クイック スタート:Azure portal を利用して Azure Search インデックスを作成するQuickstart: Create an Azure Search index using the Azure portal

Azure Search の概念をすばやく把握するために、Azure portal のビルトイン ツールをお試しください。For a fast ramp up on Azure Search concepts, try the built-in tools in the Azure portal. ウィザードとエディターは .NET および REST API と完全には対応していませんが、コーディングなしの導入ですぐに開始でき、インデックスに対する興味深いクエリを数分以内に記述できます。Wizards and editors do not offer full parity with the .NET and REST APIs, but you can get started quickly with a code-free introduction, writing interesting queries against an index within minutes.

  • Azure にホストされている無料のパブリック サンプル データセットから開始するStart with a free public sample data set hosted on Azure
  • Azure Search 内のデータのインポート ウィザードを実行してデータを読み込み、インデックスを生成するRun the Import data wizard in Azure Search to load data and generate an index
  • ポータル上でインデックス作成の進行状況を監視するMonitor indexing progress in the portal
  • 既存のインデックスとそれを変更するためのオプションを表示するView an existing index and options for modifying it
  • Search エクスプローラーを使用して、フルテキスト検索、フィルター、ファセット、あいまい検索、地理空間検索について確認するExplore full text search, filters, facets, fuzzy search, and geosearch with Search explorer

ツールに制限がありすぎる場合は、.NET での Azure Search のプログラミングに関するコーディングを前提とした概要記事を検討するか、または REST API の呼び出しを行うために Postman を使います。If the tools are too limiting, you can consider a code-based introduction to programming Azure Search in .NET or use Postman for making REST API calls. また、「Azure Search Overview (Azure Search の概要)」ビデオで、このチュートリアルの手順のデモをご覧いただけます (約 3 分目から 6 分間)。You could also watch a 6-minute demonstration of the steps in this tutorial, starting at about three minutes into this Azure Search Overview video.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

前提条件Prerequisites

Azure Search サービスを作成するか、現在のサブスクリプションから既存のサービスを見つけますCreate an Azure Search service or find an existing service under your current subscription. このクイック スタート用には、無料のサービスを使用できます。You can use a free service for this quickstart.

領域の確認Check for space

多くのユーザーが最初に利用するのは、無料版のサービスです。Many customers start with the free service. このバージョンは、インデックス、データ ソース、インデクサーがそれぞれ 3 つに限定されています。This version is limited to three indexes, three data sources, and three indexers. 十分な空き領域があることを確認してから開始してください。Make sure you have room for extra items before you begin. このチュートリアルでは、それぞれのオブジェクトを 1 つ作成します。This tutorial creates one of each object.

サービス ダッシュボードのセクションには、既に存在するインデックス、インデクサー、データ ソースの数が表示されます。Sections on the service dashboard show how many indexes, indexers, and data sources you already have.

インデックス、インデクサー、およびデータソースの一覧

インデックスの作成とデータの読み込みCreate an index and load data

検索クエリは、"インデックス" を反復処理します。インデックスには、検索可能なデータやメタデータに加え、特定の検索の動作を最適化する構造が含まれています。Search queries iterate over an index that contains searchable data, metadata, and additional constructs that optimize certain search behaviors.

このチュートリアルでは、データのインポート ウィザードから "インデクサー" を使用してクロールできる、組み込みのサンプル データセットを使用します。For this tutorial, we use a built-in sample dataset that can be crawled using an indexer via the Import data wizard. インデクサーは、サポートされている Azure データ ソースからメタデータとコンテンツを読み取ることができるソース固有のクローラーです。An indexer is a source-specific crawler that can read metadata and content from supported Azure data sources. 通常、インデクサーはプログラムで使用されますが、ポータル上ではデータのインポート ウィザードを使用してアクセスできます。Normally, indexers are used programmatically, but in the portal, you can access them through the Import data wizard.

手順 1 - データのインポート ウィザードを起動し、データ ソースを作成するStep 1 - Start the Import data wizard and create a data source

  1. Azure Search サービスのダッシュボード上で、コマンド バーの [データのインポート] をクリックして検索インデックスを作成し、設定します。On the Azure Search service dashboard, click Import data on the command bar to create and populate a search index.

    [データのインポート] コマンド

  2. ウィザードで [データに接続します] > [サンプル] > [hotels-sample] の順にクリックします。In the wizard, click Connect to your data > Samples > hotels-sample. このデータ ソースは組み込まれています。This data source is built-in. 独自のデータ ソースを作成する場合は、名前、型、接続情報を指定する必要があります。If you were creating your own data source, you would need to specify a name, type, and connection information. 作成すると、他のインポート操作で再度使用できる "既存のデータ ソース" になります。Once created, it becomes an "existing data source" that can be reused in other import operations.

    サンプル データセットの選択

  3. 次のページに進みます。Continue to the next page.

    コグニティブ検索用の次のページ ボタン

手順 2 - コグニティブ スキルをスキップするStep 2 - Skip Cognitive skills

ウィザードでは、インデックス作成に Cognitive Services AI アルゴリズムを組み込むためのコグニティブ スキル パイプラインの作成がサポートされます。The wizard supports the creation of a cognitive skills pipeline for incorporating the Cognitive Services AI algorithms into indexing.

今回はこの手順をスキップして、 [対象インデックスをカスタマイズします] に直接進みましょう。We'll skip this step for now, and move directly on to Customize target index.

コグニティブ スキル手順のスキップ

ヒント

AI インデックス作成の例は、クイックスタートまたはチュートリアル内でステップ実行できます。You can step through an AI-indexing example in a quickstart or tutorial.

手順 3 - インデックスを構成するStep 3 - Configure index

通常、インデックスの作成はコード ベースの作業であり、データの読み込み前に完了しています。Typically, index creation is a code-based exercise, completed prior to loading data. ただし、このチュートリアルで示すように、ウィザードではクロール可能なデータ ソースを想定して、基本インデックスを生成できます。However, as this tutorial indicates, the wizard can generate a basic index for any data source it can crawl. インデックスには少なくとも、名前とフィールド コレクションが必要です。さらに、各ドキュメントを一意に識別するためのドキュメント キーとして、いずれかのフィールドがマークされている必要があります。Minimally, an index requires a name and a fields collection; one of the fields should be marked as the document key to uniquely identify each document. さらに、オートコンプリートやクエリ候補が必要な場合は、言語アナライザーまたは suggester を指定できます。Additionally, you can specify language analyzers or suggesters if you want autocomplete or suggested queries.

フィールドには、データ型と属性があります。Fields have data types and attributes. 上部に並んだチェック ボックスは、フィールドがどのように使用されるかを制御する "インデックスの属性" です。The check boxes across the top are index attributes controlling how the field is used.

  • [取得可能] は、そのフィールドが検索結果のリストに現れることを意味します。Retrievable means that it shows up in search results list. このチェック ボックスをオフにすることで、フィルター式でのみ使用されているフィールドなど、検索結果から抑制するフィールドを個別に指定できます。You can mark individual fields as off limits for search results by clearing this checkbox, for example for fields used only in filter expressions.
  • [キー] は一意のドキュメント識別子です。Key is the unique document identifier. 常に文字列で、必須です。It's always a string, and it is required.
  • [フィルター可能][ソート可能][ファセット可能] では、フィルタリング、並べ替え、ファセットのナビゲーション構造にフィールドを使用するかどうかを決定します。Filterable, Sortable, and Facetable determine whether fields are used in a filter, sort, or faceted navigation structure.
  • [検索可能] は、フィールドがフルテキスト検索の対象となることを意味します。Searchable means that a field is included in full text search. 文字列は検索可能です。Strings are searchable. 数値フィールドとブール型フィールドは通常、検索対象外として指定されます。Numeric fields and Boolean fields are often marked as not searchable.

ストレージ要件は、選択の結果によって変わりません。Storage requirements do not vary as a result of your selection. たとえば、複数のフィールドで [取得可能] 属性を設定した場合、ストレージ要件は上昇しません。For example, if you set the Retrievable attribute on multiple fields, storage requirements do not go up.

既定では、ウィザードは一意の識別子のデータ ソースをキー フィールドの基準としてスキャンします。By default, the wizard scans the data source for unique identifiers as the basis for the key field. "文字列" は、取得可能かつ検索可能です。Strings are attributed as Retrievable and Searchable. "整数" は、取得可能フィルター可能ソート可能ファセット可能です。Integers are attributed as Retrievable, Filterable, Sortable, and Facetable.

  1. 既定値を受け入れます。Accept the defaults.

    既存の hotels データ ソースを使用してウィザードを 2 回目に再実行した場合は、インデックスが既定の属性で構成されることはありません。If you rerun the wizard a second time using an existing hotels data source, the index won't be configured with default attributes. 以降のインポートでは、属性を手動で選択する必要があります。You'll have to manually select attributes on future imports.

    生成された hotels のインデックス

  2. 次のページに進みます。Continue to the next page.

    次のページでインデクサーを作成

手順 4 - インデクサーを構成するStep 4 - Configure indexer

引き続き、データのインポート ウィザードで、 [インデクサー] > [名前] の順にクリックし、インデクサーの名前を入力します。Still in the Import data wizard, click Indexer > Name, and type a name for the indexer.

このオブジェクトによって、実行可能なプロセスが定義されます。This object defines an executable process. 定期的なスケジュールを設定することもできますが、ここでは、インデクサーを即時に一度だけ実行する既定のオプションを使用します。You could put it on recurring schedule, but for now use the default option to run the indexer once, immediately.

[送信] をクリックして、インデクサーを作成し、同時に実行します。Click Submit to create and simultaneously run the indexer.

hotels のインデクサー

進行状況の監視Monitor progress

ウィザードに、進行状況を監視できるインデクサーの一覧が表示されます。The wizard should take you to the Indexers list where you can monitor progress. 自己ナビゲーションを行うには、[概要] ページに移動し、 [インデクサー] をクリックします。For self-navigation, go to the Overview page and click Indexers.

ポータルによってページが更新されるまで数分かかることがありますが、新規に作成したインデクサーが一覧に表示されます。"進行中" または "成功" を示すステータスと、インデックスが作成されたドキュメントの数も表示されます。It can take a few minutes for the portal to update the page, but you should see the newly created indexer in the list, with status indicating "in progress" or success, along with the number of documents indexed.

インデクサーの進行状況のメッセージ

インデックスの表示View the index

メイン サービス ページには、Azure Search サービスで作成されたリソースへのリンクがあります。The main service page provides links to the resources created in your Azure Search service. 作成したインデックスを表示するには、リンクの一覧の [インデックス] をクリックします。To view the index you just created, click Indexes from the list of links.

サービスのダッシュボードのインデックスの一覧

この一覧で、作成した hotels-sample インデックスをクリックすると、インデックスのスキーマが表示されます。From this list, you can click on the hotels-sample index that you just created, view the index schema. また、必要に応じて新しいフィールドを追加できます。and optionally add new fields.

[フィールド] タブには、インデックス スキーマが表示されます。The Fields tab shows the index schema. 一覧を下までスクロールし、新しいフィールドを入力します。Scroll to the bottom of the list to enter a new field. ほとんどの場合、既存のフィールドを変更することはできません。In most cases, you cannot change existing fields. 既存のフィールドは、Azure Search における物理的表現を含んでいるため、コード内でも編集することはできません。Existing fields have a physical representation in Azure Search and are thus non-modifiable, not even in code. 既存のフィールドを根本的に変えるには、インデックスを新たに作成して、元のインデックスは削除します。To fundamentally change an existing field, create a new index, dropping the original.

サンプル インデックスの定義

その他のコンストラクト (スコアリング プロファイル、CORS オプションなど) はいつでも追加することができます。Other constructs, such as scoring profiles and CORS options, can be added at any time.

インデックスの設計時に何を編集できて何を編集できないかを明確に理解するために、インデックスの定義オプションをじっくり見てみましょう。To clearly understand what you can and cannot edit during index design, take a minute to view index definition options. 淡色表示されているオプションは、値を編集することも削除することもできないことを表します。Grayed-out options are an indicator that a value cannot be modified or deleted.

Search エクスプローラーを使用してクエリを実行するQuery using Search explorer

この時点で検索インデックスは、ビルトインの Search エクスプローラーのクエリ ページを使って照会する準備が整っています。Moving forward, you should now have a search index that's ready to query using the built-in Search explorer query page. このページには、任意のクエリ文字列をテストできるよう検索ボックスが備わっています。It provides a search box so that you can test arbitrary query strings.

Search エクスプローラーは、REST API 要求を処理するためだけに装備されていますが、単純なクエリ構文完全な Lucene クエリ パーサーの両方の構文を受け取ります。さらに、Search Document REST API 操作で使用できるすべての検索パラメーターも受け取ります。Search explorer is only equipped to handle REST API requests, but it accepts syntax for both simple query syntax and full Lucene query parser, plus all the search parameters available in Search Document REST API operations.

ヒント

Azure Search の概要ビデオの 6 分 8 秒から 次の手順のデモをご覧いただけます。The following steps are demonstrated at 6m08s into the Azure Search Overview video.

  1. コマンド バーの [Search エクスプローラー] をクリックします。Click Search explorer on the command bar.

    [Search エクスプローラー] コマンド

  2. [インデックス] ドロップダウンで hotels-sample を選択します。From the Index dropdown, choose hotels-sample. [API バージョン] ドロップダウンをクリックして、REST API が使用可能であることを確認します。Click the API Version dropdown, to see which REST APIs are available. 以下のクエリでは、一般公開バージョン (2019-05-06) を使います。For the queries below, use the generally available version (2019-05-06).

    インデックスと API のコマンド

  3. 検索バーで次のクエリ文字列を貼り付けて、 [検索] をクリックします。In the search bar, paste in the query strings below and click Search.

    クエリ文字列と検索ボタン

クエリの例Example queries

Bing や Google 検索で行うように用語や語句を入力するか、完全に指定したクエリ式を入力できます。You can enter terms and phrases, similar to what you might do in a Bing or Google search, or fully-specified query expressions. 結果は冗長な JSON ドキュメントとして返されます。Results are returned as verbose JSON documents.

上位 N 件の単純なクエリSimple query with top N results

例 (文字列クエリ): search=spaExample (string query): search=spa

  • search パラメーターは、フルテキスト検索用のキーワード検索の入力に使用します。この例では、ドキュメントのいずれかの検索可能フィールドに spa が含まれるホテルのデータが返されます。The search parameter is used to input a keyword search for full text search, in this case, returning hotel data for those containing spa in any searchable field in the document.

  • Search エクスプローラーは JSON で結果を返しますが、ドキュメント構造が高密度な場合は冗長で読みづらくなります。Search explorer returns results in JSON, which is verbose and hard to read if documents have a dense structure. これは意図的なものです。開発の目的上、特にテスト時には、ドキュメント全体の可視性が重要となります。This is intentional; visibility into the entire document is important for development purposes, especially during testing. ユーザー エクスペリエンスを高めるためには、検索結果を処理して重要な要素を抽出するコードの作成が必要になるでしょう。For a better user experience, you will need to write code that handles search results to bring out important elements.

  • ドキュメントは、インデックスで "取得可能" としてマークされているすべてのフィールドで構成されます。Documents are composed of all fields marked as "retrievable" in the index. ポータル上でインデックスの属性を表示するには、 [インデックス] 一覧で hotels-sample をクリックします。To view index attributes in the portal, click hotels-sample in the Indexes list.

例 (パラメーター化クエリ): search=spa&$count=true&$top=10Example (parameterized query): search=spa&$count=true&$top=10

  • 検索パラメーターを追加するには & 記号を使用します。検索パラメーターは任意の順序で指定できます。The & symbol is used to append search parameters, which can be specified in any order.

  • $count=true パラメーターでは、返されたすべてのドキュメントの合計数が返されます。The $count=true parameter returns the total count of all documents returned. この値は、検索結果の最上部付近に表示されます。This value appears near the top of the search results. $count=true で報告される数の変化を監視することで、フィルター クエリを確認できます。You can verify filter queries by monitoring changes reported by $count=true. カウントが小さいほど、指定したフィルターが効果的に作用していることを意味します。Smaller counts indicate your filter is working.

  • $top=10 では、全体の中から上位 10 件のドキュメントが返されます。The $top=10 returns the highest ranked 10 documents out of the total. 既定では、Azure Search によって上位 50 件が返されます。By default, Azure Search returns the first 50 best matches. $top を使用して、この数を増減できます。You can increase or decrease the amount via $top.

クエリのフィルター処理Filter the query

検索要求に対するフィルターの追加は、 $filter パラメーターを追加するときに行います。Filters are included in search requests when you append the $filter parameter.

例 (フィルター): search=beach&$filter=Rating gt 4Example (filtered): search=beach&$filter=Rating gt 4

  • $filter パラメーターは、指定した条件に一致する結果を返します。The $filter parameter returns results matching the criteria you provided. この例では、評価が 4 を超えるものが返されます。In this case, ratings greater than 4.

  • フィルター構文は、OData 構文です。Filter syntax is an OData construction. 詳細については、フィルターの OData 構文に関するページを参照してください。For more information, see Filter OData syntax.

クエリのファセットFacet the query

ファセット フィルターは検索要求に追加されます。Facet filters are included in search requests. 指定したファセット値に一致するドキュメントの総数を facet パラメーターを使用して取得できます。You can use the facet parameter to return an aggregated count of documents that match a facet value you provide.

例 (範囲の縮小によるファセット): search=*&facet=Category&$top=2Example (faceted with scope reduction): search=*&facet=Category&$top=2

  • search= * は空の検索です。search=* is an empty search. 空の検索は、すべてを検索します。Empty searches search over everything. 空のクエリを送信する理由の 1 つは、ドキュメントのすべてのセットをフィルターまたはファセットすることです。One reason for submitting an empty query is to filter or facet over the complete set of documents. たとえば、インデックス内のすべてのホテルから成るファセット ナビゲーション構造が必要な場合などです。For example, you want a faceting navigation structure to consist of all hotels in the index.

  • facet は、UI コントロールに渡せるナビゲーション構造を返します。facet returns a navigation structure that you can pass to a UI control. 返されるのはカテゴリと数です。It returns categories and a count. この場合、カテゴリはちょうど Category という名前のフィールドに基づきます。In this case, categories are based on a field conveniently called Category. Azure Search には集計機能はありませんが、各カテゴリのドキュメントの数を示す facet により、大まかな集計を行うことができます。There is no aggregation in Azure Search, but you can approximate aggregation via facet, which gives a count of documents in each category.

  • $top=2 では 2 件のドキュメントが返されます。つまり、top を使用すると、結果を減らすことも増やすこともできます。$top=2 brings back two documents, illustrating that you can use top to both reduce or increase results.

例 (数値に対するファセット): search=spa&facet=RatingExample (facet on numeric values): search=spa&facet=Rating

  • このクエリは、spa に対するテキスト検索での、評価に対するファセットです。This query is facet for rating, on a text search for spa. フィールドがインデックスで取得可能、フィルター可能、ファセット可能としてマークされているので、用語 Rating をファセットとして指定できます。また、含まれる値 (1 から 5 の数値) は一覧をグループに分類するのに適しています。The term Rating can be specified as a facet because the field is marked as retrievable, filterable, and facetable in the index, and the values it contains (numeric, 1 through 5), are suitable for categorizing listings into groups.

  • ファセットできるのは、フィルター可能なフィールドのみです。Only filterable fields can be faceted. 結果として返されるのは、取得可能なフィールドのみです。Only retrievable fields can be returned in the results.

  • Rating フィールドは倍精度浮動小数点数であり、グループ化は正確な値によります。The Rating field is double-precision floating point and the grouping will be by precise value. 間隔によるグループ化 (たとえば、"三つ星評価"、"四つ星評価" など) について詳しくは、「Azure Search でファセット ナビゲーションを実装する方法」をご覧ください。For more information on grouping by interval (for instance, "3 star ratings," "4 star ratings," etc.), see How to implement faceted navigation in Azure Search.

検索結果の強調表示Highlight search results

検索結果の強調表示は、特定のフィールドで一致があった場合の、キーワードに一致したテキストの書式設定を表します。Hit highlighting refers to formatting on text matching the keyword, given matches are found in a specific field. 検索対象の用語が説明に深く埋もれている場合、検索結果の強調表示を追加してその用語を見つけやすくすることができます。If your search term is deeply buried in a description, you can add hit highlighting to make it easier to spot.

例 (蛍光ペン): search=beach&highlight=DescriptionExample (highlighter): search=beach&highlight=Description

  • この例では、書式設定された語句 beach が説明フィールドで見つけやすくなります。In this example, the formatted word beach is easier to spot in the description field.

例 (言語分析): search=beaches&highlight=DescriptionExample (linguistic analysis): search=beaches&highlight=Description

  • フルテキスト検索では、単語の形式の基本的なバリエーションが認識されます。Full text search recognizes basic variations in word forms. この場合、"beaches" のキーワード検索に対する応答の検索結果には、検索可能フィールドにその単語が存在するホテルについて、"beach" が強調表示されたテキストが含まれます。In this case, search results contain highlighted text for "beach", for hotels that have that word in their searchable fields, in response to a keyword search on "beaches". 語形変化していても、言語分析により同じ単語として結果に表示できます。Different forms of the same word can appear in results because of linguistic analysis.

  • Azure Search では、Lucene と Microsoft の 56 個のアナライザーをサポートしています。Azure Search supports 56 analyzers from both Lucene and Microsoft. Azure Search で既定で使用されるのは、Lucene の標準アナライザーです。The default used by Azure Search is the standard Lucene analyzer.

既定では、検索語のスペルを間違うと ("Seattle" に対する seatle など)、通常の検索では一致しません。By default, misspelled query terms, like seatle for "Seattle", fail to return matches in typical search. 次の例では、検索結果が 1 件も返されません。The following example returns no results.

例 (検索語のスペルミス非対応): search=seatleExample (misspelled term, unhandled): search=seatle

スペルミスに対応するには、あいまい検索を使用します。To handle misspellings, you can use fuzzy search. あいまい検索は、full タイプの Lucene クエリ構文を使用したときに有効になります。クエリで「queryType=full」を設定し、さらに検索文字列に「 ~ 」を追加するという 2 つの指定によって、この動作が引き起こされます。Fuzzy search is enabled when you use the full Lucene query syntax, which occurs when you do two things: set queryType=full on the query, and append the ~ to the search string.

例 (検索語のスペルミス対応): search=seatle~&queryType=fullExample (misspelled term, handled): search=seatle~&queryType=full

この例では、"Seattle" に基づく一致を含んだドキュメントが返されます。This example now returns documents that include matches on "Seattle".

queryType が指定されていない場合、既定の単純なクエリ パーサーが使用されます。When queryType is unspecified, the default simple query parser is used. 単純なクエリ パーサーの方が高速ですが、あいまい検索、正規表現、近接検索などの高度な種類のクエリが必要な場合は、完全な構文が必要になります。The simple query parser is faster, but if you require fuzzy search, regular expressions, proximity search, or other advanced query types, you will need the full syntax.

あいまい検索とワイルドカード検索は、検索の出力に影響を及ぼします。Fuzzy search and wildcard search have implications on search output. これらのクエリ形式に対しては言語分析が実行されません。Linguistic analysis is not performed on these query formats. あいまい検索とワイルドカード検索を使用する際は、あらかじめ「Azure Search のフルテキスト検索のしくみ」で、字句解析の例外についてのセクションを参照してください。Before using fuzzy and wildcard search, review How full text search works in Azure Search and look for the section about exceptions to lexical analysis.

完全なクエリ パーサーによって有効になるクエリのシナリオの詳細については、「Lucene query syntax in Azure Search (Azure Search での Lucene クエリ構文)」を参照してください。For more information about query scenarios enabled by the full query parser, see Lucene query syntax in Azure Search.

地理空間検索は、座標を格納しているフィールドの edm.GeographyPoint データ型によってサポートされます。Geospatial search is supported through the edm.GeographyPoint data type on a field containing coordinates. 地理空間検索はフィルターの種類で、フィルターの OData 構文で指定します。Geosearch is a type of filter, specified in Filter OData syntax.

例 (地理座標フィルター): search=*&$count=true&$filter=geo.distance(Location,geography'POINT(-122.12 47.67)') le 5Example (geo-coordinate filters): search=*&$count=true&$filter=geo.distance(Location,geography'POINT(-122.12 47.67)') le 5

この例のクエリでは、位置データのすべての結果から、(緯度と経度の座標で指定された) 特定の地点から 5 km 未満のものをフィルター処理します。The example query filters all results for positional data, where results are less than 5 kilometers from a given point (specified as latitude and longitude coordinates). $count を追加すると、距離と座標のいずれかを変更した場合に返される結果の数を確認できます。By adding $count, you can see how many results are returned when you change either the distance or the coordinates.

地理空間検索は、検索アプリケーションに "近くを検索" 機能がある場合、またはマップ ナビゲーションを使用している場合に有用です。Geospatial search is useful if your search application has a "find near me" feature or uses map navigation. ただし、フルテキスト検索ではありません。It is not full text search, however. ユーザーの要件に都市名または国/地域名での検索がある場合は、座標に加えて、都市名または国/地域名を含むフィールドを追加します。If you have user requirements for searching on a city or country/region by name, add fields containing city or country/region names, in addition to coordinates.

重要なポイントTakeaways

このチュートリアルでは、Azure portal を使用した Azure Search について簡単に紹介しました。This tutorial provided a quick introduction to Azure Search using the Azure portal.

データのインポート ウィザードを使って検索インデックスを作成する方法について説明しました。You learned how to create a search index using the Import data wizard. インデクサーについて取り上げると共に、インデックス設計の基本的なワークフローについて説明しました。その際、公開済みのインデックスに対して行うことができる変更についても触れています。You learned about indexers, as well as the basic workflow for index design, including supported modifications to a published index.

Azure portal の Search エクスプローラーを使って、フィルターや検索結果の強調表示、あいまい検索、地理空間検索など、主要な機能を紹介する実践的な例を通じて、基本的なクエリの構文を学びました。Using the Search explorer in the Azure portal, you learned some basic query syntax through hands-on examples that demonstrated key capabilities such as filters, hit highlighting, fuzzy search, and geo-search.

ポータル上で、インデックス、インデクサー、データ ソースを検索する方法も学びました。You also learned how to find indexes, indexers, and data sources in the portal. 今後、新しいデータ ソースを扱うときにも、ポータルから、ごくわずかな労力で、その定義やフィールド コレクションを簡単に調べることができるでしょう。Given any new data source in the future, you can use the portal to quickly check its definitions or field collections with minimal effort.

クリーンアップClean up

独自のサブスクリプションを使用している場合は、プロジェクトの最後に、作成したリソースがまだ必要かどうかを確認してください。When you're working in your own subscription, it's a good idea at the end of a project to identify whether you still need the resources you created. リソースを実行したままにすると、お金がかかる場合があります。Resources left running can cost you money. リソースは個別に削除することも、リソース グループを削除してリソースのセット全体を削除することもできます。You can delete resources individually or delete the resource group to delete the entire set of resources.

ポータルの左側のナビゲーション ウィンドウにある [すべてのリソース] または [リソース グループ] リンクを使って、リソースを検索および管理できます。You can find and manage resources in the portal, using the All resources or Resource groups link in the left-navigation pane.

無料サービスを使っている場合は、3 つのインデックス、インデクサー、およびデータソースに制限されることに注意してください。If you are using a free service, remember that you are limited to three indexes, indexers, and data sources. ポータルで個別の項目を削除して、制限を超えないようにすることができます。You can delete individual items in the portal to stay under the limit.

次の手順Next steps

次のプログラム ツールを使えば、Azure Search の可能性がさらに広がります。You can explore more of Azure Search using the programmatic tools: