チュートリアル:Azure Red Hat OpenShift 4 クラスターに接続する

このチュートリアルは、3 部構成のパート 2 です。OpenShift Web コンソールから kubeadmin ユーザーとして、OpenShift 4 が実行されている Azure Red Hat OpenShift クラスターに接続します。 学習内容は次のとおりです。

  • 対象のクラスターの kubeadmin 資格情報を取得する
  • OpenShift CLI をインストールする
  • OpenShift CLI を使用して Azure Red Hat OpenShift クラスターに接続する

開始する前に

前のチュートリアルでは、Azure Red Hat OpenShift クラスターを作成しました。 これらの手順を完了しておらず、その順番に従って進めたい場合は、チュートリアル 1: Azure Red Hat OpenShift 4 クラスターを作成する方法に関する記事から開始してください。

CLI をローカルにインストールして使用する場合、このチュートリアルでは、Azure CLI バージョン 2.6.0 以降を実行していることが要件です。 バージョンを確認するには、az --version を実行します。 インストールまたはアップグレードする必要がある場合は、Azure CLI のインストールに関するページを参照してください。

クラスターに接続する

kubeadmin ユーザーを使用してクラスターにログインできます。 次のコマンドを実行して、kubeadmin ユーザーのパスワードを調べます。

az aro list-credentials \
  --name $CLUSTER \
  --resource-group $RESOURCEGROUP

次の出力例は、kubeadminPassword のパスワードを示しています。

{
  "kubeadminPassword": "<generated password>",
  "kubeadminUsername": "kubeadmin"
}

次のコマンドを実行すると、クラスター コンソールの URL を調べることができます。これは、https://console-openshift-console.apps.<random>.<region>.aroapp.io/ のようになります。

 az aro show \
    --name $CLUSTER \
    --resource-group $RESOURCEGROUP \
    --query "consoleProfile.url" -o tsv

ブラウザーでコンソールの URL にアクセスし、kubeadmin 資格情報を使用してログインします。

Azure Red Hat OpenShift login screen

OpenShift CLI をインストールする

OpenShift Web コンソールにログインしたら、右上にある [?] をクリックし、[Command Line Tools](コマンドライン ツール) をクリックします。 お使いのマシンに適したリリースをダウンロードします。

Screenshot that highlights the Command Line Tools option in the list when you select the ? icon.

また、お使いのマシンに適した CLI の最新リリースをダウンロードすることもできます。

Azure Cloud Shell でコマンドを実行する場合は、Linux 用の最新の OpenShift 4 CLI をダウンロードしてください。

cd ~
wget https://mirror.openshift.com/pub/openshift-v4/clients/ocp/latest/openshift-client-linux.tar.gz

mkdir openshift
tar -zxvf openshift-client-linux.tar.gz -C openshift
echo 'export PATH=$PATH:~/openshift' >> ~/.bashrc && source ~/.bashrc

OpenShift CLI を使用して接続する

API サーバーのアドレスを取得します。

apiServer=$(az aro show -g $RESOURCEGROUP -n $CLUSTER --query apiserverProfile.url -o tsv)

次のコマンドを使用して、OpenShift クラスターの API サーバーにログインします。 <kubeadmin password> を、先ほど取得したパスワードで置き換えます。

oc login $apiServer -u kubeadmin -p <kubeadmin password>

次のステップ

チュートリアルのこの部分で学習した内容は次のとおりです。

  • 対象のクラスターの kubeadmin 資格情報を取得する
  • OpenShift CLI をインストールする
  • OpenShift CLI を使用して Azure Red Hat OpenShift クラスターに接続する

次のチュートリアルに進みます。