データ ソースへの接続

Power BI Embeddedを使用することで、独自のアプリにレポートを組み込むことができます。 Power BI レポートをアプリに組み込むと、レポートは基になるデータに接続する際に、データのコピーをインポートするか、DirectQuery を使用してデータ ソースに直接接続します。

インポートする方法と DirectQuery を使う方法の違いを次に示します。

[インポート] 直接接続
テーブル、列、 およびデータ がレポートのデータセットにインポートまたはコピーされます。 基になるデータに加えられた変更を表示するには、更新する (現在の完全なデータセットをもう一度インポートする) 必要があります。 テーブルと列 のみがレポートのデータセットにインポートまたはコピーされます。 常に最新のデータが表示されます。

Power BI Embedded を使用して、クラウドのデータ ソースで DirectQuery を使用することができますが、現時点ではオンプレミスのデータ ソースを使用することはできません。

注意

現時点では、Power BI Embedded ではオンプレミスのデータ ゲートウェイはサポートされていません。 つまり、オンプレミスの データ ソースで DirectQuery を使用することはできません。

サポートされるデータ ソース

DirectQuery

  • Azure SQL データベース
  • Azure SQL Data Warehouse

インポート

Power BI Desktop 内で、使用可能なすべてのデータソースをインポートできます。 インポートしたデータは、Power BI Embedded 内では更新できません。 PBIX ファイルに対する変更を Power BI Embedded にアップロードする必要があります。 これは、使用可能なゲートウェイがないためです。

DirectQuery を使用する利点

DirectQueryを使用する場合、2 つの主な利点があります。

  • DirectQuery では大規模なデータセットを視覚化することができますが、他の方法では最初にすべてのデータをインポートすることは困難です。
  • 基になるデータが変更されると、データの更新が必要になる場合があります。一部のレポートでは、最新のデータを表示するために大規模なデータ転送が必要になる場合があり、データを再インポートすることが困難になります。 これに対し、DirectQuery レポートでは常に最新のデータが使用されます。

DirectQuery の制限事項

DirectQueryを使用する場合、いくつかの制限事項があります。

  • すべてのテーブルは 1 つのデータベースから取得する必要があります。
  • クエリが複雑すぎると、エラーが発生します。 エラーを解決するために、クエリをリファクタリングして複雑さを減らす必要があります。 複雑なクエリを使用する必要がある場合は、DirectQuery を使用する代わりにデータをインポートする必要があります。
  • リレーションシップのフィルター処理は、双方向ではなく、単一の方向に制限されます。
  • 列のデータ型を変更することはできません。
  • 既定では、メジャーで許可される DAX 式に制限が課されます。 「 DirectQuery とメジャー」を参照してください。

DirectQuery とメジャー

基になるデータ ソースに送信されるクエリのパフォーマンスを許容可能なものにするために、メジャーには制限が課されます。 Power BI Desktop を使用する上級ユーザーは、[ファイル] > [オプションと設定] > [オプション] で、この制限を回避することもできます。 [オプション] ダイアログで [DirectQuery] を選択し、[DirectQuery モードで無制限のメジャーを許可する] を選択します。 このオプションを選択した場合、メジャーで有効な任意の DAX 式を使用できます。 ただし、データをインポートしたときは快適に動作していた式であっても、 DirectQuery モードになると、バックエンド ソースに対するクエリの速度が大幅に低下する場合があることに注意する必要があります。

関連項目

ご質問は、 Power BI コミュニティで尋ねてみてください。