Azure Purview に関してよく寄せられる質問 (FAQ)Frequently asked questions (FAQ) about Azure Purview

概要Overview

多くの組織では、自社データの全体像を把握できていません。Many organizations lack a holistic understanding of their data. どのようなデータがあるか、データはどこにあるか、関連するデータを検索してアクセスするにはどうしたらよいかを理解することは困難です。It's challenging to understand what data exists, where data is located, and how to find and access relevant data. データには系列、分類、包括的なメタデータなどのコンテキストが不足しているため、ビジネス ユーザーは適切なデータを検索し、そのデータを適切に使用することが難しくなります。Data lacks context such as lineage, classification, and comprehensive metadata, making it difficult for business users to search for the right data and use that data appropriately. その結果、収集されたデータのごく一部しかビジネスの意思決定に使用されていません。As a result, only a small fraction of collected data is used to inform business decisions. 最後に、データのセキュリティ上の問題を特定することと、機密データを保護することには整合性がありません。Finally, identifying data security issues and protecting sensitive data is inconsistent. 特にデータの機敏性を確保しているときは、継続的な時間と労力が必要になります。It requires ongoing time and effort, especially while maintaining data agility.

Azure Purview は、データ ガバナンス ソリューションです。Azure Purview is a data governance solution. これは、顧客が自社のすべてのデータの使用を制御しながら、それに関する深い知識を習得するのに役立ちます。It helps customers gain deep knowledge of all their data while maintaining control over its use. Azure Purview を使用すれば、組織はデータを検出し、キュレーションします。With Azure Purview, organizations discover and curate data. 自社のデータ資産に関する分析情報を取得し、データへのアクセスを一元的に管理します。They gain insights into their data estate, and centrally govern access to data.

この FAQ の目的Purpose of this FAQ

この FAQ では、顧客や現場のチームからよく寄せられる一般的な質問に回答します。This FAQ answers common questions that customers and field teams often ask. これは、Azure Purview および関連するソリューション (Azure Data Catalog (ADC) Gen 2 (非推奨) や Azure Information Protection など) に関する質問を明確にすることを目的としています。It's intended to clarify questions about Azure Purview and related solutions, such as Azure Data Catalog (ADC) Gen 2 (deprecated) and Azure Information Protection.

メタデータのスキャンと分類に使用できるソースの種類は何ですか?What are the source types available for metadata scanning and classification?

AzureAzure Azure 以外Non-Azure
Azure Blob StorageAzure Blob storage Power BIPower BI
Azure Synapse Analytics (SQL DW)Azure Synapse Analytics (SQL DW) SQL ServerSQL Server
Azure Cosmos DBAzure Cosmos DB Teradata (2020 年末まで利用可能)Teradata (Available by end of 2020)
Azure SQL Managed InstanceAzure SQL Managed Instance SAP ECC (2020 年末まで利用可能)SAP ECC (Available by end of 2020)
Azure Data ExplorerAzure Data Explorer AP S/4 HANA (2020 年末まで利用可能)SAP S/4 HANA (Available by end of 2020)
Azure Data Lake Storage Gen1Azure Data Lake Storage Gen1 Hive メタストア (2020 年末まで利用可能)Hive Metastore (Available by end of 2020)
Azure Data Lake Storage Gen2Azure Data Lake Storage Gen2 --
Azure FilesAzure Files --
Azure SQL DatabaseAzure SQL Database --

どのようなデータ システムまたはプロセッサに接続して、系列を取得できますか?What data systems/processors can we connect and get lineage?

データ システムまたはプロセッサData system/processor
Azure Data Factory: コピー アクティビティ、データ フロー アクティビティAzure Data Factory: Copy activity, Data Flow activity
カスタム系列Custom lineage
Azure Data ShareAzure Data Share
Power BIPower BI
SQL Server Integration ServicesSQL Server Integration Services

Azure Purview はもともと ADC Gen 2 として開始されましたが、以来ずっとその範囲が拡大されてきました。Azure Purview originally began as ADC Gen 2 but has since broadened in scope. 現在、ADC Gen 2 の高度なカタログ機能を、Azure Information Protection のデータ分類、ラベル付け、コンプライアンス ポリシー適用機能と組み合わせて使用できるようになりました。It now embraces the advanced catalog capabilities of ADC Gen 2 combined with the data classification, labeling, and compliance policy enforcement capabilities of Azure Information Protection. 今日では、データ ガバナンスの幅広い業界定義により厳密に適合しています。Today, it aligns more closely to the broader industry definition of data governance.

ADC Gen 1 を使用している顧客はどうなりますか?What happens to customers using ADC Gen 1?

Microsoft のカタログ ソリューション分野では、Azure Purview がすべての製品イノベーションの焦点となっています。Azure Purview is the focus of all product innovation in the catalog solution space for Microsoft. ADC Gen 1 は引き続きサポートされます。ADC Gen 1 will continue to be supported.

同じサブスクリプションに複数の Azure Purview アカウントを割り当てることはできますか?Can customers have multiple Azure Purview accounts in the same subscription?

はい。サブスクリプションとテナントごとに、多数の Azure Purview アカウントがサポートされています。Yes, we support many Azure Purview accounts per subscription and per tenant.

ADC Gen 1 と Azure Purview を並行で実行できますか?Can I run ADC Gen 1 and Azure Purview in parallel?

はい。Yes. どちらも独立したサービスです。Both are independent services.

ADC Gen 1 の既存のデータ資産を Azure Purview に移行するにはどうすればよいですか?How do I migrate existing ADC Gen 1 data assets to Azure Purview?

Azure Purview の API を使用して ADC Gen 1 から抽出し、Azure Purview に取り込みます。Use the Azure Purview APIs to extract from ADC Gen 1 and ingest into Azure Purview. 用語集については、CSV に基づいた一括ツールがサポートされています。For the glossary, we support bulk tools based on CSV.

Azure Purview を使用して SQL テーブルの機密データを暗号化するにはどうすればよいですか?How do I encrypt sensitive data for SQL tables using Azure Purview?

データの暗号化は、データ ソース レベルで行われます。Data encryption is done at the data source level. Azure Purview では、メタデータのみを格納します。Azure Purview stores only the metadata. データのプレビューは行われません。It doesn't preview data.

Azure Purview には ADC Gen 2 のすべての機能が含まれていますか?Will all the capabilities of ADC Gen 2 exist in Azure Purview?

はい。Yes.

用語集と分類の違いは何ですか?What's the difference between a glossary and classification?

用語集では、データの非技術系またはビジネス ユーザー (データ コンシューマーとも呼ばれる) が従うべき名前付け規則が使用されています。A glossary uses a naming convention followed by non-technical/business users of the data, also known as data consumers. こうした種類のユーザーは、Azure Purview を使用し、ビジネスの使用状況に基づいて特定の種類のデータを検索するビジネス アナリストまたはデータ サイエンティストです。These types of people are business analysts or data scientists who use Azure Purview to search for certain types of data, based on business usage. たとえば、サプライ チェーン アナリストは、"SKU の種類" や "出荷の詳細" という用語の検索が必要になる場合があります。For instance, supply chain analysts might need to search for the terms SKU types and shipment details. 用語集でこうした用語を検索すると、関連データを見つけることができます。They search the glossary for these terms to find relevant data. 分類は、テーブル、列、またはファイル レベルでデータ資産に適用されるタグであり、これによって資産内に存在するデータを識別できます。Classification is a tag applied to a data asset at the table, column, or file level, that identifies what data exists in the asset. 分類は、検出されたデータの種類に基づいて、自動または手動で適用できます。Classification can be applied automatically or manually, based on the type of data found. 通常、分類タグを使用すると、資産に機密データが含まれているかどうかや、どのような種類の機密データが含まれているかを特定できます。Typically, you use classification tags to identify whether an asset contains sensitive data, and what type of sensitive data that might be.

Azure Purview では、SharePoint や OneDrive 内の電子メール、PDF などをスキャンして分類しますか?Does Azure Purview scan and classify emails, PDFs etc. in my Sharepoint and OneDrive?

オンプレミスの SharePoint のサイトおよびライブラリのスキャンは、Azure Information Protection スキャナーを通じて提供されます。Scanning for on-premises SharePoint sites and libraries is provided through the Azure Information Protection scanner. このスキャナーは、次の SKU を含む顧客の Microsoft 365 サブスクリプションで使用できます。AIP P1、EMS E3、M365 E3。The scanner is available for use through a customer's Microsoft 365 subscription with the following SKUs: AIP P1, EMS E3, and M365 E3. これらの SKU のいずれかをお持ちの場合は、Azure Information Protection スキャナーの使用を開始するための適切な権利があるはずです。If you have any one of these SKUs, you should have the right entitlements to start using the Azure Information Protection scanner.

スキャンに使用されるコンピューティングは何ですか?What is the compute used for the scan?

Microsoft によって管理されるスキャン インフラストラクチャがあります。There is a Microsoft-managed scanning infrastructure. サポートされているほとんどの Azure または AWS リソースでは、スキャン インフラストラクチャをデプロイする必要はありません。For most Azure/AWS resources that we support, you don't need to deploy a scanning infrastructure.

Azure Resource Manager (ARM) のテンプレート、CLI、または PowerShell を使用して Azure Purview をプロビジョニングする方法はありますか?Is there a way to provision Azure Purview via Azure Resource Manager (ARM) template / CLI / PowerShell?

はい、ARM テンプレートを使用できますYes, ARM template is available

Atlas を既に使用していますが、Azure Purview に簡単に移行できますか?I'm already using Atlas, can I easily move to Azure Purview?

Azure Purview は、Atlas API と互換性があります。Azure Purview is compatible with Atlas API. Atlas から移行する場合は、まず Azure Purview を使用してデータ ソースをスキャンすることをお勧めします。If you are migrating from Atlas, it's recommended to scan your data sources first using Azure Purview. お使いのアカウントで資産を利用できるようになったら、同様の Atlas API を使用して、資産を更新したりカスタム系列を追加したりするなどの統合を行うことができます。Once the assets are available in your account, you can use similar Atlas APIs to integrate such as updating assets or adding custom lineage. Azure Purview では、Azure Search を使用するように Search API を変更します。これにより、高度な検索を使用できるようになります。Azure Purview modifies the Search API to use Azure Search so you should be able to use Advance Search.

自分のテナントに複数のカタログを作成できますか?Can I create multiple catalogs in my tenant?

はい。サブスクリプションとテナントごとに複数の Azure Purview アカウントを作成できます。Yes, you can create multiple Azure Purview accounts per subscription and per tenant. これらの制限については、Azure Purview を使用したリソースのクォータの管理と引き上げに関するページで確認できます。You can review the limits page Manage and increase quotas for resources with Azure Purview.

複数のアカウントが必要な場合と必要ない場合のその他の推奨事項については、「Azure Purview のデプロイのベストプラクティス」をご覧ください。Additional recommendation on when you should or should not have multiple accounts are documented in our Azure Purview deployment best practices.

1 つの Azure Purview アカウント内に複数のテナントを登録できますか?Can I register multiple tenants within a single Azure Purview account?

いいえ。現在、別のテナントのデータ ソースをスキャンするには、そのテナントに別の Azure Purview アカウントを作成する必要があります。No, currently in order to scan another tenant's data source, you need to create a separate Azure Purview account in that tenant.

Azure Purview では列レベルの系列をサポートしていますか?Does Azure Purview support column level lineage?

はい。Azure Purview では列レベルの系列をサポートしています。Yes, Azure Purview supports column level lineage.