クイック スタート:カスタム環境で Azure Notebooks プレビューのプロジェクトを作成するQuickstart: Create a project with a custom environment in Azure Notebooks Preview

重要

Azure Notebooks のパブリック プレビュー サイトは 2020 年 10 月 9 日に廃止され、Visual Studio、Azure、GitHub の統合サービスで置き換えられます。On October 9, 2020 the Azure Notebooks public preview site will be retired and replaced with integrated services from Visual Studio, Azure, and GitHub. 選択可能なオプションと Microsoft の他のノートブック エクスペリエンスの詳細については、こちらをご確認ください。Learn more about your options and our other notebooks experiences from Microsoft.

このプレビュー バージョンはサービス レベル アグリーメントなしで提供されています。運用環境のワークロードに使用することはお勧めできません。This preview version is provided without a service level agreement, and it's not recommended for production workloads. 特定の機能はサポート対象ではなく、機能が制限されることがあります。Certain features might not be supported or might have constrained capabilities. 詳しくは、Microsoft Azure プレビューの追加使用条件に関するページをご覧ください。For more information, see Supplemental Terms of Use for Microsoft Azure Previews.

Azure Notebooks のプロジェクトは、ノートブック、データ ファイル、ドキュメント、画像などのファイルのコレクションと、特定のセットアップ コマンドで構成できる環境が合わさったものです。A project in Azure Notebooks is a collection of files, such as notebooks, data files, documentation, images, and so on, along with an environment that can be configured with specific setup commands. プロジェクトで環境を定義することにより、自分の Azure Notebooks アカウントにプロジェクトを複製すればだれでも、必要な環境を再作成するためのすべての情報が手に入ります。By defining the environment with the project, anyone who clones the project into their own Azure Notebooks account has all the information they need to recreate the necessary environment.

プロジェクトの作成Create a project

  1. Azure Notebooks に移動してサインインしますGo to Azure Notebooks and sign in. (詳しくは、「Quickstart - Sign in to Azure Notebooks」(クイック スタート - Azure Notebook にサインインする) をご覧ください)。(For details, see Quickstart - Sign in to Azure Notebooks).

  2. パブリック プロファイル ページから、ページの上部にある [マイ プロジェクト] を選択します。From your public profile page, select My Projects at the top of the page:

    ブラウザー ウィンドウの上部にある [マイ プロジェクト] リンク

  3. [マイ プロジェクト] ページで、 [+ 新しいプロジェクト] (キーボード ショートカット: N) を選択します。ブラウザー ウィンドウが狭い場合、ボタンに [+] だけが表示されることがあります。On the My Projects page, select + New Project (keyboard shortcut: n); the button may appear only as + if the browser window is narrow:

    [マイ プロジェクト] ページの [新しいプロジェクト] コマンド

  4. 表示される [新しいプロジェクトの作成] ポップアップで、次の詳細を入力または設定した後、 [作成] を選択します。In the Create New Project popup that appears, enter or set the following details, then select Create:

    • [プロジェクト名] :カスタム環境を含むプロジェクトProject name: Project with a custom environment
    • [プロジェクト ID] : project-custom-environmentProject ID: project-custom-environment
    • [Public project](パブリック プロジェクト) : (オフ)Public project: (cleared)
    • [Create a README.md](README.md を作成する) : (オフ)Create a README.md: (cleared)
  5. しばらくすると、Azure Notebooks は新しいプロジェクトに移動します。After a few moments, Azure Notebooks navigates you to the new project. [+ 新規] ドロップダウン ( [+] とだけ表示されている場合があります) を選択し、 [Notebook](ノートブック) を選択することで、新しいノートブックをプロジェクトに追加します。Add a notebook to the project by selecting the + New drop-down (which may appear as only +), then selecting Notebook.

  6. ノートブックに Custom environment.ipynb のような名前を付け、言語として Python 3.6 を選択して、 [新規] を選択します。Give the notebook a name like Custom environment.ipynb, select Python 3.6 for the language, and select New.

カスタム セットアップのステップを追加するAdd a custom setup step

  1. プロジェクト ページで、 [Project Settings](プロジェクトの設定) を選択します。On the project page, select Project Settings.

    プロジェクトの設定コマンド

  2. [Project Settings](プロジェクトの設定) ポップアップで [Environment](環境) タブを選択し、 [Environment Setup Steps](環境セットアップ ステップ)[+ 追加] を選択します。In the Project Settings popup, select the Environment tab, then under Environment Setup Steps, select + Add:

    新しい環境セットアップ ステップを追加するコマンド

  3. [+ 追加] コマンドでは、操作とプロジェクト内のファイルから選択されたターゲット ファイルによって定義されるステップが作成されます。The + Add command creates a step that's defined by an operation and a target file that's selected from the files in your project. 次の操作がサポートされています。The following operations are supported:

    操作Operation 説明Description
    requirements.txtRequirements.txt Python プロジェクトでは、requirements.txt ファイルで依存関係が定義されています。Python projects define their dependencies in a requirements.txt file. このオプションでは、プロジェクトのファイル一覧から適切なファイルを選択し、表示される追加のドロップダウンで Python のバージョンも選択します。With this option, select the appropriate file from the project's file list, and also select the Python version in the additional drop-down that appears. 必要な場合は、 [キャンセル] を選択してプロジェクトに戻り、ファイルをアップロードまたは作成してから、 [Project Settings](プロジェクトの設定) > [Environment](環境) タブに戻って、新しいステップを作成します。If necessary, select Cancel to return to the project, upload or create the file, then return to the Project Settings > Environment tab and create a new step. このステップを配置した場合、プロジェクトでノートブックを実行すると、pip install -r <file> が自動的に実行されますWith this step in place, running a notebook in the project automatically runs pip install -r <file>
    シェル スクリプトShell script 環境を初期化するために実行するコマンドが含まれる bash シェル スクリプト (通常は、拡張子が .sh のファイル) を指定するために使用します。Use to indicate a bash shell script (typically a file with the .sh extension) that contains any commands you wish to run to initialize the environment.
    Environment.ymlEnvironment.yml 環境を管理するために Conda を使用する Python プロジェクトでは、environments.yml ファイルを使用して依存関係を記述します。A Python project that uses conda for managing an environment uses an environments.yml file to describe dependencies. このオプションでは、プロジェクトのファイル一覧から適切なファイルを選択します。With this option, select the appropriate file from the project's file list.

    警告

    これは開発段階のプレビュー サービスであるため、現在、Environment.yml 設定がプロジェクトに正しく適用されないという問題が確認されています。As this is a preview service under development, there is currently a known issue where the Environment.yml setting does not get applied to your project as expected. 現時点では、指定した環境ファイルが、プロジェクトとそこに含まれる Jupyter ノートブックに読み込まれません。The project and the Jupyter notebooks within do not load the specified environment file at present.

  4. いずれかのセットアップ ステップを削除するには、ステップの右側にある [X] を選択します。To remove any setup step, select the X to the right of the step.

  5. すべてのセットアップ ステップを配置した後、 [保存] を選択します。When all setup steps are in place, select Save. (変更を破棄するには [キャンセル] を選択します)。(Select Cancel to discard changes).

  6. 環境をテストするには、新しいノートブックを作成して実行した後、Python の import ステートメントの使用など、環境内のパッケージに依存するステートメントを含むコード セルを作成します。To test your environment, create and run a new notebook, then create a code cell with statements that depend on a package in the environment, such as using a Python import statement. ステートメントが成功した場合、必要なパッケージが環境に正常にインストールされています。If the statement succeeds, then the necessary package was successfully installed in the environment.

次のステップNext steps