クイックスタート: 既存の Datadog 組織にリンクする

このクイックスタートでは、Datadog の既存の組織にリンクします。 新しい Datadog 組織を作成することも、既存の Datadog 組織にリンクすることもできます。

前提条件

Azure で Datadog の最初のインスタンスを作成する前に、環境を構成します。 これらの手順は、このクイックスタートの次の手順に進む前に完了しておく必要があります。

プランを探す

Datadog を検索するには、Azure portal を使用します。

  1. Azure Portal にアクセスしてサインインします。

  2. 最近のセッションで Marketplace にアクセスした場合は、表示されているオプションからそのアイコンを選択します。 それ以外の場合は、Marketplace を検索します。

    Marketplace icon.

  3. Marketplace で、「Datadog」を検索します。

  4. プランの概要画面で、 [Set up + subscribe]\(設定 + 登録\) を選択します。

    Datadog application in Azure Marketplace.

Datadog 組織を作成するか、Azure サブスクリプションを既存の Datadog 組織にリンクするかを尋ねる選択項目がポータルに表示されます。

既存の Datadog 組織にリンクする場合は、 [Azure サブスクリプションの既存の Datadog 組織へのリンク] の下の [作成] を選択します。

Create or link a Datadog organization

Azure 内の新しい Datadog リソースを US3 の既存の Datadog 組織にリンクすることができます。

Datadog リソースを作成するためのフォームがポータルに表示されます。

Link to existing Datadog organization.

次の値を指定します。

プロパティ 説明
サブスクリプション Datadog リソースの作成に使用する Azure サブスクリプションを選択します。 所有者アクセス権が必要です。
リソース グループ 新しいリソース グループを作成するか、既存のリソース グループを使用するかを指定します。 リソース グループは、Azure ソリューション用に関連するリソースを保持するコンテナーです。
リソース名 Datadog リソースの名前を指定します。 新しい Datadog 組織を作成する場合は、この名前が新しい Datadog 組織の名前となります。
場所 [米国西部 2] を選択します。 現在、サポートされているリージョンは、米国西部 2 のみです。

[Datadog 組織へのリンク] を選択します。 このリンクを通じて、Datadog 認証ウィンドウが開きます。 Datadog にサインインします。

既定では、Azure によって現在の Datadog 組織が自分の Datadog リソースにリンクされます。 別の組織にリンクする場合は、次に示すように、認証ウィンドウで適切な組織を選択します。

Select appropriate Datadog organization to link

[Next: Metrics and logs]\(次へ: メトリックとログ\) を選択し、メトリックとログを構成します。

メトリックとログを構成する

Azure リソース タグを使用して、どのメトリックとログを Datadog に送信するかを構成します。 特定のリソースのメトリックとログを含めたり除外したりすることができます。

メトリックを送信するためのタグ ルールは次のとおりです。

  • 既定では、仮想マシン、仮想マシン スケール セット、および App Service プランを除く、すべてのリソースのメトリックが収集されます。
  • Include タグが適用された仮想マシン、仮想マシン スケール セット、および App Service プランの場合は、メトリックが Datadog に送信されます。
  • Exclude タグが適用された仮想マシン、仮想マシン スケール セット、および App Service プランの場合、メトリックは Datadog に送信されません。
  • 含めるルールと除外するルールの間に競合がある場合は、除外するルールが優先されます

ログを送信するためのタグ ルールは次のとおりです。

  • 既定では、すべてのリソースのログが収集されます。
  • Include タグが適用された Azure リソースの場合は、ログが Datadog に送信されます。
  • Exclude タグが適用された Azure リソースの場合、ログは Datadog に送信されません。
  • 含めるルールと除外するルールの間に競合がある場合は、除外するルールが優先されます。

たとえば、次のスクリーンショットは、Datadog = True とタグ付けされた仮想マシン、仮想マシン スケール セット、および App Service プランでのみ、Datadog にメトリックを送信するタグ ルールを示しています。

Configure Logs and Metrics.

Azure から Datadog に出力できるログには 2 種類あります。

  • サブスクリプション レベルのログ - コントロール プレーンでのリソースの操作に関する分析情報を提供します。 サービス正常性イベントの更新も含まれます。 アクティビティ ログを使用すると、いつ、だれが、どのような書き込み操作 (PUT、POST、DELETE) をしたかを確認できます。 Azure サブスクリプションごとに 1 つのアクティビティ ログがあります。

  • Azure リソース ログ - データ プレーンで Azure リソースに対して行われた操作に関する分析情報を提供します。 たとえば、キー コンテナーからシークレットを取得することは、データ プレーン操作です。 また、データベースに対して要求を行うことも、データ プレーン操作です。 リソース ログの内容は、Azure サービスとリソースの種類によって異なります。

サブスクリプション レベルのログを Datadog に送信するには、 [Send subscription activity logs]\(サブスクリプションのアクティビティ ログを送信する\) を選択します。 このオプションをオフのままにすると、サブスクリプション レベルのログは Datadog に送信されません。

Azure リソース ログを Datadog に送信するには、 [Send Azure resource logs for all defined resources]\(すべての定義済みリソースについて Azure リソース ログを送信する\) を選択します。 Azure リソース ログの種類は、[Azure Monitor Resource Log categories]\(Azure Monitor リソース ログのカテゴリ\) に一覧表示されます。 Datadog にログを送信する Azure リソースのセットをフィルター処理するには、Azure リソース タグを使用します。

Datadog に送信されるログには、Azure によって課金されます。 詳細については、Azure Marketplace パートナーに送信されるプラットフォーム ログの価格をご確認ください。

メトリックとログの構成が完了したら、 [Next: Single sign-on]\(次へ: シングル サインオン\) を選択します。

Configure single sign-on

Datadog リソースを既存の Datadog 組織にリンクする場合は、この手順でシングル サインオンを設定することはできません。 代わりに、Datadog リソースを作成した後でシングル サインオンを設定します。 詳細については、「シングル サインオンを再構成する」を参照してください。

Single sign-on for linking to existing Datadog organization.

タグを選択します。

カスタム タグを追加する

新しい Datadog リソースにカスタム タグを指定できます。 Datadog リソースに適用するタグの名前と値のペアを指定します。

Add custom tags for the Datadog resource.

タグの追加が完了したら、 [次へ: レビューと作成] を選択します。

Datadog リソースを確認および作成する

選択内容と利用規約を確認します。 検証が完了した後、 [作成] を選択します。

Review and Create Datadog resource.

Azure によって Datadog リソースがデプロイされます。

プロセスが完了したら、 [リソースに移動] を選択して、Datadog リソースを表示します。

Datadog resource deployment.

次のステップ