Azure Resource Mover とは

この記事では、Azure Resource Mover サービスの概要について説明します。 Resource Mover は、Azure リージョン間で Azure リソースを移動するのに役立ちます。

次の目的で、リソースをさまざまな Azure リージョンに移動することがあります。

  • リージョンの立ち上げに合わせる: 以前は使用できなかった、新しく導入された Azure リージョンにリソースを移動します。
  • サービス/機能に合わせる: 特定のリージョンで使用可能になったサービスまたは機能を利用するためにリソースを移動します。
  • ビジネスの展開に対応する: 合併や買収などのビジネスの変化に対応して、あるリージョンにリソースを移動します。
  • 距離の近さに合わせる: ビジネスの近くに存在するリージョンにリソースを移動します。
  • データの要件を満たす: データ所在地の要件やデータ分類のニーズに合わせるためにリソースを移動します。
  • デプロイ要件に対応する: デプロイ時にエラーが発生したリソースを移動するか、または容量のニーズに対応して移動します。
  • 使用停止に対応する: リージョンが使用停止になっているため、リソースを移動します。

Resource Mover を使用する理由

Resource Mover によって、以下のことが可能になります。

  • 単一のハブを使用してリージョン間でリソースを移動できます。
  • 移動時間と複雑さを軽減できます。 必要なものをすべて 1 か所にまとめることができます。
  • シンプルかつ一貫性のあるエクスペリエンスによって、さまざまな種類の Azure リソースを移動できます。
  • 移動するリソース間の依存関係を簡単に識別できます。 これにより、関連リソースをまとめて移動することができるため、移動後にすべてのリソースがターゲット リージョンで期待どおりに動作します。
  • 移動後にソース リージョンのリソースを削除する場合は、自動的にクリーンアップされます。
  • テスト。 移動を試してみて、完全に移動することは望まない場合は破棄することができます。

リージョン間で移動する

リージョン間でリソースを移動するには、移動するリソースを選択します。 Resource Mover はこれらのリソースを検証し、他のリソースに対する依存関係を解決します。 依存関係がある場合は、いくつかのオプションがあります。

  • 依存リソースをターゲット リージョンに移動する。
  • 依存リソースは移動せず、代わりにターゲット リージョンで同等のリソースを使用する。

すべての依存関係が解決された後、Resource Mover は単純な移動プロセスを実行します。

  1. 最初の移動を開始します。
  2. 最初の移動後に、移動をコミットして完了するか、移動を破棄するかを決定できます。
  3. 移動が完了したら、ソースの場所にあるリソースを削除するかどうかを決定できます。

リソースは、Resource Mover ハブ内のリージョン間で、またはリソース グループ内から移動できます。 詳細については、こちらを参照してください

リージョン間で移動できるリソース

Resource Mover を使用すると、現在、リージョン間で次のリソースを移動できます。

  • Azure VM および関連付けられているディスク
  • 暗号化された Azure VM および関連付けられているディスク。 これには、Azure Disk Encryption が有効になっている VM と、既定のサーバー側暗号化を使用している Azure VM が含まれます (どちらにもプラットフォーム マネージド キーとカスタマー マネージド キーがある)
  • NIC
  • 可用性セット
  • Azure 仮想ネットワーク
  • パブリック IP アドレス
  • ネットワーク セキュリティ グループ (NSG)
  • 内部およびパブリック ロード バランサー
  • Azure SQL データベースとエラスティック プール

次のステップ

Resource Mover コンポーネントおよび移動プロセスについて詳しく学習する