Azure Search のドキュメント

Azure Search を使用してプライベートの異種コンテンツに対するエンタープライズ検索ソリューションを作成する方法を説明します。 チュートリアル、API リファレンスなどのドキュメントでは、検索可能なコンテンツを単一の高速インデックスに統合する方法を紹介します。インデックスは簡単な構文から高度な構文まで使用してクエリすることができ、幅広いシナリオに対応します。

コグニティブ検索は、インデックス作成、画像ファイルのテキストと特性の検出、構造化されていないテキストの大きなブロック内でのパターンの検索に対して AI 処理を接続する Azure Search の機能です。 AI プロセスは Cognitive Services によってサポートされます。

ナレッジ ストア (プレビュー) によりコグニティブ検索が拡張され、AI エンリッチメントはストレージに保存されます。それらは、クライアント アプリや下流のプロセスで表示、再形成、使用できます。

5 分間のクイック スタート

ポータルで Search サービスを開始した後、C# または REST でインデックスの定義、読み込み、クエリを実行できます。

ステップバイステップのチュートリアル

.NET または REST でコードを書くか、ポータルを使用して、概念の簡単なテストを実行します。

  1. インデックスの作成とクエリのテストにポータルを使用する
  2. .NET を使用して最初の検索ソリューションを書き込む
  3. AI によるエンリッチ (Cognitive Services)
  4. .NET を使用して Azure SQL Database のコンテンツにインデックスを作成する
  5. REST を使用して Azure Blob Storage の半構造化データにインデックスを作成する

リファレンス