ネットワークの要件Network requirements

Azure Remote Rendering での優れたユーザー エクスペリエンスを実現するには、Azure データ センターへの安定した、低待機時間のネットワーク接続が不可欠です。A stable, low-latency network connection to an Azure data center is critical for a good user experience in Azure Remote Rendering. ネットワークの状態が悪いと、接続が切断されたり、ホログラムが不安定になったり、ジッターやジャンプが発生したり、サーバー側のシーン グラフを更新するときに著しい遅延が生じたりする可能性があります。Poor network conditions can result in dropped connections, unstable, jittery, or 'jumping' holograms, and noticeable lag when updating the server-side scene graph.

ネットワーク接続に関するガイドラインGuidelines for network connectivity

正確なネットワーク要件は、リモート シーン グラフに対する変更の数と頻度およびレンダリングされるビューの複雑さなど、特定のユース ケースによって異なりますが、可能な限り優れたエクスペリエンスを確保するためのガイドラインがいくつかあります。The exact network requirements depend on your specific use case, such as the number and frequency of modifications to the remote scene graph as well as the complexity of the rendered view, but there are a number of guidelines to ensure that your experience is as good as possible:

  • インターネット接続では、Azure Remote Rendering のシングル ユーザーセッションで一貫して少なくとも 50 Mbps のダウンストリームおよび 10 Mbps のアップストリームをサポートする必要があります。これは、ネットワーク上のトラフィックが競合していないことを想定した場合です。Your internet connectivity needs to support at least 50 Mbps downstream and 10 Mbps upstream consistently for a single user session of Azure Remote Rendering, assuming there is no competing traffic on the network. エクスペリエンスを向上させるには、より高いレートをお勧めします。We recommend higher rates for better experiences. 同じネットワーク上のユーザーの増加に応じて、これらの要件はスケールアップします。With more users on the same network, these requirements scale up correspondingly.
  • 5 GHz の Wi-Fi 帯域を使用すると、通常は 2.4 GHz の Wi-Fi 帯域よりも優れた結果が得られますが、両方とも機能するはずです。Using the 5-GHz Wi-Fi band will usually produce better results than the 2.4-GHz Wi-Fi band, though both should work.
  • 近くに他の Wi-Fi ネットワークがある場合は、これらの他のネットワークで使われている Wi-Fi チャネルは使用しないようにしてください。If there are other Wi-Fi networks nearby, avoid using Wi-Fi channels in use by these other networks. WifiInfoView などのネットワーク スキャン ツールを使用することで、Wi-Fi ネットワークで使用されるチャネルでトラフィックが競合していないかどうかを確認できます。You can use network scanning tools like WifiInfoView to verify whether the channels your Wi-Fi network uses, are free of competing traffic.
  • 厳密に、電力線 LAN 転送や Wi-Fi リピーターの使用は避けてくださいStrictly avoid using Wi-Fi repeaters or LAN-over-powerline forwarding.
  • 同じ Wi-Fi ネットワーク上で、ビデオやゲーム ストリーミングなど、帯域幅を大量に使用するトラフィックが競合しないようにしてくださいAvoid competing bandwidth-intense traffic – such as video or game streaming – on the same Wi-Fi network.
  • 適切な Wi-Fi 信号の強度を確保することが不可欠です。Having good Wi-Fi signal strength is essential. 可能であれば、Wi-Fi アクセス ポイントの近くにとどまり、クライアント デバイスとアクセス ポイントの間の障害を回避してください。If possible, stay close to your Wi-Fi access point and avoid obstacles between your client device and the access points.
  • 常に、ご自分のリージョン最も近い Azure データ センターに接続していることを確認してください。Make sure that you always connect to the nearest Azure data center for your region. データ センターに近いほど、ネットワーク待機時間が短くなります。これは、ホログラムの安定性に大きく影響します。The closer the data center, the lower the network latency, which has a huge effect on hologram stability.

注意

ダウンストリームの帯域幅は主にビデオ ストリームによって消費され、次に色情報と深度情報 (両方とも 60 Hz、ステレオ) に分割されます。The downstream bandwidth is mostly consumed by the video stream, which in turn is split between color- and depth information (both 60 Hz, stereo).

ネットワーク パフォーマンス テストNetwork performance tests

ネットワーク接続の質が Azure Remote Rendering を実行するのに十分であるかどうかを最初に把握したいと考えている場合に、使用できる既存のオンライン ツールがあります。If you want to get an initial understanding of whether the quality of your network connectivity is sufficient to run Azure Remote Rendering, there are existing online tools that you can use. これらのオンライン ツールは、Azure Remote Rendering クライアント アプリケーションを実行する予定のデバイスと同じ Wi-Fi に接続されている、ある程度強力なラップトップから実行することを強くお勧めします。We strongly recommend running these online tools from a reasonably powerful laptop connected to the same Wi-Fi as the device that you are planning to run your Azure Remote Rendering client application on. 携帯電話や HoloLens2 でテストを実行して得られた結果は、通常はあまり役に立ちません。これは、低電力のエンドポイント デバイスに大きな差異が見られることが証明されているためです。Results obtained from running the tests on a mobile phone or HoloLens2 are usually less useful, as they have proven to show significant variation on low-powered endpoint devices. ラップトップを配置する場所は、Azure Remote Rendering クライアント アプリケーションを実行するデバイスの使用を予定しているのとほぼ同じ場所に配置する必要があります。The location at which you place the laptop should be roughly at the same place at which you expect to use the device that runs your Azure Remote Rendering client application.

ネットワーク接続を簡単にテストするためのシンプルな手順をいくつか以下に示します。Here are a few simple steps for a quick test of your network connectivity:

  1. www.speedtest.net のようなネットワーク テスト ツールを実行して、ネットワーク接続の全体の待機時間およびアップストリームとダウンストリームの帯域幅に関するデータを取得します。Run a network testing tool like www.speedtest.net to get data on the overall latency and upstream/downstream bandwidth of your network connection. 最も近いサーバーを選んで、テストを実行します。Pick a server closest to you and run the test. サーバーは、Azure Remote Rendering の接続先となる Azure データ センターにはなりませんが、それでも結果として得られるデータは、インターネット接続と Wi-Fi のパフォーマンスを把握するのに役立ちます。While the server will not be the Azure data center that Azure Remote Rendering will connect to, the resulting data is still useful to understand the performance of your internet connection and Wi-Fi.
    • Azure Remote Rendering の最小要件: 約 40 Mbps のダウンストリームと 5 Mbps のアップストリーム。Minimum requirement for Azure Remote Rendering: Approx. 40 Mbps downstream and 5 Mbps upstream.
    • Azure Remote Rendering の推奨値: 約 100 Mbps のダウンストリームと 10 Mbps のアップストリーム。Recommended for Azure Remote Rendering: Approx. 100 Mbps downstream and 10 Mbps upstream. テストを複数回実行して、最悪の結果を得ることをお勧めします。We recommend running the test multiple times and taking the worst results.
  2. Azure データ センターへの待機時間を測定する www.azurespeed.com などのツールを使用しますUse a tool like www.azurespeed.com that measures latency to Azure data centers. 最も近い Azure Remote Rendering でサポートされている Azure データ センターを選択し (サポートされているリージョンを参照)、待機時間テストを実行します。Select the Azure data center supported by Azure Remote Rendering that is closest to you (see supported regions) and run a latency test. 表示される数値に差異がある場合は、結果が安定するまで少し時間を置いてください。If there is variation in the numbers you see, give the results some time to stabilize.
    • Azure Remote Rendering の最小要件: 待機時間は常に 100 ミリ秒未満である必要があります。Minimum requirement for Azure Remote Rendering: Latency should consistently be less than 100 ms.
    • Azure Remote Rendering の推奨値: 待機時間は常に 70 ミリ秒未満である必要があります。Recommended for Azure Remote Rendering: Latency should consistently be less than 70 ms.

低待機時間は、Azure Remote Rendering がネットワーク上で適切に機能することを保証するものではありませんが、通常、これらのテストに正常に合格した場合には問題なく動作することがわかっています。While low latency is not a guarantee that Azure Remote Rendering will work well on your network, we have usually seen it perform fine in situations where these tests passed successfully. Azure Remote Rendering を実行した結果、ホログラムが不安定になったり、ジッターやジャンプが発生したりする場合は、トラブルシューティング ガイドを参照してください。If you are encountering artifacts such as unstable, jittery, or jumping holograms when running Azure Remote Rendering, refer to the troubleshooting guide.

次のステップNext steps