ArrInspector 検査ツールThe ArrInspector inspection tool

ArrInspector は、実行中の Azure Remote Rendering セッションを検査するために使用される Web ベースのツールです。The ArrInspector is a web-based tool used to inspect a running Azure Remote Rendering session. デバッグを目的として、レンダリングされているシーンの構造を調べたり、ログ メッセージを表示したり、サーバーのライブ パフォーマンスを監視したりするために使用することが想定されています。It is meant to be used for debugging purposes, to inspect the structure of the scene being rendered, show the log messages, and monitor the live performance on the server.

ArrInspector

ArrInspector に接続するConnecting to the ArrInspector

ARR サーバーのホスト名 (末尾が mixedreality.azure.com) を取得したら、ConnectToArrInspectorAsync を使用して接続します。Once you obtain the hostname (ending in mixedreality.azure.com) of your ARR server, connect using ConnectToArrInspectorAsync. この関数により、アプリケーションが実行されているデバイス上に StartArrInspector.html が作成されます。This function creates a StartArrInspector.html on the device on which the application is running. ArrInspector を起動するには、PC のブラウザー (Edge、Firefox、または Chrome) でそのファイルを開きます。To launch ArrInspector, open that file with a browser (Edge, Firefox, or Chrome) on a PC. そのファイルは 24 時間だけ有効です。The file is only valid for 24 hours.

ConnectToArrInspectorAsync を呼び出すアプリが PC で既に実行されている場合:If the app that calls ConnectToArrInspectorAsync is already running on a PC:

  • Unity 統合を使用している場合は、自動的に起動されることがあります。If you are using the Unity integration, it may get launched automatically for you.
  • そうでない場合は、 User Folders\LocalAppData\[your_app]\AC\Temp でファイルを探します。Otherwise, you will find the file in User Folders\LocalAppData\[your_app]\AC\Temp .

アプリが HoloLens で実行されている場合:If the app is running on a HoloLens:

  1. Windows デバイス ポータルを使用して HoloLens にアクセスします。Access the HoloLens using the Windows Device Portal.
  2. [System](システム) > [File Explorer](エクスプローラー) にアクセスします。Go to System > File Explorer .
  3. User Folders\LocalAppData\[your_app]\AC\Temp に移動します。Navigate to User Folders\LocalAppData\[your_app]\AC\Temp .
  4. StartArrInspector.html をお使いの PC に保存します。Save StartArrInspector.html to your PC.
  5. StartArrInspector.html を開いて、セッションの ArrInspector を読み込みます。Open StartArrInspector.html to load the session's ArrInspector.

[Performance](パフォーマンス) パネルThe Performance panel

[Performance](パフォーマンス) パネル

このパネルには、サーバーによって公開される、すべてのフレームごとのパフォーマンス値のグラフが表示されます。This panel shows graphs of all per-frame performance values exposed by the server. その値には、現在、フレーム時間、FPS、CPU とメモリの使用率、全体的な RAM 使用率などのメモリ統計、オブジェクト数などが含まれます。The values currently include the frame time, FPS, CPU and memory usage, memory stats like overall RAM usage, object counts, etc.

これらのパラメーターのいずれかを表示するには、 [Add New](新規追加) ボタンをクリックして、ダイアログに表示される使用可能な値のいずれかを選択します。To visualize one of these parameters, click the Add New button and select one of the available values shown in the dialog. この操作により、新しいスクロール グラフがパネルに追加されて、値がリアルタイムでトレースされます。This action adds a new scrolling chart to the panel, tracing the values in real time. 右側には、" 最小 "、" 最大 "、" 現在 " の値が表示されます。On its right you can see the minimum , maximum and current value.

マウスで内容をドラッグすることによって、グラフをパンできます。ただし、横方向にパンできるのは、ArrInspector が一時停止状態になっている場合のみです。You can pan the graph, by dragging its content with the mouse, however, panning horizontally is only possible when ArrInspector is in the paused state.

Ctrl キーを押しながらドラッグすると、ズームできます。Holding CTRL while dragging, allows you to zoom. 横ズームは、下部にあるスライダーで制御することもできます。Horizontal zoom can also be controlled with the slider at the bottom.

縦方向の範囲は、既定では、現在表示されている値に基づいて計算され、最小値と最大値が右側のテキスト ボックスに表示されます。The vertical range is by default computed based on the values currently displayed, and min and max values are shown in the text-boxes on the right. テキスト ボックスに直接入力するか、パンまたはズームすることによって、値を手動で設定すると、それらの値がグラフで使用されます。When the values are set manually, either by typing them directly into the textbox, or by panning/zooming, the graph will use those values. 縦方向の自動フレーミングを元に戻すには、右上隅にあるアイコンをクリックします。To restore the automatic vertical framing, click the icon in the top-right corner.

縦方向の範囲

[Log](ログ) パネルThe Log panel

[Log](ログ) パネル

[Log](ログ) パネルには、サーバー側で生成されたログ メッセージの一覧が表示されます。The log panel shows a list of log messages generated on the server side. 接続時には、以前のログ メッセージが最大 200 件表示され、新しいログ メッセージが発生するたびに表示されます。On connection it will show up to 200 previous log messages, and will print new ones as they happen.

上部にあるボタンを使用すると、ログの種類 [Error/Warning/Info/Debug] に基づいて一覧をフィルター処理できます。You can filter the list based on the log type [Error/Warning/Info/Debug] using the buttons at the top. ログ フィルターのボタンLog Filter Buttons

[Timing Data Capture](タイミング データ キャプチャ) パネルThe Timing Data Capture panel

[Timing Data Capture](タイミング データ キャプチャ)

このパネルは、サーバーからタイミング情報をキャプチャしてダウンロードするために使用します。This panel is used to capture timing information from the server and download it. ファイルでは、Chrome Tracing JSON 形式が使用されます。The file uses the Chrome Tracing JSON format. データを調べるには、Chrome で URL Chrome://tracing を開き、ダウンロードしたファイルをそのページにドラッグ アンド ドロップします。To inspect the data, open Chrome on the URL Chrome://tracing and drag-and-drop the downloaded file into the page. タイミング データは、固定サイズのリング バッファーに継続的に収集されます。The timing data is continuously collected in a fixed-size ring-buffer. 書き込まれるキャプチャには、直前の情報、つまり数秒から数分の情報のみが含まれます。When written out, the capture only includes information about the immediate past, meaning a couple of seconds to few minutes.

[Scene Inspection](シーン検査) パネルThe Scene Inspection panel

[Scene Inspection](シーン検査) パネル

このパネルには、レンダリングされたシーンの構造が表示されます。This panel shows the structure of the rendered scene. 左側にはオブジェクトの階層が表示され、右側には選択したオブジェクトの内容が表示されます。The object hierarchy is on the left, the content of the selected object is on the right. パネルは読み取り専用であり、リアルタイムで更新されます。The panel is read-only and is updated in real time.

[VM Debug Information](VM デバッグ情報) パネルThe VM Debug Information panel

[VM Debug Information](VM デバッグ情報) パネル

このパネルには、デバッグ機能がいくつか用意されています。This panel offers some debug functionality.

サービスを再起動するRestart service

[Restart Service](サービスの再起動) ボタンでは、ArrInspector が接続されている仮想マシン上のランタイムが再起動されます。The Restart Service button restarts the runtime on the virtual machine that arrInspector is connected to. 接続されているすべてのクライアントが切断されるので、再起動されたサービスに接続するには、ArrInspector のページを再度読み込む必要があります。Any attached client will get disconnected and the arrInspector page must be reloaded to connect to the restarted service.

デバッグ情報を収集するCollect debug information

[Collect Debug Information for VM](VM のデバッグ情報の収集) ボタンをクリックすると開くダイアログでは、VM でデバッグ情報を収集する ARR インスタンスをトリガーできます。The Collect Debug Information for VM button opens a dialog that allows you to trigger the ARR instance to collect debug information on the VM:

VM デバッグ情報ダイアログ

Azure Remote Rendering チームは、デバッグ情報を使用することで、実行中の ARR インスタンスで発生している問題を分析できます。Debug information helps the Azure Remote Rendering team to analyze any issues that occur in a running ARR instance. このダイアログのテキスト フィールドを使用して、問題の再現手順などの追加情報を提供できます。The dialog has a text field to provide additional details, for example steps to reproduce an issue.

[Start Collecting](収集開始) ボタンをクリックすると、ダイアログが閉じて、収集プロセスが開始されます。After clicking the Start Collecting button, the dialog will close and the collection process begins. VM での情報の収集には数分かかることがあります。Collecting the information on the VM can take a few minutes.

進行中の VM デバッグ情報の収集

収集が完了すると、ArrInspector のウィンドウに通知が表示されます。Once the collection is finished, you will receive a notification in the ArrInspector window. この通知には、この特定の収集を示す ID が含まれています。This notification contains an ID that identifies this particular collection. この ID を必ず保存しておき、Azure Remote Rendering チームに渡してください。Be sure to save this ID to pass it on to the Azure Remote Rendering team.

VM デバッグ情報の収集の成功

重要

VM デバッグ情報をダウンロードしたり、それ以外の方法で情報にアクセスしたりすることはできません。You can't download or otherwise access VM debug information. 収集されたデータにアクセスできるのは、Azure Remote Rendering チームだけです。Only the Azure Remote Rendering team has access to the collected data. チームに連絡して収集 ID を送信、発生している問題の調査を依頼する必要があります。You need to contact us and send the collection ID along, for us to investigate the issue you are seeing.

一時停止モードPause mode

右上隅にあるスイッチを使用して、パネルのライブ更新を一時停止することができます。In the top-right corner, a switch allows you to pause live update of the panels. このモードは、特定の状態を詳しく検査するのに役立ちます。This mode can be useful to carefully inspect a specific state.

一時停止モード

ライブ更新を再度有効にすると、すべてのパネルがリセットされます。When re-enabling live update, all panels are reset.

ホストの構成Host configuration

既定では、このツールは、ArrInspector を提供しているのと同じホスト上で実行されている ARR サーバーに接続されます。By default the tool connects to the ARR server that is running on the same host serving the ArrInspector. ただし、別のサーバーでも、ARR インスタンスが実行されていてツールのポートが開かれていれば、検査対象として構成できます。However, you can configure it to inspect another server, assuming it's running an ARR instance with the tooling port open.

そのためには、ヘッダー バーの左側にあるメイン メニューにアクセスし、 [Host configuration](ホストの構成) を選択します。To do so, access the main menu on the left of the header bar and select Host configuration . [Add new host](新しいホストの追加) をクリックして、名前とホスト名を入力します。Click Add new host , and enter the name and hostname. " ホスト名 " については、末尾が .mixedreality.azure.com のホスト名のみを使用し、http:// またはポートを含めないでください。For hostname only use the hostname ending in .mixedreality.azure.com, don't include http:// or a port.

ホストの構成

あるホストから別のホストにすばやく切り替えるには、右上にあるドロップダウンを使用します。To quickly switch from one host to another, use the drop-down at the top right.

ホスト コンボ

ホストの一覧がブラウザーのローカル ストレージに格納されるので、同じブラウザーを再び開いたときに維持されます。The host list is stored in the browser local storage, so it will be preserved when reopening the same browser.