Azure Red Hat OpenShiftAzure Red Hat OpenShift

Microsoft Azure Red Hat OpenShift サービスを使用すると、フル マネージドの OpenShift クラスターをデプロイできます。The Microsoft Azure Red Hat OpenShift service enables you to deploy fully managed OpenShift clusters.

Azure Red Hat OpenShift は Kubernetes を拡張します。Azure Red Hat OpenShift extends Kubernetes. Kubernetes を使用した運用環境でコンテナーを実行するには、イメージ レジストリ、ストレージ管理、ネットワーク ソリューション、ログ記録と監視のツールなど、その他のツールやリソースが必要になります。これらはすべて、まとめてバージョン管理およびテストする必要があります。Running containers in production with Kubernetes requires additional tools and resources, such as an image registry, storage management, networking solutions, and logging and monitoring tools, all of which must be versioned and tested together. コンテナーベースのアプリケーションを構築するには、さらにミドルウェア、フレームワーク、データベース、CI/CD ツールとの統合作業も必要です。Building container-based applications requires even more integration work with middleware, frameworks, databases, and CI/CD tools. Azure Red Hat OpenShift は、これらすべてを 1 つのプラットフォームに統合することで、IT チームにとって運用が容易になると共に、アプリケーション チームには実行すべきことが指定されます。Azure Red Hat OpenShift combines all this into a single platform, bringing ease of operations to IT teams while giving application teams what they need to execute.

Azure Red Hat OpenShift は、Red Hat と Microsoft が共同で設計、運用、サポートを行い、統合されたサポート エクスペリエンスを実現しています。Azure Red Hat OpenShift is jointly engineered, operated, and supported by Red Hat and Microsoft to provide an integrated support experience. 操作すべき仮想マシンはなく、修正プログラムの適用も必要ありません。There are no virtual machines to operate, and no patching is required. マスター、インフラストラクチャ、およびアプリケーション ノードの修正プログラムの適用、更新、監視は、ユーザーに代わって Microsoft と Red Hat が行っています。Master, infrastructure and application nodes are patched, updated, and monitored on your behalf by Red Hat and Microsoft. Azure Red Hat OpenShift クラスターは、Azure サブスクリプションにデプロイされ、Azure の課金内容に含まれます。Your Azure Red Hat OpenShift clusters are deployed into your Azure subscription and are included on your Azure bill.

自動でのソース コード管理、コンテナーとアプリケーションのビルド、デプロイ、スケーリング、正常性の管理などには、独自のレジストリ、ネットワーク、ストレージ、CI/CD のソリューションを選択するか、組み込みのソリューションを使用することができます。You can choose your own registry, networking, storage, and CI/CD solutions, or use the built-in solutions for automated source code management, container and application builds, deployments, scaling, health management, and more. Azure Red Hat OpenShift は、Azure Active Directory を通じて、統合されたサインオン エクスペリエンスを提供します。Azure Red Hat OpenShift provides an integrated sign-on experience through Azure Active Directory.

最初に、Azure Red Hat OpenShift クラスターの作成に関するチュートリアルを完了してください。To get started, complete the Create an Azure Red Hat OpenShift cluster tutorial.

アクセス、セキュリティ、および監視Access, security, and monitoring

セキュリティと管理の強化のため、Azure Red Hat OpenShift では、Azure Active Directory (Azure AD) と統合して、Kubernetes のロールベースのアクセス制御 (RBAC) を使用することができます。For improved security and management, Azure Red Hat OpenShift lets you integrate with Azure Active Directory (Azure AD) and use Kubernetes role-based access control (RBAC). また、クラスターとリソースの正常性を監視することもできます。You can also monitor the health of your cluster and resources.

クラスターとノードCluster and node

Azure Red Hat OpenShift ノードは Azure 仮想マシン上で実行されます。Azure Red Hat OpenShift nodes run on Azure virtual machines. ストレージをノードやポッドに接続し、クラスター コンポーネントをアップグレードして、GPU を使用することができます。You can connect storage to nodes and pods, upgrade cluster components, and use GPUs.

仮想ネットワークとイングレスVirtual networks and ingress

ピアリングを介して既存の仮想ネットワークに Azure Red Hat OpenShift クラスターを接続できます。You can connect an Azure Red Hat OpenShift cluster to an existing virtual network via peering. この構成では、ポッドはピアリングされた仮想ネットワーク内の他のサービスに接続できます。In this configuration, pods can connect to other services in a peered virtual network.

詳細については、「クラスターの仮想ネットワークを既存の仮想ネットワークに接続する」を参照してください。See Connect a cluster's virtual network to an existing virtual network for details.

Kubernetes 認定Kubernetes certification

Azure Red Hat OpenShift サービスは、Kubernetes 準拠として CNCF 認定されています。Azure Red Hat OpenShift service has been CNCF certified as Kubernetes conformant.

次のステップNext steps

Azure Red Hat OpenShift の前提条件を確認してください。Learn the prerequisites for Azure Red Hat OpenShift: