Azure Purview Data Catalog の参照Browse the Azure Purview Data catalog

この記事では、データ ソースの階層型名前空間を使用して Azure Purview Data Catalog でデータを検出する方法について説明します。This article describes how to discover data in your Azure Purview Data Catalog using the data source hierarchical namespace.

参照エクスペリエンスBrowse experience

データ コンシューマーは、エクスプローラー ビューを使用して、データ ソースごとに使い慣れた階層型名前空間を使用してデータを検出できます。A data consumer can discover data using the familiar hierarchical namespace for each of the data sources using an explorer view. データ ソースが登録およびスキャンされると、データ マップによって、データ ソースの構造 (階層型名前空間) に関する情報が抽出されます。Once the data source is registered and scanned, the Data map extracts information about the structure (hierarchical namespace) of the data source. この情報は、データ検出の参照エクスペリエンスを構築するために使用されます。This information is used to build the browsing experience for data discovery.

たとえば、DateDimension と言う名前のデータセットは、Azure Data Lake Storage Gen 2 の [ディメンション] フォルダーの下で簡単に見つけることができます。For example, you can easily find a dataset called DateDimension under a folder called Dimensions in Azure Data lake Storage Gen 2. [Browse by Asset Type](資産の種類で参照) エクスペリエンスを使用して ADLS Gen 2 ストレージ アカウントに移動し、[サービス] > [コンテナー] > [フォルダー] を選択して特定の [ディメンション] フォルダーに移動し、DateDimension テーブルを参照できます。You can use the 'Browse by Asset Type' experience to navigate to the ADLS Gen 2 storage account, then browse to the service > container > folder(s) to reach the specific Dimensions folder and then see the DateDimension table.

階層型名前空間を使用したネイティブな参照エクスペリエンスは、対応するデータ ソースごとに提供されます。A native browsing experience with hierarchical namespace is provided for each of the corresponding data source.

資産の種類での Data Catalog の参照Browse the Data Catalog by asset type

  1. データ資産を参照するには、ホームページで [Browse by Asset Type](資産の種類で参照) をクリックします。You can browse data assets, by selecting the Browse by asset type on the homepage.

    Purview のホーム ページ

  2. [Browse asset types](資産の種類を参照) ページでは、データ ソース別にタイルが分類されます。On the Browse asset types page, tiles are categorized by data sources. 各データ ソースの資産をさらに調べるには、対応するタイルを選択します。To further explore assets in each data source, select the corresponding tile.

    [Browse asset types]\(資産の種類を参照\) ページ

  3. 次のページには、選択したデータの種類の最上位レベルの資産が一覧表示されます。On the next page, top-level assets under your chosen data type are listed. 資産の 1 つを選択して、その内容を詳しく調べます。Pick one of the assets to further explore its contents.

    資産の種類に固有の参照ページ。Azure Storage アカウントの例

  4. エクスプローラー ビューが開きます。The explorer view will open. 左側のパネルで資産を選択して、参照を開始します。Start browsing by selecting the asset on the left panel. ページの右側のパネルには、子資産が一覧表示されます。Child assets will be listed on the right panel of the page.

    エクスプローラー ビュー

  5. 資産の詳細を表示するには、右端にある名前または省略記号ボタンを選択します。To view the details of an asset, select the name or the ellipses button on the far right.

    省略記号ボタンを選択して、資産の詳細ページを表示

資産の詳細ページが表示されたら、他の関連するデータ資産も表示できます。Once you are on the asset detail page, you can also view other related data assets. たとえば、DateDimension の親フォルダーに移動して、 [ディメンション] フォルダーを表示したり、コンテナーに移動して特定の階層の資産を表示したりすることができます。For example, you can navigate to the parent folder of DateDimension to see the Dimensions folder or even navigate to the container to see the assets under the specific hierarchy.

  1. 資産の詳細ページで、 [関連項目] タブを選択してその他の関連する資産を表示します。From the asset detail page, select the Related tab to see other related assets.

    [関連項目] タブの起動

  2. 現在の資産の完全な階層が左側に表示されます。The current asset's full hierarchy will be listed on the left.

    階層構造

  3. 階層内の任意のレベルを選択すると、そのレベルの直下にある資産が一覧表示されます。Select any level in the hierarchy to list the immediate assets under that level.

    別の階層を選択

次のステップNext steps