Azure Search Service REST API バージョン 2019-05-06-PreviewAzure Search Service REST api-version 2019-05-06-Preview

この記事では、まだ一般公開されていない実験的機能を提供する Azure Search Service REST API の api-version=2019-05-06-Preview バージョンについて説明します。This article describes the api-version=2019-05-06-Preview version of Azure Search service REST API, offering experimental features not yet generally available.

注意

プレビュー機能は、フィードバックの収集を目的とするテストと実験のために提供されており、変更される可能性があります。Preview features are available for testing and experimentation with the goal of gathering feedback and are subject to change. 運用アプリケーションではプレビュー API を使用しないことを強くお勧めします。We strongly advise against using preview APIs in production applications.

2019-05-06-Preview の新機能New in 2019-05-06-Preview

ナレッジ ストアは、AI ベースのエンリッチメント パイプラインの新しい宛先です。Knowledge store is a new destination of an AI-based enrichment pipeline. Azure ストレージ内で、インデックスだけでなく、インデックス化の実行中に作成された設定済みのデータ構造も永続化できるようになりました。In addition to an index, you can now persist populated data structures created during indexing in Azure storage. スキルセット内の要素を通じてデータの物理構造を制御できます (データの形状をどのようにするか、データの保存先をテーブル ストレージと BLOB ストレージのどちらにするか、ビューが複数存在するかどうかなど)。You control the physical structures of your data through elements in a Skillset, including how data is shaped, whether data is stored in Table storage or Blob storage, and whether there are multiple views.

サービス側の暗号化の保存用の顧客が管理する暗号化キーも新しいプレビュー機能です。Customer-managed encryption keys for service-side encryption-at-rest is also a new preview feature. Microsoft が管理する組み込みの暗号化の保存だけではなく、自分だけが鍵を所有している暗号化のレイヤーを追加で適用できます。In addition to the built-in encryption-at-rest managed by Microsoft, you can apply an additional layer of encryption where you are the sole owner of the keys.

他のプレビュー機能Other preview features

以前のプレビューで発表された機能は、パブリック プレビューにもあります。Features announced in earlier previews are still in public preview. 以前のプレビュー api-version で API を呼び出している場合は、引き続きそのバージョンを使用することも、想定される動作を変更することなく、2019-05-06-Preview に切り替えることもできます。If you're calling an API with an earlier preview api-version, you can continue to use that version or switch to 2019-05-06-Preview with no changes to expected behavior.

プレビュー API を呼び出す方法How to call a preview API

古いプレビューはまだ動作しますが、時間がたてば古くなります。Older previews are still operational but become stale over time. コードで api-version=2016-09-01-Preview または api-version=2017-11-11-Preview を呼び出している場合、それらの呼び出しはまだ有効です。If your code calls api-version=2016-09-01-Preview or api-version=2017-11-11-Preview, those calls are still valid. ただし、機能強化の更新が行われるのは、最新のプレビュー バージョンのみです。However, only the newest preview version is refreshed with improvements.

次のサンプル構文は、API のプレビュー バージョンの呼び出しを示しています。The following example syntax illustrates a call to the preview API version.

GET https://[service name].search.windows.net/indexes/[index name]/docs?search=*&api-version=2019-05-06-Preview

Azure Search サービスは複数のバージョンで使用できます。Azure Search service is available in multiple versions. 詳しくは、API バージョンに関するページをご覧ください。For more information, see API versions.

次の手順Next steps

Azure Search Service REST API リファレンス ドキュメントをレビューします。Review the Azure Search Service REST API reference documentation. 問題が発生した場合は、StackOverflow またはサポートへの問い合わせでサポートを依頼してください。If you encounter problems, ask us for help on StackOverflow or contact support.