Azure Search サービスの制限Service limits in Azure Search

インデックス、ドキュメント、およびその他のオブジェクトのストレージ、ワークロード、数量の上限は、Azure SearchFreeBasicStandard、またはストレージ最適化の価格レベルのいずれでプロビジョニングするかによって異なります。Maximum limits on storage, workloads, and quantities of indexes, documents, and other objects depend on whether you provision Azure Search at Free, Basic, Standard, or Storage Optimized pricing tiers.

  • Free は、Azure サブスクリプションに付属しているマルチテナント共有サービスです。Free is a multi-tenant shared service that comes with your Azure subscription.

  • Basic は、小規模の運用環境のワークロード専用のコンピューティング リソースを提供します。Basic provides dedicated computing resources for production workloads at a smaller scale.

  • Standard は、すべてのレベルでさらに多くのストレージや処理能力を持つ専用マシン上で実行されます。Standard runs on dedicated machines with more storage and processing capacity at every level. Standard には 4 つのレベル(S1、S2、S3、S3 HD) があります。Standard comes in four levels: S1, S2, S3, and S3 HD.

  • ストレージ最適化は、Standard よりも多くの合計ストレージ、ストレージ帯域幅、およびメモリを備えた専用マシンで実行されます。Storage Optimized runs on dedicated machines with more total storage, storage bandwidth, and memory than Standard. ストレージ最適化は 2 つのレベルがあります: L1 および L2Storage Optimized comes in two levels: L1 and L2

注意

ストレージ最適化サービス レベルは、現在、フィードバックを収集するためのテストおよび実験の目的で、割引価格でプレビューとして使用できます。The Storage Optimized service tiers are currently available as a preview at discounted pricing for testing and experimentation purposes with the goal of gathering feedback. 最終的な価格は、これらのレベルが一般提供されるときに発表されます。Final pricing will be announced later when these tiers are generally available. 運用アプリケーションではこれらのレベルを使用しないことをお勧めします。We advise against using these tiers for production applications.

S3 高密度 (S3 HD) は、特定のワークロード (マルチテナントと大量の小さなインデックス (インデックスあたり 100 万ドキュメント、サービスあたり 3000 インデックス)) 向けに設計されています。S3 High Density (S3 HD) is engineered for specific workloads: multi-tenancy and large quantities of small indexes (one million documents per index, three thousand indexes per service). このレベルでは、インデクサー機能は用意されていません。This tier does not provide the indexer feature. S3 HD では、データ インジェストがプッシュ アプローチを活用することで、API 呼び出しを使って、ソースからインデックスにデータをプッシュする必要があります。On S3 HD, data ingestion must leverage the push approach, using API calls to push data from source to index.

注意

サービスは特定のレベルでプロビジョニングされます。A service is provisioned at a specific tier. レベルを移動して容量を増やすには、新しいサービスをプロビジョニングする必要があります (インプレース アップグレードはありません)。Jumping tiers to gain capacity involves provisioning a new service (there is no in-place upgrade). 詳細については、SKU または価格レベルの選択に関するページをご覧ください。For more information, see Choose a SKU or tier. プロビジョニングしたサービス内での容量調整の詳細については、クエリとインデックスのワークロードに応じたリソース レベルのスケールに関するページをご覧ください。To learn more about adjusting capacity within a service you've already provisioned, see Scale resource levels for query and indexing workloads.

サブスクリプションの制限Subscription limits

サブスクリプション内に複数のサービスを作成することができます。You can create multiple services within a subscription. 作成したサービスはそれぞれ、一定のレベルでプロビジョニングできます。Each one can be provisioned at a specific tier. 各レベルにはサービス数に上限が設けられています。You're limited only by the number of services allowed at each tier. たとえば、Basic レベルのサービスであれば 12 個まで作成できますが、同じサブスクリプションの枠内で S1 レベルのサービスをさらにもう 12 個まで作成できます。For example, you could create up to 12 services at the Basic tier and another 12 services at the S1 tier within the same subscription. レベルの詳細については、「Azure Search 用の SKU または価格レベルの選択」を参照してください。For more information about tiers, see Choose an SKU or tier for Azure Search.

サービス数の上限は、依頼により引き上げが可能です。Maximum service limits can be raised upon request. 同一のサブスクリプションで通常よりも多数のサービスが必要な場合には、Azure Support にお問い合わせください。If you need more services within the same subscription, contact Azure Support.

ResourceResource Free1Free1 BasicBasic S1S1 S2S2 S3S3 S3 HDS3 HD L1L1 L2L2
最大サービス数Maximum services 11 1616 1616 88 66 66 66 66
検索単位の最大スケール (SU)2Maximum scale in search units (SU)2 該当なしN/A 3 SU3 SU 36 SU36 SU 36 SU36 SU 36 SU36 SU 36 SU36 SU 36 SU36 SU 36 SU36 SU

1 Free は、専用リソースではなく、共有リソースに基づいています。1 Free is based on shared, not dedicated, resources. スケールアップは、共有リソースではサポートされていません。Scale-up is not supported on shared resources.

2 Search ユニットは、レプリカまたはパーティションのいずれかとして割り当てられている請求単位です。2 Search units are billing units, allocated as either a replica or a partition. ストレージ、インデックス作成、およびクエリ操作については、両方のリソースが必要になります。You need both resources for storage, indexing, and query operations. SU の計算の詳細については、クエリとインデックス作成のワークロードに応じたリソース レベルのスケーリングに関するページを参照してください。To learn more about SU computations, see Scale resource levels for query and index workloads.

ストレージの制限Storage limits

ストレージは、ディスク容量、またはインデックス、ドキュメント、その他の高水準リソースの "最大数" のハード制限のうち、先に達したものによって制約されます。Storage is constrained by disk space or by a hard limit on the maximum number of indexes, document, or other high-level resources, whichever comes first. 次の表では、ストレージの制限についてまとめています。The following table documents storage limits. インデックス、ドキュメント、その他のオブジェクトの上限については、リソースごとの制限に関するページを参照してください。For maximum limits on indexes, documents, and other objects, see Limits by resource.

ResourceResource 無料Free Basic1Basic1 S1S1 S2S2 S3S3 S3 HD2S3 HD2 L1L1 L2L2
サービス レベル アグリーメント (SLA)3Service level agreement (SLA)3 いいえNo 可能Yes はいYes はいYes はいYes はいYes はいYes はいYes
パーティションあたりのストレージ容量Storage per partition 50 MB50 MB 2 GB2 GB 25 GB25 GB 100 GB100 GB 200 GB200 GB 200 GB200 GB 1 TB (テラバイト)1 TB 2 TB2 TB
サービスあたりのパーティション数Partitions per service 該当なしN/A 11 1212 1212 1212 33 1212 1212
パーティション サイズPartition size 該当なしN/A 2 GB2 GB 25 GB25 GB 100 GB100 GB 200 GB200 GB 200 GB200 GB 1 TB (テラバイト)1 TB 2 TB2 TB
レプリカReplicas 該当なしN/A 33 1212 1212 1212 1212 1212 1212

1 Basic には、1 つの固定パーティションがあります。1 Basic has one fixed partition. このレベルでクエリのワークロードが増大したために、割り当てるレプリカを増やす場合には、追加の検索ユニットを使用します。At this tier, additional search units are used for allocating more replicas for increased query workloads.

2 S3 HD には、パーティション 3 個というハード制限があります。これは、S3 のパーティション制限より小さくなっています。2 S3 HD has a hard limit of three partitions, which is lower than the partition limit for S3. S3 HD のインデックス数がかなり多いため、パーティションの制限が低く設定されています。The lower partition limit is imposed because the index count for S3 HD is substantially higher. コンピューティング リソース (ストレージと処理) とコンテンツ (インデックスとドキュメント) の両方にサービスの制限がある場合、コンテンツの方が先に制限に達します。Given that service limits exist for both computing resources (storage and processing) and content (indexes and documents), the content limit is reached first.

3 専用リソースの課金対象のサービスには、サービス レベル アグリーメントが提供されています。3 Service level agreements are offered for billable services on dedicated resources. Free サービスおよびプレビュー機能には SLA がありません。Free services and preview features have no SLA. 課金対象のサービスで、SLA が有効になるのは、サービスに対して十分な冗長性がプロビジョニングされている場合です。For billable services, SLAs take effect when you provision sufficient redundancy for your service. クエリ (読み取り) の SLA には複数のレプリカが必要です。Two or more replicas are required for query (read) SLAs. クエリとインデックス作成 (読み取り/書き込み) の SLA には 3 つ以上のレプリカが必要です。Three or more replicas are required for query and indexing (read-write) SLAs. パーティション数は SLA には関係ありません。The number of partitions isn't an SLA consideration.

インデックスの制限Index limits

ResourceResource 無料Free Basic 1Basic 1 S1S1 S2S2 S3S3 S3 HDS3 HD L1L1 L2L2
最大インデックスMaximum indexes 33 5 または 155 or 15 5050 200200 200200 パーティションあたり 1,000、またはサービスあたり 3,0001000 per partition or 3000 per service 1010 1010
インデックスあたりの単純型フィールドの最大数Maximum simple fields per index 1,0001000 100100 1,0001000 1,0001000 1,0001000 1,0001000 1,0001000 1,0001000
インデックスあたりの複合コレクション フィールドの最大数Maximum complex collection fields per index 4040 4040 4040 4040 4040 4040 4040 4040
ドキュメントあたりの複合コレクション全体での最大要素数Maximum elements across all complex collections per document 30003000 30003000 30003000 30003000 30003000 30003000 30003000 30003000
複合フィールドの最大深度Maximum depth of complex fields 1010 1010 1010 1010 1010 1010 1010 1010
インデックスあたりの最大サジェスターMaximum suggesters per index 11 11 11 11 11 11 11 11
インデックスあたりの最大スコアリング プロファイルMaximum scoring profiles per index 100100 100100 100100 100100 100100 100100 100100 100100
プロファイルあたりの最大関数Maximum functions per profile 88 88 88 88 88 88 88 88

1 2017 年 12 月より前に作成された Basic サービスは、インデックスでの制限が低くなっています (15 ではなく 5)。1 Basic services created before December 2017 have lower limits (5 instead of 15) on indexes. Basic レベルにのみ下限 (インデックスあたり 100 フィールド) があります。Basic tier is the only SKU with a lower limit of 100 fields per index.

ドキュメントの制限Document limits

2018 年 10 月現在、いずれのリージョンにおいても、課金対象レベル (Basic、S1、S2、S3、S3 HD) で作成された新しいサービスに関して、ドキュメントの制限はありません。As of October 2018, there are no longer any document limits for any new service created at any billable tier (Basic, S1, S2, S3, S3 HD) in any region. 2017 年の 11 月または 12 月 以降、ドキュメント数はほとんどのリージョンで無制限ですが、5 つのリージョンについては、それ以降もドキュメントの制限が課されていました。While most regions have had unlimited document counts since November/December 2017, there were five regions that continued to impose document limits. 検索サービスを作成した時と場所によっては、実行しているサービスに、今もドキュメントの制限が課されている可能性があります。Depending on when and where you created a search service, you might be running a service that is still subject to document limits.

使用しているサービスにドキュメントの制限があるかどうかを確かめるには、そのサービスの概要ページで使用状況タイルを確認します。To determine whether your service has document limits, check the Usage tile in the overview page of your service. ドキュメント数は、無制限であるか、レベルに基づいて制限が適用されます。Document counts are either unlimited, or subject to a limit based on tier.

使用状況タイル

過去にドキュメントの制限があったリージョンRegions previously having document limits

ドキュメントの制限があることをポータルが示している場合、ご利用のサービスは 2017 年末の前に作成されたか、容量の小さなクラスターを使用して Azure Search サービスをホストしているデータ センターで作成されたものです。If the portal indicates a document limit, your service was either created before late 2017, or it was created on a data center using lower-capacity clusters for hosting Azure Search services:

  • オーストラリア東部Australia East
  • 東アジアEast Asia
  • インド中部Central India
  • 西日本Japan West
  • 米国中西部West Central US

ドキュメントの制限の対象となるサービスについては、次の上限が適用されます。For services subject to document limits, the following maximum limits apply:

無料Free BasicBasic S1S1 S2S2 S3S3 S3 HDS3 HD
10,00010,000 100 万 1 million パーティションあたり 1,500 万、またはサービスあたり 1 億 8,000 万15 million per partition or 180 million per service パーティションあたり 6,000 万、またはサービスあたり 7 億 2,000 万60 million per partition or 720 million per service パーティションあたり 1 億 2,000 万、またはサービスあたり 14 億120 million per partition or 1.4 billion per service インデックスあたり 100 万、またはパーティションあたり 2 億1 million per index or 200 million per partition

サービスの制限に達して、それ以上利用できない状況になった場合は、新しいサービスを作成したうえで、すべてのコンテンツをそのサービスに再発行してください。If your service has limits that are blocking you, create a new service and then republish all content to that service. 新しいハードウェアに対して暗黙的かつシームレスにサービスを再プロビジョニングする機構はありません。There is no mechanism for seamlessly reprovisioning your service onto new hardware behind the scenes.

注意

2017 年末以降に作成された S3 High Density サービスについては、パーティションあたり 200 万ドキュメントという制限はなくなりました。ただし、インデックスあたり 100万ドキュメントという制限は残ります。For S3 High Density services created after late 2017, the 200 million document per partition has been removed but the 1 million document per index limit remains.

API 呼び出しごとのドキュメント サイズの制限Document size limits per API call

インデックス API を呼び出すときのドキュメント サイズの上限は約 16 メガバイトです。The maximum document size when calling an Index API is approximately 16 megabytes.

ドキュメント サイズとは、実際にはインデックス API の要求本文のサイズに対する制限を意味します。Document size is actually a limit on the size of the Index API request body. 複数のドキュメントのバッチを一度にインデックス API に渡すことができるため、このサイズの制限は、現実的には、バッチ内のドキュメント数に左右されます。Since you can pass a batch of multiple documents to the Index API at once, the size limit realistically depends on how many documents are in the batch. バッチ内のドキュメントが 1 つの場合、最大ドキュメント サイズは JSON 形式で 16 MB です。For a batch with a single document, the maximum document size is 16 MB of JSON.

ドキュメント サイズを抑えるには、クエリ不可能なデータを要求から忘れずに除外してください。To keep document size down, remember to exclude non-queryable data from the request. イメージとその他のバイナリ データは直接クエリできないため、インデックスには格納しないでください。Images and other binary data are not directly queryable and shouldn't be stored in the index. クエリ不可能なデータを検索結果に含めるには、リソースの URL 参照を格納する検索不可能なフィールドを定義してください。To integrate non-queryable data into search results, define a non-searchable field that stores a URL reference to the resource.

インデクサー制限Indexer limits

サービスに全体としてのバランスと安定性を提供するために、最大実行時間が設けられていますが、より大規模なデータ セットでは、許可されている最大値よりも長いインデックス作成時間が必要になることがあります。Maximum running times exist to provide balance and stability to the service as a whole, but larger data sets might need more indexing time than the maximum allows. インデックス作成ジョブが最大許容時間内で完了できない場合は、スケジュールで実行してください。If an indexing job cannot complete within the maximum time allowed, try running it on a schedule. スケジューラはインデックスの状態を追跡します。The scheduler keeps track of indexing status. スケジュールされたインデックス作成ジョブが何らかの理由で中断された場合、インデクサーは、次のスケジュールされた実行時に最後の終了状態を選択できます。If a scheduled indexing job is interrupted for any reason, the indexer can pick up where it last left off at the next scheduled run.

ResourceResource Free 1Free 1 Basic 2Basic 2 S1S1 S2S2 S3S3 S3 HD 3S3 HD 3 L1L1 L2L2
最大インデクサーMaximum indexers 33 5 または 155 or 15 5050 200200 200200 該当なしN/A 1010 1010
最大データソースMaximum datasources 33 5 または 155 or 15 5050 200200 200200 該当なしN/A 1010 1010
最大スキルセット 4Maximum skillsets 4 33 5 または 155 or 15 5050 200200 200200 該当なしN/A 1010 1010
呼び出しあたりの最大インデックス作成負荷Maximum indexing load per invocation 10,000 ドキュメント10,000 documents 最大ドキュメントによってのみ制限Limited only by maximum documents 最大ドキュメントによってのみ制限Limited only by maximum documents 最大ドキュメントによってのみ制限Limited only by maximum documents 最大ドキュメントによってのみ制限Limited only by maximum documents 該当なしN/A 制限なしNo limit 制限なしNo limit
最小限のスケジュールMinimum schedule 5 分5 minutes 5 分5 minutes 5 分5 minutes 5 分5 minutes 5 分5 minutes 5 分5 minutes 5 分5 minutes 5 分5 minutes
最大実行時間 5Maximum running time 5 1 ~ 3 分1-3 minutes 24 時間24 hours 24 時間24 hours 24 時間24 hours 24 時間24 hours 該当なしN/A 24 時間24 hours 24 時間24 hours
コグニティブ検索スキルセットまたはイメージの分析による blob のインデックス作成の最大実行時間 5Maximum running time for cognitive search skillsets or blob indexing with image analysis 5 3 から 10 分3-10 minutes 2 時間2 hours 2 時間2 hours 2 時間2 hours 2 時間2 hours 該当なしN/A 2 時間2 hours 2 時間2 hours
BLOB インデクサー: BLOB の最大サイズ、MBBlob indexer: maximum blob size, MB 1616 1616 128128 256256 256256 該当なしN/A 256256 256256
BLOB インデクサー: BLOB から抽出されたコンテンツの最大文字数Blob indexer: maximum characters of content extracted from a blob 32,00032,000 64,00064,000 400万 4 million 400万 4 million 400万 4 million 該当なしN/A 400万 4 million 400万 4 million

1 Free サービスのインデクサーの最大実行時間は、BLOB ソースの場合は 3 分、その他のすべてのデータ ソースの場合は 1 分です。1 Free services have indexer maximum execution time of 3 minutes for blob sources and 1 minute for all other data sources. Cognitive Services に呼び出しを行う AI インデックスについては、トランザクションが強化パイプラインを正常に通過するドキュメントとして定義された場合、無料のサービスは 1 日あたり 20 個の無料トランザクションに制限されます。For AI indexing that calls into Cognitive Services, free services are limited to 20 free transactions per day, where a transaction is defined as a document that successfully passes through the enrichment pipeline.

2 2017 年 12 月より前に作成された Basic サービスは、インデクサー、データ ソース、およびスキルセットでの制限が低くなっています (15 ではなく 5)。2 Basic services created before December 2017 have lower limits (5 instead of 15) on indexers, data sources, and skillsets.

3 S3 HD サービスには、インデクサー サポートが含まれません。3 S3 HD services do not include indexer support.

4 スキルセットあたり最大 30 スキル。4 Maximum of 30 skills per skillset.

5 コグニティブ検索ワークロードと Azure BLOB のインデックス作成の画像の分析の実行時間は、通常のテキストのインデックス作成よりも短くなります。5 Cognitive search workloads and image analysis in Azure blob indexing have shorter running times than regular text indexing. イメージの分析および自然言語処理は、コンピューティングを集中的に使用し、使用可能な処理能力を大量に消費します。Image analysis and natural language processing are computationally intensive and consume disproportionate amounts of available processing power. 実行時間が短縮され、キュー内の他のジョブに実行の機会が与えられます。Running time was reduced to give other jobs in the queue an opportunity to run.

秒間クエリ (QPS)Queries per second (QPS)

QPS の見積もりは、すべての顧客ごとに個別に開発する必要があります。QPS estimates must be developed independently by every customer. インデックスのサイズと複雑さ、クエリのサイズと複雑さ、およびトラフィックの量が QPS を決定する主な要因です。Index size and complexity, query size and complexity, and the amount of traffic are primary determinants of QPS. このような要因が不明な場合は、意義のある見積もりを用意する方法はありません。There is no way to offer meaningful estimates when such factors are unknown.

見積もりは、専用リソース (Basic および Standard レベル) 上で実行されるサービスに基づいて計算される場合、予測可能性がより高くなります。Estimates are more predictable when calculated on services running on dedicated resources (Basic and Standard tiers). より多くのパラメーターを制御できるため、さらに厳密に QPS を見積もることができます。You can estimate QPS more closely because you have control over more of the parameters. 見積もりを行う方法のガイダンスについては、Azure Search のパフォーマンスと最適化に関する記事を参照してください。For guidance on how to approach estimation, see Azure Search performance and optimization.

ストレージ最適化レベルでは、Standard レベルよりもクエリ スループットが低く、待ち時間が長くなります。For the Storage Optimized tiers, you should expect a lower query throughput and higher latency than the Standard tiers. ユーザーが体験するクエリ パフォーマンスを予測する方法は、Standard レベルと同じです。The methodology for estimating the query performance you'll experience is the same as the Standard tiers.

エンティティ認識キー フレーズ抽出センチメント分析、および言語検出の Text Analytics リソースに対して呼び出しを行うコグニティブ検索パイプラインは、データの制限を受ける可能性があります。A cognitive search pipeline that makes calls to a Text Analytics resource for entity recognition, key phrase extraction, sentiment analysis, and language detection is subject to data limits. レコードの最大サイズは、String.Length によって測定されるため、50,000 文字にする必要があります。The maximum size of a record should be 50,000 characters as measured by String.Length. データをセンチメント アナライザーに送信する前に分割する必要がある場合は、テキスト分割スキルを使用します。If you need to break up your data before sending it to the sentiment analyzer, use the Text Split skill.

API 要求の制限API request limits

  • 要求あたりの最大値: 16 MB1Maximum of 16 MB per request 1
  • URL の最大長: 8 KBMaximum 8 KB URL length
  • インデックスののアップロード、マージ、または削除のバッチあたりの最大ドキュメント数: 1,000Maximum 1000 documents per batch of index uploads, merges, or deletes
  • $orderby 句の最大フィールド数: 32Maximum 32 fields in $orderby clause
  • 検索用語の最大サイズ: UTF-8 でエンコードされたテキストの 32,766 バイト (32 KB - 2 バイト)Maximum search term size is 32,766 bytes (32 KB minus 2 bytes) of UTF-8 encoded text

1 Azure Search では、要求の本文は上限 16 MB に左右され、それ以外では理論的制限によって制約されない個々のフィールドまたはコレクションのコンテンツに実際的な制限が課せられます (フィールドの構成と制約の詳細については、サポートされているデータ型に関するページをご覧ください)。1 In Azure Search, the body of a request is subject to an upper limit of 16 MB, imposing a practical limit on the contents of individual fields or collections that are not otherwise constrained by theoretical limits (see Supported data types for more information about field composition and restrictions).

API 応答の制限API response limits

  • 検索結果のページごとに返される最大ドキュメント数: 1,000Maximum 1000 documents returned per page of search results
  • 検索候補 API 要求ごとに返される最大検索候補数: 100Maximum 100 suggestions returned per Suggest API request

API キーの制限API key limits

API キーは、サービスの認証に使用されます。API keys are used for service authentication. 次の 2 つの種類があります。There are two types. 管理者キーは、要求ヘッダーで指定され、サービスに完全な読み取り/書き込みアクセス権を付与します。Admin keys are specified in the request header and grant full read-write access to the service. クエリ キーは、読み取り専用で、URL で指定され、通常はクライアント アプリケーションに配布されます。Query keys are read-only, specified on the URL, and typically distributed to client applications.

  • サービスあたりの最大管理キー数: 2Maximum of 2 admin keys per service
  • サービスあたりの最大クエリ キー数: 50Maximum of 50 query keys per service