Azure Security Center で OS バージョンを更新する

Azure Security Center では、クラウド サービス内の仮想マシン (VM) で使用しているオペレーティング システム (OS) の最新バージョンが提供されている場合、そのバージョンに更新するよう推奨されます。 監視されるのは、運用スロットで実行されているクラウド サービスの Web ロールと worker ロールだけです。

メモ

このドキュメントでは、サンプルのデプロイを使用してサービスについて紹介します。 ステップ バイ ステップ ガイドではありません。

推奨事項の実装

  1. [推奨事項] ブレードで、[OS バージョンの更新] を選択します。 OS バージョンの更新
  2. これにより、 [Update OS version (OS バージョンの更新)]ブレードが開きます。 このブレードの手順に従い、OS バージョンを更新します。

関連項目

この記事では、"OS バージョンの更新" という Security Center の推奨事項を実装する方法について説明しました。 クラウド サービス、およびクラウド サービスの OS バージョンの更新について詳しくは、以下の記事を参照してください。

セキュリティ センターの詳細については、次を参照してください。