Azure Security Center で OS バージョンを更新するUpdate OS version in Azure Security Center

Azure Security Center では、クラウド サービス内の仮想マシン (VM) で使用しているオペレーティング システム (OS) の最新バージョンが提供されている場合、そのバージョンに更新するよう推奨されます。For virtual machines (VMs) in cloud services, Azure Security Center will recommend that the operating system (OS) be updated if there is a more recent version available. 監視されるのは、運用スロットで実行されているクラウド サービスの Web ロールと worker ロールだけです。Only cloud services web and worker roles running in production slots are monitored.

注意

このドキュメントでは、サンプルのデプロイを使用してサービスについて紹介します。This document introduces the service by using an example deployment. ステップ バイ ステップ ガイドではありません。This is not a step-by-step guide.

推奨事項の実装Implement the recommendation

  1. [推奨事項] ブレードで、[OS バージョンの更新] を選択します。In the Recommendations blade, select Update OS version. OS バージョンの更新Update OS version
  2. これにより、 [Update OS version (OS バージョンの更新)] ブレードが開きます。This opens the blade Update OS version. このブレードの手順に従い、OS バージョンを更新します。Follow the steps in this blade to update the OS version.

関連項目See also

この記事では、"OS バージョンの更新" という Security Center の推奨事項を実装する方法について説明しました。This article showed you how to implement the Security Center recommendation "Update OS version." クラウド サービス、およびクラウド サービスの OS バージョンの更新について詳しくは、以下の記事を参照してください。To learn more about cloud services and updating the OS version for a cloud service, see:

セキュリティ センターの詳細については、次を参照してください。To learn more about Security Center, see the following: