Azure Remote Rendering Asset Tool (ARRT)

Azure Remote Rendering Asset Tool (ARRT) は、C++ または Qt で開発されたオープンソースのデスクトップアプリケーションです。

ARRT

特徴

このアプリケーションを使用すると、次のことが可能です。

  • 3D モデルをアップロードする
  • モデルの変換を制御する
  • リモート レンダリング セッションを作成および管理する
  • 3D モデルを読み込む
  • 3D モデルをプレビューする
  • その素材を変更する

また、これをオープンソースのサンプルとして使用すると、3D モデルの変換を管理するための Azure Storage クライアント ライブラリを使用して、Azure Remote Rendering C++ SDK に対してフロントエンドを実装する方法を習得することもできます。

ソース リポジトリ

ソース コードとドキュメントについては、GitHub の ARRT リポジトリを参照してください。