Azure Cognitive Search の新機能

サービス内の新機能について説明します。 このページをブックマークして、常にサービスの最新情報を確認してください。

  • プレビュー機能のページには、現在運用環境のワークロードでは承認されていない機能が掲載されています。
  • 以前のバージョンのページには、過去に発表された機能のアーカイブが掲載されています。

2022 年 6 月

機能 説明 可用性
セマンティック検索 ストレージ最適化レベル (L1、L2) を新たにサポート パブリック プレビュー。
デバッグ セッション Azure portal で実行される組み込みエディターであるデバッグ セッションが新たに一般公開されました。 一般提供されています。

2022 年 5 月

機能 説明 可用性
Power Query コネクタ (プレビュー) このインデクサー データ ソースは 2021 年 5 月に導入されましたが、今後進めていく予定はありません。 2022 年 11 月までにデータ インジェスト コードを移行してください。 移行のガイダンスについては、機能に関するドキュメントを参照してください。 廃止済み

2022 年 2 月

機能 説明 可用性
インデックスの別名 インデックスの別名とは、クエリやインデックス作成などの操作でインデックスを参照するときに使用できる第 2 の名前です。 検索インデックスに対応する別名を作成しておけば、インデックス名を別の方法で参照するような場面で、その別名を代わりに使用できます。 これによって、アプリケーションの参照先インデックスを変更する必要がある場合の柔軟性が向上します。 アプリケーションでインデックス名の参照を更新する必要はなく、別名のマッピングを更新するだけで済みます。 パブリック プレビュー REST API (現時点ではポータルはサポートしていません)。

2021 年アーカイブ

機能 説明
12 月 セマンティック検索の構成の強化 これは 2021-04-30-Preview API に新しく追加されたものであり、セマンティック クエリに必要です。 ポータルとプレビュー REST API でのパブリック プレビュー。
November Azure Files インデクサー (プレビュー) ポータルとプレビュー REST API でのパブリック プレビュー。
7 月 Search REST API 2021-04-30-Preview パブリック プレビューの発表。
7 月 データ プレーンのロールベースのアクセス制御 (プレビュー) パブリック プレビューの発表。
7 月 管理 REST API 2021-04-01-Preview 新しい DataPlaneAuthOptions をサポートするために [サービスの作成または更新] を変更します。 パブリック プレビューの発表。
May Power Query コネクタのサポート (プレビュー) パブリック プレビューの発表。
May Azure Data Lake Storage Gen2 インデクサー 一般提供、REST api-version=2020-06-30 と Azure portal を使用。
May Azure MySQL インデクサー (プレビュー) パブリック プレビュー、REST api-version=2020-06-30-Preview、.NET SDK 11.2.1、および Azure portal。
May スペル チェックとセマンティック結果のためのその他の queryLanguage お知らせ (テクニカルコミュニティのブログ) を参照してください。 パブリック プレビュー (要求による)。 ドキュメントの検索 (REST) api-version=2020-06-30-Preview、Azure.Search.Documents 11.3.0-beta.2、または Azure portal の Search エクスプローラーを使用します。
May ダブル暗号化用のその他のリージョン すべてのリージョンで一般提供。サービスの作成日が適用されます。
April Gremlin API サポート (プレビュー) api-version=2020-06-30-Preview を使用したパブリック プレビュー (リクエストによる)。
March セマンティック検索 (プレビュー) セマンティック モデルに基づく検索結果の関連度スコアリング。 パブリック プレビュー (要求による)。 Azure portal で、Search Documents (REST) api-version = 2020-06-30-Preview または検索エクスプローラーを使用してください。 リージョンとレベルの制限が適用されます。
March クエリ用語のスペル チェック (プレビュー) speller オプションは、任意の種類のクエリ (単純、フル、またはセマンティック) で動作します。 パブリック プレビュー、REST のみ、api-version=2020-06-30-Preview
March SharePoint インデクサー (プレビュー) パブリック プレビュー、REST のみ、api-version=2020-06-30-Preview
March ノーマライザー (プレビュー) パブリック プレビュー、REST のみ、api-version=2020-06-30-Preview
March カスタム エンティティの参照スキル カスタムのユーザー定義語句リストに指定された文字列をスキャンします。 一般提供されています。
Ferbruary ドキュメントのリセット (プレビュー) Search REST API 2020-06-30-Preview で提供されます。
February 可用性ゾーン パフォーマンスのためのスケール」に記載されているように、特定のリージョンに 2 つ以上のレプリカがある Search サービスは、2 つ以上の異なる物理的な場所にレプリカを配置することで回復性が得られます。 検索サービスを作成したリージョンと作成日によって可用性が決まります。
February Azure CLIAzure PowerShell 新しいリビジョンでは、IP ファイアウォール規則とプライベート エンドポイントのサポートを含め、Management REST API 2020-08-01 のあらゆる種類の操作が利用できるようになりました。 一般提供されています。
January Azure Cognitive Search および QnA Maker のソリューション アクセラレータ ドキュメントから質問と回答を引き出し、最も関連性の高い回答を提示します。 https://aka.ms/qnaWithAzureSearchDemo にライブ デモ アプリがあります。 この機能はオープンソース プロジェクトです (SLA はありません)。

サービスのブランド変更

Azure Search は、コア操作でのコグニティブ スキルと AI 処理の利用拡大 (任意) を反映するために、2019 年 10 月に Azure Cognitive Search に名前が変更されました。 API のバージョン、NuGet のパッケージ、名前空間、およびエンドポイントは変更されません。 新規および既存の検索ソリューションは、サービス名の変更の影響を受けません。

サービスの更新情報

Azure Cognitive Search のサービス更新のお知らせに関する情報については、Azure の Web サイトで参照できます。