooks".
Clone recursively (再帰的に複製する)Clone recursively GitHub リポジトリには、複数の子リポジトリを含めることができます。GitHub repositories can contain multiple child repositories. 親リポジトリとそのすべての子を複製する場合は、このオプションを設定します。Set this option if you want to clone the parent repository and all its children. 1 つのリポジトリに複数の子が存在する可能性があるので、必要な場合以外はこのオプションをオフのままにしてください。Because it's possible for a repository to have many children, leave this option clear unless you know you need it.
プロジェクト名Project name Azure Notebooks が表示目的で使用する、ご自身のプロジェクトのフレンドリ名。A friendly name for your project that Azure Notebooks uses for display purposes.
プロジェクト IDProject ID プロジェクトの共有に使用するカスタム識別子。URL の一部として使用されます (形式: https://notebooks.azure.com/<user_id>/projects/<project_id>)。A custom identifier that becomes part of the URL you use to share a project (the form is https://notebooks.azure.com/<user_id>/projects/<project_id>). この ID には、文字、数字、およびハイフンのみを使用できます。長さは 30 文字に制限されています。また、この ID は予約済みプロジェクト ID にすることはできません。This ID can use only letters, numbers, and hyphens, is limited to 30 characters, and cannot be a reserved project ID. 何を使用すればよいかよくわからない場合は、"my-notebook-project" のように、プロジェクトを小文字にしてスペースをハイフンに変えたバージョンを使用するのが一般的な慣例です (長さの制限に合わせて必要に応じて短くします)。If you're unsure what to use, a common convention is to use a lowercase version of your project name where spaces are turned into hyphens, such as "my-notebook-project" (truncated if necessary to fit the length limit).
パブリックPublic 設定すると、リンクを持つすべてのユーザーがプロジェクトにアクセスできます。If set, allows anyone with the link to access the project. プライベート プロジェクトを作成する場合、このオプションはオフにします。When creating a private project, clear this option.

GitHub からリポジトリをインポートすると、その履歴もインポートされます。Importing a repository from GitHub also imports its history. ターミナルから標準の Git コマンドを使用して、新しい変更のコミット、GitHub からの変更のプルなどを行うことができます。You can use standard Git commands from the terminal to commit new changes, pull changes from GitHub, and so on.

プロジェクトを複製するClone a project

複製によって、既存のプロジェクトのコピーが自分のアカウントに作成され、そこでプロジェクト内の任意のノートブックまたはその他のファイルを実行して変更できます。Cloning creates a copy of an existing project in your own account, where you can then run and modify any notebook or other file in the project. また、複製を使用して、元のプロジェクトに影響を及ぼすことなく、自分のプロジェクトのコピーを作成して実験やその他の作業を行うこともできます。You can also use cloning to make copies of your own projects in which you do experiments or other work without disturbing the original project.

プロジェクトを複製するには:To clone a project:

  1. [マイ プロジェクト] ダッシュボードで目的のプロジェクトを右クリックし、 [複製] を選択します (キーボード ショートカット: c)。On the My Projects dashboard, right-click the desired project and select Clone (keyboard shortcut: c).

    プロジェクト コンテキスト メニューの [複製] コマンド

  2. [Clone Project](プロジェクトの複製) ポップアップに複製の名前と ID を入力し、複製がパブリックかどうかを指定します。In the Clone Project popup, enter a name and ID for the clone, and specify whether the clone is public. これらの設定は、新しいプロジェクトの場合と同じです。These settings are the same as for a new project.

    [Clone Project](プロジェクトの複製) ポップアップ

  3. [複製] ボタンを選択すると、Azure Notebooks によってコピーに直接移動されます。After you select the Clone button, Azure Notebooks navigates directly to the copy.

次のステップNext steps