データ ソース ギャラリー

検索インデックスへのデータ インジェストを簡略化するために、Microsoft またはパートナーのデータ コネクタを検索します。 この記事の内容は次のとおりです。

インデクサーと次のデータ ソース コネクタを使用して、他の Azure サービスからコンテンツを取り込みます。


Azure Blob Storage

Cognitive Search を利用

BLOB のメタデータとコンテンツを抽出し、JSON ドキュメントにシリアル化して、検索ドキュメントとして検索インデックスにインポートします。 データ ソースとインデクサーの定義の両方でプロパティを設定して、さまざまな BLOB コンテンツの種類に合わせて最適化します。 変更の検出は自動的にサポートされます。

[詳細]


Azure Cosmos DB (SQL API)

Cognitive Search を利用

SQL API を介して Cosmos DB に接続し、コンテナーから項目を抽出し、JSON ドキュメントにシリアル化して、検索ドキュメントとして検索インデックスにインポートします。 変更の追跡を構成して、データベースの最新の変更で検索インデックスを更新します。

[詳細]


Azure SQL Database

Cognitive Search を利用

1 つのテーブルまたはビューからフィールド値を抽出し、JSON ドキュメントにシリアル化して、検索ドキュメントとして検索インデックスにインポートします。 変更の追跡を構成して、データベースの最新の変更で検索インデックスを更新します。

[詳細]


Azure Table Storage

Cognitive Search を利用

Azure テーブルから行を抽出し、JSON ドキュメントにシリアル化して、検索ドキュメントとして検索インデックスにインポートします。

[詳細]


Azure Data Lake Storage Gen2

Cognitive Search を利用

Azure Data Laker Storage Gen2 を通じて Azure Storage に接続し、ディレクトリと入れ子になったサブディレクトリの階層からコンテンツを抽出します。

[詳細]


':::column-end::': null ':::row-end::': null ':::row::': null ':::column span=""::': ':::column-end::': null ':::column span=""::': null

新しいデータ ソースは、プレビュー機能として発行されます。 始めるにはサインアップします。


Cosmos DB (Gremlin API)

Cognitive Search を利用

Gremlin API を介して Cosmos DB に接続し、コンテナーから項目を抽出し、JSON ドキュメントにシリアル化して、検索ドキュメントとして検索インデックスにインポートします。 変更の追跡を構成して、データベースの最新の変更で検索インデックスを更新します。

[詳細]


Cosmos DB (Mongo API)

Cognitive Search を利用

Mongo API を介して Cosmos DB に接続し、コンテナーから項目を抽出し、JSON ドキュメントにシリアル化して、検索ドキュメントとして検索インデックスにインポートします。 変更の追跡を構成して、データベースの最新の変更で検索インデックスを更新します。

[詳細]


SharePoint Online

Cognitive Search を利用

同じテナント内のアカウントと検索サービスに対して、SharePoint オンライン サイトに接続し、1 つまたは複数のドキュメント ライブラリのドキュメントにインデックスを付けます。 既定でテキストおよび正規化された画像が抽出されます。 必要に応じて、コンテンツをさらに変換し、強化するためのスキルセットを構成したり、SharePoint で新しいコンテンツまたは変更されたコンテンツを使用して検索インデックスを更新するように変更の追跡を構成したりすることができます。

[詳細]


Azure MySQL

Cognitive Search を利用

Azure 上の MySQL データベースに接続して、テーブル内の行を抽出し、JSON ドキュメントにシリアル化して、検索ドキュメントとして検索インデックスにインポートします。 後続の実行では、インデクサーは MySQL データベースのすべての変更、アップロード、および削除を取り込み、これらの変更を検索インデックスに反映します。

[詳細]


':::column-end::': null ':::row-end::': null ':::row::': null ':::column span=""::': ':::column-end::': null ':::column span=""::': null

Power Query コネクタ (プレビュー)

インデクサーと Power Query コネクタをデータソースとして使用して、他のクラウド プラットフォーム上のデータに接続します。 始めるにはサインアップします。


Amazon Redshift

Power Query を利用

Amazon Redshift に接続し、Cognitive Search でインデックス作成のために検索可能なコンテンツを抽出します。

[詳細]


Elasticsearch

Power Query を利用

クラウドの Elasticsearch に接続し、Cognitive Search でインデックス作成のために検索可能なコンテンツを抽出します。

[詳細]


PostgreSQL

Power Query を利用

クラウドの PostgreSQL データベースに接続し、Cognitive Search でインデックス作成のために検索可能なコンテンツを抽出します。

[詳細]


Salesforce オブジェクト

Power Query を利用

Salesforce Objects に接続し、Cognitive Search でインデックス作成のために検索可能なコンテンツを抽出します。

[詳細]


Salesforce レポート

Power Query を利用

Salesforce Reports に接続し、Cognitive Search でインデックス作成のために検索可能なコンテンツを抽出します。

[詳細]


Smartsheet

Power Query を利用

Smartsheet に接続し、Cognitive Search でインデックス作成のために検索可能なコンテンツを抽出します。

[詳細]


Snowflake

Power Query を利用

Snowflake データベースから検索可能なデータとメタデータを抽出し、インデックスとデータ ソースの間のフィールド間マッピングに基づいてインデックスを設定します。

[詳細]


':::column-end::': null ':::column span=""::': null

パートナーからのデータ ソース

データ ソース コネクタは、サードパーティの Microsoft パートナーからも提供されています。 データ ソースを使用する前に、利用規約に関する声明を参照し、パートナーのライセンスと使用方法に関する説明を確認してください。


Aderant

BA Insight を利用

Aderant コネクタでは、ソース システムのセキュリティを重視し、フル クロールと増分クロールの両方を提供するため、ユーザーは常に最新の情報を利用できます。

[詳細]


Adobe AEM

Accenture を利用

会社が Adobe Experience Manager サーバーからコンテンツをクロールできるようにし、接続の調整と、期待される値またはパターンのフィルター処理を提供します。

[詳細]


Adobe AEM

BA Insight を利用

Adobe Experience Manager コネクタを使用すると、Adobe Experience Manager (AEM) プラットフォームによって管理されるコンテンツのインデックス作成が可能になり、フル クロールと増分クロールの両方がサポートされるため、インデックスの鮮度を維持できます。

[詳細]


Adobe AEM

Raytion を利用

Adobe Active Experience Manager (AEM) からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 Adobe AEM からのページ、添付ファイル、その他の生成されたドキュメントの種類に対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、Adobe AEM のアクセス許可モデル、その組み込みのユーザーとグループの管理、Active Directory またはその他のディレクトリ サービスに基づく AEM のインストールを完全にサポートしています。

[詳細]


Alfresco

BA Insight を利用

Alfresco コネクタは、すべてのコネクタを構築するために使用されるプラットフォームであり、エンタープライズ システムへの安全な接続を提供する BAI コネクタ フレームワーク上に構築されます。

[詳細]


Alfresco

Raytion を利用

Alfresco One からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 Alfresco One からのファイル、フォルダー、ユーザー プロファイルに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、Alfresco One のアクセス許可モデル、その組み込みのユーザーとグループの管理、Active Directory とその他のディレクトリ サービスに基づく Alfresco One のインストールを完全にサポートしています。

[詳細]


Amazon Aurora

BA Insight を利用

Amazon Aurora コネクタは、業界標準のデータベース アクセス方法に基づいて構築されているので、Oracle、MySQL、IBM DB2 などの他のシステムのデータベースも同様にサポートします。

[詳細]


Amazon RDS

BA Insight を利用

Amazon RDS コネクタは、業界標準のデータベース アクセス方法に基づいて構築されているので、Oracle、MySQL、IBM DB2 などの他のシステムのデータベースも同様にサポートできます。

[詳細]


Amazon S3

BA Insight を利用

Amazon S3 コネクタは、S3 に格納されているすべてのコンテンツと連携します。 組織は、このコネクタを使用して S3 に安全に接続し、S3 バケットからコンテンツにインデックスを付けることができます。 強力なフィルター処理機能を使用すると、S3 で検索されたどのコンテンツにインデックスを付けるかを組織が制御できます。

[詳細]


Aspider

Accenture を利用

Aspider コネクタを使用すると、HTTP 認証、増分クロール、接続の調整、分散および HTTPS クロールなどの機能を使用して、Web サイトからのコンテンツのクロールを行うことができます。

[詳細]


Atlassian Confluence (クラウド)

BA Insight を利用

Confluence (クラウド バージョン) コネクタは、Confluence に格納されているコンテンツのクロールとインデックス作成を可能にするエンタープライズ グレードのインデックス コネクタです。

[詳細]


Azure AD

BA Insight を利用

BA Insight Azure Active Directory コネクタを使用すると、Azure Active Directory テナンシーのコンテンツを他のリポジトリのコンテンツと共に 1 つの統合された検索インデックスに表示できるため、従業員の検索や専門知識のロケーターなどの検索が可能になります。

[詳細]


Azure AD

Raytion を利用

Microsoft Azure Active Directory (Azure AD) からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 Microsoft Graph API を使用して Azure AD のオブジェクトにインデックスを付けます。 このコネクタを使用して、プリンシパルをほぼリアルタイムで Cognitive Search に取り込み、専門家の検索、機器の検索、場所の検索などのユース ケースを実装したり、カスタム データ ソースと組み合わせて事前バインディングのセキュリティによるトリミングを提供したりできます。 このコネクタは、Microsoft 365 に対するフェデレーション認証をサポートしています。

[詳細]


Azure BLOB

Accenture を利用

Azure Blob コンテナーからコンテンツをクロールする機能を提供します。これにより、増分クロール、ドキュメント レベルのセキュリティ、フォルダーとサブフォルダーへのアクセスが可能になります。

[詳細]


Azure Data Lake

Accenture を利用

Azure Data Lake コネクタは、増分クロール、オブジェクト ACL の取得、OAuth 2 認証などを使用して、ルートまたは指定されたパスで Azure Data Lake Store クラウドからコンテンツをクロールします。

[詳細]


Azure イベント ハブ

Accenture を利用

Azure イベント ハブからのコンテンツをクロールします。これにより、任意の種類のイベントや属性の増分クロールおよび取得が可能になります。

[詳細]


Azure SQL Database

BA Insight を利用

BA Insight の Azure SQL Database コネクタでは、ソース データベースのセキュリティを重視し、フル クロールと増分クロールの両方を提供するため、ユーザーは常に最新の情報を利用できます。

[詳細]


Bentley

BA Insight を利用

BAI Bentley AssetWise コネクタを使用すると、AssetWise からのコンテンツを他のリポジトリのコンテンツと共に 1 つの統合された検索インデックスに表示できます。

[詳細]


ボックス

Accenture を利用

Box コネクタでは、Box リポジトリからのコンテンツをクロールします。 このコネクタでは、REST API を使用して、サポートされている要素を取得し、フル クロールや増分クロール、メタデータの抽出、ACL の取得などを提供します。

[詳細]


ボックス

BA Insight を利用

Box コネクタを使用すると、SharePoint およびその他のポータルの Box からのコンテンツを表示できるようになるため、ユーザーは SharePoint と Box から統合された検索結果を得ることができます。

[詳細]


ボックス

Raytion を利用

Box からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 Box からのファイル、フォルダー、コメント、ユーザー、グループ、タスクに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、Box の組み込みのユーザーとグループの管理を完全にサポートしています。

[詳細]


Confluence

Accenture を利用

Confluence コネクタでは、Confluence コンテンツ リポジトリからのコンテンツをクロールします。 このコネクタでは、REST API 経由でスペース、ページ、ブログ、添付ファイル、コメントを取得するため、増分クロール、ACL の取得、HTTP と HTTPS のサポートなどが可能になります。

[詳細]


Confluence

BA Insight を利用

Confluence コネクタは、Confluence に格納されているコンテンツのクロールとインデックス作成を可能にするエンタープライズ グレードのインデックス コネクタです。 これにより、SharePoint またはその他のポータルは、ユーザーが複数のコンテンツ ソースから必要なコンテンツを検索および取得できる単一のポイントとして機能できるようになります。

[詳細]


Confluence

Raytion を利用

Atlassian Confluence からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 オンプレミスの Confluence インスタンスからのページ、ブログ投稿、添付ファイル、コメント、スペース、プロファイル、タグ用のハブ サイトに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、Atlassian Confluence の組み込みのユーザーとグループの管理、Active Directory とその他のディレクトリ サービスに基づく Confluence のインストールを完全にサポートしています。

[詳細]


Confluence Cloud

Raytion を利用

Atlassian Confluence Cloud からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 Confluence Cloud インスタンスからのページ、ブログ投稿、添付ファイル、コメント、スペース、プロファイル、タグ用のハブ サイトに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、Atlassian Confluence Cloud の組み込みのユーザーとグループの管理を完全にサポートしています。

[詳細]


CuadraSTAR

BA Insight を利用

CuadraSTAR コネクタでは、CuadraSTAR のコンテンツをクロールし、単一のインデックスを作成します。これにより、Azure Cognitive Search を使用して CuadraSTAR および 70 を超える他のサポートされているリポジトリ内の関連情報を検索できるようになるため、個別の検索を実行する必要がなくなります。

[詳細]


データベース

Accenture を利用

データベース サーバー コネクタでは、リレーショナル データベース サーバーからのコンテンツをクロールし、サーバー上のすべてのデータベースをスキャンして、行とテーブルの情報を抽出します。

[詳細]


Deltek

BA Insight を利用

Deltek Vision コネクタでは、ソース システムのセキュリティを重視し、フル クロールと増分クロールの両方を提供するため、ユーザーは常に最新の情報を利用できます。 Deltek Vision からのコンテンツを Azure、SharePoint Online、または SharePoint 2016/2013 にインデックス付けして、BA Insight の SmartHub を介して表示し、統合された検索結果をユーザーに提供します。

[詳細]


Documentum

Accenture を利用

Aspire Documentum DQL コネクタでは、Documentum からのコンテンツをクロールします。これにより、ユーザー定義の DQL SELECT ステートメント、増分クロール、ACL の取得、入れ子になったアクセス許可のグループ拡張などに基づいたクロールが可能になります。

[詳細]


Documentum

BA Insight を利用

BA Insight の Documentum コネクタでは、Documentum オブジェクトのフル テキストとメタデータの両方を Azure Cognitive Search に安全にインデックス付けすることで、複数のリポジトリのコンテンツ全体で 1 つの検索可能な結果セットを有効にします。 これは、プロセス管理のために一度に 1 件ずつ Azure Cognitive Search で Documentum レコードを表示する他の一部のコネクタとは異なります。

[詳細]


Documentum

Raytion を利用

OpenText Documentum からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 Documentum からのメタデータとプロパティと共に、リポジトリ、フォルダー、ファイルに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、OpenText Documentum の組み込みのユーザーとグループの管理を完全にサポートしています。

[詳細]


Egnyte

BA Insight を利用

Egnyte コネクタでは、フル クロールと増分クロールの両方とインデックスを、非常に高いスループットでサポートしています。

[詳細]


Elasticsearch

Accenture を利用

Elasticsearch コネクタでは、Elasticsearch インデックスからのコンテンツをクロールし、複数のインデックスのクロール、Slice のサポート、コンテンツを取得するための MGet メソッドの Get の使用、接続の調整を可能にします。

[詳細]


Elite/E3

BA Insight を利用

BA Insight の Elite コネクタでは、弁護士が Azure Cognitive Search を使用して Elite のコンテンツに基づいて企業のコンテンツや知識にアクセスするための単一のアクセス ポイントを提供します。

[詳細]


EMC eRoom

BA Insight を利用

eRoom コネクタでは、eRoom アプリケーションへの安全な接続を確立し、メタデータや添付ファイルなどのコンテンツを eRoom スキーマから検索エンジン スキーマにマップします。 その後、コンテンツを抽出し、クロールと呼ばれるプロセスで検索エンジンにフィードします。

[詳細]


Facebook Workplace

BA Insight を利用

Workplace by Facebook を使用している組織は、BA Insight Workplace by Facebook コネクタを使用して、このデータのリーチを既存の検索インデックスに拡張できるようになりました。

[詳細]


Facebook Workplace

Raytion を利用

Facebook Workplace からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 Facebook Workplace からのプロジェクト グループ、会話、共有ドキュメントに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、Facebook Workplace の組み込みのユーザーとグループの管理を完全にサポートしています。

[詳細]


ファイル共有

BA Insight を利用

ファイル共有コネクタを使用すると、1 つの統合された検索インデックス内のファイル共有 (Windows、SMB/CIFS) のコンテンツと、他のリポジトリのコンテンツを表示することができます。

[詳細]


ファイル システム

Accenture を利用

ファイル システム コネクタは、ファイル システムの場所からのコンテンツをクロールします。これにより、増分クロール、メタデータの抽出、パスによるドキュメントのフィルター処理、Windows、Linux、MacOS ファイル システムのサポートが可能になります。

[詳細]


ファイル システム

Raytion を利用

ローカルにマウントされたファイル システムからのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 ファイル システムからのファイルとフォルダーに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。

[詳細]


FirstSpirit

Raytion を利用

e-Spirit FirstSpirit からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 FirstSpirit からのページ、添付ファイル、その他の生成されたドキュメントの種類に対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、e-Spirit FirstSpirit の組み込みのユーザー、グループ、アクセス許可の管理、Active Directory およびその他のディレクトリ サービスに基づく FirstSpirit インストールを完全にサポートしています。

[詳細]


GitLab

Raytion を利用

GitLab からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 GitLab からのプロジェクト、ファイル、フォルダー、コミット メッセージ、問題、Wiki ページに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、GitLab の組み込みのユーザーとグループの管理を完全にサポートしています。

[詳細]


Google Cloud SQL

BA Insight を利用

Google Cloud SQL コネクタでは、Google Cloud SQL からのコンテンツを Azure Cognitive Search インデックスにインデックス付けし、BA Insight の SmartHub を介して表示し、統合された検索結果をユーザーに提供します。

[詳細]


Google ドライブ

BA Insight を利用

BAI Google ドライブ コネクタを使用すると、Google ドライブのコンテンツを参照する 1 つの統合された検索インデックス内の Google ドライブのコンテンツと、他のリポジトリのコンテンツを表示することができます。

[詳細]


Google ドライブ

Raytion を利用

Google ドライブからのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 Google ドライブから個人用ドライブおよびチーム ドライブ上のファイル、フォルダー、コメントに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタは、Google ドライブの組み込みのアクセス許可モデルと、Google Admin Directory によるユーザーとグループの管理を完全にサポートしています。

[詳細]


HP Consolidated Archive (EAS)

BA Insight を利用

BA Insight の HP Consolidated Archive コネクタでは、アーカイブ内のドキュメントのフル テキストとメタデータの両方を、SharePoint Search や Azure Search などのさまざまな検索エンジンに安全にインデックス付けします。 これにより、複数のリポジトリのコンテンツ全体で 1 つの検索可能な結果セットが有効になります。 これにより、組織は、Consolidated Archive、SharePoint、その他のリポジトリ内でアクセスできる豊富な情報を活用して、検索を通じてユーザーにすぐにデータを提供できるようになります。

[詳細]


IBM Connections

Accenture を利用

IBM Connections コネクタでは IBM Connections サーバーからのコンテンツをクロールし、増分クロール、メタデータの抽出、ACL の取得、正規表現パターンによるドキュメントのフィルター処理などを行います。

[詳細]


IBM Connections

BA Insight を利用

IBM Connections コネクタは IBM Connections 用に開発されており、Connections アプリケーションへの安全な接続を確立し、メタデータや添付ファイルなどのコンテンツを Connections スキーマから検索エンジン スキーマにマップします。 その後、コンテンツを抽出し、クロールと呼ばれるプロセスで検索エンジンにフィードします。

[詳細]


IBM Connections

Raytion を利用

IBM Connections からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 オンプレミスの Connections インスタンスからのパブリックおよび個人用ファイル、ブログ、Wiki、フォーラム、コミュニティ、ブックマーク、プロファイル、ステータスの更新に対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、IBM Connection の組み込みのユーザーとグループの管理、Active Directory とその他のディレクトリ サービスに基づく Connections のインストールを完全にサポートしています。

[詳細]


IBM Connections Cloud

Raytion を利用

IBM Connections Cloud からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 Connections Cloud からのパブリックおよび個人用ファイル、ブログ、Wiki、フォーラム、コミュニティ、ブックマーク、プロファイル、ステータスの更新に対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、IBM Connections Cloud の組み込みのユーザーとグループの管理を完全にサポートしています。

[詳細]


IBM Content Manager

BA Insight を利用

IBM Content Manager コネクタでは、ソース アプリケーションのセキュリティを重視し、フル クロールと増分クロールの両方を提供するため、ユーザーは常に最新の情報を利用できます。

[詳細]


IBM Db2

BA Insight を利用

Db2 コネクタを使用すると、組織は DB2 データベースやアプリケーション内に格納されている豊富なデータを活用して、検索を通じてユーザーにすぐにデータを提供できるようになります。

[詳細]


IBM FileNet P8

BA Insight を利用

IBM FileNet Content Manager コネクタを使用すると、SharePoint およびその他のポータルのユーザーは、FileNet リポジトリに格納されているコンテンツを安全に検索できます。 コンテンツへのアクセスは、FileNet で確立されたセキュリティによって決定され、他のポータルを介してアクセスした場合も、直接 FileNet 内にあるのと同じくらい安全であることを保証します。

[詳細]


IBM Lotus Notes

BA Insight を利用

BA Insight の IBM Notes Email コネクタを使用すると、ユーザーは SharePoint または別のポータル内から Lotus Notes の電子メールを直接検索することができます。 IBM Notes 内で定義されているセキュリティは検索エクスペリエンスに自動的に反映されるため、ユーザーは自分のメールボックス、パブリック メールボックス、アクセス権が付与されているその他のメールボックスから検索結果を表示できます。

[詳細]


IBM WebSphere

BA Insight を利用

BA Insight の WebSphere コネクタでは、WebSphere オブジェクトのフル テキストとメタデータの両方を Microsoft の検索エンジンに安全にインデックス付けすることで、複数のリポジトリのコンテンツ全体で 1 つの検索可能な結果セットを有効にします。 これにより、組織は、Microsoft プラットフォーム内でアクセス可能な豊富な情報を活用して、検索を通じてユーザーにすぐにデータを提供できるようになります。

[詳細]


iManage Cloud

BA Insight を利用

BA Insight のiManage Cloud コネクタでは、Work ワークスペース内のドキュメントのフル テキストとメタデータの両方を検索エンジンに安全にインデックス付けします。

[詳細]


iManage Work

BA Insight を利用

iManage Work コネクタでは、完全なセキュリティを提供し、高スループットで動作して、Work でのパフォーマンスの影響を低く保ちながら、クロール時間を最小限に抑えます。 読み取りアクセスだけが必要であり、iManage サーバーにクライアント ソフトウェアをインストールする必要はありません。 その結果、iManage Work に保存されているすべてのコンテンツにシームレスかつ同時にアクセスできます。

[詳細]


Jira

BA Insight を利用

Jira コネクタを使用すると、ユーザーはすべての Jira オブジェクトに対して検索を実行できるため、Jira に直接アクセスする必要がなくなります。

[詳細]


Jira

Raytion を利用

Atlassian Jira からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 オンプレミスの Jira インスタンスからのプロジェクト、問題、添付ファイル、コメント、作業ログ、問題の履歴、リンク、プロファイルに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、Atlassian Jira の組み込みのユーザーとグループの管理、Active Directory とその他のディレクトリ サービスに基づく Jira のインストールを完全にサポートしています。

[詳細]


Jira Cloud

BA Insight を利用

Jira (クラウド バージョン) コネクタでは、すべての Jira オブジェクトに対して検索を実行するため、Jira に直接アクセスする必要がなくなります。

[詳細]


Jira Cloud

Raytion を利用

Atlassian Jira Cloud からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 Jira Cloud からのプロジェクト、問題、添付ファイル、コメント、作業ログ、問題の履歴、リンク、プロファイルに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、Atlassian Jira Cloud の組み込みのユーザーとグループの管理を完全にサポートしています。

[詳細]


Jive

BA Insight を利用

Jive コネクタは Jive 用に開発されており、Jive アプリケーションへの安全な接続を確立し、メタデータや添付ファイルなどのコンテンツを Jive スキーマから検索エンジン スキーマにマップします。 その後、コンテンツを抽出し、クロールと呼ばれるプロセスで検索エンジンにフィードします。

[詳細]


Jive

Raytion を利用

Jive からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 オンプレミスとクラウドでホストされる Jive インスタンスからのディスカッション、投票、ファイル、ブログ、スペース、グループ、プロジェクト、タスク、ビデオ、メッセージ、アイデア、プロファイル、ステータスの更新に対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、Jive の組み込みのユーザーとグループの管理を完全にサポートし、Jive のネイティブ認証モデル、OAuth、Basic 認証をサポートしています。

[詳細]


Kaltura

BA Insight を利用

Kaltura コネクタを使用すると、ビデオだけでなく、カテゴリ、データ、ドキュメントなど、さまざまな種類の情報のインデックス作成を行うことができます。

[詳細]


LDAP

BA Insight を利用

LDAP コネクタを使用すると、組織は LDAP に準拠している任意のディレクトリに接続し、そのディレクトリの任意のレコードにインデックスを付けることができます。 組織では、ディレクトリの特定のサブセットにフィルター処理を適用し、特定のフィールドのみを取得できます。これにより、ディレクトリ内の任意の場所に格納されているユーザー、連絡先、またはグループを簡単に検索できます。

[詳細]


LDAP

Raytion を利用

ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) と互換性のあるディレクトリ サービスからコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 Active Directory、Novell E-Directory、その他の LDAP 互換ディレクトリ サービスからの LDAP オブジェクトに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタを使用して、専門家、機器、場所の検索などのユース ケースや、カスタム データ ソースのセキュリティによるトリミングの実装のために、プリンシパルを Google Cloud Search に取り込むことができます。 このコネクタでは、SSL 経由の LDAP がサポートされます。

[詳細]


LegalKEY

BA Insight を利用

BA Insight の OpenText LegalKEY コネクタでは、LegalKEY のクライアントおよび問題レコードのフル テキストとメタデータの両方を、Microsoft の検索エンジンに安全にインデックス付けすることで、複数のリポジトリのコンテンツ全体で 1 つの検索可能な結果セットを有効にします。 これにより、組織は、LegalKEY、SharePoint、その他のリポジトリ内でアクセスできる豊富な情報を活用して、検索を通じてユーザーにすぐにデータを提供できるようになります。

[詳細]


LexisNexis InterAction

BA Insight を利用

LexisNexis InterAction コネクタを使用すると、組織全体の弁護士や他の会社の従業員が、直接ログインして個別の検索を実行しなくても、InterAction に格納されている重要な情報を簡単に見つけることができます。

[詳細]


Lotus Notes データベース

BA Insight を利用

IBM Notes Database コネクタを使用すると、ユーザーは、Azure Cognitive Search を使用して Notes データベースに格納されているコンテンツを検索することができます。 IBM Notes 内で定義されたセキュリティは検索エクスペリエンスに自動的に反映されるため、ユーザーは認可されたコンテンツを確実に参照できます。 最終的に、ユーザーは必要なものすべてを 1 か所で見つけることができます。

[詳細]


M-Files

BA Insight を利用

M-Files コネクタでは、M-Files プラットフォームによって管理されるコンテンツのインデックス作成を可能にし、フル クロールと増分クロールの両方をサポートしてインデックスの鮮度を維持します。

[詳細]


MediaPlatform PrimeTime

BA Insight を利用

BA Insight の MediaPlatform PrimeTime インデックス作成コネクタを使用すると、ユーザーは、コネクタと BA Insight の SmartHub を組み合わせて、組織のエンタープライズ検索プラットフォームを介してコンテンツにアクセスできるようになります。 BA Insight MediaPlatform PrimeTime コネクタでは、MediaPlatform PrimeTime からチャネルとビデオに関する情報を取得し、Azure Cognitive Search を介してインデックスを付けます。

[詳細]


MediaWiki

Raytion を利用

MediaWiki からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 MediaWiki インスタンスからのページ、ディスカッション ページ、添付ファイルに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、MediaWiki の組み込みのアクセス許可モデルと、Active Directory や他のディレクトリ サービスに基づく MediaWiki インストールを完全にサポートしています。

[詳細]


Micro Focus Content Manager (HPE Records Manager/HP TRIM)

BA Insight を利用

HP TRIM コネクタは HP Records Manager 用に開発されており、TRIM アプリケーションへの安全な接続を確立し、メタデータや添付ファイルなどのコンテンツを TRIM スキーマから検索エンジン スキーマにマップします。 その後、コンテンツを抽出し、クロールと呼ばれるプロセスで検索エンジンにフィードします。

[詳細]


Microsoft Dynamics 365

BA Insight を利用

Microsoft Dynamics 365 CRM コネクタでは、オンプレミスの CRM のインストールと Dynamics CRM Online の両方をサポートしています。

[詳細]


Microsoft Dynamics 365 (Cloud)

BA Insight を利用

Microsoft Dynamics 365 (クラウド バージョン) CRM コネクタでは、CRM アプリケーションへの安全な接続を確立し、コンテンツを CRM スキーマから検索エンジン スキーマにマップします。

[詳細]


Microsoft Exchange Online

BA Insight を利用

BA Insight Microsoft Exchange Online コネクタを使用すると、ユーザーはさまざまな検索プラットフォームを介して Exchange Online からコンテンツを取得できます。

[詳細]


Microsoft Exchange パブリック フォルダー

BA Insight を利用

BAI Microsoft Exchange パブリック フォルダー コネクタを使用すると、ユーザーはさまざまな検索プラットフォームを介して Exchange からコンテンツを取得できます。

[詳細]


Microsoft Exchange Server

BA Insight を利用

BA Insight Microsoft Exchange コネクタを使用すると、ユーザーはさまざまな検索エンジンを介して Exchange からコンテンツを取得できます。

[詳細]


Microsoft SQL Server

BA Insight を利用

このデータベース コネクタは、業界標準のデータベース アクセス方法に基づいて構築されているので、Oracle、MySQL、IBM DB2 などの他のシステムのデータベースも同様にサポートできます。 これは、ソース データベースのセキュリティを重視し、フル クロールと増分クロールの両方を提供するため、ユーザーは常に最新の情報を利用できます。

[詳細]


Microsoft Teams

BA Insight を利用

BA Insight Microsoft Teams コネクタでは、Microsoft Teams からのコンテンツを他のエンタープライズ システムからのコンテンツと一緒にインデックス付けして、統合された結果を提供します。

[詳細]


Microsoft Windows File Server

Raytion を利用

分散ファイル システム (DFS) を含む Microsoft Windows File Server からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 Windows File Server からのファイルとフォルダーに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、Microsoft Windows File Server のドキュメント レベルのセキュリティと、SMB2 および SMB3 プロトコルの最新バージョンを完全にサポートしています。

[詳細]


MySQL

BA Insight を利用

MySQL コネクタは、業界標準のデータベース アクセス方法に基づいて構築されているので、Oracle、MySQL、IBM DB2 などの他のシステムのデータベースも同様にサポートできます。 これは、ソース データベースのセキュリティを重視し、フル クロールと増分クロールの両方を提供するため、ユーザーは常に最新の情報を利用できます。

[詳細]


NetDocuments

BA Insight を利用

NetDocuments コネクタでは、NetDocs に格納されているコンテンツにインデックスを付けるため、ユーザーはポータル内から直接 NetDocuments コンテンツを検索および取得することができます。 このコネクタでは、NetDocs のドキュメント セキュリティが自動的に Azure Cognitive Search に適用されるため、ユーザー情報は安全に保たれます。 NetDocuments に格納されているメタデータは同等の用語にマップできるため、ユーザーはシームレスな検索エクスペリエンスを利用できます。

[詳細]


Neudesic The Firm Directory

BA Insight を利用

Firm Directory コネクタでは、ソース システムのセキュリティを重視し、フル クロールと増分クロールの両方を提供するため、ユーザーは常に最新の情報を利用できます。

[詳細]


メモ

Raytion を利用

IBM Notes (以前の Lotus Note) からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 Notes データベースの構成可能なセットからのレコードに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、IBM Notes の組み込みのユーザーとグループの管理を完全にサポートしています。

[詳細]


Nuxeo

BA Insight を利用

Nuxeo コネクタを使用すると、組織は、セキュリティ情報と、コンテンツに設定された標準およびカスタム メタデータの両方を含む Nuxeo コンテンツを、Office 365 に存在するコンテンツと共に Azure Cognitive Search にインデックス付けできます。 最終的に、ユーザーは必要なものすべてを 1 か所で見つけることができます。

[詳細]


目的

BA Insight を利用

Objective コネクタは Objective 用に開発されており、Objective への安全な接続を確立し、メタデータを含むコンテンツを Objective スキーマから検索エンジン スキーマにマップします。 その後、コンテンツを抽出し、クロールと呼ばれるプロセスで検索エンジンにフィードします。

[詳細]


OneDrive

Accenture を利用

OneDrive コネクタでは、Microsoft OneDrive からのコンテンツをクロールするため、増分クロール、正規表現パターンに基づいた項目の追加や除外、メタデータの抽出、複数の種類のドキュメントの取得が可能になります。

[詳細]


OneDrive for Business

BA Insight を利用

BA Insight OneDrive コネクタでは、OneDrive からのコンテンツをさまざまな検索プラットフォームにインデックス付けするため、複数のソースからの統合された検索結果をユーザーに提供できます。

[詳細]


OpenText Content Server

BA Insight を利用

このコネクタでは、ネイティブ ポータル コンテンツとほぼ同じようにコンテンツ サーバーのコンテンツにインデックスを付け、フル クロールと増分クロールの両方をサポートします。 Content Server 内で定義されたセキュリティは検索エクスペリエンスに自動的に反映されるため、ユーザーは認可されたコンテンツだけを確実に参照できます。

[詳細]


OpenText Content Server

Raytion を利用

OpenText Content Server からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 コンテンツ サーバー インスタンスからのファイル、フォルダー、仮想フォルダー、複合ドキュメント、ニュース、電子メール、ボリューム、コレクション、分類など、多数のオブジェクトに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、OpenText Content Server の組み込みのユーザーとグループの管理を完全にサポートしています。

[詳細]


OpenText Documentum (クラウド)

BA Insight を利用

BA Insight の OpenText Documentum Cloud コネクタでは、Documentum オブジェクトのフル テキストとメタデータの両方を検索エンジンに安全にインデックス付けすることで、複数のリポジトリのコンテンツ全体で 1 つの検索可能な結果セットを有効にします。

[詳細]


OpenText Documentum eRoom

Raytion を利用

OpenText Documentum eRoom からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 Documentum eRoom からのメタデータとプロパティと共に、リポジトリ、フォルダー、ファイルに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、OpenText Documentum eRoom の組み込みのユーザーとグループの管理を完全にサポートしています。

[詳細]


OpenText eDOCS DM

BA Insight を利用

OpenText eDOCS DM コネクタのユーザーは、eDOCS リポジトリに格納されているコンテンツを Azure Cognitive Search 内から直接検索できるため、必要なコンテンツを見つけるために複数の検索を実行する必要がなくなります。 eDOCS 内で確立されたセキュリティは、アクセスが許可されているユーザーだけがコンテンツを表示できるようにコネクタによって維持されます。

[詳細]


Oracle Database

BA Insight を利用

Oracle Database コネクタは、業界標準のデータベース アクセス方法に基づいて構築されているので、Microsoft SQL Server、MySQL、IBM DB2 などの他のシステムのデータベースも同様にサポートできます。

[詳細]


Oracle WebCenter

BA Insight を利用

WebCenter コネクタでは WebCenter と Azure Cognitive Search を統合しているため、組織全体のユーザーが、直接ログインして個別の検索を実行しなくても、WebCenter に格納されている重要な情報を簡単に見つけることができます。

[詳細]


Oracle KA Cloud

Raytion を利用

Oracle Knowledge Advanced (KA) クラウドからのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 Oracle KA Cloud からのページと添付ファイルに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、Oracle KA Cloud の組み込みのユーザーとグループの管理を完全にサポートしています。 特に、このコネクタでは Oracle KA Cloud ページ内のスニペットベースのアクセス許可を処理します。

[詳細]


Oracle WebCenter Content (UCM/Stellent)

BA Insight を利用

WebCenter Content コネクタでは、Azure Cognitive Search で使用できるすべてのコンテンツの基盤となるセキュリティを完全にサポートし、スケジュールされたクロールによってこのコンテンツを最新の状態に保ち、ユーザーが検索を行うときに最新の更新を確実に取得できるようにします。

[詳細]


pirobase CMS

Raytion を利用

pirobase CMS からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 pirobase CMS からのページ、添付ファイル、その他の生成されたドキュメントの種類に対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、pirobase CMS の組み込みのユーザーとグループの管理を完全にサポートしています。

[詳細]


PostgreSQL

BA Insight を利用

BA Insight の PostgreSQL コネクタでは、ソース データベースのセキュリティを重視し、フル クロールと増分クロールを提供するため、ユーザーは常に最新の情報を利用できます。 PostgreSQL からのコンテンツを Azure Cognitive Search にインデックス付けし、BA Insight の SmartHub を通じて表示して、統合された検索結果をユーザーに提供します。

[詳細]


Practical Law

BA Insight を利用

BA Insight Practical Law コネクタを使用すると、ユーザーは Practical Law データベースに対して検索を実行できるため、Practical Law に直接アクセスする必要がなくなります。

[詳細]


ProLaw

BA Insight を利用

ProLaw 用 BA Insight コネクタでは、任意のポータルを ProLaw に接続し、ProLaw 内のユーザー特権を尊重しながら ProLaw からの情報を表示できるようにします。

[詳細]


RDB via Snapshots

Accenture を利用

RDB via Snapshots コネクタでは、JDBC を使用してアクセスできる任意のリレーショナル データベースからのコンテンツをクロールし、スナップショット データベースを使用して増分クロールを実行します。 SQL ステートメントに基づいて直接データを抽出します。

[詳細]


RDB via Tables

Accenture を利用

RDB via Tables コネクタでは、JDBC を使用してアクセスできる任意のリレーショナル データベースからのコンテンツをクロールし、更新されたコンテンツの識別子を保持するテーブルを使用して更新を取得する増分クロールを実行します。 SQL ステートメントに基づいて直接データを抽出します。

[詳細]


S3

Accenture を利用

Amazon S3 コネクタでは、Amazon Simple Storage Service からのコンテンツをクロールします。 増分クロールを実行し、S3 ドキュメント レベルのセキュリティのためにオブジェクト ACL を取得し、バケット、フォルダー、サブフォルダーに格納されているドキュメントを含みます。

[詳細]


Salesforce

Accenture を利用

Salesforce コネクタでは、Salesforce リポジトリからのコンテンツをクロールします。 このコネクタでは、Salesforce のナレッジ ベースと Chatter、メタデータとカスタム メタデータの取得をサポートし、フルまたは増分クロールを実行し、ACL、選択できる要素の種類、グループ拡張をフェッチします。

[詳細]


Salesforce

BA Insight を利用

Salesforce コネクタでは、Salesforce のサービス、営業、マーケティング クラウドを Azure Cognitive Search と統合しているため、すべての従業員が Salesforce 内のすべてのコンテンツをこのポータルを通じて利用できます。

[詳細]


Salesforce

Raytion を利用

Salesforce からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 Salesforce からのアカウント、チャット メッセージ、プロファイル、リード、ケース、その他すべてのレコード オブジェクトに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、Salesforce の組み込みのユーザーとグループの管理を完全にサポートしています。

[詳細]


SAP ERP

BA Insight を利用

BA Insight の SAP ERP コネクタは、SAP から検索インデックスに項目を取り込むように設計されています。 これにより、UI が点灯し、SAP、SharePoint、その他のシステムの情報全体で統一されたビューが可能になります。

[詳細]


SAP ERP (クラウド)

BA Insight を利用

BA Insight の SAP ERP (クラウド バージョン) コネクタは、SAP から検索インデックスに項目を取り込むように設計されています。

[詳細]


SAP HANA

BA Insight を利用

SAP HANA コネクタでは、ソース データベースのセキュリティを重視し、フル クロールと増分クロールの両方を提供するため、ユーザーは常に最新の情報を利用できます。 SAP HANA からのコンテンツを Azure Cognitive Search にインデックス付けし、BA Insight の SmartHub を通じて表示して、統合された検索結果をユーザーに提供します。

[詳細]


SAP HANA (クラウド)

BA Insight を利用

SAP HANA (クラウド バージョン) コネクタでは、ソース データベースのセキュリティを重視し、フル クロールと増分クロールの両方を提供するため、ユーザーは常に最新の情報を利用できます。

[詳細]


SAP NetWeaver Portal

Raytion を利用

SAP NetWeaver Portal (NWP) からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 SAP NWP とそのナレッジ マネージメント、コラボレーション (KMC)、ポータル コンテンツ ディレクトリ (PCD) 領域からのページ、添付ファイル、その他のドキュメントの種類に対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、SAP NetWeaver Portal の組み込みのユーザーとグループの管理、Active Directory とその他のディレクトリ サービスに基づく SAP NWP のインストールを完全にサポートしています。

[詳細]


SAP PLM DMS

Raytion を利用

SAP PLM DMS からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 SAP PLM DMS からのドキュメント、添付ファイル、その他のレコードに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。

[詳細]


Selenium

Accenture を利用

Selenium コネクタでは、インターネット ブラウザーを使用して Web サイトからのコンテンツをクロールし、Web ページ、サイトマップ、バイナリ ドキュメントなど、複数の種類のドキュメントを取得します。 これにより、Angular や React のようなフレームワークとの互換性の問題が回避されます。

[詳細]


ServiceNow

Accenture を利用

ServiceNow コネクタでは、ナレッジ記事、カタログ項目、添付ファイルなど、複数の種類のドキュメントを ServiceNow リポジトリから取得します。 また、セキュリティ ACL を取得し、グループ拡張を実行します。

[詳細]


ServiceNow

BA Insight を利用

ServiceNow コネクタでは、ソース システムのセキュリティを重視し、フル クロールと増分クロールの両方を提供するため、ユーザーは常に最新の情報を利用できます。

[詳細]


ServiceNow

Raytion を利用

ServiceNow からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 ServiceNow からの問題、タスク、添付ファイル、ナレッジ マネージメントの記事、ページなどに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、ServiceNow の組み込みのユーザーとグループの管理をサポートしています。

[詳細]


SharePoint

Raytion を利用

Microsoft SharePoint からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 SharePoint オンプレミス インスタンスからのサイト、Web、最新 (SharePoint 2016 以降) およびクラシックのページ、Wiki ページ、OneNote ドキュメント、リスト項目、タスク、カレンダー項目、添付ファイル、ファイルに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、Microsoft SharePoint の組み込みのユーザーとグループの管理、Active Directory および SiteMinder や Okta などの OAuth プロバイダーを完全にサポートしています。 このコネクタには、Basic、NTLM、Kerberos 認証のサポートが含まれています。

[詳細]


SharePoint 2010

BA Insight を利用

BA Insight の SharePoint 2010 コネクタを使用すると、SharePoint 2010 に接続し、任意のサイト、ドキュメント ライブラリ、またはリストからデータを取得し、コンテンツに安全にインデックス付けできます。

[詳細]


SharePoint 2013

Accenture を利用

SharePoint 2013 コネクタでは、SharePoint 2013 のサイト コレクションの URL からのコンテンツをクロールします。 SharePoint の変更ログ タイムスタンプまたはスナップショット データベースを使用して増分クロールを実行し、ACL を取得し、NTLM と HTTPS、BCS 外部リストをサポートし、SharePoint に何もインストールせずに実行します。

[詳細]


SharePoint 2013

BA Insight を利用

BA Insight の SharePoint 2013 コネクタを使用すると、SharePoint 2013 に接続し、任意のサイト、ドキュメント ライブラリ、またはリストからデータを取得し、コンテンツに安全にインデックス付けできます。

[詳細]


SharePoint 2016

Accenture を利用

SharePoint 2016 コネクタでは、SharePoint 2016 のサイト コレクションの URL からのコンテンツをクロールします。 SharePoint の変更ログ タイムスタンプまたはスナップショット データベースを使用して増分クロールを実行し、ACL を取得し、NTLM と HTTPS、BCS 外部リストをサポートし、SharePoint に何もインストールせずに実行します。

[詳細]


SharePoint 2016

BA Insight を利用

BA Insight の SharePoint コネクタを使用すると、SharePoint 2016 に接続し、任意のサイト、ドキュメント ライブラリ、またはリストからデータを取得し、コンテンツに安全にインデックス付けできます。

[詳細]


SharePoint 2019

BA Insight を利用

BA Insight の SharePoint コネクタを使用すると、SharePoint 2019 に接続し、任意のサイト、ドキュメント ライブラリ、またはリストからデータを取得し、コンテンツに安全にインデックス付けできます。

[詳細]


SharePoint Online

Accenture を利用

SharePoint Online コネクタでは、SharePoint Online のサイト コレクションの URL からのコンテンツをクロールします。 このコネクタでは、サイト、リスト、フォルダー、リスト アイテム、添付ファイル、および他のページ (.aspx 形式) が取得されます。 Microsoft O365 オファリングで実行されている SharePoint をサポートします。

[詳細]


SharePoint Online

BA Insight を利用

BA Insight の SharePoint Online コネクタを使用すると、SharePoint Online に接続し、任意のサイト、ドキュメント ライブラリ、またはリストからデータを取得し、コンテンツに安全にインデックス付けできます。

[詳細]


Sitecore

BA Insight を利用

Sitecore コネクタでは、ソース システムのセキュリティを重視し、フル クロールと増分クロールの両方を提供するため、ユーザーは常に最新の情報を利用できます。

[詳細]


Sitecore

Raytion を利用

Sitecore からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 ページ、添付ファイル、その他の生成されたドキュメントの種類に対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、Sitecore のアクセス許可モデルと、関連付けられている Active Directory でのユーザーとグループの管理を完全にサポートします。

[詳細]


Slack

Raytion を利用

Slack からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 Slack のすべてのパブリック チャネルからのメッセージ、スレッド、共有ファイルに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。

[詳細]


SMB

Accenture を利用

SMB コネクタでは、共有ドライブ間でファイルとディレクトリを取得します。 分散ファイル システムのサポート、セキュリティ情報の取得が可能であり、最後にアクセスした日付を変更せずに、インデックス作成のためにドキュメントにアクセスできます。

[詳細]


SMB ファイル共有

Raytion を利用

SMB ファイル共有からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 ファイル共有からのファイルとフォルダーに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、SMB のドキュメント レベルのセキュリティと、SMB2 および SMB3 プロトコルの最新バージョンを完全にサポートしています。

[詳細]


SQL Database

Raytion を利用

Microsoft SQL Server や Oracle などの SQL データベースからのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 SQL データベースからのバイナリ ドキュメントを含むレコードとフィールドに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、カスタムのドキュメント レベルのセキュリティ モデルの実装をサポートしています。

[詳細]


SQL ベースの CRM システム

BA Insight を利用

SQL Server コネクタは、業界標準のデータベース アクセス方法に基づいて構築されているので、Oracle、MySQL、IBM DB2 などの他のシステムのデータベースも同様にサポートできます。 これは、ソース データベースのセキュリティを重視し、フル クロールと増分クロールの両方を提供するため、ユーザーは常に最新の情報を利用できます。

[詳細]


Symantec Enterprise Vault

Raytion を利用

Symantec Enterprise Vault からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 Enterprise Vault からの電子メール、添付ファイル、ファイル、カレンダー項目、連絡先などのアーカイブ済みデータに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、Symantec Enterprise Vault の認証モデルである Basic、NTLM、Kerberos 認証を完全にサポートしています。

[詳細]


Twitter

Accenture を利用

Twitter コネクタでは、任意の Twitter アカウントからのコンテンツをクロールします。 フル クロールと増分クロールを実行し、Twitter ユーザー、コンシューマー キー、コンシューマー シークレット キーを使用した認証をサポートします。

[詳細]


Veeva Vault

BA Insight を利用

BA Insight の Veeva Vault コネクタでは、Veeva Vault オブジェクトのフル テキストとメタデータの両方を Azure Cognitive Search に安全にインデックス付けします。 これにより、ユーザーは Veeva Vault および Microsoft 365 内のコンテンツに対する単一の結果セットを取得できます。

[詳細]


Veritas Enterprise Vault (Symantec eVault)

BA Insight を利用

Veritas Enterprise Vault コネクタでは、ソース システムのセキュリティを重視し、フル クロールと増分クロールを提供するため、ユーザーは常に最新の情報を利用できます。

[詳細]


Veritas Enterprise Vault

Raytion を利用

Veritas Enterprise Vault からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 Enterprise Vault からの電子メール、添付ファイル、ファイル、カレンダー項目、連絡先などのアーカイブ済みデータに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、Veritas Enterprise Vault の認証モデルである Basic、NTLM、Kerberos 認証を完全にサポートしています。

[詳細]


Website Crawler

BA Insight を利用

BA Insight Website Crawler コネクタを使用すると、1 つの統合された検索インデックス内の Web サイトのコンテンツと、他のリポジトリのコンテンツを表示することができます。

[詳細]


West km

BA Insight を利用

BA Insight West km コネクタでは、カスタムの検索結果ページの作成を含め、業務と訴訟のドキュメント全体の検索をサポートしています。

[詳細]


windream ECM-System

Raytion を利用

windream ECM-System からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 windream ECM-System によって関連付けられたメタデータの包括的なセットを含むファイルとフォルダーに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、windream ECM-System のアクセス許可モデルと、関連付けられている Active Directory でのユーザーとグループの管理を完全にサポートします。

[詳細]


Xerox DocuShare

BA Insight を利用

Docushare リポジトリに格納されているコンテンツを Azure Cognitive Search 内から直接検索するため、必要なコンテンツを見つけるために複数の検索を実行する必要がなくなります。

[詳細]


Xerox DocuShare

Raytion を利用

Xerox DocuShare からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 DocuShare からのデータ リポジトリ、フォルダー、プロファイル、グループ、ファイルに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、Xerox DocuShare の組み込みのユーザーとグループの管理を完全にサポートしています。

[詳細]


Yammer

Accenture を利用

Yammer コネクタでは、Yammer メッセージからのコンテンツをクロールします。 グループ、スレッド、またはトピック別にメッセージを取得し、ユーザー、グループ、スレッドの詳細を取得します。

[詳細]


Yammer

BA Insight を利用

Yammer コネクタでは、Yammer アプリケーションへの安全な接続を確立し、メタデータや添付ファイルなどのコンテンツを Yammer スキーマから検索エンジン スキーマにマップします。 その後、コンテンツを抽出し、クロールと呼ばれるプロセスで検索エンジンにフィードします。

[詳細]


Yammer

Raytion を利用

Microsoft Yammer からのコンテンツに確実にインデックスを付け、Azure Cognitive Search でインテリジェントに検索するための安全なエンタープライズ検索コネクタです。 Yammer からのチャネル、投稿、返信、添付ファイル、投票、お知らせに対して、ほぼリアルタイムで確実にインデックスを付けます。 このコネクタでは、Microsoft Yammer の組み込みのユーザーとグループの管理、特に Microsoft 365 に対するフェデレーション認証を完全にサポートしています。

[詳細]


':::column-end::': null ':::column span=""::': null