Azure Database for PostgreSQL - Single Server の制限Limits in Azure Database for PostgreSQL - Single Server

次のセクションでは、データベース サービス容量と機能の制限について説明します。The following sections describe capacity and functional limits in the database service. リソース (コンピューティング、メモリ、ストレージ) 層の詳細については、価格レベルの記事を参照してください。If you'd like to learn about resource (compute, memory, storage) tiers, see the pricing tiers article.

最大接続数Maximum connections

価格レベルと仮想コアごとの最大接続数は次のとおりです。The maximum number of connections per pricing tier and vCores are as follows:

価格レベルPricing Tier 仮想コア数vCore(s) 最大接続数Max Connections
BasicBasic 11 5050
BasicBasic 22 100100
汎用General Purpose 22 150150
汎用General Purpose 44 250250
汎用General Purpose 88 480480
汎用General Purpose 1616 950950
汎用General Purpose 3232 15001500
汎用General Purpose 6464 19001900
メモリ最適化Memory Optimized 22 300300
メモリ最適化Memory Optimized 44 500500
メモリ最適化Memory Optimized 88 960960
メモリ最適化Memory Optimized 1616 19001900
メモリ最適化Memory Optimized 3232 19871987

接続数が制限を超えると、次のエラーが表示される場合があります。When connections exceed the limit, you may receive the following error:

FATAL: sorry, too many clients alreadyFATAL: sorry, too many clients already

Azure システムでは、Azure Database for PostgreSQL サーバーを監視する 5 つの接続が必要です。The Azure system requires five connections to monitor the Azure Database for PostgreSQL server.

機能制限Functional limitations

スケール操作Scale operations

  • Basic 価格レベルとの間の動的スケーリングは現在サポートされていません。Dynamic scaling to and from the Basic pricing tiers is currently not supported.
  • 現在、サーバー ストレージを減らすことはできません。Decreasing server storage size is currently not supported.

サーバー バージョンのアップグレードServer version upgrades

  • データベース エンジンのメジャー バージョン間での自動移行は現在サポートされていません。Automated migration between major database engine versions is currently not supported. 次のメジャー バージョンにアップグレードする場合は、新しいエンジンのバージョンで作成されたサーバーにダンプを復元します。If you would like to upgrade to the next major version, take a dump and restore it to a server that was created with the new engine version.

PostgreSQL バージョン 10 より前は、PostgreSQL のバージョン管理ポリシーでは、1 番目_または_ 2 番目の番号が増えることが_メジャー バージョン_のアップグレードと見なされました (たとえば、9.5 から 9.6 への変更は、メジャー バージョンのアップグレードと見なされました)。Note that prior to PostgreSQL version 10, the PostgreSQL versioning policy considered a major version upgrade to be an increase in the first or second number (for example, 9.5 to 9.6 was considered a major version upgrade). バージョン 10 以降、1 番目の番号の変更のみメジャー バージョンのアップグレードと見なされます (たとえば、10.0 から 10.1 への変更は_マイナー_ バージョンのアップグレードであり、10 から 11 への変更は_メジャー_ バージョンのアップグレードです)。As of version 10, only a change in the first number is considered a major version upgrade (for example, 10.0 to 10.1 is a minor version upgrade, and 10 to 11 is a major version upgrade).

VNet サービス エンドポイントVNet service endpoints

  • VNet サービス エンドポイントは、汎用サーバーとメモリ最適化サーバーでのみサポートされています。Support for VNet service endpoints is only for General Purpose and Memory Optimized servers.

サーバーの復元Restoring a server

  • PITR 機能を使うと、基になっているサーバーと同じ価格レベルの構成で新しいサーバーが作成されます。When using the PITR feature, the new server is created with the same pricing tier configurations as the server it is based on.
  • 復元中に作成される新しいサーバーには、元のサーバーに存在するファイアウォール規則はありません。The new server created during a restore does not have the firewall rules that existed on the original server. この新しいサーバー用のファイアウォール規則を個別に設定する必要があります。Firewall rules need to be set up separately for this new server.
  • 削除されたサーバーへの復元はサポートされていません。Restoring a deleted server is not supported.

Windows での UTF-8 文字UTF-8 characters on Windows

  • 一部のシナリオにおいて、Windows 上のオープン ソース PostgreSQL では UTF-8 文字が完全にはサポートされません。これは、Azure Database for PostgreSQL に影響するためです。In some scenarios, UTF-8 characters are not supported fully in open source PostgreSQL on Windows, which affects Azure Database for PostgreSQL. 詳細については、PostgreSQL アーカイブ内の Bug #15476 のスレッドを参照してください。Please see the thread on Bug #15476 in the postgresql-archive for more information.

次の手順Next steps